プラバンの電子レンジを使った作り方!プラ板をうまく作るコツは?

目次

電子レンジでのプラバンの作り方について解説

今ハンドメイドで人気が急増層中なのは電子レンジでのプラバン作りです。プラバンは好きなキャラクターなどを描くだけで簡単にオリジナルアクセサリーが作れてしまいます。
また、とても安価で作れ、材料は100円ショップなどでも購入が可能です。
今回は、そんな電子レンジでプラバンづくりの方法を解説していきたいと思います。プラバン作りを挑戦して見たい方は、ぜひご参考にされて下さい。

【注意】プラバンの作れる電子レンジと作れない電子レンジがある

電子レンジ おしゃれ オーブン キッチン

電子レンジで手軽に作れるプラバンですが、実はどの電子レンジでも作れるわけではありません。では、どのような電子レンジで作る事が出来るのでしょうか。見ていきましょう。
しかし、電子レンジにレンジ機能しかない方もプラバン作りを諦めないようにしましょう。
プラバンは、電子レンジ以外でも作ることが可能です。電子レンジ以外の方法は、後から紹介いたしますのでレンジ機能しかない方はぜひご参考にされて下さい。

レンジ機能ではプラバンは作れない

電子レンジのレンジ機能とは、普段食材を温める際に使う機能です。しかし、そのレンジ機能ではプラバンを作ることはできません。
レンジ機能のみの電子レンジでは残念ながらプラバンづくりをする事ができません。

電子レンジでトーストやオーブン機能があるもののみ

現代の電子レンジには、簡易ようで無い限りほぼほぼオーブン機能が付いていますね。プラバン作りにはそのオーブン機能を使用していきます。

電子レンジを使ったプラバンの作り方

工作

では、電子レンジでプラバンづくりを行なっていきましょう。手順を守り安全にプラバンを作っていきましょう。

用意するもの

  • プラバン…プラバンは、100円ショップの物で大丈夫です。ダイソーなどに、工作用のプラバンセットが売ってあります。

  • はさみ、カッター…プラバンを好みの大きさにカットする場合に使用します。

  • 油性マジック…プラバンに絵を描く際に使用します。

  • 色鉛筆…色を塗る際に使用します。間違えても消しゴムで消す事ができます。プラバンの裏面にヤスリをかけて全体が白っぽくなれば色鉛筆の発色が良くなります。

  • マニュキア…色ぬりの際に使用します。ラメ入りなどを使用すると華やかな仕上がりになります。薄く塗ると透明感が出てとても綺麗です。

  • アクリル絵の具…色ぬりで使用します。アクリル絵の具で塗る場合は、プラバンを焼いた後に塗って下さい。前に塗ってしまうとひび割れを起こします。トップコートやニスでコーティングすると、ぷるんと綺麗な仕上がりになります。

  • クッキングシート…電子レンジでプラバンを焼く際に使用します。

  • 紙やすり…アクリル絵の具などを塗る際に使用します。ヤスリは100〜400番のものを使用して下さい。

  • パンチ…キーホルダーなどにする場合、プラバンに穴を開けるときに使用します。パンチはサイズが小さい方が良いでしょう。

  • 重量のある本…重りに使用します。

手順①

デザインを決めた後プラバンに絵を描きます。プラバンは焼くと1/4〜1/6ほど縮んでしまいますので大きく描いて下さい。プラバンは、透明なものを選ぶとお気に入りのキャラクターをそのまま写す事ができます。
最近は、コピー機に対応したプラバンもあるようなので、写真などをプラバンでアクセサリーにしたい場合はコピー機対応の物を使うと良いでしょう。

手順②

色を塗りましょう。色を塗る場合は、気持ち薄めに塗ると良いです。縮むと色が濃くなってしまいます。

手順③

ハサミやカッターで好みの形に切っていきましょう。ゆっくり丁寧に切っていかないとプラバンがひび割れてしまいます。その後、必要であればパンチで穴を開けましょう。

手順④

電子レンジのオーブン機能で、200度に設定し余熱をしておきます。余熱が完了したら、プラバンをクッキングシートに乗せて2分間焼いていきます。
焼いている途中に丸くなりますが、平らに戻るので慌てて出さないようにしましょう。焼き上がりは、元のプラバンの大きさよりも小さく縮んでいます。

手順④

焼きあがったら熱いうちに、トレーシングペーパーをに挟み本を重りにして平らに伸ばしていきましょう。プラバンが平らになれば完成です。
プラバン強化の為に、上からニスを塗ることをおすすめします。

注意点

プラバンを作る場合は、やけどに充分注意しましょう。焼きあがった後のプラバンやレンジはとても高温ですので気を付けて下さい。
また、お子様などと作る場合も電子レンジを使用する場合は大人の方が電子レンジを扱いましょう。オーブン機能は、とても高温になっていますのでお子様だけでの作業は決して行わないようにしましょう。

電子レンジ以外でもプラバンは作れる!

レンジ機能しかないからと言ってプラパン作りを諦める必要はありません。ほかの方法を使用してプラパンを作っていきましょう。

ホットプレート

①ホットプレートにクッキングシートを引き、160度で加熱させましょう。
②ホットプレートが温まったらプラバンを入れ蓋をしましょう。
③プラバンの様子を確認しながら、柔らかくなる→丸くなる→開くの順で落ち着いたら柔らかいうちにプラバンを取り出しましょう。
④トレーシングペーパーに挟み、本など平らなものを重りにして、プラバンを平らにしましょう。ここまでで作業が完了です。プラバンが冷めてから手に取りましょう。

電子レンジを使ったブラパンの作り方について疑問が残ったら

電車レンジを使ったプラバンの作り方に疑問が残ったらプラパンの説明書を再度読み直してみましょう。それでも、分からないことがあればメーカーに問い合わせてみるのも良いですね。
しかし、電車レンジは扱いを間違えるととても危なく火傷や怪我の原因となってしまいます。
気を付けて扱うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。プラパンでアクセサリーを作るのは意外と簡単にできてしまいますね。オリジナルの絵を描いても良いし、コピー用のプラパンを使って、お子さんやペットのオリジナルアクセサリーを作っても良いでしょう。
プラパンを使って世界にひとつだけのオリジナルアクセサリー作りに挑戦してみましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧