ハイアールの冷蔵庫の評判や口コミを解説!評判の高いおすすめ冷蔵庫も

この記事を執筆するにあたって

筆者は家電量販店に勤めております。ハイアールの冷蔵庫について、評判や口コミを混ぜながら解説を行っていきます。

Written By ブレンディ 0120

目次

ハイアールの冷蔵庫の評判や口コミや評判について解説します

ハイアールは、中国の大手家電メーカーです。

主に白物家電を発売しており、世界中で愛用者が多いメーカーでもあります。

シンプル機能で安い商品が多く、デザインも白一色に統一されている為、どの様な部屋の内装にもマッチしやすいカラーです。

では、実際に使用感や評判はどうなのでしょうか?

今回は、そんなハイアールの冷蔵庫について詳しく解説を行っていきます。

ハイアール 冷蔵庫 口コミ 評判 おすすめ

ハイアールの冷蔵庫とは?

特徴① 価格が安い

ハイアール家電の最も大きな特徴の一つが価格です。

ハイアールの冷蔵庫は中国の大きな工場で大量生産されており、低コスト・大量生産となっています。

国内メーカーと比べると人件費も土地も海外の方が安く済みますので、その分家電製品の価格を安く提供できているという事ですね。

価格が安い=壊れやすい。という評判の時代はひと昔前に終わっていますので、マイナスイメージを持つ必要はありません。

また、毎年の新生活の時期に大手の家電量販店では新生活セットという形でよくハイアール商品を取り扱っていたりもしており、売れ行きも好調のようなので、人気で評判があることは間違いない様です。

特徴② デザイン性が優れている

ハイアール家電は、基本的に単色の家電が多いのが特徴の一つです。

これまでは白色一色のシンプル家電としての道のりを辿ってきましたが、近年はカラーバリエーションが増えておしゃれ家電の最前線を走るようになってきました。

また、冷蔵庫の細部に至るまでデザイン重視しており、一見してみると国内メーカーの冷蔵庫との違いが分からないほどです。

特にThinkシリーズと言われるシリーズに関しては、ハイアール家電の中でも最もおしゃれな部類に入るのではないかと言えるほどに、デザイン性が優れています。

ハイアール 冷蔵庫 口コミ 評判 おすすめ

ハイアールの冷蔵庫の良い評判や口コミ

良い評判や口コミ① シンプルで使いやすい

ハイアールの冷蔵庫は、国内メーカーの冷蔵庫と比べても非常にシンプルな構造となっており、初めて冷蔵庫を使う方でも使い方に困る事はないでしょう。

ネットサイトの購入者レビューや口コミを見る限り、使いやすさが非常に高評価な傾向にあり、実際に購入をされたお客様のお声を聞いても不便さは特に感じていないという声が多い印象を受けます。

シンプルであるという事は、いわば単調であることなので、多機能性を求める方は国内メーカーの多機能性が備わっている冷蔵庫の方が向いているのかも知れません。

良い評判や口コミ② 部屋の模様にマッチしている

デザイン性の問題になりますが、ハイアールの冷蔵庫は外装を一色に統一している製品が多いので、壁紙の色がそれぞれ違うどのようなお部屋にもうまく溶け込みやすいという口コミや評判が多い傾向にあります。

主張しすぎない所が、ハイアール家電の良い所ですので、引っ越しや一人暮らしの予定がある方は、部屋のイメージに合う形で、冷蔵庫を設置することが出来るでしょう。

また、製品によって異なりますが、ハイアールの冷蔵庫は内装もこだわっている商品が最近多く、例えば冷蔵庫内を仕切るプレートがガラス製でお手入れ簡単だったり、LED照明を採用し庫内を明るく見せたりとおしゃれポイントが増えてきました。

安い冷蔵庫においても、こういったデザイン性はある程度確保しておきたいですよね。

ハイアール 冷蔵庫 口コミ 評判 おすすめ

ハイアールの冷蔵庫のあまり良くない評判や口コミ

あまり良くない評判や口コミ① 音が気になる

冷蔵庫の開閉時や庫内を冷やす時の冷蔵庫の稼働音が気になる方がいるようです。

気になる音のレベルは人ぞれぞれですが、確かに電子音というのは楽器と違って心地の良い音色ではないので、神経質になっていしまうという口コミや評判があるようです。

国内メーカーの商品によっても電子音が気になるというレビューを見かける中で、ハイアールの冷蔵庫にも共通した課題があるのは事実です。

ですが、商品のモデルによってこの静穏性の確保は全く異なりますので、ハイアール製品全てにおいての事ではないという所は意識すると良いでしょう。

価格が安い冷蔵庫ですから、こういった静穏性の部分については購入前にしっかりと把握しておくと、購入後にがっかり・・・。なんてことを防げますので、事前調査は怠らないようにしましょう。

あまり良くない評判や口コミ② 省エネではない

省エネ重視の今の時代には、如何に電気代を安くできるか?というのが冷蔵庫にとっても大きな課題です。

ハイアールの冷蔵庫は、省エネ対象の商品もありますが、国内メーカーの冷蔵庫と比べると全ての商品がそういった省エネを標準装備している製品ではありません。

ここも低価格であることのデメリットにもなりますが、年間の電気代使用料金は国内メーカーの冷蔵庫に比べて高くなることを理解しましょう。

冷蔵庫には、冷蔵庫内を冷やす冷媒、ファン、コンバーターという稼働を調整する部品など、他にも様々なパーツが合わさって出来ており、細かいパーツをより良いものにこだわると、必然的に国内メーカーの冷蔵庫並みの価格になってしまいます。

海外メーカーの基本は、低価格・大量生産ですから、この点は二の次の商品が多いのも事実です。

長く使う家電製品であるならば、ランニングコストを意識して購入をするようにしましょう。

ハイアール 冷蔵庫 口コミ 評判 おすすめ

【所有者レビュー】ハイアールの冷蔵庫の使用感は評判や口コミ通りか

筆者はハイアールの冷蔵庫を使用していたことがあります。

実家のメイン冷蔵庫は国内メーカーですが、もう一つの小型の冷蔵庫はハイアール製品の冷蔵庫でした。

実際の使用感として、ネットサイトの評判に近い印象を受けました。

稼働音は確かに国内メーカーの冷蔵庫と比べると少し気になるのも事実ですが、個人差があります。注意してみると気になるといった所でしょうか。

また、電気代に関しては、購入前の下調べで地域にもよりますが、年間3,000円程度ハイアールの冷蔵庫の方が高い計算となっていますが、筆者には気になる差額ではないので、この点は問題ありませんでした。

冷蔵庫の開閉を行う時に、冷蔵庫内を冷やそうとしてファンが動く音がする頻度は確かに国内メーカーよりも多い印象です。

これを総論して、購入前に国内メーカーとの比較を行うと小さな差はありますが、気にならない方は全く気にならない。という結論になりました。

勿論個人差はありますから、参考程度に捉えて頂ければと思います。

評判や口コミの高いおすすめのハイアールの冷蔵庫

商品名 ハイアール JR-N121A

2016年にハイアールより発売された冷蔵庫。

右開きのドアで、冷蔵庫88L・冷凍庫33Lが入り、主に1~2人用。

耐熱トップテーブル対応で、電子レンジなどを冷蔵庫の上部に設置することが出来ます。

省エネ性も兼ね備えられており、年間の電気帯の維持費が安い商品です。

冷蔵庫内は、強化ガラストレイで仕切られており、おしゃれな内装。

LED庫内灯を搭載しており、冷蔵庫内が非常に明るく見えます。

一人暮らしの方やカップル、同棲している方におすすめの冷蔵庫です。

商品名 ハイアール JR-XP1F34A

2015年にハイアールより発売された冷蔵庫。

北欧デザインのシンプルなおしゃれ冷蔵庫です。

右開きのドアで、冷蔵庫221L・冷凍庫119Lが入り、家族でまとめて使えます。

冷凍庫容量が大きいのが特徴的な商品で、冷蔵庫内のバスケットがそれぞれ独立しており、取り出しが非常に楽なのが特徴。

開閉時間が短いことで、省エネにもつながりますし、負担が少なくて済みます。

省エネ性も兼ね備えられており、年間の電気代の維持費が安く済みます。

静穏化設計で、静かに稼働します。音が気になる方も問題なく使えることでしょう。

家族のメイン冷蔵庫として、おすすめです。

ハイアールの冷蔵庫の評判や口コミについて疑問が残ったら

ハイアールの冷蔵庫の評判や口コミを交えて解説を行って参りましたが、ハイアールの冷蔵庫について全ての解説が出来た訳ではありません。

また、使用者の感想については所感が入っているものでもあるので、読み手の方の受け取り方についてはそれぞれだと思います。

もしこの記事を読んで、疑問点やご不明点がありましたら、当サイトのお問合せフォームよりお問合せ下さい。

可能な限り、対応をさせて頂きます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ハイアールの冷蔵庫に興味は出てきましたか?

もしハイアールの冷蔵庫がもっと知りたい、詳しく見たいという方がいれば、商品の画像をクリックするとさらに詳しい情報が得られるようになっています。

興味がある方は少しだけ覗いてみても良いかも知れません。

海外メーカーの中でも非常に人気のハイアール製品。

価格も安く、機能性もある程度しっかりしているので、細かいこだわりがない方は購入を検討されてみてはいかがですか?

関連リンク

冷蔵庫だけでなくハイアールの洗濯機の評判について解説した記事もあるので、気になる方は読んで見てください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ブレンディ 0120
家電量販店勤務の家電マニア!よろしくお願いします。
家電量販店勤務経験のある家電マニアです。 家電の記事の執筆を行っていきます、よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事