【Q12はコンパクトで使いやすいイヤホンでした。】

目次

こんにちは、Shunsukeと申します。都内に住んでいる大学生です。
私は通学時や自宅で音楽を聴くのをメインの目的としてイヤホンを使っています!デバイスはiPhone6SやiPadがメインです。サークルの関係で音楽をやっており、器楽や合唱曲を頻繁に聴きます。といっても音楽を「しっかり」鑑賞することは少なく、音質についてはそこまで優秀なものを追求しておりません。通学時にもよく使用するので、リモコンが付いているものがいいかなー、と思っています。最近、ワイヤレスイヤホンにも興味を持っています。
今回レビューするのは、SoundPEATSのQ12。3,000円弱で手に入るワイヤレスイヤホンです。

Q12(SoundPEATS) Shunsuke01

Q12(SoundPEATS) Shunsuke02

【Q12の音質】☆☆☆★★

・高域☆☆☆★★

 そこまでぼやける感じもなく、クリアな音でした。音質という意味では優秀であったと感じます。ただ、ちょっと弱々しいというか、心細い音量でした。もう少ししっかり聞こえて欲しかったです。トランペットやエレキギターなど、もともと音量の大きい楽器なら大丈夫なのですが、女性ボーカルの曲を中心に少々物足りなく感じることがありました。

・中域☆☆☆☆★

 Q12で一番安定していたのは中音域。音質も損なわれず、音量面でも十分と言えるでしょう。一つ気になったのは、中音域だけ響きの質が異なるということです。というのも、中音域だけ近くから聞こえるように感じるんです。高音・低音が(音量面ではなく、響き的に)背景になっている印象です。その意味で星4つにしました。

・低域☆☆★★★

 明らかに物足りないと感じました。私自身は低音へのこだわりはないのですが、ベースラインはなかなか聞こえません。音量も小さいですし、前述のように響きが引っ込み気味。端的に表現するならば「弱々しい」。低音強化をしていないイヤホンでも、Q12よりよく聞こえるものは多数存在します。

・音の透明感☆☆☆☆★

 透明感は十分にあると思います。ビックリするほどではありませんでしたが、よほどこだわりの無い限り、満足がいくことでしょう。透明感を評価する際に、私は教会での賛美歌、ベースラインのあるポップソングをよく聞きますが、いずれも問題なし。ただし、ワイヤレスイヤホン特有のノイズはあるのでご注意ください。

【Q12のコストパフォーマンス】☆☆☆☆★

最初の述べた通り、Q12は3,000円もあれば購入可能です。ワイヤレスイヤホンの中では安価と言えますが、この値段にしてはしっかりした造りだと感じました。品質に関して大きな不満はありませんし、一通りの機能は揃っております。ただし、低音が弱いことと、(後述しますが)衣服との擦れノイズが大きいことを考慮し星4つといたしました。これらが解決されていれば、文句なしの星5つとなるところでした。

【Q12のデザイン】☆☆☆☆★

・デザイン ☆☆☆★★

写真をご覧になればわかる通り、Q12はシンプルでコンパクトなデザインです。装着部に、耳に引っ掛ける鉤状のゴム突起があるほかは、世の中のカナル型イヤホンとなんら変わりません。ワイヤレスイヤホンには、1.リモコンがハウジングに備わっているもの 2.リモコンがコードの途中に備わっているもの の2種類ありますが、Q12は後者です。リモコンが細長い構造をしており、ボタン同士がちょっと離れています。このため、どのボタンを押せば良いのか時折混乱してしまいます。ボタンが集まっていた方が、相対的な位置関係でボタンを特定できるわけですね。気になったのはそれくらいです。

Q12(SoundPEATS) Shunsuke03

Q12(SoundPEATS) Shunsuke04

・装着感 ☆☆☆☆★

容易に装着できます。ワイヤレスイヤホンの場合、装着部が独特な形状をしていたり大きかったりして装着しにくいケースが意外と多いのですが、Q12はシンプルな造りですので気にする必要がありませんでした。上の写真にもあるような鉤状のパーツも、すんなり耳にフィットしました。とはいえ人によって耳の形は結構違うので、試着すべきでしょう。
全体的に軽い構造なので、使用していても耳に負担がかかりません。ただし気密性がそこそこ高いので、鼓膜への負荷は大きめに感じます。

【Q12のオリジナリティ】☆☆☆★★

必ずしも悪いことでは無いと思いますが、Q12にオリジナリティはほとんどありません。ワイヤレスイヤホンでありながら、Q12はシンプルな構造となっています。従来の(有線の)イヤホンとワイヤレスの中間みたいな存在です。オリジナリティがないからこそ、逆に使いやすい面がありますので、星3つにしておきました。シンプルさが魅力といえば魅力です。

【Q12の機能性】☆☆☆☆★

Q12には上の写真のようにリモコンがついており、ボタンは3つ。中央が再生・停止ボタンで、両脇が音量調節ボタンです。イヤホンを装着したときにリモコンは右側にきます。なお、裏側にマイクが付いているので、ハンズフリー通話が可能となっております。通信方式はBluetooth。1〜2時間の充電で6時間の使用が可能です(説明書より)。

気密性は結構高めで、内耳の圧力がちょっと高まるのを感じます。これにより遮音性は高めです。車の音から人の話し声まで、様々な音をシャットアウトしてくれますし、逆に音漏れも起こりにくいです。ただ気になったのは、コードが衣服と擦れることによるノイズが非常に大きいこと。ガサガサという音がかなり聞こえます。滑らかな生地の服を着て使用する必要があるようです。

【Q12の利用シーン】

通学時、家にいるとき、および運動時にQ12を使用してみました。いちばん便利に感じたのは通学時です。歩きながら、あるいは電車に乗りながらの使用だと、ワイヤレスイヤホンの利便性が生きやすいです。コードがどこかに引っかかることもありませんし、音量はボタンで調節でき、重宝しております。自宅で使用しても問題はありませんが、静かな環境だとこんどはノイズが気になりました。運動時は、先述の「擦れノイズ」が顕著になり、音楽を楽しもうとしてもそれが阻害されることがありました。

【Q12のジャンル】

私自身は、自分の趣味も影響して器楽や合唱曲をよく聞きます。Q12で音楽を聴いて思ったのは、「素敵な音楽を心ゆくまで堪能する」のには不向きであるということです。音質は(悪くはありませんが)あくまで中庸なので、大きなものは期待できません。じっくり鑑賞するというよりは気軽に楽しむのが適しています。たとえばポップソング、ジャズ、アニソンなどです。

【Q12の総合評価】☆☆☆☆★

Q12(SoundPEATS) Shunsuke05

Q12は、3,000円弱で購入できる安価なワイヤレスイヤホン。コンパクトな造りで便利です。実際に使ってみたら、値段の割にしっかりしているなと感じました。最低限の音質は確保されていますし、リモコンがあることで簡単に音量変化・再生・停止や通話が可能です。日頃用いるイヤホンになりうるレベル。一方で音質(特に低音)が物足りないほか、服との擦れによるノイズが結構大きく、「音」の面でもう一息という印象でした。
音質にそこまでこだわらない方にはオススメの一品です!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Shunsuke

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧