腕時計の風防(ガラス)の交換や研磨の方法を解説!傷にはこれで!

目次

腕時計の風防の種類や交換方法について解説します

腕時計を長年使っていると、どうしても傷等がついてしまう事が避けては通れない道であると思います。
腕時計の風防とは文字盤を覆う硝子面の事を指し、腕時計をご使用の上で風防は、傷等がとても目立ちやすい部分でもあります。
この記事では、腕時計の風防にはどの様な種類があるのかを説明させて頂くと共に、風防に傷がついてしまった時の対処法や交換方法等を説明させて頂き、腕時計の風防についての知識が深まる事に繋がって頂けるととても光栄に思います。

腕時計の風防の交換

腕時計の風防とは?

腕時計の風防とは?役割は?

腕時計の風防とは、先程軽く触れさせて頂きましたが、もっと詳しく説明させて頂きますと、時計の文字盤の部分や、内部を保護する為に設置された透明なガラス面の事をいいます。
風防によっては、無反射コーティングといわれる加工が施されているものがあります。
わかりやすく説明させて頂きますと、文字盤をクリアに見せる為に、光の反射を防ぎ、文字盤をクリアに見せる加工の事をいいます。
また、カーブ加工またはドーム加工といわれる湾曲加工を施した物もあり、立体的でソフトなイメージを演出した高級感を出す為の加工を施された物もあります。

参考元:Yahoo!知恵袋

どんな種類があるの?

腕時計の風防には、大きく分けて3種類に分けられます。

まず一つ目はアクリルガラスといわれるものです。
一般的のいうプラスチックの事を指します。
軽量で加工しやすいのですが、他のガラスに比べて傷つきやすい素材です。
その反面、軽い傷であれば、研磨剤等で研磨すると、簡単に傷を消す事が出来るというメリットもあります。

二つ目の素材としてミネラルガラスといわれるものがあります。
別名無機ガラスといわれており、一般的にガラスといわれている物はミネラルガラスの事をいいます。
ミネラルガラスを強化したものにクリスタルガラスといわれるものがあり、強度や透明度が高められた素材が使われている物もあります。
アクリルガラスよりも強度があり、加工しやすい反面、傷がついてしまうと、研磨では消せない為、傷がついてしまった場合は交換が必要になってきます。

三つ目にサファイヤガラスといわれるものがあります。
サファイアガラスと聞くと宝石のサファイアをイメージする方が多いかもしれませんが、宝石のサファイアの事ではありませんが、人口のサファイア粉末を素材として使用して加工された物であり、ダイヤモンドの次位に固い強度を誇ります。
とても高級感の感じられる素材で、傷には相当強く、少々の事では傷はつきにくい反面、意外と衝撃には弱く、割れやすい性質がある為、割れには注意が必要です。
また、高度が高い反面、加工しにくく、高価な素材な為、価格が高いという事があげられます。

参考元:Yahoo!知恵袋

腕時計の風防に傷!研磨する方法

どんな傷なら研磨して消せる?

腕時計の風防で消せる傷には、風防の素材により、消せる傷と消せない傷があります。
まず、アクリルガラスであれば多少深い傷でも研磨すれば消す事が出来ます。
しかし、ミネラルガラスとサファイアガラスは、一度傷がついてしまうと消す事が出来ないといわれています。
ミネラルガラスとサファイアガラスに傷がついてしまうと、非常に残念ですが、交換が必要になってきます。
この記事では、アクリルガラスの傷を消す方法をご紹介させて頂きたいと思います。

手順① 研磨剤の浸入を防ぐ

風防の傷を消しに取り掛かる前に、まず、セロテープや専用のテープ等をご用意して頂きます。
研磨剤が少しでも内部に侵入しないように、文字盤等の細かい部分に侵入しそうな所をテープ等で止めて頂き、完全に密閉した状態にします。

手順② 研磨する

次に傷を消す為の研磨剤をご用意頂き、傷のついた部分を研磨剤で擦って頂きます。
傷がついた部分が消えるまで擦って頂ければ、後は研磨剤を内部に侵入しないように慎重に綺麗にふき取り、テープを剥がして頂ければ完了です。

ヤナセ 研磨剤 ガラセリウム 100g GRS-100

画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:教えてgoo

腕時計の風防を交換する方法

先程ミネラルガラスとサファイアガラスでは傷がついてしまっては消す事が出来ないと説明させて頂きましたが、それでは、ミネラルガラスとサファイアガラスの対処法として、風防を交換する方法を説明させて頂きます。

用意するもの

こじ開け

こじ開けといわれる物で腕時計の裏ブタを外すのに使用します。

Hommy 腕 時計 修理 用 裏蓋 こじ開け 工具 ドライバー 1個 電池 ベゼル 交換 オープナー (ブラウン)

画像をクリックするとAmazonに移動します

腕時計の裏蓋のガラスの閉め器

風防の裏蓋、ガラスを閉めつける為の器具です。
こちらの商品はこじ開けもセットになっていて便利です。

TIMESETL 腕時計 裏蓋 ガラス 閉め器 12種類コマセット こじ開け・布付属 電池交換 メンテナンス用 修理工具

画像をクリックするとAmazonに移動します

手順① 裏蓋を外す

はじめにこじ開け等を裏蓋に引っかけて腕時計の裏蓋を外します。
裏蓋が外れたのを確認すると、次は内部のムーブメントと呼ばれる時計のエンジン部分と文字盤を外します。

手順② リューズを外す

次にリューズを外します。
リューズとは簡単に言えば時刻を合わせたり、ゼンマイを巻く時に操作する時計の横部分についている装置を思い浮かべて頂けるとわかりやすいと思います。
腕時計の種類にもよりますが、基本的にリューズは裏蓋を外すと簡単に外れます。
先にリューズを外してからでないと、リューズが折れてしまう恐れがあるので注意が必要な工程です。

手順③ 風防を外す

次に風防を取り外します。
風防は、外側から取り付けられていますので、腕時計の内部からガラスを押し上げると外れますので、取り外しが完了しますと、次に組み立ての工程に移ります。

手順④ 風防を取り付け

傷ついた風防を取り外しましたら、次に新しい風防を取り付けます。
取付方法は、腕時計の種類にもよりますが、主に接着剤で取り付ける方法圧力をかけてはめ込む方法があります。
接着剤で取り付ける方法だと、精密な部分に接着剤が漏れないように慎重に接着して頂ければ取り付けは完了致します。
圧力をかけてはめ込むものですと、先程紹介した、裏蓋ガラス閉め器を使用します。
使い方は、まず軽く裏蓋を閉めて下のコマに腕時計のガラス面をセットします。
腕時計をセットしますと、レバーを下げて裏蓋をゆっくり下ろします。
風防がぴったりはまって外れないかを確認し、以上で完了です。

注意点

腕時計の種類によっっては、機材と規格が合わないものがある為、機材と規格があっているか購入前に必ずご確認ください。
また、あまり強く押し付けすぎますと、リューズやムーブメント等の内部の部品や、ガラスが割れてしまう事がありますので、力加減には注意が必要です。
また、風防を交換しようとしても、型や年代によっては、風防のガラスがすでに製造されていない事もありますので、場合によっては風防を交換する前に、メーカーや店頭に問い合わせて頂く必要があります。

参考元:Yahoo!知恵袋

腕時計の風防の交換をメーカーに頼むと時間や費用はどのくらいかかる?

腕時計の風防の交換

風防の傷や交換を行う際には、修理専門業者等のプロの方にお願いする選択もあります。
その際に、修理の費用はいくらかかるのか、また、修理期間はどれ位かかるのかをご紹介させて頂きます。
まず初めにアクリルガラスの場合、傷の研磨の費用は3000円が相場と言われています。
また、交換が必要な場合は8000円相場と言われています。
次にミネラルガラスとサファイアガラスは研磨では対応できない為、交換が必要です。
交換費用は20000円
が相場と言われています。
また、修理期間は2週間から1ヶ月位と言われています。
ただし、風防の型が古い場合等は風防の製造が中止されていて、修理が出来ない場合等がある為、修理に出す前に、一度問い合わせてみるといいと思います。

腕時計の風防について疑問が残ったら

腕時計の風防とは、どのような働きをして、どのような材質があり、どのような修理方法や交換方法があるのかをご説明させて頂きました。
しかし、腕時計の風防はとても奥が深い物であり、自分で修理を行おうとして、風防が割れてしまったり、うまくはまらなかった等のトラブルも少なからず起こる事があります。
ですが、正しい知識を身に着けて頂き、正しい修理方法を行って頂けると、この様な問題は回避出来る事だと思います。
その為、少しでも疑問や不安に感じるような事があれば、その都度、販売元やメーカー等に問い合わせて頂く事で、問題が解決出来ると思います。

まとめ

最後に腕時計の風防を自分で修理や交換を行う事で、腕時計の仕組みについて、より一層知識が深まる事はとても素晴らしい事だと思います。
また、腕時計の風防の修理方法や交換方法がわからず、不安に感じていた方が、この記事を読んで頂いて、少しでもヒントを得て頂き、腕時計の風防の修理方法に選択肢が広がって頂ければ、とても幸いに思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧