シュレッダーが紙詰まりで動かない原因と対処!紙詰まりを溶かすのは?

目次

シュレッダーが紙詰まりで動かない原因と対処、予防法について解説します

書類や請求書等を処理するのに大変便利な道具であるシュレッダーですが、シュレッダーの紙詰まりを起こしてしまった事は誰でも一度はあるのではないでしょうか?
この記事ではシュレッダーの紙詰まりで動かなくなってしまう原因を究明し、紙が詰まってしまった時の対処法をご説明させて頂きます。
シュレッダーの紙が詰まらないような予防法をご紹介させて頂く事により、シュレッダーに紙が詰まってしまった時に慌てず冷静に対処出来る様になって頂ければと思います。

シュレッダーが紙詰まりで動かなくなる原因

シュレッダーが紙詰まりで動かなくなってしまう原因には様々な要因が考えられますが、人為的要因と機械的要因に分けられる可能性が高いです。

実際にどの様な事が原因でシュレッダーの紙が詰まってしまうのかを人為的要因と機械的要因に分けてご説明させて頂きます。

原因① 裁断後の紙の処理不足

人為的要因でシュレッダーの紙が詰まってしまう原因には、裁断後の紙がダストボックスに満タンになってしまい、ダストボックスが詰まってしまっている事が考えられます。
何枚もシュレッダーで裁断を続けているうちにダストボックスに紙が溜まってしまったいて忘れてしまう方は日常では以外にも沢山おられるようです。

ダストボックスが紙で満タンになってしまいますとシュレッダーの裁断する刃が目詰まりを起こし、紙が詰まることに繋がる危険性があります。ダストボックスに紙が必要以上に貯まらない様注意が必要です。

原因② センサーの汚れ

機械的要因でシュレッダーの紙が詰まってしまう原因にはセンサーの汚れによる紙詰まりが考えられます。
シュレッダーで紙を裁断する際にシュレッダーに紙が挿入された事を認識する為のセンサーがあり、そのセンサーが汚れ等により途中で紙を認識出来なくなり、裁断途中で紙を送るのを中止してしまう事により紙が詰まってしまう事が考えられます。

シュレッダーが紙詰まりで動かない時の対処

シュレッダーの紙が詰まってしまい動かなくなってしまった時のシュレッダーの処置方法をご紹介させて頂きます。

対処① ダストボックスの紙を捨てる

先ほど解説したようにシュレッダーに紙が詰まってしまう原因の一つがダストボックスの紙が満タンになってしまう事ですので、シュレッダーのダストボックスを開いて頂いて中に入っている紙屑を空にする事により、シュレッダーの紙詰まりが解消されることがあります。これにより裁断の機能が回復してまた裁断出来る様になります。

その際、シュレッダーが突然動き出す事があるかもしれませんので、紙詰まりに気を取られてシュレッダーの裁断部分に指等を巻き込まれないよう最新の注意を行ってください。

対処② センサーを清掃する

こちらも先ほど解説しましたがシュレッダーの紙が詰まってしまう原因がセンサーの汚れによるものですので、センサーのごみやほこりを拭き取る等のセンサーを清掃する事によってシュレッダーの紙詰まりが解消され、裁断機能が回復してまた裁断出来る様になります。

以上の事を試して頂いても機能が回復せずに裁断出来ない、紙詰まりが解消しない場合は、紙の重ねすぎや裁断部の刃こぼれ等も考えられます。
またそれ以外の原因で故障している場合は専門の修理業者の方に見てもらう等の処置を行う事をおすすめ致します。

日々できるシュレッダーが紙詰まりで動かなくなるのを防ぐ予防法

いざシュレッダーを使いたい時やシュレッダーが壊れてしまって使いたい時に使えないといった事態に陥らない為にも、シュレッダーの紙詰まりを防ぐ為の予防方をご紹介致します。

① 静電気の発生しやすい物は裁断しない

シュレッダーの紙詰まりを起こす原因に静電気により裁断物が刃先に絡む事があります。
静電気が発生しやすい物として代表的な物はフィルムやビニール等が静電気が発生しやすい物ですので、フィルムやビニール等の静電気の発生しやすい物を裁断しないように心がける事でシュレッダーの紙詰まりを防ぐ事に繋げる事が出来ます。

② 定期的にメンテナンスをする

日々静電気を起こす物を裁断しない様に心がけてり、紙をあまり重ねすぎない等の人為的な要因を避ける事を心がけていても、長期間使用しているとシュレッダーの紙詰まりは起こってしまいます。
その様な原因を防ぐ為にはやはり定期的にメンテナンスを行う事が大切です。
刃先を専用のオイル等で紙詰まりを防ぐ、定期的に逆回転を行い詰まった紙やごみ、ほこりを吐き出す等のメンテナンスによる事でシュレッダーの紙詰まりを防ぐ事に繋げる事が出来ます。

フェローズシュレッダー用オイル 37250 oil

フェローズ フェローズシュレッダー用オイル 37250 oil

画像をクリックするとAmazonに移動します

【コラム】シュレッダーの紙詰まりは溶かすことで直せる?

シュレッダーの紙詰まりは溶かす事により直す事が出来るのかという疑問がYahoo!知恵袋にありましたが、結論からいいますと大変危険です。
何故なら、シュレッダーは紙を裁断する際に非常に摩擦が発生しやすい製品です。
シュレッダー用の専用のオイル等で紙詰まりを防ぐ等の予防方はありますが、シュレッダー専用ではない製品等を使用する事により、発火や火災等の大事故にも繋がりかねません。
もしもシュレッダーの紙詰まりがどうしても直らない、原因がわからず解決出来ない場合は無理をせず専門の修理業者等に修理の依頼をする、もしくは故障と割りきり買い換えを検討する等の処置が最良の選択かもしれません。

参考元:Yahoo!知恵袋

シュレッダーが紙詰まりして動かない時の対処について疑問が残ったら

シュレッダーの紙が詰まってしまう原因はこの記事でご紹介させて頂いた事の他の原因もまだまだ沢山あるのかもしれません。
ですが、その様な専門的な知識を織り混ぜてしまう事によりシュレッダーの紙詰まりについて大変複雑な専門的な記事に仕上がってしまう事により、この記事のコンセプトであるシンプルで伝わりやすいという方向性がぼやけてしまう恐れがありました。
その為、専門的な知識をなるべく省いて執筆させて頂いた事をご了承下さい。
また専門的な知識が必要そうな症状の場合はなるべく修理業者にお願いするようにしましょう・

まとめ

シュレッダーの紙詰まりの処置を誤ってしまうと発火や火災等の大惨事に繋がってしまったり、小さなお子さまや少しの油断により指を近づけてしまい大怪我をしてしまう危険性もあります。
ですが、ご使用方法をきちんと理解して正しくご使用頂ければ安心してとても便利にご使用頂ける製品です。

これから先、シュレッダーは個人情報の漏洩防止や、重要な情報を漏洩してしまう事を防ぐ為にも需要が高く、なくてはならない製品です。

この様な便利な製品をこの記事を読んで頂いた方がシュレッダーを身近に感じて頂いて正しいご使用方法を身に付けて頂く事により安心して気持ち良くご使用頂ける事に繋がって頂ける事が出来ればとても幸いに思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧