ポリエステルのしわをとるアイロンかけ方!温度や溶ける時の対処も

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。ポリエステルのアイロンかけと温度について解説を行っていきます。

Written By ブレンディ 0120

目次

ポリエステルのアイロンのかけ方について解説します

ポリエステルは今の時代、多くの衣類に使用されている化学繊維です。

通気性や吸湿性が良く、TシャツやYシャツに多く使われているのが一般的です。

また安いコストで生産できるので、様々な服に応用されています。

毎日服を着ては洗濯をし、洗濯をすればシワが出来てしまいますよね?

でも、アイロンかけを普段から行わない方は、生地の素材によってアイロンのかけ方がそれぞれ違う事や、正しいアイロンかけの方法まで詳しく分かりませんよね?

今回は、そんなポリエステル素材のアイロンかけの方法や、失敗してしまった時の対処法などを詳しく解説していきます。

ポリエステル アイロン かけ方 温度 おすすめ

ポリエステルの服には何度でアイロンをかけるべき?

ポリエステルのアイロンかけについては、いくつか守らないといけないポイントがありますが、一つ目が「中温でアイロンかけを行う」です。

ポリエステル素材の服をアイロンかけする場合のアイロンの適切な温度は中温の「140℃~160℃」です。

これ以上の温度でアイロンかけを行うと、化学繊維のポリエステルは熱で溶けてしまいます。

ポリエステルの繊維が溶けてしまうと、衣類の一部だけがテカってしまい、見栄えが悪くなってしまう事もあるんです。

また、変性してしまいますので手触りが、バリバリに固くなってしまいます。

せっかくのお気に入りの衣類でも、たった一回のアイロンかけの方法を間違えてしまう事で、捨てることになってしまいますので、アイロンかけには注意が必要です。

ポリエステルの服のアイロンがけには当て布は必要?

ポリエステル繊維のアイロンかけを行う際の守らなければならない二つ目が「あて布をする」です。

あて布とは、ハンカチや布の切れ端など、主に「色素の薄い綿素材」の生地をアイロンと衣類の間に差し込んで、アイロンかけを行うことをいいます。

ポリエステル生地の場合、中温でのアイロンかけを行う必要がある為、アイロンの温度は注意が必要です。

これに加えて、アイロン自体もアイロン面の位置によって表面温度に差がある為、均一な温度ではない場合がよくあります。

また設定温度は適切でも、アイロンをかける速度が遅かったり、アイロンを押す圧力が強かったりすると、ポリエステル繊維が溶ける原因にもなります。

こういった事も考慮してあて布をすると、繊維が溶けるリスクを回避する事ができます。

ポリエステル アイロン かけ方 温度 おすすめ

ポリエステルの服のしわを綺麗にとるアイロンがけの方法

用意するもの

①あて布

あて布はポリエステル繊維が溶けないようにする為に必ず必要です。

綿性の薄い色素のハンカチなどを用意すると良いでしょう。

もし何もない場合は、布の切れ端や綿素材の捨てる予定の衣類を使っても良いでしょう。

なるべく色移りのしない色素の薄い切れ端をおすすめします。

②アイロン台

アイロン台を用意しましょう。アイロン台は市販で3,000円から購入できます。

家電量販店やホームセンターなどでお買い求めできますし、当サイトのアイロン紹介記事にも記載していますので、ご参照下さい。

また、アイロン台が必要な理由として、スチームを使う際にアイロン台以外で行うと蒸気の逃げ道がなくなり火傷の原因になります。

シワを均等に伸ばす為にも、張りのあるアイロン台の上で行う事で、効率よく作業を行えます。

③アイロン

もちろんアイロンも用意しましょう。スチームアイロンが最もおすすめです。

アイロンかけを行う際は、スチームを沢山かけながら行うと良いでしょう。

部分的にシワを伸ばしたい場合、スプレー機能を使うなどして一部だけアイロンをかけると、非常に綺麗に仕上がります。

手順① あて布をする

アイロンかけを行いたい部分にあて布をしましょう。

あて布をする際は、あて布を出来るだけ伸ばしてシワが出来ないようにすると衣類も綺麗にシワを伸ばすことができます。

アイロンかけ一通り行ったら、次にアイロンかけを行いたい部分にあて布を移動し、再びアイロンかけを行います。

手順② 中央から四隅に向かって軽くアイロンかけを行う

あて布の中心部から四隅に向かってアイロンを流すと綺麗にシワを伸ばすことができます。

また、襟や袖の部分については、元々の折り目が付いていることが多いので、折り目に沿ってアイロンかけを行い、くっきりと折り目をつけましょう。

スチームアイロンをかけた場合、その後しばらくの間はハンガーなどにかけて蒸気や衣類に残った水分を乾燥させてあげると保管する時に臭いや生乾き感を防ぐ事ができます。

ワイシャツをアイロンかけする場合、ボタン周りはプラスチックの素材で出来ていることが多いので、溶けないように出来るだけ接触をしないようにしましょう。

ポリエステル アイロン かけ方 温度 おすすめ

ポリエステルのアイロンがけを簡単にするための準備

① 脱水する時間を減らして水の重みを利用する

ポリエステル素材は水分に強いため、ある程度水分が付着している時間が長くても生地は傷みません。

この性質を利用し、少し湿っぽい状態から一気にアイロンかけを行います。

水分が含まれている衣類は重みがあり、衣類の重さを利用して、シワを伸ばす手助けをしてくれます。

また、水分が含まれている衣類をアイロンかけする場合はドライアイロンでのアイロンかけも可能です。この時にもあて布をするようにしましょう

② 干す時にシワを伸ばす

アイロンかけを行う前に、ハンガーにかけて乾燥をしますが、ハンガーにかけた時点である程度のシワ伸ばしを素手で行いましょう。

干す時に出来るだけシワを伸ばしておくことで、何もしない状態の衣類とは乾いた時にシワの付き方が違います。

衣類の型崩れも防げるため、長く使う為にはこういった工夫をすると良いでしょう。

ポリエステル アイロン かけ方 温度 おすすめ

アイロンでポリエステルの服が溶けてしまった時はどうすれば?

ポリエステルの服が溶けてしまう理由の一つとしてアイロンの温度が高すぎる場合があります。

ポリエステルは化学繊維ですので、自然由来の繊維よりも熱に弱い弱点があります。

ポリエステル素材が溶けてしまうと、溶けた部分だけがテカテカになってしまい、不自然な艶が出てしまいます。

溶けてしまったものを修復する事はできませんので、諦めるしかありません。

アイロンでポリエステルの服がテカりが出た時はどうすれば?

テカりが出てしまう原因として、アイロンの温度が高いことが考えられます。

この場合、表面のテカりだけであれば、表面を歯ブラシや激落ちくんのようなスポンジで擦ることによって光の反射を軽減し目立ちにくくすることはできますが、やりすぎるとかえって衣類の生地を傷めてしまいます。

また、お酢と水を混ぜて、吹きかけたうえであて布をし、アイロンかけを行うという方法もネット上に散見しますが、実際の使用感として、改善があったと回答する方と、まったく効果なしと回答される二極化となっていますので、公式なやり方ではないようです。

どちらにせよ、化学繊維は高温に弱いというポイントを意識し、それでもテカりが出てしまった場合は、上記の方法で改善を図りましょう。

ポリエステル アイロン かけ方 温度 おすすめ

【コラム】ポリエステルの服にワッペンやプリントをアイロンではろう

用意するもの

①ワッペン

②貼り付けたい衣類

③スチームアイロン

手順① 貼り付けたい場所にワッペンを置く

まずは、貼り付けたい位置にワッペンを置きます。

ポリエステル生地の場合、高温に弱いですから表面から貼り付ける方法もありますし、生地が厚い場合、裏面から貼り付ける方法もあります。

最初に衣類を霧吹きなどで軽く濡らしておくと、アイロンかけの時に溶けにくくなりますので、おすすめです。

手順② あて布をし、スチームアイロンで張り付ける

ワッペンの上からあて布をしてアイロンをかけます。

ワッペンの素材にもよりますが、基本的にはドライで行うのが一般的です。

温度が高すぎると、ワッペンの色落ちや焦げる原因にもなる為、中温を意識して行いましょう。

衣類の生地が厚すぎる場合、表面からの貼り付けは困難ですので、裏面から衣類にあて布をし、アイロンをかける方法もあります。

必ずアイロンかけの前に、ワッペンの取り扱い方法と、ポリエステル素材の生地の厚さなどを考慮して行うようにして下さい。

ポリエステルの服のアイロンがけで疑問が残ったら

ポリエステル素材のアイロンかけについて、温度からアイロンのかけ方まで解説を行いましたが、細かい部分はもっと沢山あります。

もし記事を読んで疑問点やご不明点があった場合は当サイトのお問合せフォームよりお問合せ下さい。

可能な限りご対応させて頂きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ポリエステルのアイロンかけについては一見簡単なようで注意しなければならないポイントが確かに存在します。

正しいやり方で行えば何も心配することはありませんから、手芸や手作りをしてみたい方はぜひ試してみるのも良いでしょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧