空気清浄機と芳香剤の併用はNGな理由!それでも使いたいなら?

目次

空気清浄機と芳香剤の関係について解説します

えどうです。花粉症の時期は空気清浄機が欠かせない!という方も多いと思います。私も、今年から空気清浄機をガンガン回しています。

一方、部屋を良い匂いにするために、リビング用の芳香剤を使用されている方も多いと思います。

実は、空気清浄機と芳香剤は併用しない方が良い、ってご存じでしたか?
今回は、空気清浄機と芳香剤の関係について、それぞれの仕組みも含めてご紹介しようと思います。

空気清浄機は芳香剤の香りも吸い取ってしまう

空気清浄機は芳香剤の香りも吸い取る

そもそも空気清浄機の仕組みは?

空気清浄機は、室内の空気をフィルターを通して吸い込み、清潔な空気として放出する、という仕組みです。

匂いに関しては、フィルターの中に入っている活性炭に吸着されます。

匂いに関係なく匂いは吸着されてしまう。

活性炭は、表面に小さな穴が空いており、そこに匂いの元となる成分が吸着されることによって、消臭効果を発揮します。

このため、良い匂いだろうと悪い匂いだろうと吸着してしまいます

芳香剤は薫りの成分を部屋に広げる

芳香剤は薫りの成分を部屋に広げることで、部屋全体を”良い香り”にすることができます。
すなわち、薫り成分を部屋中に散らばらせることで、空間全体を良い匂いにしているのです。

空気清浄機は、匂い成分の良い、悪いを判断することをせず、全ての薫りを吸着すると書きました。
すなわち、芳香剤による成分も匂い成分として活性炭に吸着されてしまいます。

空気清浄機と芳香剤の併用は脱臭フィルターの寿命を縮めることにも

空気清浄機と芳香剤の仕組みについて解説しましたが、芳香剤を使用していると言うことは、本来部屋に存在する匂い成分よりも多く、匂い成分が存在している、という状態です。

芳香剤が部屋に良い匂いを広げる→空気清浄機がその匂いを吸い取る→芳香剤が部屋に良い匂いを広げる→空気清浄機が・・・

という連鎖になります。これでは、空気清浄機側から見ると、いつまで経っても部屋の空気は匂いがついた状態のまま、ということになります。

芳香剤の匂いもしないし、空気清浄機もダメになってしまう

このため、芳香剤を使用している場合と比較して、活性炭に吸着される匂い成分が常に増えてしまうため、空気清浄機の脱臭フィルターの寿命を縮めてしまいかねません。

しかも芳香剤の匂いは空気清浄機にどんどんと吸着されてしまうので、部屋の匂いは良くならないし、芳香剤は早く減るし、空気清浄機は早くに寿命を迎えてしまうという負のスパイラルに入ってしまいます。

このため、芳香剤と空気清浄機の併用はお勧めしません。

それでも空気清浄機のある部屋で芳香剤を使いたいなら

空気清浄機と芳香剤を時間差で使う

空気清浄効果と良い匂いを両立させたい!と言う方には空気清浄機と芳香剤を時間差で使うことをおすすめします。

このとき、空気清浄機を定期的に使用するのであれば、芳香剤はポットタイプではなく、スプレータイプを利用することをお勧めします。
ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend デオドラント ルームミスト 280ml ホワイトムスク OA-JON-2-1
画像をクリックするとAmazonに移動します。

こうすることで、常に匂い成分が部屋に広がることを防ぐことができるため、空気清浄機の脱臭フィルターへの影響を最低限に抑えることができます。
(それでも、芳香剤を使用しない場合と比較すると、多少、寿命は縮みます。)

空気清浄機を3時間使用→芳香剤スプレーをシュッシュ
というような流れですね。

もう一度空気清浄機を運転させる段階で部屋に芳香剤の匂いがついている場合、空気清浄機を稼働させることによって、芳香剤の匂いは薄れてしまいますので、注意して下さい。

芳香剤の併用ができないならアロマ空気清浄機という選択肢も

芳香剤の併用はしたくない、と言う方にはアロマ空気清浄機という選択もあります。
ベーシック マジックボール BASIC MAGIC BALL antibac2k [ ホワイト ] MB-18 空気清浄機 花粉 加湿器 アロマ
画像をクリックするとAmazonに移動します。

こちらのマジックボールという装置は専用のソリューションと呼ばれる専用液を装置内でかき混ぜ、部屋内に噴霧することで、部屋中のウイルスや匂いの元を覆い隠す効果があるそうです。

イオン発生方式の空気清浄機に近い方式だと考えられますが、
アロマ機能がついており、また、見た目もデザイン性がある為、
インテリアとしても良いのでは無いでしょうか?

ただ、空気清浄機の機能はHEPAフィルターが搭載されているような本格的な空気清浄機と比較すると、弱いため、本格的な空気清浄機のような機能を期待して購入されると、期待外れになる可能性があります。

空気清浄機能もついているアロマ発生器、と言うような位置づけで捉えると、とても良い商品だと思います。

芳香剤と空気清浄機の併用について疑問が残ったら

この記事では、空気清浄機と芳香剤について、その仕組みも含めて併用の可否などを解説させて頂きました。

この記事で足りない内容などありましたら、問い合わせフォームからご質問下さい。記事の修正などに役立てさせて頂きます。

まとめ

この記事では、空気清浄機と芳香剤の併用について解説しました。
要点をまとめます。

空気清浄機は芳香剤の香りも吸い取る

  • 空気清浄機は部屋の空気の匂い全てを吸収する
  • 芳香剤は匂いの成分を放出している
  • 空気清浄機は芳香剤の香りも吸い取ってしまう

それでも空気清浄機のある部屋で芳香剤を使いたいなら

  • 空気清浄機と芳香剤を時間差で使う
  • 芳香剤の併用ができないならアロマ空気清浄機という選択肢も

この記事が皆さんの空気清浄機と芳香剤の併用の悩みの解決に繋がれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 2e100651 ba8c 4f85 979f 106846fbac22
Written By
えどう タロー
ガジェット大好き技術屋さんです。
電気系の研究者として勤務している傍ら、フリーライターとして活動しています。 様々な電子機器に触れることが多い電気電子系の技術者としての観点を交えながら、 皆様にわかりやすい記事を提供できるように心がけております。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧