カナダのコンセントに変圧器は必要か解説!電圧やプラグの形状は?

目次

カナダのコンセントと変圧器について解説します

カナダへの旅行や出張に出掛ける際、気をつけておきたいことは電圧とコンセント事情です。

日本から持ち込んだ電化製品の使用や、携帯電話や iPhone、デジカメなどの充電ができるか気になりますよね?

今回の記事では、カナダのコンセントのプラグと形状、カナダのコンセントに変圧器が必要か、カナダのコンセントはiPhoneに対応しているか、について解説したいと思います。

また、カナダでの変圧器の購入から、おすすめの変圧器についてもご紹介いたします。

カナダの電圧・周波数・コンセントプラグの形状やタイプは?

変圧器カナダ

カナダの電圧

カナダの電圧は110〜120V(ボルト)です。

日本の電圧は100Vなので、カナダで日本の電化製品をそのまま使用すると不具合を生じる可能性があるため変圧器が必要です。

カナダの周波数

カナダの周波数は60Hz(ヘルツ)です。

日本の周波数は、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に、東エリアは50Hz、西エリアが60Hzとなっています。

西エリアで使用している電化製品の周波数はカナダと同じなので問題はありません。

東エリアで使用している電化製品で、周波数が「50Hz」と定められているものは、カナダで使用すると不具合が出る恐れがあります。

例えば、冷蔵庫、扇風機、エアコン、掃除機、洗濯機、電子レンジ、乾燥機、蛍光灯などが挙げられます。

カナダのコンセントプラグの形状とタイプ

カナダのコンセントプラグの形状は、日本と同じAタイプです。

カナダの電圧に対応している電化製品の場合、そのままコンセントに差し込めば使用することができます。

■Aタイプのコンセントの形状

カンボジア コンセント

平型のピンが縦に2つ並んだタイプのもので、日本とカナダ以外では、北米や中米、アラスカ、ハワイ、グアムなどで用いられています。

参考元:ビックカメラ.comMEGA EGG

カナダに旅行に行くにはどの変圧器を買えばいい?そもそも変圧器って?

変圧器とは、電圧を変える装置で「トランス」と呼ばれています。

発電所で作られた電気は高圧で、オフィスや家庭などのコンセントに届くまでに変圧器で電圧を100Vまで下げています。

また、電子レンジやテレビなどの電気機器にはあらかじめ変圧器が付属されています。100Vの電圧を、電気機器が必要な電圧に変換することから「電源トランス」と言われています。

海外旅行をする際、日本と同じ電圧の国は少なく、変圧器で電圧を変える必要があります。変圧器で電圧を上げることを昇圧(アップトランス)、電圧を下げることを降圧(ダウントランス)と言います。

カナダは電圧が110V〜120Vなので、日本の100Vにするため変圧器による降圧(ダウントランス)が必要です。

カナダ旅行に行く際に必要な変圧器とは、日本の100Vとカナダの110V〜120Vに対応する変圧器、すなわち100V〜120Vの範囲で使用可能な変圧器となります。

変圧器は、必要な場合と不要な場合があります。

事前準備として、宿泊先のホテルのアメニティの確認、持ち込む予定のある家電製品の電圧を調べて、必要であれば準備しましょう。

参考元:北川電機株式会社

カナダのコンセントの電圧に合うか持っていく家電を確認しよう

カナダの電圧はどういう表記で載っている?

電圧は、お手持ちの電化製品の本体やアダプター、電源の裏側、もしくは取扱説明書に記載されています。

「INPUT:◯◯V」または「入力電圧:◯◯V」

例えば、電圧100V-240Vの場合、100Vから240Vまで利用可能なので、110V〜120Vのカナダで使用できます。

なお、日本製の電化製品は国内使用を前提に作られているため定格電圧は100Vです。「100V」としか書いていない製品の場合は変圧器が必要になるのでご注意ください。

カナダの電圧に合わない家電はどんなものが?

取扱説明書や本体に記載してある対応電圧を確認し、カナダの電圧に対応していない製品には変圧器が必要です。

なお、「海外対応、海外仕様」として販売されている製品であれば変圧器の必要はありません。

カナダのホテルのバスルームでは、電気シェーバー用の軽電流用の電源が多いため、ドライヤーなどの大きな電力を必要とするものは焦げ臭くなったりショートすることがあるので注意が必要です。

また、100Vしか対応していない電化製品を使用した場合、壊れる可能性が高いです。

iPhoneは変圧器なしでカナダのコンセントで充電できる?

変圧器ドイツ

携帯電話やデジカメ、パソコンの充電器のほとんどが240Vまでの電圧に対応しています。

iPhoneの純正充電器(Apple 5W USB電源アダプタ)は「100-240V、50-60Hz対応」につき、世界中で使用が可能です。

日本国内で販売されているiPhoneの純正充電器はコンセントプラグの形状がAタイプのため、カナダでそのまま使用できます。

製品本体またはパッケージ、充電器の裏に記載してある電圧に「INPUT:100-240V 50-60Hz」と記載があるものは対応可能です。

なお、iPhoneのモバイルバッテリーについて2つのモデルがあります

■ACプラグをモバイルバッテリー本体に搭載して直接コンセントから充電できるモデル

■ACプラグを搭載せず、付属のACアダプターを経由して内蔵バッテリーを充電するモデル

念のため、充電器の裏に記載してある対応電圧には目を通しておくことをおすすめします。

参考元:Apple公式サイト

カナダのホテルのフロントでコンセント用に変圧器を借りよう

変圧器カナダ

カナダのホテルでは、変圧器をレンタルしているところもあります。しかし在庫の保証がないため現地でレンタルできないなんてことも…。

あらかじめ、旅行前にメールで確認しておくと安心です。

カナダで変圧器は「converter」または「transformer」(converterよりも大きい容量を意味する)です。

変圧器とは電圧を変換する機械で、「converter」は「変換する」という意味の動詞「convert」からきています。なお、「converter」は「convert」の名詞形です。

まずは、ホテルのフロントで聞いてみましょう!

■変圧器を借りてもいいいですか?

May I borrow a converter?

May I borrow a transformer?

英語を覚えてカナダでコンセント用の変圧器を買おう

カナダのコンセント用変圧器を買うのに必要な英語

カナダで変圧器を探す場合、「converter」または「transformer」という単語で探すか、店員さんに聞いてみるとよいでしょう。

■私は「変圧器」が欲しい。

I want a converter.

I want a transformer.(converterよりも大きい容量を意味します)

補足ですが、カナダの英語はアメリカの英語とはやや異なり、カナダ英語のスペルはほとんどがイギリス式です。

例えば…

中心 center(米)→centre(カナダ)

お気に入りの favorite(米)→favourite(カナダ)

トイレ Bathroom(米)→Washroom(カナダ)

参考元:トロント留学センター

カナダのどこで変圧器は買えるのか

カナダで最大の家電量販店は「Best Buy(ベスト・バイ)」です。

以前は「Future Shop」でしたが、Best Buyに買収されました。

店舗でも購入可能で、オンラインショップで注文すると発送または店舗にて商品を持ち帰ることができます。

カナダで店舗を調べる際、こちらのサイト「Best Buy公式サイト」でポストコードを入力すれば、最寄りの店舗が検索できますのでご利用ください。

参考元:Best Buy公式サイト

カナダ旅行のための変圧器はダイソーで買える?

カナダに対応した変圧器は、ダイソーなどの100円ショップでは取り扱っていません。

また、カナダで日本製の電化製品を使用する際は変換プラグの必要はないです。

デジカメや携帯を同時に充電させたい時に、1箇所のコンセントから延長コードで2口使用すると便利です。

延長コードもダイソーなどの百円ショップで揃えておくとよいでしょう。

カナダのコンセントに必要なおすすめ変圧器

【ハイパワー 改良版】海外旅行用変圧器 2300wハイパワー Type-C+QC 3.0+2つのUSBポート 90V-260Vto90V-120Vに変換 1.5mコード 騒音なし Rainyb (ブラック)

90V~260Vを90V~120Vに変換する変圧器です。ヘアドライヤーやストレートアイロン、ホットカーラーなど2300W以下の電気製品をカナダで使用することができます。

ACコンセント3口とUSB4ポートを備えているため、同時に複数のデバイスを充電できて便利です。

miyoshi co.,ltd 海外旅行用変圧器 全世界対応 MBT-WDM/WH

110-130V・220-240V・250Vの電圧に対応している変圧器で、カナダをはじめ、全世界で日本製品の使用が可能です。

充電の差し込みが2箇所あり、わずか358gとコンパクトで持ち運びに便利です。

本体のコンセントプラグはAタイプにつき、カナダでそのまま使用できます。

※ドライヤーやアイロン、ノートパソコンなどの定格容量を超える電気製品やUSB充電で1A以上の給電が必要な製品には使用できません。

【ドライヤー専用変圧器】美髪変圧器・海外で自分のヘアードライヤーが使える CCR-LD1

カナダに、日本製でお気に入りのヘアードライヤーやヘアアイロンを持ち込んで使いたい場合におすすめの変圧器。

AC110V~130V/AC220V~240V(自動切換)で、1500Wまでの製品が全世界で使用可能です。

※電熱機器以外には絶対に使用しないで下さい。また、日本では使用できませんのでご注意ください。

カナダで無理に変圧器を使う必要はないかも

カナダは、日本に比べて電化製品の種類が少ないです。

また、カナダでは外税方式が多く、州によって金額が異なります。

「表示価格+GST(連邦消費税6%)+PST(州税)」もしくは「表示価格+HST(ハーモナイズド消費税)」が支払い金額となるため、最大で15%の消費税がかかり、割高に感じられると思います。

どうしても日本製の多機能なヘアドライヤーやヘアアイロンを使用したい場合は、カナダで変圧器を調達するか、日本で購入して持ち込んだ方がよいでしょう。

また、モーターを使うミキサーなどで「50Hz」と定められた製品は、変圧器を通してもヘルツは変わらないので使用できません。

なお、空港やカフェやレストラン、駅などに携帯用のコンセントがあるため、充電に利用する人が多いそうです。いざという時は助かりますね。

参考元:地球の歩き方地球人ライフ

カナダのコンセントや変圧器について疑問が残ったら

短期間の旅行や出張の場合、基本的には変圧器は不要です。

海外で電圧トラブルが多いドライヤーやヘアアイロンなどは、海外対応の製品を持ち込んで使用されることをおすすめします。

また、長期滞在や留学などの場合、炊飯器や暖房器具などは高い電力を使用するため、対応した変圧器の購入となると値段が高くて重さもサイズも大きくなります。

変圧器を購入するよりも、カナダで電化製品を購入した方が安心・安全に利用できると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、カナダのコンセントの形状はAタイプで日本のコンセントと同じタイプであることがわかりました。

カナダの電圧110V〜120Vに対応した電化製品であれば、コンセントを差せばそのまま使用できます。

また、消費電力の大きいドライヤーや炊飯器、暖房器具などの電化製品を使わなければ、基本的には変圧器の必要はないです。

ドライヤーなどは、ホテルに完備されているものを使用するか、「海外対応」の製品を日本から持ち込んで使用されるとよいでしょう。

もしもカナダで変圧器が必要になった場合、ショップで購入することもできますが、持ち運びに抵抗がなければ日本で変圧器を買って持っていく方が安価で、ショッピングの時間を短縮できるのでおすすめです。

カナダの電圧やコンセントの形状、カナダのコンセントに変圧器は必要か知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

関連リンク

また他にも様々な国のコンセント事情について執筆しています。気になる方はぜひ合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/07/29関連リンクの更新

この記事を書いた人

Small 7284f282 5557 453e be91 d08202c80236
Written By
dosukoi s
モータースポーツと海外旅行が好き。
家電製品の魅力はもちろん、読者の皆様が疑問に感じることをわかりやすくお伝えできるような記事執筆を心がけて参ります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧