ふたり暮らしにオススメの洗濯機5選!大きさ/サイズ/容量/相場は?

目次

ふたり暮らしにおすすめの洗濯機について解説します

年々、進化を遂げる洗濯機。もちろん生活必需品家電の一つですが、テレビや雑誌などで紹介される最新洗濯機は、どれもファミリー向きの大容量モデルが多いと思っている人も多いのではないでしょうか?ふたり暮らしでは、ちょっと大きすぎたり、スペースを取り過ぎたりしてしまうのですよね。そこで、ここでは、ふたり暮らしのような少人数でもちょうど良いおすすめの洗濯機を紹介します。

洗濯 機 ふたり 暮らし

ふたり暮らしにオススメの洗濯機とは?

まずふたり暮らしで欲しいのが「乾燥機能」でしょう。乾燥機能付きだと、「洗濯準備⇒畳む」の2ステップで済むので、毎日の家事の負担の軽減や時短になり、ふたり暮らしのような、仕事に家事にプライベートにと忙しい人には最適ではないでしょうか?
また、乾燥機能付きだったら、例えば夜セットして朝仕上がりすることも可能なので、夜まで仕事をしているようなカップルや夫婦にも是非とも欲しい機能ですね。

ふたり暮らしにオススメできない洗濯機とは?

ドラム式洗濯機は、小型のものもありますが、ほとんどのモデルが大容量で、ふたり暮らしの出す洗濯物の量を考えると、電気代が高騰してしまい効率的ではありません。更に言えば、ドラム式は乾燥機の進化形な点もあり、多くの洗濯物を入れやすいメリットがあり、洗濯機能以上に乾燥機能が発展しているものなので、あまりふたり暮らしの出す洗濯物の量ではメリットがないのが実際のところです。

洗濯 機 ふたり 暮らし

ふたり暮らしの洗濯機はどのくらいの大きさ/サイズが良い?容量は?

ドラム式or縦型洗濯機どちらが良い?

まず、洗濯機を選ぶうえで、決めておきたいのがドラム式洗濯機かそれとも縦型洗濯機化と言う事でしょう。なんとなく縦型洗濯機のほうが昔からあるため、ドラム式=最新型というイメージを持っている人もいますが、実はそんなことありません。それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

縦型洗濯機のメリット、デメリット

【メリット】
- 汚れ落ちが良い従来の洗濯機の進化
- 比較的価格が安めのモデルが多い

【デメリット】
- 衣類の傷みやからみがドラム式よりも多い
- 乾燥機能の性能がドラム式よりはイマイチ

ドラム式洗濯機のメリット、デメリット

【メリット】
- 洗濯物にシミや傷みが生じにくい(乾燥機の進化
- 乾燥機能がパワーある
- 取りだしやすい/中が見えやすい

【デメリット】
- 縦型と比べると洗浄能力がやや劣る
- サイズが大きい
- 価格が高め

などが挙げられます。ドラム式の場合、一気に乾燥ができる、大容量モデルが多いなど、ファミリーを想定して作られたモデルが多いので、省スペースで低価格でもある縦型洗濯機のほうがふたり暮らし向きと言えます。
ただ、洗濯機の寿命は平均で、7~10年とも言われており、他の家電と比べても決して短いものではないので、将来を見据えて、家族ができそうな人は始めからファミリー向けのものを買うのも効率的かもしれません。

大きさ/サイズ、容量は?どのくらいが最適?

ふたり暮らしの場合、ワンルームなど限られたスペースの場合が多いですから、やはり省スペースの縦型洗濯機がベターです。

1人暮らしの場合の平均容量が5kgほどとされています。そのため、ふたり暮らしの場合は、5kg×2人=10kgまではいかなくても、6~7kgサイズ程度が適当を言えるでしょう。大は小を兼ねると言いますから、置くスペースに問題がないのであれば、8~10kg容量も比較的大容量サイズの洗濯機なら、毎日回る必要がなくなり時短になりますし、自分のライフスタイルに合わせてシミュレーションしてみましょう。

ふたり暮らしの洗濯機の相場はどのくらい?

ふたり暮らしでも二人とも働いているなど、なかなか家事をしている時間が限られている人は特に、洗濯機能に加えて乾燥までボタンひとつで行ってくれるタイプがベターだと思います。どんな家電でもそうですが、多機能になればなるほど価格も比例して大きくなるもの。
最低でも乾燥機能は付いている洗濯機をと考えると、相場としては、6kg容量前後で、50,000~60,000円程度~10kg容量で100,000~150,000円程度となります。

また、神経質な人でなければ、より安く洗濯機を手に入れる方法として、メルカリのようなフリマサイトを利用して、中古の洗濯機を入手するのも一つの手です。
最新型の大容量モデルを購入して、10年など寿命長く使うもよし、中古洗濯機を購入して、家族ができたら必要な容量のものに買い替えるような形でもよし、自分の人生設計を考えて、効率的に購入しましょう。
フリマサイトなどを利用すれば、上手くいけば半値程度で手に入れられる場合もあります。

前述通り、洗濯機は平均で7~10年ももつものなので、先々まで見据えて、将来設計のもと、適切な容量を選ぶと良いと思います。

洗濯 機 ふたり 暮らし

ふたり暮らしにオススメの洗濯機を紹介

シャープ タテ型洗濯乾燥機 ステンレス穴なし槽 5kg ゴールド系 ES-TX5B-N

容量5.0kgとやや小さいため、小まめに洗濯を行うふたり暮らしにおすすめの洗濯機です。乾燥機能まで付いて、実質価格50,000円台なので、とにかく安くて高性能なモデルを探している人に最適と言えます。少量の洗濯物をすばやく洗濯・乾燥「洗・乾90コース」搭載をしており、少ない洗濯物ならそこまで時間をかけずとも洗濯が完了して時短になります。ゴールド系のエレガントなデザイン性にも注目です。

maxzen 全自動洗濯機6.0kg JW06MD01WB

タッチパネル操作のスタイリッシュなデザインが目を惹く、6kg容量で20,000円台のコストパフォーマンスが高い洗濯乾燥機です。ボタン一つの簡単操作なので、家電が苦手な人でも楽々扱えます。ヒーターを使わず、脱水槽の高速回転と通風口から取り込む空気で水分を飛ばす「風乾燥」機能を搭載しており、綿やウールのようなデリケートな素材でも、優しくふんわり乾かしてくれるでしょう。

ハイセンス 全自動洗濯機 7.5kg HW-DG75A

少量なら最短10分で洗濯が完了する忙しい人にぴったりの洗濯機です。モーターの回転数を最適な状態で制御をおこない、運転音や振動・電力の消費を低減するインバータ制御のため、高い省エネ性も誇っています。立体シャワー水流によって縦方向でも水流も加えるため、頑固な汚れもしっかり落としてくれます。

日立 タテ型洗濯乾燥機 ビートウォッシュ 8kg シャンパン BW-DV80B

日立独自のナイアガラビート洗浄によって、黄ばみやにおいを抑え、大流量シャワーで徹底的に洗える洗濯機です。洗濯機の内部など見えない部分も自動的にクリーニング。掃除する手間が極力省いて時短となります。「ダニ対策コース」もあり、布団のような大きなものもしっかり洗濯・乾燥が可能です。

パナソニック 7.0kg ドラム式洗濯乾燥機 プチドラム エコナビ NA-VD130L

ドラム式洗濯機ながらコンパクト設計で、ふたり暮らしのようなスペースに限りある場所でも置きやすい洗濯機です。衣類の量・質をセンサーで見分けて自動で運転制御する「エコナビ」搭載で、節電、節水に貢献してくれます。自動槽洗浄機能付きで、衣類をすすぐ前に槽をキレイにしてくれ、お手入れが少なくて済みます。約1kg洗うなら、約30分で洗濯できるスピーディーさも魅力です。

すべてのふたり暮らしにオススメの洗濯機を紹介できていないことに注意

ここまで、ふたり暮らしにオススメの洗濯機についてお伝えしてきましたが、ふたり暮らしといっても、人ぞれぞれライフスタイルは違うもの。例えば、汚れ物が多く出るガテン系のお仕事に就いていれば、オススメの容量以上のタイプの方が良いでしょうし、1週間に1度、お休みも日にまとめて洗濯するような人も、同様に大容量モデルのほうが便利です。

ライフスタイルは十人十色なので、すべてのふたり暮らしにオススメの洗濯機を紹介できていないわけではありません。あくまでも、自分の生活に当てはめて考えてみて下さい。

まとめ

「ふたり暮らしにおすすめの洗濯機について解説します」をテーマにお届けしました。いかがでしたでしょうか?乾燥機能付き洗濯機など高性能なモデルを手に入れたら、時短にもなりますし、部屋干しの嫌な臭い防止にもなります。ふたり暮らしをより楽しく潤いのあるものにするためにも、上手に家電を利用して、自分たちだけの時間を作りましょう

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧