Kindleの本を複数の端末で読む方法!端末の登録を解除する方法も解説

この記事を執筆するにあたって

数年前から、kindle paper whiteを愛用しています。 iPhoneでも同じアカウントの電子書籍を読みたい、と思うことがあったため、実際に操作しながら記事をまとめました。

Written By 田内 紀行

目次

Kindleの本を複数の端末で読む方法を解説します

電子書籍は便利ですよね。
筆者は漫画大好きで、以前はコミックを大量に保有していました。ですが、一人暮らしで置き場に困ったこともあり、数年前に一大決心して全て処分して電子書籍に乗り換えました。そのときからkindleを愛用しています。

慣れると便利なもので、漫画に限らず、小説や経済紙なんかも電子書籍で読むようになりました。

そんな電子書籍ですが、筆者はkindleを常に持ち歩いているわけではなく。

手持ちの他の端末・・・「iPhone6s plusやノートPCなど電子書籍を見ることができないか」と言う思いがあり、kindle書籍を複数の端末で読む方法をまとめました。

やり方は簡単です。

  • ①PCでamazonアカウントにログインする
  • ②タブレット・携帯電話・kindle fireなどの端末をamazonアカウントに登録する
  • ③各端末ごとに電子書籍をダウンロードする

以上の3ステップです。

Kindleの本を複数の端末で読むメリットは?

複数の端末でkindle書籍が読めるとこんなメリットがあります。

①常に電子書籍用の端末を持ち歩く必要が無くなる

筆者が「kindle書籍を複数の端末で読みたい」と思ったのは、kindle端末が手元に無い出先で、雑誌の内容を参照したいなーと思ったのが切欠でした。
そのとき、iPhoneでも手持ちのkindle電子書籍を読めるようにしよう、と思い今に至ります。

まぁ他にも、想定外に手持ち時間が空いたとき、携帯電話で漫画を見て時間を潰せればなぁ・・・と言う思いもあります。

(業務中に漫画を読む行為は自己責任でお願いしますね!)

②電子書籍を家族と共有できる

kindleに限らず、電子書籍の大きなデメリットとして「人に貸し出すことができない」と言う点が挙げられます。

筆者が幼いころは、友人と漫画を貸し借りしたり、従兄弟のお兄ちゃんに古い週刊誌(ジャ○プとか)を貰ったり、先輩が古い週刊誌を部室に提供してくれたりと言うことがあったのですが・・・
電子書籍だと、こうはできないでしょう。

それでもせめて、家族間での本の共有くらいはできるようにしておきたい・・・
そんなときに、同一のアカウントに複数の端末を登録しておけば電子書籍を共有することが可能です。

難点として、お父さんのお楽しみブックを娘さんが閲覧してしまって家族会議だとか、末娘の最近の少女マンガの過激な性描写にお母さんがびっくりして家族会議だとか・・・
正直大惨事な未来しか見えないのですが、まぁ共用するアカウントは分けるなりするのが普通でしょう。

家庭事情にも寄ると思いますが、アカウントはせめて夫婦間共有とか兄弟間共有くらいにしておいたほうが無難だと思います・・・

Kindleの本を複数の端末で読む方法

やり方は下記のようになります。

① amazonアカウントに端末を同期させる

こちらの操作はPCからではなく、各種端末からになります。

  • スマホならkindleアプリを起動して、設定⇒登録を選択。
  • kindle端末の例として、kindle paper whiteならホーム画面⇒設定⇒マイアカウントを選択。

それぞれ上記の画面で、同期させたいamazonアカウントのIDとパスワードを入力。
無事認証されるとamazonアカウントに端末が登録されます。

② 各端末でダウンロードする

  • ①kindle、iPhoneなど各端末を起動し、ネット回線につないでオンライン状態にする
  • ②kindleアプリを起動し同期が完了すると、リストに購入済みの書籍のサムネイルが表示されるので、タップしてダウンロードする

上記の操作で完了です。
 
ちなみに、各端末に個別に電子書籍を配信する操作もありますが・・・

「各端末を同期させると同時に自動でダウンロードされる」か、
「サムネイルから手動でダウンロードする」か

の違いしかありません。
どちらの操作も試しましたが、PCからは買うだけにして、iPhoneやkindleなどの各種端末で個別にダウンロードしたほうがよほど楽でした。

ただまぁ、kindle paper whiteの「読書をする以外」の操作性はお世辞にも良いとは言えないと思うので、kindle paper whiteをお持ちの方は、PCから配信した方が楽かも知れません。

配信する場合の操作手順は下記の通りです。

①購入直後の画面で配信する

下記画面で配信したい端末を選択して、配信ボタンを押す(赤矢印部分)

<! 自分のPCからプリントスクリーンして編集した画像です>

②購入済み電子書籍を配信する

下記画面で配信したい電子書籍にチェックを入れて、配信先端末を選択して配信を押す(赤矢印部分)


<! 自分のPCからプリントスクリーンして編集した画像です>

この操作をした場合は、同期と同時に配信された電子書籍が自動でダウンロードされます。

Kindleを同時に複数登録できる数には限りがある

当たり前と言えば当たり前ですが、電子書籍を読める端末の数には限りがあります。
無制限にしてしまうと、集団でアカウントを共有すれば誰の携帯でも読み放題と言うことになってしまうので(規約違反でしょうけど)。

では、何個の端末までなら許されるかと言うと・・・明確な答えは無く、出版社や書籍の種類により異なるとのことで。
ただ、「少なくとも6個の端末までは共用可能」となっています。

ややこしいのが、「1つのアカウントにつき、1つの本を6個の端末で読むことができる」と言う制限なので、極端な話、amazonアカウントに100台のiPhoneを登録して、kindleアプリを100台にインストールすることは問題無いみたいです。
ただ、実際に1冊の本をダウンロードできるのはその端末のうち6台まで、と言うことになります。(試しようが無いので試していませんが)

まぁそんなややこしいことは普通やらないと思いますので、
「amazonアカウントに登録する端末は6台まで!」とするのが一般的な使い方になるでしょう。

Kindleの複数端末の利用を解除する方法

appleもamazonも頻繁に新型の端末を出してくるので、数年使い続けていると6台までと言う端末の制限に引っかかってしまうでしょう。

そんな時、もう使わないような古い端末、あるいは処分済みの端末はアカウントへの登録を解除して、登録できる端末数に余裕を持っておくようにしましょう。
やり方は下記の手順となります。

  • ①タブから「****さんのアカウント&リスト」を選択(****はユーザー名です)
  • ②アカウントサービスの画面から、「デジタルコンテンツとデバイス カテゴリ」内の「コンテンツと端末の管理」を選択
  • ③端末をタブを選択し、登録を解除したい端末を選択、端末の解除ボタンを押す(赤矢印部分)


<! 自分のPCからプリントスクリーンして編集した画像です>

Kindleの本を複数の端末で読むことに関して疑問が残ったら

恥ずかしながら、筆者もkindleを完全に使いこなしているとは言いがたく。
手元に無い端末(AndroidやMac Bookなど)についての操作は実際に試せていないため、この記事ではKindleの本を複数の端末で読むことについて全てを網羅できた訳ではありません。

何か疑問に思う点があれば、お手数ですがフォームよりお問い合わせください。随時、加筆・修正をしていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

kindle書籍を読むなら専用端末のkindleが一番でしょうが、iPhoneや他のPCでも読めるようにしておくに越したことはありません。

6台までは共有できるし、登録も解除の手間も大したことなかったので、アカウントの端末登録数に空きがあるならば、手持ちの端末全てでkindle書籍を読めるようにしておいたほうが何かと便利でしょう。

とは言え、会社のPCや家族共有のPCなどまでアカウントに登録してしまうと・・・
知らないうちに買われたり見られたりと言った問題が発生するのが目に目えているので、あくまで登録は自己管理できる範囲内で行うようお願いいたします。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 6a56f8a3 d0f0 4552 90cd c4deb73444fa
Written By
田内 紀行
ゲームと料理とツーリングが趣味の30代一人暮らし野郎です。
アクティビティに定評のあるライト層のオタク野郎です。 執筆にあたって、正しい内容を伝えることと、読み手が疲れない文章を書くことを念頭において頑張っていきます!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧