【マイナーチェンジ? SONYの有線カナル型イヤホンMDR-EX155!】

目次

tomoです。

本日はSONYのカナル型イヤホン MDR-EX155をとことんレビューしてきます!

私自身はMDR-EX150というこちらの旧型製品も持っているので、そちらと細かく比較していこうと思います!

まず、私がイヤホンを使うシーンについてお伝えしておきます。

私は、主に通勤時に音楽を聴く場合や、海外ドラマを視聴する際に使用することが多いです。

あとは週末にランニングをするのですが、その際もイヤホンで音楽を聴いています。

このMDR-EX155というイヤホンは2017年7月15日に発売開始されています。

旧型のMDR-EX150から約2年。待望の新製品ですね。


MDR-EX155 tomo01

MDR-EX155 tomo02

【MDR-EX155の音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆★★★

旧型と同じくMDR-EX155も高音域はそれなりの音です。
ちょっとシャリシャリ感が強いかなと思いますが、価格を考えると及第点には達しているかなと思います。
高音域といえば女性ボーカルなどの声が最も差がでるところですが、少し物足りなさを感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

・中域☆☆☆★★

こちらも旧型のMDR-EX150と聞き比べましたが、中音域においてほとんど差は無いと感じました。
 ボーカルの声はある程度強調されて聞こえるので、中音域もまずまずといったところですが、
 特別に優れた音を表現しているという事はないですね。
 よく言えば聴きやすい音だと思います。

・低域☆☆☆★★

 低音域も特別に強いわけではないですが、それなりの迫力はあります。
 他の音域と同様にまずまずの音ではないでしょうか。
 ベースなどの重低音が効いた音楽を好んで聴かれる方は少し物足りなさを感じるかなというところ。
 とはいえ、あまりこだわりがない方は全く問題ないと思います。

・音の透明感☆☆☆★★

音の透明感についてもMDR-EX155はまずまずの及第点ですね。
 ギターやドラム、ベースなどの楽器の音が、それぞれはっきりと識別して聞こえます。
 こちらも音に相当なこだわりを持ったひとでなければ、それなりの満足感は得られると思います。

【MDR-EX155のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

このMDR-EX155というイヤホンはコスパが良いというのが一番のアピールポイントです。
インターネット等の一番安いサイトでは約1700円で販売されていますが品質は全く問題ないですし、
値段の割にはデザインも悪くないですし、良い音を表現していると思います。
中国産などの同価格帯と比べるとオプション等がやや物足りないですが、SONYというネームバリューで、
そのあたりは相殺できますし、やはり国産の信頼感は高いです。

【MDR-EX155のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆★★★

かつてはappleをも唸らせるほどの先進的なデザインの製品を次々と世に送り出していたSONYですが、
こういった安価なイヤホンにもそのDNAがしっかりと組み込まれています。
同価格帯の中国製イヤホンと比較すると、MDR-EX155のそのスタイリッシュなフォルムは存在感が違います。
カラーバリエーションも豊富で、どの色も魅力的なので購入時はちょっと迷ってしまうかもしれません。
旧型もカラーバリエーションは10色でしたが、どの色もMDR-EX155の方が少し明るい色になっているようです。

・装着感 ☆☆☆☆☆

つけやすさ、つけている時の快適さ、長時間着用時の疲労度について記入してください(200字程度)
旧型と同じくMDR-EX155も大変ストレスがない装着感となっています。
デザインは旧型と全く同じ?だと思います。おそらくデザインや構造を変更する必要がないくらい好評だったのでは
ないでしょうか。
調べてみるとこの装着性は「イヤーフィットブッシング」という耳の形に沿いやすく外れにくさを実現する
テクノロジーが用いられているようです。
一度つけてみる本当によくできたイヤホンだなと感じる方が多いのではないでしょうか。

【MDR-EX155のオリジナリティ】☆☆★★★

このイヤホンのオリジナリティや他のイヤホンとの比べての特徴を記入ください。(150字程度)
デザインは秀逸なMDR-EX155ですが、その他の部分においてはよくあるイヤホンではあります。
安価な価格帯なのでなかなかオリジナリティは出しにくいのかなという気がします。
ただ、ここまでカラーバリエーションが多い製品は少ないですし、SONYというブランド力もあります。
それぞれの部品で妥協がないつくりも伺えるので、飛びぬけたオリジナリティは無いものの、基本的な部分を
きっちり抑えた良い製品であることは間違いないです。

【MDR-EX155の機能性】☆☆☆☆★

・機能性

この価格帯で機能面を求めるのはやや酷なところではありますが、そこはしっかりとレビューしますね。マイクなし、Bluetoothなし、充電不要といったところです。旧型のMDR-EX150と同様にMDR-EX155もコードは1.2m、重量は3gととても軽いです。Bluetoothはケーブルの無い快適性はある一方、充電の必要性は必ずあります。電池切れになることもよくあるので、充電を面倒に感じる方は有線の方がおススメですね。

・遮音性

こちらも旧製品のMDR-EX150からの流れをひきついでおり、MDR-EX155もアングルドイヤーピース構造という
快適性を損なうことなく耳の奥まで装着し遮音性を高めるシステムやハイブリッドイヤーピースという芯部分には
硬めのゴムを、外側には柔らかめのゴムを使用することでフィット感、密閉度を向上するシステムを採用しています。
これにより抜群の遮音性を実現しています。

【MDR-EX155の利用シーン】

MDR-EX155は屋内、またはスポーツシーンを除いた屋外が適していると思います。
防水非対応、有線型なので、汗をかきやすいスポーツ時や夏の暑い日などは少し気を使う必要がありそうですね。
ただ、壊れやすいというわけではないですし価格も安いので日常生活でどんどん使い倒したいイヤホンです。

【MDR-EX155のジャンル】

私は音楽に関して雑食なので、いろんなジャンルの音楽を聴きます。洋楽、邦楽、ロック、ラップ、R&BやJ-POPまで
あらゆる音楽を聴いていますが、音にはそこまでこだわりは強くない普通のユーザーです。
どのジャンルも取り立てて良いというわけではないですが、逆にいうと平均点レベルの音は聞かせてくれます。
音に対して強いこだわりがない人であれば、どのジャンルでも問題なく楽しめるのでなないでしょうか。

【MDR-EX155の総合評価】☆☆☆★★

MDR-EX155 tomo03

本日はMDR-EX155をレビューしました。
旧製品のMDR-EX150と同様に、MDR-EX155も安価ではありますが平均点はクリアしているイヤホンだとおもいます。
何よりもSONYのデザインやきめ細かいこだわりがちりばめられた使い勝手の良いイヤホンではないでしょうか。
カラーバリエーションも豊富なので、イヤホンの機能は基本的なもので構わないけどデザインを重視する方にとっては、
自信をもっておススメしたいイヤホンです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
tomo

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧