洗濯機での上履きの洗い方!ネットの利用や脱水方法も解説!

目次

上履きは洗濯機で洗えるのか解説します

学校の生徒や先生は上履きをほとんど毎日着用して、動き回ることが多いですから、その汚れは半端でないでしょう。
上履きの洗いは、手洗いの方が多いでしょうが、手洗いはちょっと面倒なので、覚悟と時間を決める必要があると感じる方がいらっしゃると思います。
洗濯機でも洗えると簡単なのですが上手くいくでしょうか?という疑問に答えるために、洗濯機での上履きの洗い方を整理してみました。

上履きには、広いくくりでは、スリッパも含まれますが、ここでは、上履きはスニーカーや運動靴を対象にして、スリッパは含めません。スリッパは材質も形も様々ですので、ひとくくりでは対応しきれない点があります。

上履きは洗濯機で洗えるの?

この質問の答えは、はい、洗えます、になります。細かな注意は必要ですが、基本的には条件はありません。上履きの外側ばかりでなく、中の方まできれいにしたいでしょうが、洗濯機でも問題ありません。通常の衣類を洗うやり方と同様にして、中の方もきれいに洗うことができます。

洗剤も上履き用になにかそろえるという必要はありません。通常の衣類と違うところは、上履きは床や地面を歩いたということで、土がついているという点です。
汚れに関しては、子供が泥んこになったときの洗濯と考えればよいわけです。

あとは成形体ですので、固まりが洗濯機の中で動くと捉えればよいわけです。

泥んこ汚れのときは、ブラシで土や泥を落としてから洗濯機に入れていると思われますが、その要領です。

また、成形体は洗濯機の回転の際に踊って内側に当たりますので、クッションの意味もあり、ネットを用いることでスムーズにことが運びます。

洗濯機に入れた洗濯する上履き

上履きを洗濯機で洗うメリット・デメリット

上履きを洗濯機で洗うメリットとデメリットを考えましょう。

メリット

  • ①手洗いの手間から解放されます
  • ②手洗いよりも時短です
  • ③手洗いよりもきれいに洗えます。手洗いではごしごし洗わなければなりませんが、洗濯機ではその必要がありません
  • ④脱水機能を使えるため、乾燥が早くなります

デメリット

  • ①細かい部分、特に爪先部分は、手洗いのブラシにかないません
  • ②形が崩れる傾向です
  • ③洗濯機に入れる前に、土や泥落としが必要です
  • ④次に衣類を洗濯する前に一度掃除をしないと、なんとなく感じが悪い思いがします。

上履きを洗濯機で洗う方法

上履きを洗濯機で洗濯する方法を整理します。

用意するもの

  • 通常使用している洗濯機
  • ブラシ;土や泥を落とすため
  • 洗剤;粉末は爪先部分に入ってしまうととれにくいので、粉末よりも液体がよい
  • ネット;メッシュの粗いものでクッションが付いているのがベター
  • クッションになるもの;上履きが洗濯機内で踊らないように、いっしょに洗濯機に入れる、バスマットなどのかさばるもの ### 手順①洗濯前段階
  • ①-1.洗濯しようとする上履きに中敷きや靴紐があれば外します。
  • ①-2.上履きの土や泥をブラシで落とします。
  • ①-3.上履きをネットに入れます。中敷きや靴紐は別のネットに入れます。 ###手順②洗濯
  • ②-1.洗剤を入れます。通常より多めがよいです。
  • ②-2.給水します。通常より多めにします。
  • ②-3.洗濯を開始します。脱水まで含めた、通常のコースを選択します。 ###手順③乾燥
  • ③-1.洗濯が終了したら、日陰に干します。日に当てずに、時間をかけて干します。

ネットに入れた上履き

洗濯あがりの上履き

上履きは洗濯機で脱水できる?

上履きの洗濯で、洗濯機で脱水を行っても構いません。脱水は、洗濯機に上履きだけをいれて脱水を行うと、上履きが踊りますので、クッションになる、バスマットを一緒にしてください。脱水を行うと、乾燥が早くなるのは通常の衣類の場合と同じです。

乾燥機のついている、ドラム式では、乾燥工程まで入れて構いませんが、高温は避けた方がよいでしょう。洗濯機から出した後の乾燥が早くなります。

上履きはコインランドリーの靴用洗濯機で洗うのもあり

コインランドリーに靴が洗える洗濯機があるということです。筆者はまだ目にしていませんので、下記の参照元の記事をご覧ください。

参照元:洗濯機の靴/スニーカーの洗い方!脱水や乾燥方法、専用洗濯機も解説

この記事には、コインランドリーの靴用洗濯機のことばかりでなく、本記事と一部重複しますが、洗濯機での靴/スニーカーの洗い方が分かりやすく載っています。

また、コインランドリーにおける靴用洗濯機の写真は下記の記事に載っていますので参照されてください。

参照元:【300円時短テク!】靴専用コインランドリーで洗濯&乾燥術 #4

この記事によると、洗濯機の中にブラシがあり、ブラシで洗うとのことです。洗濯に所要時間と料金は20分で200円、乾燥に100円要し、料金は計300円かかります。

コインランドリーの店一覧は、例えば、東京地区は下記のサイトを見れば分かります。ここで、靴マークのある店が、靴専用の洗濯機をおいている店です。

参照元:あなたの街のコインランドリー検索

洗濯機ではなく手洗いで上履きを綺麗にする方法は?

洗濯機を使わないで、手洗いで上履きを洗う方法をおさらいしてみましょう。

用意するもの

ゴム手袋、洗濯用容器、液体中性洗剤、スポンジ、ブラシ、歯ブラシ、

手順①上履きの土や泥を落とします。

まだ水に濡らさないで乾燥状態で、ブラシを使って土や泥をとします。

手順②洗濯用容器にぬるま湯をつかって液体中性洗剤を溶かします。

手順③手洗いを始めます。

洗濯容器の中に上履きを入れて、まず、外側からスポンジを当てて手洗いします。その後、ブラシを使って、外側と中の手洗いをします。
上履きの爪先の方には歯ブラシを使うと中までよく洗えます。

手順④すすぎます

手順⑤乾燥させます

乾燥は日陰に置くのが適切です。

洗濯機での上履きの洗濯について疑問が残ったら

この記事では洗濯機での上履きの洗濯について全てを網羅した訳ではありません。ここでは、通常に衣類に使う洗濯機を上履きにも適用しました。衣類と同じ洗濯機を使うことに抵抗を感じる方には、靴専用の洗濯機があることを紹介いたします。

商品名:【MyWaveDuo2.5】靴用スクリュー付き

これは小型の洗濯機で靴も洗えます。
クツも洗える小型洗濯機&脱水機!洗濯/脱水容量2.5kg【MyWaveDuo2.5】靴用スクリュー付き

商品名:靴専用ミニ洗濯機「靴洗いま専科」 MNSHOEWS
こちらは靴専用に開発されたものです。ブラシのついている洗濯機です。
靴専用ミニ洗濯機「靴洗いま専科」 MNSHOEWS ※日本語マニュアル付き  サンコーレアモノショップ

その他、なにか疑問を感じるようなことがございましたら、お問い合わせフォームでお問い合わせください。皆様からのご質問やご意見を反映いたしまして、記事を随時、加筆・修正してまいります。

まとめ

上履きの洗濯には、手洗いでする、洗濯機を用いる、靴専用の洗濯機を用いる、コインランドリーの靴専用洗濯機を用いる、などという手段があります。各々、メリット、デメリットがありますので、ご自分に合う方法を選ぶとよいでしょう。上履きは、スニーカーや運動靴を対象にしました。洗濯機での洗濯は、上履きに限らず、外履きの運動靴でも同様に対応できます。
洗濯は、できればあまり頻度を高くしない方が、素材のダメージや形の崩れが少なくて済みます。また、洗剤の他に漂白剤を使いたいというときがあるかもしれませんが、できるだけ使用を控えた方が、上履きを長持ちさせます。

これらとは別に、革製の上履きや靴そのもののクリーニングをしたい方もおられましょう。靴専門のクリーニング店がありますので、そちらに相談されるとよいと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧