ガラスは電子レンジOK?耐熱ガラスの見分け方や割れる理由も解説!

目次

電子レンジにいれていいガラスといれてはいけないガラスについて解説します

皆様は食べ物や飲み物を温める際に何を使って温めることが多いでしょうか?
時間があれば鍋やフライパンを使ってじっくり温めることもありますが、やはり電子レンジで素早く簡単に温めてしまうことが多いですよね。
私もほぼ毎日電子レンジを使ってスープやホットミルクなどを作っています。
しかし、つい最近ある問題が起きました。それはミルクを入れていたガラスコップにヒビが入ってしまったのです。幸いケガなどはありませんでしたが、こういった経験をしてしまうと電子レンジを使うのが少し怖くなってしまいました。
そこで、今回は電子レンジで使用してもよい容器とコップの紹介と、なぜガラスコップにヒビなどが入ってしまうのかを解説しながら、安心して電子レンジを使う方法を考えたいと思います。

電子レンジにいれていいガラスのコップや容器の特徴は?耐熱ガラスとは?

まずは電子レンジで使用しても問題ないガラスや容器について紹介していきます。
電子レンジ 耐熱ガラス

① ガラス製品をレンジで使う際は耐熱ガラスどうかを確認!

まず始めに結論として電子レンジでは通常のガラスで作られているコップや容器を使用するのは避けましょう。金属やアルミなどを使用した製品を電子レンジに入れてしまう危険性などは皆様もご存知かと思いますが、通常のガラス製品を電子レンジで使用するのも危険な行為です。
通常のガラスをそのままを使用した場合はヒビが入り、最悪の場合は割れてしまうというトラブルにも繋がります。
ではどうすれば安全なのか?それは耐熱ガラスを使うことです。

② 耐熱ガラスとは

それでは耐熱ガラスの特徴について簡単に紹介していきましょう。
耐熱ガラスの特徴は大きく二つ存在します。
まず一つ目の特徴は通常のガラスと違い色が付いている点です。
そのため、パッと見た時の印象で耐熱ガラスかどうかがわかる方もおられるかと思います。
そしてもう一つの特徴、それはガラスの熱膨張率を下げて急激な温度変化に耐えれるよう加工されているという点です。この加工がおこなわれていることで電子レンジの使用にも対応できる製品となります。ちなみにこの加工がガラスに色が付いているような見た目になる理由です。

参考元:ガラス種類辞典

電子レンジにいれてはいけないガラスのコップや容器の特徴は?

基本的には耐熱ガラス以外は電子レンジでの使用を控えるべきですが、その中でも使用するのを避けた方がいいガラス製品が存在します。
ここからは絶対に使用を控えるべきガラス製品の特徴を記載していきます。

電子レンジ 耐熱ガラス

① 薄いガラス容器やコップは使わない

先述した通り通常のガラスは急激な温度変化には耐えることができません。
しかし、ガラスがある程度の厚みを持っている場合はこの温度変化にも耐えれる場合があります。逆にガラスの厚みが薄いコップは温度変化に耐えることができず、あっと言う間に割れてしまうでしょう。
ですので、ガラスの厚みが薄いコップや容器を電子レンジで使用するのは避けた方が賢明です。

② 金箔などの装飾がついた容器やコップもNG

そしてもう一点注意が必要なものがあります。それはコップの表面や容器の細部に豪華な装飾が施されているものです。
ガラス製品は透明度が高いため、見た目をさらに美しくするように金箔や銀など豪華な装飾を施した製品が多数存在するかと思います。
しかし、これらの製品を電子レンジで使用するのは大変危険です。
コップの表面や容器に施されている金箔などの装飾には金属紛が使用されているためそのまま電子レンジで使用した場合、電子レンジが発するマイクロ波の影響を受け、発火してしまう可能性があります。
そのため、豪華な装飾やペイントが施されているようなガラス製品は電子レンジで使用すべきではありません。

電子レンジにガラスをいれて割れることがあるのは何で?

電子レンジ 耐熱ガラス

ではここから電子レンジでガラスが割れてしまう原因を具体的な例を上げながら説明したいと思います。
例えば電子レンジでホットミルクを作るために、通常のガラスコップに冷たい牛乳を注ぎ電子レンジで温めるとしましょう。この時、冷たい牛乳が急激な速度で加熱され温められていきますが、通常のガラスはこのような急激な温度変化には耐えられません。
その結果ガラスコップにヒビが入り、更に厚みが薄いガラスコップで温めていた場合は最悪割れてしまいます。
以上のような「急激な温度変化」がガラスが割れる原因となります。

参考元:ガラス種類辞典

ガラスのコップや容器が電子レンジ対応可能か見分けるにはどうすれば?

電子レンジ 耐熱ガラス

ここまでの記事を読まれた方の中で「耐熱ガラスが家にあるか不安」「どうすれば耐熱かどうかが分かるの?」といった疑問が生まれたかともおられるかと思いますので、ここからは耐熱ガラスの見分け方を紹介していきたいと思います。
実は私達の家庭で使用されているコップや容器は家庭用品品質表示法に基づき、電子レンジで使用可能な製品は全てその表示を義務付けられています。
そのため、電子レンジ対応のガラス製品はコップの底や容器のフタなどに表記がおこなわれていますので、この表示さえあれば電子レンジでの使用は問題ありません。
逆にこの表記などが全く無い製品の場合は、使用を避けるべきです。

参考元:@niftyでんき

ガラスのコップや容器が電子レンジに対応か不安だったら容器を変えよう

電子レンジ 耐熱ガラス

先ほどご紹介した通り、電子レンジ対応可能表記さえ見つければ問題ありません。しかしどうしても表示が見つからない、長年使用していたため表記が潰れて見えなくなってしまった場合など、少しでも使用に不安を感じた場合は容器を変えて対応しましょう。
世の中には電子レンジに対応したコップや容器などは多数存在します、ですので少しでも安心して調理や温めが出来るようにプラスチック製品やガラス以外の材質を使用した容器に入れ替えた方が安心です。
下記の記事にて電子レンジに対応した容器や材質を紹介しておりますので、こちらの記事を参考に使用及び購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
何気なく使用していたガラス製品にも、いくつも注意点があることに今回私も初めて気づきました。
普段よく使う電子レンジだからこそ安全に使っていきたいですよね。
今回の記事で皆様が安全かつ快適に電子レンジでガラス製品を活用出来るようになれば幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
jag_zi

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧