イヤホンのドライバーユニットとは?ハイブリッドのドライバも解説!

この記事を執筆するにあたって

これまで複数のイヤホンを使用してきたイヤホンユーザとして各イヤホンのドライバー方式について解説可能であるため、執筆しました。

Written By えどう タロー

目次

イヤホンのドライバーユニットについて解説します

こんにちは、えどうです。「イヤホンのドライバーユニットって聞いたことあるけどいったい何?」と思ったことはありませんか?

ダイナミックとかバランスドアーマチュアとか聞くけど、違いがよく分からない!という方もいるかもしれません。

今回は、イヤホンのドライバーユニットについて解説します。
初めて読んだ方にもわかりやすいように解説しますね。

イヤホンのドライバーユニットとは?


撮影:えどう shure SE215(ダイナミック型マイクロドライバー)

まず、イヤホンのドライバーユニットとは何なのかですが、

ドライバーユニットはイヤホンの内部のスピーカー(振動板)をどのようにして振動させるか、という駆動装置のことです。

イヤホンは、ドライバーユニットが振動板を振動させることによって音を出すことができています。


撮影:えどう ダイソーで購入したカナル型イヤホン(ダイナミック型)

2種類のイヤホンについて内部構造が分かる写真を示しましたが、どちらもダイナミック型であるのにも関わらず、イヤホンによって構造が大きく違うことが分かりますよね。

このドライバーユニットの種類や大きさによってイヤホンとしての音質が決まると言っても過言ではありません。

では、イヤホンのドライバーユニットにはどんな種類があるのでしょうか?それぞれについて解説します。

参考元:オーディオテクニカ Headphone Navi

参考元:HEAD Bank

イヤホンのドライバーユニットの種類① ダイナミック型

ダイナミック型とは?

最も一般的なイヤホンの駆動方式であるのが、ダイナミック型です。スピーカーと同じ構造を小さくしてイヤホンの内部に組み込んでいます。

一般に、歪みが少なく、幅広い音域で良好な特性を示します。しかし、構造上、小型化すると低音域が弱くなる、という特性を持っています。

メリットとデメリットをまとめます。

ダイナミック型のメリット

  • 歪みが少ない
  • 再生周波数帯域が広い ####ダイナミック型のメリット
  • 小型化すると低音域が弱くなる
  • 駆動に電力が必要

ダイナミック型のドライバーユニットを搭載したイヤホン

ダイナミック型のドライバーユニットを搭載したイヤホンを価格帯別にご紹介します。

〜5,000円 ZERO AUDIO ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB
画像をクリックするとAmazonに移動します。

ZH-DX210-CBは低価格でありながら、音質のバランスが取れた
ダイナミック型ドライバーを搭載したイヤホンです。

〜5000円 Final E3000

final E3000 FI-E3DSS
画像をクリックするとAmazonに移動します。

E3000は滑らかな音と高い解像度が特徴のダイナミック型イヤホンです。
ハイレゾにも対応しており、滑らかな聴き心地のため、聴き疲れしない良いイヤホンと言えるでしょう。

〜10,000円 Creative Aurvana Air EP-AVNAIR

Creative イヤーフック型イヤホン Aurvana Air EP-AVNAIR
画像をクリックするとAmazonに移動します。

EP-AVNAIRは開放型のダイナミック型イヤホンです。
開放型であるため、音の解像度が高いです。その一方、構造上、電車の中などの音漏れがしやすいため、注意が必要とも言えるでしょう。

〜15,000円 SHURE SE215 SPE

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 Special Edition トランススルーセントブルー SE215SPE-A 【国内正規品】
画像をクリックするとAmazonに移動します。

SE215 SPEは遮音性に優れたダイナミックドライバーを搭載したカナル型イヤホンです。従来製品のSE215の中低音域に改善を施し、よりパワフルに仕上がっています。低音好きな方にお勧めです。

〜20,000円 RHA CL750

RHA CL750 ハイエンドイヤホン ハイレゾ対応/ハイインピーダンス設計 271440【国内正規品】
画像をクリックするとAmazonに移動します。

CL750は超広帯域 CLダイナミックトランスデューサーを搭載したイヤホンです。圧倒的な音の解像度と11のイヤーピースによるしっかりとした装着製を実現しています。インピーダンスが高いため、ポータブルの場合はヘッドホンアンプがあると良いでしょう。

イヤホンのドライバーユニットの種類② バランスドアーマチュア型

バランスドアーマチュア型とは?

元々は補聴器の駆動機構として採用されていたのが、バランスドアーマチュア型(BA型とも言います)です。

磁石に取り付けた固定のボイスコイルに電流を流してアーマチュアという鉄片を振動させ、その振動をドライバーロッドが振動板に伝えることで音を出しています。

中〜高音域の再現力が高い一方、低音域が苦手という特性を持っています。

メリットとデメリットをまとめます。

バランスドアーマチュア型のメリット

  • 中〜高音域の再現力が高い
  • 小型化しやすいため、一つのイヤホンに複数搭載可能 ####バランスドアーマチュア型のデメリット
  • ダイナミック型と比較すると高価である
  • 一つ一つの再生周波数帯域は狭い

バランスドアーマチュア型のドライバーユニットを搭載したイヤホン

バランスドアーマチュア型のドライバーユニットを搭載したイヤホンを価格帯別にご紹介します。

〜5,000円 SONY XBA-C10

ソニー SONY イヤホン XBA-C10 : カナル型 バランスド・アーマチュア型 ブラック XBA-C10 B
画像をクリックするとAmazonに移動します。
5,000円以下というレンジにおいてSONY独自の高解像度バランスドアーマチュアドライバーユニットを搭載したイヤホンが、このXBA−C10です。
バランスドアーマチュア型ではありながらもしっかりと低音〜高温までの解像度を持っています。

〜10,000円 final F3100

final F3100 バランスドアーマチュア型イヤホン ブラック FI-F3BAL
画像をクリックするとAmazonに移動します。

F3100は、コンパクトなボディにもかかわらず、フルレンジでの高音質構造を実現したバランスドアーマチュアドライバーを搭載したイヤホンです。付属品も充実しており、快適なイヤホンライフを楽しめます。

〜15,000円 ZERO AUDIO カルボ ドッピオ

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ ドッピオ ZH-BX700-CD
画像をクリックするとAmazonに移動します。

カルボ ドッピオは、バランスドアーマチュア型のデメリットである再生可能周波数が狭いという部分を解決するために、複数のバランスドアーマチュア型ドライバーユニットを搭載したイヤホンです。
バランスドアーマチュア型イヤホンとしてはかなり良いコスパを誇るでしょう。

イヤホンのドライバーユニットの種類③ ハイブリッド型

ハイブリッド型とは?

ハイブリッド型は、1つのイヤホンの中にダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーを搭載した、いわば”いいとこ取り”の駆動方式です。

低音域に強いダイナミック型ドライバーと中・高音域に強いバランスドアーマチュア型ドライバーを搭載することによって、高い解像度を実現することができます。

メリットとデメリットをまとめます。

ハイブリッド型のメリット

  • 低音〜高音まで幅広い周波数で優れた解像度 ####ハイブリッド型のデメリット
  • 他の駆動方式と比べて高額

ハイブリッド型のドライバーユニットを搭載したイヤホン

ハイブリッド型のドライバーユニットを搭載したイヤホンを価格帯別にご紹介します。

〜5,000円 KZ ZST

KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン (no microphone)
画像をクリックするとAmazonに移動します。

3,000円を下回る価格でアリながら、バランスドアーマチュア型ドライバーとダイナミック型ドライバーそれぞれを1基ずつ搭載したイヤホンが、KZ ZSTです。

ハイブリッド型ってどうなの?と気軽に試したい方にお勧めです。

〜10,000円 1more E1001

1MORE トリプルドライバー ハイレゾ音源対応 Hi-Res イヤホン ステレオ Hi-Fiサウンド 高音質 ビジュアルグランプリ(VGP) 高遮音性 ノイズ遮断 カナル型 有線 リモコン・マイク付 カナル型 iPhone/iPad/Androidなどに対応 E1001(ゴールド)
画像をクリックするとAmazonに移動します。

中国のブランド1moreの上位モデルイヤホンが、このE1001です。2つのバランスドアーマチュア型ドライバーと1つのダイナミック型ドライバーを搭載しており、低音から高音まで高い解像度を持ち、ハイレゾ対応のイヤホンです。

〜30,000円 SONY XBA-N3BP

ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 バランス標準プラグケーブル付属 2017年モデル XBA-N3BP
画像をクリックするとAmazonに移動します。

9mmダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーを搭載し、SONY独自の音響設計をしたハイレゾ対応イヤホンがこのXBA-N3BPです。

Φ4.4mmバランス標準プラグを採用しており、対応機器と接続すると、さらなる高音質を楽しめます。

ドライバーユニットは数が多いほど音質がいいの?

ダイナミック型ドライバーとバランスドアーマチュア型ドライバーはそれぞれメリット・デメリットがあり、同時に使用することでお互いの弱みを補完すると言われています。

では、ドライバーの数は多ければ多いほど良いのでしょうか?

ドライバー・ユニットを数多く搭載すると、イヤホンそのものの大きさが大きくなってしまい、装着感が悪くなります。

イヤホンそのものがかなり大きくなってしまうのであれば、バランスドアーマチュア型ドライバーではなく、ダイナミック型ドライバーの大口径ドライバーを利用した方が高音質になると言われています。

このため、一般にバランスドアーマチュア型ドライバー2つとダイナミック型ドライバー1つが低音〜高音までを幅広くカバーできると言われています。

ドライバーユニット以外にイヤホンの音質で重要なこと

① 再生周波数帯域

再生周波数帯域は、そのイヤホンが音を出すことが可能な周波数を示しています。再生周波数帯域が広ければ広いほど、より良い音が出せると言われています。

ただ、実際には再生周波数帯域はフラットな特性では無く、イヤホン毎にクセがあるため、試聴して確認されることをお勧めします。

また、40KHz以上の再生周波数帯域に対応したイヤホンが「ハイレゾ対応」と言えるそうです。

② インピーダンス

インピーダンスは電流の流れにくさを示す指標です。
インピーダンスの値が大きければ大きいほど、同じ入力でも音が小さくなってしまいます。

このため、インピーダンスの値が大きなイヤホンはヘッドホンアンプなどの使用をしないと、本来の特性を発揮することができません。

インピーダンスは十数Ω〜百数十Ωまで幅広い製品があります。

イヤホンのインピーダンスについてはこちらで詳細に解説しているのできになる方はこちらも合わせて読んで見てください!

イヤホンのドライバーユニットに関して疑問が残ったら

イヤホンのドライバーユニットに関して疑問が残った場合や「本当に良いイヤホンは何なのか?」と疑問に思ったら、「気になっている製品を試聴すること」をお勧めします。

カタログスペックは様々な違いがありますが、実際は音の好みは人それぞれです。このため、実際に試聴して「自分にとって最も良いイヤホン」を見つけることをお勧めします。

ドライバーユニットについての知識面についてはこの記事で一通り解説しましたが、追加で知りたい内容などありましたら、問い合わせフォームからご連絡下さい。記事の修正や追加執筆について検討致します。

まとめ

この記事では、イヤホンのドライバーユニットの種類について解説しました。
要点をまとめます。

イヤホンのドライバーユニットとは?

ドライバーユニットはイヤホンの内部のスピーカー(振動板)をどのようにして振動させるか、という駆動装置のことです。

イヤホンのドライバーユニットの種類① ダイナミック型

ダイナミック型のメリット
  • 歪みが少ない
  • 再生周波数帯域が広い #####ダイナミック型のメリット
  • 小型化すると低音域が弱くなる
  • 駆動に電力が必要 ####イヤホンのドライバーユニットの種類② バランスドアーマチュア型 #####バランスドアーマチュア型のメリット
  • 中〜高音域の再現力が高い
  • 小型化しやすいため、一つのイヤホンに複数搭載可能 #####バランスドアーマチュア型のデメリット
  • ダイナミック型と比較すると高価である
  • 一つ一つの再生周波数帯域は狭い ####イヤホンのドライバーユニットの種類③ ハイブリッド型 #####ハイブリッド型のメリット
  • 低音〜高音まで幅広い周波数で優れた解像度 #####ハイブリッド型のデメリット
  • 他の駆動方式と比べて高額

この記事が皆さんのイヤホン選びのご参考になれば幸いです。

関連リンク

文中でも紹介しましたが、イヤホンのインピーダンスについてはこちらで詳細に解説しているのできになる方は合わせて読んで見てください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧