マウスが勝手にダブルクリックする原因と対処法!故障なら買い替えを

この記事を執筆するにあたって

マウスが勝手にダブルクリックしてしまう事態に実際に遭遇し、マウスを分解修理したことがあります。

Written By えどう タロー

目次

マウスが勝手にダブルクリックになる原因と対処法を解説します

マウスが勝手にダブルクリック

こんにちは、えどうです。

ある日突然、マウスをクリックするとダブルクリックになるようになってしまった、なんて経験、有りませんか?
忙しいときに限って、勝手にダブルクリックするようになってしまい、
イライラっとすること、ありますよね。

今回は、マウスが勝手にダブルクリックになってしまう原因と対処法を
ソフトウェアとハードウェアの両面から解説します。

今回はWindows端末向けに解説します。

手元に別のマウスを用意してみると、問題の切り分けがしやすいです。

マウスが勝手にダブルクリック 原因① 設定上、ダブルクリックになるようになってしまっている。

Windowsのソフトウェア設定などでマウスをシングルクリックしたときにダブルクリックになるように設定されてしまっている可能性があります。

マウスを交換したとしてもダブルクリックになってしまう場合はこの可能性が高いです

原因 コントロールパネルでの設定

  • マウスの設定で左ボタンがダブルクリックに割り当てられてしまっている。
  • エクスプローラの設定で「シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く」がオフになっている  (エクスプローラのみでダブルクリックになってしまう場合)

 参考元:マウスをシングルクリックしてもダブルクリックの動作になる問題のトラブルシューティング

対処法 設定を変更する

マウスの設定を直す

  • 「マウス」ダイアログボックスを開く

スタートボタンを押し、「検索の開始」ボックスに「マウス」と入力します。「プログラム」の一覧の「マウス」または「Microsoftマウス」をクリックします。

  • Intellipointソフトウェアでのボタンの割り当てを確認します。

「ボタン」 タブの 「ボタンの割り当て」で、「左ボタン」が 「ダブルクリック」になっていたら「クリック (既定)」に変更して下さい。

エクスプローラのみで発生する場合

  • 「デスクトップのカスタマイズ」を開く

スタートボタンを押し、「検索の開始」ボックスに「デスクトップのカスタマイズ」と入力します。「プログラム」の一覧の「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

  • 「フォルダーオプション」の設定を変える

「デスクトップのカスタマイズ」で、「フォルダー オプション]」をクリックし、出てきた画面の「全般」タブで「シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く」 をクリックします。

マウスが勝手にダブルクリック 原因② マウスに静電気が溜まっている

無線マウスにありがちです。マウスを使用していくうちに、マウスが静電気を帯びてしまい、誤作動している、というものです。

原因 何らかの原因でマウスに静電気が溜まった

マウスに静電気が溜まってしまうと、マウス内部にあるスイッチが誤動作を起こしてしまう可能性があります。

対処法 電池を外してクリック

マウスの電池を一度外した状態で何度かクリックして下さい。
その後に、改めて電池を入れて、問題が再現するかを確認して下さい。

マウスが勝手にダブルクリック 原因③ マウスの内部スイッチにゴミが溜まっている

原因①、②でもない場合はこの可能性があります。
マウスの交換によって改善する場合、この原因が考えられます。

原因と対処法

マウスの内部にゴミが入り込んでしまっているものを掃除することによって対処します。

マウスの裏蓋を外します

マウスが勝手にダブルクリック1

マウスのセンサー側にねじが有りますので、その全てのねじを取り外します。画像のように、滑り止めのパッドの下にねじがある場合が多いです。

ねじを外したら、マウスの後ろ側からカバーを持ち上げて、前方向に図ずらしてカバーを取り外しましょう。

マウスの内部を掃除する

マウスが勝手にダブルクリック2

カバーを取り外すことができたら、スイッチ周辺のゴミを取り除いて下さい。
画像の黄色矢印の部分がマウスの左クリック用のボタンです。
目に見えるゴミを取り除いて下さい。

できれば、エアダスターを使用して小さなゴミも吹き飛ばせると良いです。(真ん中のホイールの部品は風を当てると飛んでいってしまう可能性もあるので、注意して下さいね)

エレコム エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT
画像をクリックするとAmazonに移動します

掃除が終わって、マウスを組み立てた後、マウスが正しく動作するかを確認して下さい。それでもダブルクリックしてしまう場合、原因④を検討してみて下さい。

マウスが勝手にダブルクリック 原因④ マウスの信号がうまく届いていない

無線マウスの場合でそもそもマウスを動かしても反応が薄くなるときがある場合、この原因が考えられます。

原因 無線マウスとレシーバーが遠い・遮蔽物がある

無線マウスは電波を使ってマウスの動作をパソコンに伝えています。
このため、無線マウスのレシーバーの周りに電波を阻害するようなものがある場合、上手く通信できなくなってしまう可能性があります。

対処法 無線マウスのレシーバーを見やすい位置に置いてみる

デスクトップパソコンを利用している場合は、無線マウスのレシーバーをパソコンの裏面ではなく表面のUSBポートに挿してみて下さい。
これで改善するようであれば、無線が干渉していた、と言うことになります。

マウスが勝手にダブルクリック 原因⑤ マウスの故障

マウスや有線マウスのケーブルの破損が原因でマウスが正しく動作しなくなってしまっています。
マウスの交換によって改善する場合、この原因が考えられます。

原因 マウス内部が破損している

クリックのみの動作がおかしい場合、左クリック用の内部スイッチが壊れてしまっていると考えられます。全体的に動作がおかしい場合はマウスやレシーバー、マウスケーブルの破損による影響が考えられます。

対処法 修理または交換

マウスが故障してしまっている場合、高価なマウスであれば修理、そうで無いのであれば、マウスを交換するのが良いでしょう。

マウスが勝手にダブルクリックするのが故障なら買い替え!おすすめマウス

故障が疑われる場合や、そもそもマウスがべたついていたり、汚れが酷い場合は、これを機会にマウスを買い換えてしまいましょう

お勧めマウスをご紹介します。

Logicool M545BK

右クリック、左クリックだけでなく、「進む」「戻る」など割り当て可能な2ボタンが搭載された無線通信モデルです。
2000円前後で購入できるモデルとしては多機能でコストパフォーマンスが良いです。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK
画像をクリックするとAmazonに移動します

エレコム M-FIR08DRBK

シンメトリックデザインで左利きの方も使いやすいマウスです。
一度電池を交換すると、2.5年電池交換が不要という省電力設計です。
価格も1000円前後ととてもコストパフォーマンスに優れています。

エレコム ワイヤレスマウス 約2.5年電池交換不要 省電力 3ボタン ブラック M-FIR08DRBK
画像をクリックするとAmazonに移動します

それでもマウスが勝手にダブルクリックする原因に疑問が残ったら

この記事では、マウスが勝手にダブルクリックをしてしまう原因について全てを網羅できている状態ではありません。マウスドライバーが壊れてしまっている場合なども考えられます。
この記事を読んでもまだマウスのダブルクリックが直らない場合、まずは、使用しているメーカーに問い合わせを為てみて下さい

また、本記事のお問い合わせフォームから問い合わせて頂いても構いません。

まとめ

この記事では、マウスが勝手にダブルクリックしてしまう原因とその対処法について解説しました。
今一度、原因とその対処法を振り返ります。

  • 原因①:設定上、ダブルクリックになるようになってしまっている。  対処法:パソコンの設定を見直す
  • 原因②:マウスに静電気が溜まっている  対処法:マウスから電池を抜いて、クリックを10回してみる。
  • 原因③:マウスの内部スイッチにゴミが溜まっている  対処法:マウス内部の掃除
  • 原因④:マウスの信号がうまく届いていない  対処法:無線レシーバーの位置を変えてみる
  • 原因⑤:マウスの故障  対処法:修理または買い換える

日常的に触れるマウスだからこそ、ちゃんと動作して欲しいですよね。
この記事が皆さんの悩みの解決に繋がれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧