紙コップや紙皿は電子レンジは大丈夫?NGな理由や対応商品も紹介

目次

紙コップや紙皿は電子レンジで使えるの?そんな疑問に答えます

電子レンジは素材を選びます。通常のプラスチックは使用不可で、耐熱プラスチックを使わなければ変形や溶けることが起こります。また、ガラスも耐熱ガラスでなければなりません。
このように電子レンジの使用のためには容器の材質に制約があります。では、紙の食器は使えるでしょうか?
紙コップや紙皿が電子レンジで使えれば、使い捨て食器として手間が省けるときが出て便利なことでしょう。ここでは、紙コップや紙皿と電子レンジについて考えてみましょう。

紙コップと紙皿

紙コップや紙皿は電子レンジであまり使用しないほうが理由

紙コップ生産のメーカーの日本デキシーのQ&Aコーナーには、以下のような記述があります。

Q紙コップは電子レンジで使用しても大丈夫ですか?A基本的には電子レンジではお使いいただけません。紙コップの内面には、耐水用にごく薄いポリエチレンが貼られています。ポリエチレンが加熱によって溶け出す温度はおよそ110℃前後です。沸騰温度100℃以下であれば。電子レンジをご使用いただけると言えますが、ラップで覆ったり、加熱時間を間違えると突沸(いきなり沸騰してはじけ飛ぶ現象)が起こり大変危険です。また油を含む食品などは110℃以上に加熱されてしまいますので、内面のポリエチレンが溶けだしてしまいます。仮にポリエチレンが溶けだしましても、人体に害になることはなく対外に排出されます。しかしご使用状況によってさまざまな事故につながることがございますので、基本的には電子レンジではご使用にならないでください。

引用元:DIXIE

紙コップや紙皿は電子レンジに絶対に使えないということはありませんが、使い方によりかなり危険な事態をもたらすことがありますから、使わないでください、という趣旨になります。この記述を少し解説しましょう。

紙コップや紙皿に使われている素材は?

紙コップは、原料の紙素材にポリエチレンのペレットを溶かしてフィルム状にしたものを貼り付けています。
紙だけでは耐水性がないので、ポリエチレンのフィルムで耐水性をもたせています。フィルムの厚さは20ミクロンすなわち0.02mmくらいといわれています。紙皿では、強度を持たせるためにさらに樹脂コーティングを行っています。

ポリエチレンの耐熱温度は電子レンジに耐えられない可能性がある

ポリエチレンの耐熱温度は最大で110℃です。電子レンジで水を沸騰させるまで温める人は多くないかもしれませんが、使い方で100℃を越えてしまう場合があると、紙コップや紙皿は耐えられなくなりますので危険であるということです。
紙自体が燃えだすのは180℃以上ですが、紙コップは、耐熱性のない通常のプラスチックと同様に考える必要があるわけです。

電子レンジで温めたあつあつの飲み物や食べ物を紙コップや紙皿においてもいいの?

あつあつの飲み物や食べ物の温度は、いくらなんでも100℃以下でしょうから、110℃まで耐えられる紙コップや紙皿に置く分には問題ありません。ただし、長時間あついまま置いて置くと紙コップや紙皿が軟化してくることがあると知っておくとよいでしょう。

紙コップや紙皿の中身を電子レンジで温めたかったら対応している容器に移そう

紙コップや紙皿に取っておいた飲み物や食べ物を温めなおしたいというときがあるでしょう。
そのようなときは、電子レンジが使用できる容器に一度移して電子レンジをかけ、その後再び元の紙コップや紙皿に戻して食するということをすればよいわけです。
その際に、電子レンジが使用できる容器を選ぶ必要があります。電子レンジに使える素材について、こちらの記事にボウルの例で示されています。

この記事を要約しますと、電子レンジに使える素材は、耐熱性プラスチック、耐熱性ガラス、シリコン、磁器です。
使ってはいけない素材は、金属、ホーロー、耐熱性の記述のない通常のプラスチック、耐熱性の記述のない通常のガラスです。陶器は目の粗いもの不可です。

実は電子レンジ対応の紙皿はある

電子レンジ対応可という紙皿が販売されています。表面にポリエチレンコートをしていないものです。
耐水加工は施されていると記載されています。以下に商品名の例を載せます。紙コップでは電子レンジ対応可の商品は見当たりません。

商品名① さとうきび繊維プレート 中村

サトウキビの繊維を用いた、非木材系の製品になります。
電子レンジ可ですが、長時間の使用は避けるように指示があります。
【業務用】 ECO さとうきび繊維 プレート 18cm (50枚入)
画像をクリックするとAmazonに移動します

商品名② パルプモールド丸プレート 大黒工業

パルプモールドは非木材系で多年草のあしを原料としています。
大黒工業 パルプモールド容器 丸プレート 26cm 10枚入 MF-2 3289003
画像をクリックするとAmazonに移動します

商品名③ ナチュラルプレート サンナップ

新規開発した原紙を使用し、表面加工をしていないのでエコ製品です、という謳い文句です。
サンナップ ストロングナチュラルプレート22cm 5枚
画像をクリックするとAmazonに移動します

電子レンジの紙コップや紙皿で今回解説できていない点

この記事では電子レンジでの紙コップや紙皿の使用について全てを網羅できた訳ではありません。
例えば、断熱の紙カップがありますが、電子レンジ対応にはなっていないということがあります。断熱素材のコートではなく、現状のポリエチレンコートで形状的に断熱の工夫をしているため、触って熱くはならないという意味で断熱ですが、素材としては現状と同じですので、電子レンジ対応でないことに変わりません。
ポリエチレンに替わる耐熱性のコート剤の開発がこれから望まれます。
また、電子レンジ対応の紙コップの開発の有無や可否については、これからの技術として期待します。これらは、使い捨ての紙コップや紙皿の電子レンジ使用の需要が増えてくることでメーカーが力を入れて来ることになるでしょう。

まとめ

電子レンジ
通常の紙コップや紙皿の電子レンジ使用は基本的には不可と考えてください。
耐熱性のないプラスチック製品と同様ととらえればよいわけです。
紙コップや紙皿は使い捨ての受け手になる取り皿としての扱いになります。
熱い飲み物や食べ物をのせるには問題ありません。電子レンジ対応の紙皿が出回ってきています。電子レンジの無理な使い方をせずに、注意して使いこなすという姿勢でいくのがよいでしょう。
注意するということは、水を沸騰させる温度まで上げないこと、すなわち長時間の使用を避けることです。

また、関連記事としてこちらでは牛乳の電子レンジの温め方を紹介しております。ぜひ合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧