100均のシュレッダーはさみを解説!手動のメリット・デメリットとは?

目次

100均で売っているシュレッダーはさみについて紹介します

皆さんはレシートや手紙に書かれた宛名書きなどはどのように処理していますか?

私はシュレッダーを使っているのですが、シュレッダーはそれなりにお金がかかりますし、場所も取りますよね。

仕事中、シュレッダーまで距離がある時、わざわざシュレッダーまで歩いて行くのが面倒、なんてこと、有りますよね。
そんなときに便利なのが、シュレッダーはさみです。
デスクの引出に入るサイズで、少ない枚数の細断を行うことができます。

今回は、100均で販売しているシュレッダーはさみについてご紹介します。

100均で売っているシュレッダーはさみとは?

それでは、100均で売っているシュレッダーはさみについて紹介します。

シュレッダーはさみとは?

シュレッダーと100均1

はさみの刃の部分が一定間隔にいくつか並んでいるものが、シュレッダーはさみです。
100均で販売しているシュレッダーはさみは3枚歯〜5枚歯のものであるようです。
(今回使ったシュレッダーはさみはキャンドゥで購入してきたものです)

使い方

シュレッダーと100均2

簡単な使い方としては、レシートのようなものであれば、
一度横に切るだけで、ある程度細断することが可能です。

シュレッダーと100均3

更に、もっと細かく細断したい場合は、

シュレッダーと100均4

一度横にいくつかの切れ込みを入れておき、そこに対して、垂直になるようにもう一度切り込みを入れると・・・

シュレッダーと100均5

より細かく細断することができます。
この使い方を応用して、シュレッダーはさみを使って、
ネギなどの野菜を細かく切る、という使い方もあります。

何枚まで切れるの?

一度に何枚切れるのか、気になるところですよね。
試してみたところ、4枚〜8枚程度が限界のようです。
ただ、8枚切る場合は少し力が必要だったので、
一度細断してから、更に細かく細断する、というのは難しいかもしれません。

百均のシュレッダーはさみのメリット

それでは、百均のシュレッダーはさみについてのメリットをご紹介します。

メリット① 場所を取らない

コンパクトタイプのシュレッダーや高額なシュレッダーはさみと異なり、デスクの引出の中にも入るコンパクトなサイズです。
このため、スペースの都合でシュレッダーを置けないけれど、たまに細断をしたい、という場合は百均のシュレッダーはさみが便利でしょう。

メリット② コスパがいい

なんといっても百円、です。
「ちょっと試してみたいけど、まぁ、百円だからいっか。」
という手軽さが魅力的です。故障してしまったとしても百円だから買い換えるハードルも低いでしょう。

シュレッダーはさみで2回細断した大きさを電動シュレッダーで実現するためには、かなり高額な電動シュレッダーを購入しなければなりません。
そういった意味で、かなりコスパが良いといえるでしょう。

メリット③ 確実に細断したい場所を細断できる

自分の手で細断することの最大のメリットは、「ここを細断したい」と考えている箇所を確実に細断できることです。
安い電動シュレッダー等では、思ったよりも細断されていない、なんてこともありますが、シュレッダーはさみを使った場合は確実に細断できます。

メリット④ 意外と色んなことに使える

このシュレッダーはさみ、意外と色んなことに使えます。

  • するめを切るために
  • 海苔を刻み海苔にする
  • 薬味を細かく切るために

・・・ちなみに、このシュレッダーはさみ、元々は刻み海苔を作るための道具だったそうです。
(つまり、海苔を切ったりするのは元々の用途です・・・笑)

百均のシュレッダーはさみのデメリット

デメリット① 細断ゴミが散らばる

机の上などで細断する場合、細断ゴミが散らばります。
ゴミ箱の上で細断すればいい、という話なのですが、
それはそれでデメリットですよね。

デメリット② 枚数が多いと面倒

書類全部を細断したい!という場合は何度も何度も細断作業をするのが面倒です。手紙の宛名だけを細断したい、という場合は良いのですが、「面倒だからとにかく全部」という方にはあまり向かないかもしれません。

デメリット③ A4サイズの裁断が面倒

デメリット②にも通じることではありますが、**レシートくらいの大きさであれば問題ないのですが、A4サイズになると、紙のサイズが大きいため、シュレッダーはさみを購入した当初は「頑張ろう」と思うかもしれませんが、ある程度経つと、面倒になります。

デメリットを踏まえた使え方・・・部分的に使う

デメリットを踏まえて、シュレッダーはさみをどのように使うか?と考えると、やはり、「大事な部分だけを細断する際に使う」ことが良いでしょう。
どうしても全体を細断したい、という場合はハンドシュレッダーを使った方が良いかもしれません。

アイリスオーヤマ ハンドシュレッダー H62ST ブルー
画像をクリックするとAmazonに移動します

どの100均にシュレッダーはさみは売ってる?

ダイソー

ダイソーではシュレッダーはさみを取り扱っているようですが、5枚歯タイプが300円商品、7枚歯タイプが500円商品として販売されているようです。

セリア

セリアでは、3枚歯タイプが100円商品として販売されているようです。

キャンドゥ

キャンドゥでは、今回の記事でも取り上げている3枚歯タイプが100円商品として販売されているようです。

ダイソーでは他の百均では取り扱っていないような5枚歯、7枚歯タイプが販売されていますが、百円商品ではないので注意が必要です。
ただ、実際の使用では3枚歯よりも5枚歯、7枚歯の方が手間は省けますので、シュレッダーはさみをガッツリ使いたい、という方にはダイソーの商品の方が良いかもしれません。

100均以外に安いシュレッダーやシュレッダーの機能を手に入れる方法

Amazonでハンドシュレッダーを購入する

ハンドシュレッダーであれば、Amazonでも購入することができます。また、電動シュレッダーの安い商品も販売しています。
アイリスオーヤマ ハンドシュレッダー H62ST ブルー
画像をクリックするとAmazonに移動します

こちらの商品でA4用紙1枚を細断することが可能で、500円程度で購入することが可能です。

コンパクトタイプの電動シュレッダーを購入する、という選択肢もあります。

ナカバヤシ コンパクトシュレッダ プット 手のひらサイズ  ホワイト 72254
画像をクリックするとAmazonに移動します

ホームセンターでハンドシュレッダーを購入する。

ホームセンターなどの文具コーナーでもハンドシュレッダーは販売されています。
また、ドンキホーテなどでは電動シュレッダーが安価に販売されています。

プライバシースタンプを利用する

宛名を隠す、等の用途であれば、シュレッダーにかける、という方法の他に、上からプライバシースタンプで塗りつぶす、という方法もあります。
プラス 個人情報保護スタンプ ローラーケシポン ブルー IS-500CM-B 37-647
画像をクリックするとAmazonに移動します

なお、百均でもプライバシースタンプは販売されていますので、
シュレッダーはさみと一緒にプライバシースタンプを購入して、両方試してみる、というのも手かもしれません

まとめ

今回は百均で販売されているシュレッダーはさみについてご紹介しました。

最後にもう一度、メリット・デメリット・そして代替手段をご紹介します。

メリット

  • 場所をとらない
  • コスパがいい
  • 確実に細断したい場所を細断できる
  • 確実に細断したい場所を細断できる

デメリット

  • 細断ゴミが散らばる
  • 枚数が多いと面倒
  • A4サイズの細断が面倒

代替手段

  • Amazonでハンドシュレッダーを買う
  • ホームセンターでハンドシュレッダーを買う
  • プライバシースタンプを使う

シュレッダーはさみは、かゆいところに手の届く良い商品なのですが、どうしても使っているうちに面倒に感じてしまうことがあります。
上手く他の道具との使い分けをして、利用してみて下さいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧