【QCY Q29 Bluetoothカナル型イヤホン】

目次

何度となくイヤホンを引っ掛け、断線さてきた邦楽ロック大好きなサラリーマン、カオルです。満員電車でイヤホンケーブルが、女性のカバンに引っ掛かり無理矢理下車させられたり、バイクのミラーに引っ掛かったり、自分のカバンに引っ掛かる等々…【引っ掛かり方】の様々なバリエーションには多くの人が悩まされているのではないでしょうか?

市場に投入されてから、個人的にもかなり気になっていたワイヤレスイヤホンですが、なかなか試聴もできず購入に二の足を踏んでいました。そんな私が今回【Bluetoothワイヤレスイヤホン QCY Q29】を1週間使用してみてのレビューを行いたいと思います。

QCY Q29 カオル01

QCY Q29 カオル02

【QCY Q29の音質】☆☆★★★

・高域☆☆★★★

 全体的なバランスから感じるのは、高音を強調し過ぎたチューニングです。金属音や声量の多いハイトーンボイスは刺さるような感じが強く、中、低音域が目立たなくなっています。また、スモールスピーカーで聞いているような音のこもりを感じてしまい少々残念な印象です。

・中域☆☆★★★

 ボーカルの声質、伸びなど高音域同様にこもって聞こえる感じがします。なんと言うか…ラジオで音楽を聴いているような平面的な厚みのない印象です。また、低音域を補うだけのパワーも無く全体的に軽い音質になります。音楽よりは、動画中心の視聴スタイルの方がしっくり来るかもしれません。

・低域☆★★★★

残念ながら各音域で低音域が一番目立たちませんでした。密閉感が浅い為、低音域が非常に弱く重低音が感じにくいです。深く耳奥に入れた状態でも音漏れしてしまい、手で押さえると密閉感が増し聞き応えがある低音になります。本体構造の問題のような気もしますが、イヤーピースを変えれば幾分か改善できると思います。
 

・音の透明感☆☆★★★

ピアノ音楽や女性ボーカルなどクリアな音質が際立つ楽曲で視聴しましたが、膜を張ったようにこもり感が有ります。高音域の刺さる感じの鋭さが際立ちますので、とにかくジャカジャカとかき鳴らすギター音は良く聞こえます。また、ダイナミックなサウンドや映画の様な臨場感を楽しむ場合では、低音域の協調が無いため迫力に欠けます。ただし、会話に関しては比較的聞き取りやすく感じました。

【QCY Q29のコストパフォーマンス】☆☆☆★★

10000円を切る価格であり、ある程度の割り切った使用を前提としている方にはコストパフォーマンスに優れていると思います。ただ音楽視聴を優先される方、外部音を遮断して深い没入感を求める方はヘッドホンタイプや、密閉型イヤホンの方がオススメできると思います。あくまで、価格相応といった感じです。

【QCY Q29のデザイン】☆☆☆★★

・デザイン ☆☆☆★★

一般的なイヤホンとは化粧箱からして違います。やはり海外ブランドの製品は、細部までデザインがカッコイイです。しかしながら、イヤホン筐体が大きいのが残念すぎる。でっぷりとした筐体は装着した時違和感を覚え、鏡などで装着感を確認すると耳から大きくはみ出ている姿には、外出時に使用するのを躊躇してしまいます。室内専用機として考えるなら、手馴染みも良いのでちょうど良いかもしれません。

QCY Q29 カオル03

QCY Q29 カオル04

・装着感 ☆☆★★★

有線タイプと違いイヤホン本体が大きく、カナル型とはいえ耳奥にしっかりと押し込むのが困難です。イヤーピースのサイズというより、本体サイズのせいか耳穴入り口付近での安定感が無くグラつきます。結果的に隙間感があり、音質にも影響を与えてしまっています。ただしワイヤレスという事で、ケーブル処理の煩わしさが皆無ですから、その分装着時の快適性はかなり高いと感じました。

【QCY Q29のオリジナリティ】☆☆★★★

イヤホンケースはコンパクトで、マットブラックな品の良い仕上げとなり、本体の収まりも良く携帯性に優れています。前述しましたが、化粧箱(パッケージ)デザインがオシャレで、ノベルティやプレゼントなどにすると喜んでもらえると思います。

【QCY Q29の機能性】☆☆☆★★

Bluetooth接続方法が少々難ありと感じます。右側(R側)を先に認識させてから左側(L側)を登録するのですが、海外製品のため正規取説書には日本語表記がありませんでした。取扱い元にもよるのかもしれませんが、日本語ペアリング方法は別紙に記載がありました(個人作成程度の簡単なものです)
両側ともペアリングボタンがそのまま再生、曲送り、戻しの操作ボタンにもなり、更にイヤホンマイクとして通話する事も出来ます。ボタン長押しで電源のon/offが行え、動作時に英語でメッセージが流れるあたりハイテク感が有ります。

【QCY Q29の遮音性】☆★★★★

軽く装着した程度では、密閉感も無くグラつきが有ります。耳奥へ押し込む事である程度の密閉感と安定感を得られますが、満足出来るレベルでは有りませんでした。イヤーピースの形状がフラットなデザインのため密着感が無く、長時間使用すると耳が痛くなりました。音量を絞ると聞き取りにくく、いつも聞いている音量よりも上げて使用しないと小さく聴こえてしまいます。

【QCY Q29の利用シーン】☆☆★★★

ワイヤレスイヤホンで、兼ねてから考えていたランニング、バイク乗車時の使用を試したところ、ケーブルが無いというのは非常に開放的で、アクティブな使用に非常に適していると感じました。ただ、安定感が無いためランニング時には片耳外れる事が有りましたし、バイク乗車時の使用だと密閉感が無いため風切り音でほぼ音楽が聞こえない状態となりました。また、サイズが大きいため女性では耳にフィットし難く、何に使うにも邪魔に感じるかもしれません。

QCY Q29 カオル05

QCY Q29 カオル06

【QCY Q29の総合評価】☆☆★★★

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンに比べて試聴できる事が少なく、選ぶのも一苦労です。低価格な機種も多数出ていますが、試しに買ってみる金額というわけでも有りません。イヤホン選び全般に言える事ですが、音質は当然ながら、装着時の安定性(密閉感)はワイヤレスイヤホンには非常に重要だと気付かされました。

Q29は比較的低価格なワイヤレスイヤホンで、音楽をしっかりと聴くヘビーリスナーよりも、日常使いや、仕事での活用をメインとした、【サブ機】といった感じです。価格相応と割り切って使用するか、試しに購入するのであれば問題ないと思います。

ワイヤレスのヘッドホンであれば、室内で音楽試聴、動画観覧でも迫力のあるサウンドが期待できます。屋外でアクティブに活用するのであれば、防水のスポーツタイプや、遮音性、安定性に優れたモデルの方が価格は高いかもしれませんが、選択肢としては悪くないと思います。
残念ながらQ29という機種はワイヤレスの中では安価で値頃感は有るものの、十分に満足できる機種とは言いがたいものでした。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
カオル

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧