フラットヒーターのこたつのデメリットは?メリットも合わせて解説!

目次

フラットヒーターのこたつのデメリットとメリットを解説します

ひと昔前であればこたつというとヒーター部分が出っ張っているものが主流でしたよね。

その出っ張り部分が邪魔だと感じていたこたつユーザーもいるのではないでしょうか。

しかし技術の発展によりそのような方々にとっては待望のフラットヒーターなるものが誕生しました。

名前にフラット、とついているようにテーブル部分とヒーターが一体となり平坦となっているものがフラットヒーターなのですがデメリットも存在するとか。

そこで今回の記事ではフラットヒーターのこたつのデメリットおよびメリットについて紹介していきます。

こたつ感のないこたつがフラットヒーターでもあります。

部屋に従来のこたつは景観に合わないため、使用したくないという方でも安心して使用できると思われるフラットヒーターについて、そのデメリットメリットが気になる方はぜひご一読ください。

フラットヒーターのこたつのデメリットはコレ

フラット ヒーター こたつ デメリット

それではまずはフラットヒーターのこたつのデメリットについて紹介していきます。

デメリット① 従来のこたつよりも温かさに欠ける

フラットヒーターのこたつのデメリットの一つ目は「従来のこたつよりも温かさに欠ける」ということです。

フラットヒーターのこたつが発売される以前はこたつと言えば、石英管ヒーター、コルチェヒーター、ハロゲンヒーターなどが使用されていましたよね。

石英管ヒーター内蔵こたつが最も安いため一番なじみ深いのではと思います。

そのようなヒーターが使用されているこたつに比べるとフラットヒーターのこたつは温かさに欠けてしまうのです。

これは従来のこたつに使用されているヒーターよりもパワー不足なことが起因しています。

従来のこたつに使用されているヒーターよりもパワー不足ということは消費電力がその分少ないということを意味しているのですが、この「従来のこたつよりも温かさに欠ける」という点は十分デメリットとなりますね。

デメリット② 温かいと感じるまでに時間がかかる

フラットヒーターのこたつのデメリットの二つ目は「温かいと感じるまでに時間がかかる」ということです。

従来のこたつではこたつのスイッチをオンにして設定を最大にすれば、すぐに温かくなりましたよね。

しかしフラットヒーターのこたつでは温かくなるまでに、時間がかかってしまうのです。

これは上記で紹介したフラットヒーターのこたつは従来のこたつに比べてパワー不足である、ということが原因になっています。

パワー不足な分、温まるまでにも時間がかかってしまう、というわけですね。

これについては石英管ヒーターなどのこたつを使用していた人が、フラットヒーターのこたつに乗り換えた際に感じやすいデメリットだと思われます。

よって買い替えを検討されている方はこの点を十分に把握しておきましょう。

フラットヒーターのこたつのメリットは?

フラット ヒーター こたつ デメリット

上記フラットヒーターのこたつのデメリットを読んだ方の中には、フラットヒーターのこたつに対し良くないイメージを持ったことでしょう。

しかしフラットヒーターのこたつの売れ行きは決して悪くなく、むしろ人気と言うことができます。

それはフラットヒーターのこたつにもきちんとメリットは存在するからなのです。

メリット① 従来型のこたつよりも電気代が安くなる

フラットヒーターのこたつのメリットの一つ目は「従来型のこたつよりも電気代が安くなる」ということです。

上記のフラットヒーターのこたつのデメリットでもちらっとお伝えしましたが、フラットヒーターのこたつは従来型のこたつよりも、消費電力は少ないです。

これがパワー不足というフラットヒーターならではデメリットの原因にもなっているのですが、消費電力が少ない、ということはそれだけ節電しているということになります。

ちなみに参考までにどの程度の節電が可能なのか、と言うと以下のようになります。

  • フラットヒーター(平均160W):月あたり500~600円程
  • 従来型ヒーター(平均500W):月あたり3200円程度

参考元:マネーの達人

使用方法や使用時間、使用ヒーターにより電気代は変動するかと思いますが、そもそも消費電力が低いフラットヒーターではかなり高い確率で節電効果を実感することができます。

よってこの点はフラットヒーターのこたつを使用する上で大きなメリットとなり得るでしょう。

メリット② 寝返りしやすい

フラットヒーターのこたつのメリットの二つ目は「寝返りをしやすい」ということです。

フラットヒーターと、「フラット」と名前に入っていることから想像できるようにヒーター部分がフラット(平坦)です。

従来型のこたつではヒーター部分と言うと出っ張っていたと思われますがフラットヒーターのこたつではそういったものはありません。

よってフラットヒーターのこたつでは寝返りをしやすい、ということがメリットの一つとして挙げられるのです。

こたつ内では寝転がらないようにしているという方もいるかもしれませんが多くの方は寝転がることが好きだと思われます。

なので、フラットヒーターのこたつを使用する上でこの点は一番メリットとして実感しやすいかもしれませんね。

デメリットの少ないおすすめフラットヒーターのこたつを紹介

フラットヒーターのこたつにおいてデメリットとして紹介したのは「従来のこたつよりも温かさに欠ける」という点と、「温かいと感じるまでに時間がかかる」という点になります。

これらはフラットヒーターのこたつを使用するうえで避けては通れないデメリットですが、できるだけフラットヒーターでありながら温かさを感じることのできるこたつを紹介していきます。

フラットヒーター折れ脚こたつ アロー スクエア(ナチュラル)+スウェット地こたつ布団 杢グリーン 2点セット

フラットヒーター折れ脚こたつ アロー スクエア(ナチュラル)+スウェット地こたつ布団 杢グリーン 2点セット
画像をクリックするとAmazonへ移動します

フラットヒーターのこたつを使用するにあたり、大事となるのが熱をどれだけ逃がさないか、ということです。

というのもフラットヒーターのこたつの消費電力は上記でも紹介したように平均150W程度で、最大でも300W程度なのでどうしても温かみにかけてしまうからです。

従来型のものであれば500Wほどはあるため、この違いは電気代にも影響がありますが温かさという面でも影響を与えています。

よって少しでも熱を逃がさないようにするために今回紹介しているようなこたつとこたつ布団のセットは必須となるのです。

なので、もしこたつとこたつ布団がないという方は今回紹介したような商品を購入してみて下さい。

こたつ布団がない状態でこたつを使用してもその熱は内部にとどまらず、どんどん外へ逃げていってしまいます。

わざわざこたつとこたつ布団を別々に買うというのも面倒なので、フラットヒーターのこたつならではのデメリットを軽減するためにもセットで販売されているこちらの商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

フラットヒーターのこたつのデメリットやメリットに疑問が残ったら

フラットヒーターのこたつのデメリットやメリットについてこの記事ですべてお伝えできたわけではありません。

よってこの記事を読んで、デメリットメリットについて疑問に思う点があるかもしれません。

そういった際には当サイトのお問い合わせフォームにてお伝えいただければ幸いです。

その内容を元に随時加筆や修正などを適宜行わせていただきます。

まとめ

今回の記事ではフラットヒーターのこたつのデメリット、メリットについてお伝えしてきました。

フラットヒーターのこたつのデメリットには以下のような点が挙げられます。

  • 従来のこたつよりも温かさに欠ける
  • 温かいと感じるまでに時間がかかる

それに対しメリットには以下のような点が挙げられます。

  • 従来型のこたつよりも電気代が安くなる
  • 寝返りしやすい

フラットヒーターのこたつが温かみに欠けてしまうのは、消費電力が少ないことが原因です。

ですが、その消費電力の少なさは節電というメリットにもつながっています。

このようにどんなものでも、悪い所があれば良い所もあるものです。

自分が何を一番重要視しているのか、でフラットヒーターのこたつを選ぶのか、従来型のこたつを選ぶのかを判断してみてくださいね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧