コンセントのほこりカバーで火災を防止!ほこりの掃除方法も解説!

目次

コンセントにほこりがたまる原因や掃除方法について解説します

コンセントを毎日掃除してほこりをためない為に常に意識している人、コンセントを掃除はしたいがなかなか時間が取れず掃除が出来ていない人、コンセントの掃除をあまり意識していない人等、人それぞれコンセントの扱いは様々であると思います。
コンセントは掃除をしないで長期間放置してしまいますと、驚く程ほこりがたまってしまい、最悪の場合、火災等の大惨事に繋がってしまいます。
この記事では、コンセントにほこりがたまる原因や、掃除方法等を紹介させて頂き、コンセントにほこりがたまるのを防ぐとともに、火災等の大惨事に繋がってしまう事を防ぐ事に繋がっていければと思います。

コンセントのほこり

コンセントにほこりをためると火災の危険性?トラッキング現象とは

まずはじめにコンセントにほこりがたまってしまうとどの様な現象が起きるかを説明させて頂きます。
代表的なものとしてトラッキング現象等が上げられますが、トラッキング現象がどの様な現象なのか、また、トラッキング現象が起こるとどの様な事に繋がるのかを詳しく説明させて頂きたいと思います。

トラッキング現象とは

トラッキング現象とは、コンセントにホコリが溜まってしまい、コンセントにこびりついてしまったほこりを長期間放置していしまいますと、そのほこりに湿気や水滴等が結びついてしいまい、コンセントについたほこりが濡れた状態で電気が流れ、そのコンセントの部分に熱が発生してしまいます。
その熱を持ったコンセントから火花が発生してしまい、火災等に繋がってしまう恐ろしい現象の事をいいます。

燃えやすい物に燃え移り火災が発生

コンセントにほこりがたまる事によるトラッキング現象等で発生した火花が、絨毯やカーテン等の燃えやすい物に火が燃え広がってしまい最悪の場合、火災等の大惨事に繋がってしまいます。**
火災が起きやすい時期として、夏場での火災の件数が約9000件近くであるのに対し、冬場の火災の件数は12000件近くまで跳ね上がっています。
何故かというと、夏場等に比べると、冬場は空気が乾燥していて、燃え上がった炎が消えづらく、火災に繋がる確率が非常に高くなる季節ですので、特に注意が必要です。

参考元:教えて!goo

また、こちらでは、トラッキング現象やコンセントや火花がでる原因や対策についてより詳細に解説しております。ご興味ある方は、ぜひ合わせてご覧ください。

コンセントにほこりがたまる原因は?

トラッキング現象により、どの様な火災が発生するのかを説明させて頂きましたが、次に、トラッキング現象を起こす直接の原因として、コンセントにほこりがたまる原因を説明させて頂きたいと思います

原因①布製品等の繊維

コンセントにほこりがたまりやすい成分は沢山ありますが、家の中での特に目立つ成分として、布製品から出る繊維のクズが上げられます。
布製品から出る繊維のクズには、服や絨毯、カーテンや布団等の生活必需品から大量に発生します。
その様な家中の布製品から発生したほこりがコンセントにこびりついてしまい、トラッキング現象等を引き起こしてしまいます。

原因② 静電気

家中の布製品等の繊維のクズ等のほこりは、静電気によって、コンセントに引き寄せられてしまいます。
ほこりはとても小さくて軽い物ですから、家中の布製品から発生した繊維のクズ等の大量のほこりは、空気中を漂い、空気の流れによってコンセントの部分に発生した静電気に引き寄せられてしまう事により、コンセントにほこりがたまってしまうという現象が起こってしまいます。

参考元:Yahoo

コンセントのほこりの掃除方法

コンセントのほこりはどの様なほこりがどの様にたまってしまうのかを説明させて頂きました。
次に、コンセントの掃除方法を説明させて頂きたいと思います。

手順① ブレーカーを落とす

コンセントのほこりを落とす前に、ブレーカーを落としておくと安全に掃除が出来ます。
コンセントには電圧が突然高くなったり低くなったりする事がありますので、安全を意識して掃除を行うのであれば、ブレーカーを落としてから掃除出来れば、掃除中にコンセントから火花が飛び散ってしまう事が防げます。

手順② 乾いた布や掃除機でほこりを取り除く

また、コンセントのほこりを落とすには、コンセントに濡れた物を近づけてしまい、濡れたコンセントに電流が流れてしまうと非常に危険です。
乾いた布や掃除機等でほこりを取り除くのが安全にコンセントを掃除出来る方法として推奨出来ると思います。

感電に注意

コンセントのほこりを掃除する際に、ブレーカーを落とす事や、水気を近づけないという事は、感電を防ぎ、安全に掃除する事に繋がると思います。
可能であれば、電気を通さない為の低圧ゴム手袋等をご用意頂ければ、より安全に掃除が出来ると思います。

ワタベ 低圧ゴム手袋(薄手タイプ)直流750V以下 505

低圧ゴム手袋/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:Yahoo

コンセントのほこりによる火災を防止するカバーもある

カバーの役割とは?

コンセントのカバーの役割は、ほこりの侵入を防ぎ、トラッキング現象等かま原因で火災等の発生をおこさない為にあります。
他にも小さなお子さんの感電等も防ぐ効果もありますかま、この記事では特にコンセントにほこりがたまってしまい火災に繋がらない為の対処方法に焦点を当てて説明させて頂きたいと思います。

安全コンセントキャップ

使っていないコンセントの受口にカバーをしする事により、コンセントにほこりが侵入するのを防ぐ効果があります。

ELPA 安全コンセントキャップ ホワイト AN-101B(W)

画像をクリックするとAmazonに移動します

ベビーガード コンセントフルカバー

こちらの商品はコンセントのネジ穴に止めてコンセントをすっぽり覆うタイプですので、コンセントのほこりの侵入をかなり高い確率で防ぐ事が出来ます。
また、下部分にコードを通す穴がありますので、電化製品を使用したままコンセントに被せておけますので、とても便利な使い勝手の良い製品といえると思います。

リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー2連

画像をクリックするとAmazonに移動します

100均で売ってるカバーでも安全性は問題ない?

100均で売っているカバーでも安全性に問題がないのかという声が上がっていましたが、コンセントカバーには、そもそも火災を防ぐ事を目的に販売されていますので、製品の価格が安いからといって火災が起きるというのは考えにくいでしょう。
コンセントにほこりがたまり、火花が発生するには、コンセントカバーの材質による事が大きいと思います。
もし、購入前に不安に感じるのであれば、購入をお考えのコンセントカバーの材質を確認したうえで、その材質が、電気を通しにくく、火災が起きにくい材質であれば、安心してご購入頂けると思います。

参考元:Yahoo

コンセントにほこりをためない・火災を起こさないために日々気をつけること

① たこ足配線をしない

コンセントにほこりがたまり、火災が発生する原因の一つとして、たこ足配線の繋ぎすぎが上げられます。
たこ足配線にプラグを繋ぎすぎると、プラグがいっぺんに集中する事により電流が大量に流れてしまう事により、熱が発生しやすいのは勿論の事ですが、プラグが集中して差し込まれている事により、静電気も発生しやすく、ほこりを集めやすくなってしまいます。
また、プラグが集中している事により、ほこりが逃げにくくなってしまう為、コンセントにほこりをためない事を考えると、たこ足配線の繋ぎすぎはあまりおすすめ出来ないと思います。

② 定期的に清掃をする

コンセントにカバーをしたり、たこ足配線をしないように心がける事により、コンセントにほこりがたまる事をかなりの確実で防ぐ事が出来、火災の予防にはとても効果的であると思います。
ですが、どんなにコンセントにほこりがたまらない為の対策を心掛けていても、100パーセントほこりが発生しないという事は不可能に近いと思います。
コンセントにほこりがたまらない様普段から心がけて頂き、わずかに発生してしまったほこりを定期的に清掃して頂く事により、よりトラッキング現象等を防ぐ事が出来、火災の発生を防ぐ事が出来ると思います。

参考元:NEWコンテンツ企画

コンセントのほこりについて疑問が残ったら

ここまでコンセントにほこりがたまってしまう原因や、掃除の方法、また、火災に繋がってしまう恐れがある事を説明させて頂きました。
ですが、コンセントの使用方法や掃除の方法は多種多様にあり、全てを説明出来たという訳ではないと思います。
また、この記事では、コンセントの機能や詳細なメカニズムよりも、コンセントにほこりがたまってしまう事や掃除の方法等に重点を置き、焦点を当てて執筆させて頂いた為、コンセントのほこりがたまる原因を探る為に、コンセントのメカニズムをもっと知りたいという方に対しては、説明が不足しているように感じてしまうかもしれません。
また、この記事を読んで頂いた方が、トラブルに対処しようとした時に、まだまだ不足に感じる事があったり、不安や疑問が感じる事があれば、無理をせず、専門の方に問い合わせて頂く事が最良の選択だと思います。

まとめ

最後にこの記事を執筆させて頂く事により、この記事を読んで頂いた方が、コンセントにほこりがたまる事により、火災等の大惨事に繋がる事を防ぐ事に繋がって頂けるととても幸いな事だと思います。
コンセントは正しい知識を持ってご使用頂ければ、とても便利でなくてはならないアイテムであると思います。
そして、コンセントをお使いの上で、コンセントの清掃について、今まで以上に目を向けて頂ける方沢山増えて頂ければと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧