コンセントから火花がでる原因と予防策を解説!焦げたら修理を!

目次

コンセントから火花がでる原因と対処について解説します

現在では便利な電化製品が豊富に販売されていて、電化製品は生活必需品であり、なくてはならない物となています。
電化製品を使用する上で家庭では勿論、会社や公共の場等でも、コンセントはどこでも目にしない事がない程設置されている便利な世の中になりました。
ですが、その便利なコンセントですが、使い方や手入れの方法を間違えてしまうと、コンセントから火花が発生して、火災等の大惨事に繋がってしまう恐れがあります。
この記事では、何故コンセントから火花が出る等の原因や、コンセントから火花が出ないよう対処法を紹介させて頂き、コンセントから火花が出ないよう、また、火災等の防止に役立てて頂ければと思います。

コンセントから火花がでる原因は?

まず最初にコンセントから火花がでる原因を説明させて頂きます。
複数の原因が考えられますので、その考えの基づいて検証していきたいと思います。

原因①プラグや混コンセントに電気を通す物質が付着していた

まずはじめに考えられる原因として、プラグやコンセントに電気を通す物質が付着していた事が考えられます。
電気を通す物質とは、髪の毛やホコリ、ホッチキスの針等の金属性物質等上げればキリがない程の様々な物質がありますが、その電気を通す物質がプラグやコンセントに付着してしまい、そこに電流が流れますと、一気に大きな電流が流れてしまい、そのコンセントから火花が発生してしまいます。

原因② トラッキング現象

次にあげられる原因として、トラッキング現象が考えられます。
どの様の現象か説明させて頂きますと、コンセントにホコリが溜まってしまい、そのホコリを放置していしまいますと、そのホコリに湿気や水滴等が結びつく事により、電気が流れ、熱を持ってしまいます。
その熱を持ったコンセントから火花が発生してしまう恐ろしい現象です。

原因③ 電源の入れっぱなしでコンセントに差し込む

コンセントにプラグを差し込む際に、電化製品の電源を入れたままプラグをコンセントに差し込む事が考えられます。
製品の電源を入れたままコンセントを抜き差しすると、電気が一気に流れてしまう為、そのコンセントから火花が発生してしまいます。

原因④ たこ足配線の繋ぎすぎ

一般家庭やオフィスの場でもよく目にするものですが、たこ足配線に複数のプラグを差し込みすぎる事が上げられます。
複数のプラグを集中して差し込んでしまうと、そこに大量の電気が流れてしまう為、そのたこ足配線を差し込んだコンセントから火花が発生してしまいます。

コンセントと火花

参考元:NEWコンテンツ企画

コンセントの火花は事故につながる?

先程はコンセントから火花が発生数原因を説明させて頂きましたが、次に、コンセントの火花がどの様な事故に繋がるかを説明させて頂きます。
コンセントのホコリがたまり、放置されやすい場所として、普段あまり目の届きにくい場所、特にタンスの裏側等はコンセントにたまったホコリが放置されやすい場所であります。そのようなところにあるコンセントから火花が発生してしまい、絨毯等の燃えやすい物に火が移ってしまい、火災に繋がるしまいます。
また、風呂場の近くやキッチン等の水気の多い場所のコンセントにも、コンセントについたホコリ等に水気が発生しやすい場所であります。
風呂場等の近くであれば、湿気が多く発生しますので、そこから結露が発生してしまい、コンセントに水気が付着してしまう恐れがあります。
また、キッチンでは水仕事が多い為、水滴が飛んでしまい、そこからコンセントに水気が付着してしまう場面が沢山考えられます。
その様な場所からコンセントに火花が発生して、近くに置いてあった燃えやすい物等に火が燃え移り、火災に繋がらないよう注意が必要です。

コンセントから火花がでて焦げたら修理を!

先程はコンセントから火花が発生してしまった場合、どの様な事故に繋がるかを説明させて頂きました。
次に、コンセントから火花が出てしまった時の対処法を説明させて頂きたいと思います。

コンセントから火花がでて焦げたら使い続けない!

まず基本的な事ですが、コンセントから火花が出たら、そのコンセントのご使用をすぐに中止する事をおすすめします。
普段使いなれている場所のコンセントを使わないのは不便に感じるかもしれませんが、大変危険ですので即中止する事が、火災等の大惨事を防ぐ対処法として最適と思われます。
お早めにコンセントの修理をする事をおすすめします。

修理にかかる費用や時間

それでは、コンセントの修理には、どれくらいの時間と費用がかかるのでしょうか。
まず費用ですが、コンセントの故障具合の症状にもよりますが、基本的に3000円~6000円程かかるといわれております。
また、修理にかかる時間ですが、簡単な物であれば即日で修理して貰えますが、やはり、故障の症状によっても変わってきますので、まずは専門の修理業者等に一度ご相談して頂くのが、一番確実かと思われます。

参考元:電気工事110番

コンセントから火花がでないための予防法

先程はコンセントから火花が出た時の対処法を説明させて頂きましたが、次に、コンセントから火花が出ない為の予防法を説明させて頂きたいと思います。

① コンセントカバーを活用する

コンセントから火花を発生発生さない為の予防策として、コンセントにホコリをためないという事が上げられると思います。
コンセントにホコリをためない為には、コンセントにカバーをする事でホコリの付着する事を防ぐ事が出来ますので、コンセントのホコリがたまる事が防ぐ事が出来、コンセントから火花が発生するのを防ぐ事が出来ると思います。


画像をクリックするとAmazonに移動します

② 定期的に清掃する

普段から意識してコンセントにホコリをためない事をを心掛けていても、コンセントにホコリがたまってしまう事はどうしても避けては通れない道なのではないかと思います。
ですので、コンセントを定期的に清掃する事でたとえホコリが溜まってしまったとしても、すぐに清掃することが出来、清掃したコンセントから火花が発生する事を防ぐ事が出来ると思います。

コンセントの火花について疑問が残ったら

ここまでコンセントから火花が発生する原因や対処法等を説明させて頂きましたが、コンセントは構造も一見簡単そうに見えても中身は複雑であり、この記事でコンセントの全てを説明出来た訳ではないと思います。
この記事を読んで頂いた方が記事の内容を参考にして頂き、コンセントから火花が発生した時に、素早く対応出来るようなヒントを得て頂けると幸いに思いますが、修理等の処置に関して言えば、専門の資格を持った方や、専門の修理業者の方にお願いして修理して貰うのが、火災等の大惨事を防ぐには一番の対処法であるのかと思われます。

まとめ

最後にコンセントから火花が発生する原因や対処法について記事を執筆させて頂きましたが、コンセントが沢山普及されていてとても便利な生活がおくれるようになりましたが、その反面、やはり、火災の発生等に繋がってしまう事は、とても恐ろしい事だと思いました。
ですが、正しい使い方と正しい対処法を覚えて頂ければ、とても便利に使いこなすことが出来、日々の少しの心がけで、火災等の大惨事も防げるのではないかと思います。
やはり、コンセントをお使いになる上では、日々の清掃が大切であり、普段から目に入る所では簡単に清掃も行えるとは思いますが、高い所や狭い所、重い物の裏側等は清掃も忘れがちになる事が多いとは思います。
ですので、毎日は難しい事もあるかと思われますが、定期的にローテーションを決めて清掃をする等でも、火災を防ぐにはとても有効なのではないかと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧