電子ピアノの配送方法と送料を解説!ヤマトの料金や安い方法はどれ?

目次

電子ピアノの配送方法や送料について解説します

少し前まではヤフオクやモバオクなどのネットオークションが主流となっていましたが、今ではメルカリやラクマといったフリマアプリも加わり、誰でも簡単に販売・購入ができるので、利用している人が多く居ます。

日用品や衣類・家電製品・電子機器・雑貨・家具など様々な物が売られていますが、意外と多く販売されているのが『電子ピアノ』。

傷がなく音も出るけどもう使わない・引越し先に電子ピアノを置く事ができない・捨てるには勿体無い・貰ってくれる人はいないだろうか?といった場合に、フリマアプリなどで出品している人が多く居ます。

ですが、電子ピアノが売れたとしても、大きくて重量のある荷物を発送したことが無い・発送方法はどうしたらいいのか・送料はいくらぐらいなのかと悩む人もいるでしょう。

ですので今回は、電子ピアノの配送方法や送料、配送料が安いのはどこなのか、などを紹介します。

電子ピアノを売る際にスムーズに発送できるように参考にして下さい。

電子 ピアノ 配送 電子 ピアノ 送料

電子ピアノの配送方法と送料① ヤマトホームコンビニエンス ピアノ・楽器の輸送

電子ピアノを発送する時に、ヤマトホームコンビニエンスの『らくらく家財宅急便』を利用して発送しようとする人がいますが、電子ピアノを含めたピアノや楽器類は発送できないので、電子ピアノを発送する場合は『ピアノ・楽器の輸送』サービスを利用してください。

ピアノ・楽器の輸送は、名前の通り、ピアノや楽器の専門輸送サービスなので、電子ピアノの発送をしたい場合に利用するといいでしょう。

このサービスは、輸送中の破損には運送保険の範囲内で補償を受ける事ができるのですが、内部補償はない為、音が出ない・音色が変わったといった場合でも、外傷がなければ補償はされませんし、地震や津波などの天災といった不可抗力による遅延や破損も補償はされないので注意しましょう。

料金は、発着距離・ピアノや楽器の種類やサイズ・搬出・搬入先の階数・作業内容により決まり、ピアノや楽器の種類によっては下見が必要となり、追加料金が発生し、配送先が島しょ部の場合も追加料金が発生します。

また、料金の支払いは発送地での現金支払い・事前の銀行振込の2つの方法となっています。

ドア to ドア・土日祝も予約受付なので、こちらのサービスを利用したい場合は、電話かネットで申し込むといいでしょう。

なお、電話申込の場合は、荷物の発送地が関西エリアなのか関東エリアなのかで電話番号が異なるので注意してください。

受付時間は関東エリア・関西エリアともに9:00~20:00です。

下記参考元より、電話申し込み・ネット申し込みが可能です。

参考元:ヤマトホームコンビニエンス|ピアノ・楽器の専門輸送

電子ピアノの配送方法と送料② ピアノ運送株式会社

二つ目の電子ピアノを発送する際に利用できる方法は『ピアノ運送株式会社』です。

ヤマハ株式会社認定のピアノ搬送認定業者で、100年以上の実績・全国に15か所の支店・コンピューターによる受注・納品といったピアノの搬送状況を一括管理・スタッフは正社員という徹底ぶりで安心して利用する事ができます・

ピアノの配送には、温度調節付きのトラックやリフト・ピアノ専用台車や搬入が困難な場合はクレーンを使っての搬入や雨の日には専用のカバーを使用などピアノ運搬に関して様々な工夫がされています。

ピアノ運送株式会社を利用したい場合は、電話でも見積もりができるのですが、インターネットだと無料見積もりが可能です。

電話での受付時間は、月~金の平日9:00~17:00で、インターネットは24時間いつでも可能となっています。

見積もりだけでなく、質問や分からない事なども電話やメールで聞く事ができるので、安心して利用する事ができます。

参考元:ピアノ引越し・移動・保管ならピアノ運送株式会社

下記より電話・インターネットでも見積もり、メールでの問い合わせができます。

ピアノ引越し・移動・運送について | ピアノ運送株式会社

電子ピアノの配送方法と送料③ フクツー引越し便

電子 ピアノ 配送 電子 ピアノ 送料

続いて、福山通運の『フクツー引越し便』です。

それぞれ予算や要望に見合ったタイプを選択することができます。

らくらくタイプ・エコノミータイプ・ノーマルタイプ・節約タイプの4つのタイプがあり、一番安いものは節約タイプとなっています。

節約タイプは、輸送だけを業者が担い、梱包や搬出・搬入などの作業は自分たちで行います。

値段を抑える事ができますが、労力が必要となるため、手伝ってくれる人がいる場合にはこのタイプがおススメです。

輸送に加えて搬出・搬入作業をしてくれるノーマルタイプは、値段を抑えて体力のいる搬出・搬入作業は業者にしてほしいという場合にはこのタイプを利用すると良いでしょう。

他には、荷まとめ・荷ほどきは自分でしないといけませんが、梱包から据付までを業者がしてくれるエコノミータイプ・荷まとめから荷ほどきまですべての作業を業者がしてくれるらくらくタイプとなり、節約タイプ→ノーマルタイプ→エコノミータイプ→らくらくタイプの順で料金が高くなりますが、プロに任せたい場合や女性の方は利用しやすいタイプです。

送料は福山通運のホームページにで見積もりシュミレーションができます。

オプショナルサービスとなり、別途料金が必要となる場合もあります。

参考元:フクツー引越便 | 福山通運

電子ピアノの配送方法と送料④ 飛脚ラージサイズ宅急便

4つ目は、佐川急便の『飛脚ラージサイズ宅急便』です。

3辺合計が160㎝を超える260㎝以内、かつ重量が50㎏までの荷物・複数個口の荷物が該当となります。

自転車や足つきソファ・キャスター付製品・イスなどの不定形品やガラス製品・絵画などの美術品・工芸品は、料金が2割増となります。

電子ピアノでもサイズや重量により規定サイズ・重量を超えるものは利用できませんが、サイズも小さく重量も軽い電子ピアノであれば利用する事ができるので、電子ピアノの発送をする際には検討してみてはいかがでしょうか?

料金表は【佐川急便】飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便|料金表より確認する事ができます。

参考元:飛脚ラージサイズ宅配便|サービス一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

電子ピアノの配送方法と送料⑤ ヤマト運輸 ヤマト便

最後は、ヤマト運輸の『ヤマト便』です。

宅急便サイズである縦・横・高さ3辺の合計が160㎝以内かつ重さが25㎏までの規格を超える荷物、一梱包あたり30万円を超える荷物の発送ができます。

一梱包あたり30万円を超える荷物とは、30万円もする電子ピアノなどの商品の値段の事を指します。

任意で保険をかける事ができるので、高額な商品の場合は加入しておくといいでしょう。

宅急便の規格を超える荷物を発送できるヤマト便ですが、こちらも規格が定められており、なんでも送れるという訳ではありません。

・1個の荷物の重量は30㎏まで

・1個の荷物のサイズは、1辺170㎝まで(上下逆さに出来ない荷物の場合は1辺100㎝まで)で、3辺合計が200㎝まで

・お届け日数は、宅急便のお届け日数+1で、翌々日配達

料金は、荷物の『総重量』とお届け先の『エリア』で決まり、料金表はヤマト便料金表 | ヤマト運輸にて調べることができます。

なお、ヤマト運輸直営店や取扱店に持ち込みした場合は値引きがされ、荷物の総重量が30㎏までなら120円・30㎏越え50㎏までなら140円・50㎏越え100㎏までなら230円・100㎏以降50㎏ごとに90円加算となっています。

参考元:ヤマト便 | ヤマト運輸

電子ピアノの配送料がもっとも安い方法は?

電子 ピアノ 配送 電子 ピアノ 送料

電子ピアノの配送方法を5つ紹介しましたが、見積もりをしない事には送料などは分からない為、一番安く発送できる方法は分からなくなっています。

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便は、260サイズ関東から発送する場合、北海道が一番高く10,746円となっています。(重量は50㎏が上限)

ヤマト運輸のヤマト便の場合、60㎏で一番高いのが沖縄で7,859円です。

飛脚ラージサイズ宅急便は、サイズで料金が変わり、ヤマト便は重量で料金が変わるので比較しにくいですが、ヤマトホームコンビニエンスのピアノ・楽器輸送、ピアノ運送株式会社、フクツー引越し便よりも飛脚ラージサイズ宅急便とヤマト便の方が安く電子ピアノを発送できるでしょう。

ただ、飛脚ラージサイズ宅急便は重量が50㎏までなので、電子ピアノによっては利用できない可能性が高いため、3辺合計が200㎝までで重量が180㎏のものも発送できるので、電子ピアノの発送で一番安いと言えるのはヤマト便でしょう。

実際に発送したい電子ピアノのサイズ・重量などにより、見積もりをしてみない事には分かりませんので、ピアノの配送は専門業者に任せたいのか・送料を安く済ませたいのかで判断してくださいね。

電子ピアノの配送方法や送料について疑問が残ったら

いくつか電子ピアノの発送方法を紹介しましたが、他にもピアノの専門配送業者や引越し業者・配送業者があるため、紹介した5つの配送方法でしか電子ピアノは発送できないという訳ではありません。

必ず、電子ピアノのサイズや種類・重量などを把握して、自分の要望などに合う配送方法を選んでくださいね。

また、電子ピアノの送り先の方とも相談をして、相手が望む方法などを確認してから配送方法を決めると良いでしょう。

まとめ

以上、電子ピアノの配送方法や送料、配送料が安いのはどこなのか、などを書いていきましたが、電子ピアノの配送方法として、

・ヤマトホームコンビニエンスのピアノ

・楽器輸送・ピアノ運送株式会社

・フクツー引越し便

・佐川急便の飛脚ラージサイズ宅急便

・ヤマト運輸のヤマト便

があります。

他にも配送方法はあるのですが、知名度があり利用者した事がある人が多い配送方法を紹介しました。

送料などは見積もりをしないと分からないのですが、配送を安く済ましたいのであればヤマト運輸のヤマト便で、料金は安くなくてもいいけどしっかりと配送してもらいたいという場合はピアノ運送株式会社やヤマトホームコンビニエンスのピアノ・楽器輸送などを利用すると良いでしょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧