ツインバードの掃除機の口コミや評判を使用者が徹底解説!評判通り?

目次

ツインバードの掃除機の口コミや評判について使用者が解説します

ツインバード 掃除機 口コミ 評判 ユーザー

この十数年来と非常に長い年月、派手なCMもないのに、ユーザーたちによる高い口コミレビュー評価に支えられてきた「リーズナブルな掃除機」があるなんてご存知でしたか?

それが、「ツインバードの掃除機」

家電量販店のみならず、通信販売。ホームセンターやスーパーマーケットなどかなり幅広い店舗で取り扱いがあり、実際に製品を手に取って確認できることが非常に多い製品。

一度使ったらユーザーは、幾度もリピーターとして購入。

さらには友人知人に向けてのプレゼントとしてもセレクトする人が多いというほどで、圧倒的ユーザー支持が、さらに支持を広げるという強力な口コミ人気からも、どれだけすごい評判の製品なのかが思わず知りたくなるほど。

今回は、そんなツインバードの掃除機ユーザーでもある私が自信をもっておすすめする!!「ツインバード掃除機」の製品バリエーションや注目ポイントをご紹介します!

ツインバードの掃除機とは?

ツインバード 掃除機 口コミ 評判 レビュー 評価

ツインバードは1951年創業新潟県にある日本の家電メーカーです。

大手家電メーカーとは違い、比較的軽量のキッチンウエア、トースターや電熱調理器、泡だて器などの小型モーター家電。そして照明器具などを中心として展開。

洗濯機などの大型の家電製品は手がけてはおらず、大きいものでも電子レンジやオーブンレンジといったものに限られます。

最近は料理家電でも、デザイン面で非常に人気の製品も増えています。

かなりリーズナブル&全国幅広いエリアで長年愛されているメーカーです。

そのツインバードの定義の中で、この10余年ほど大手メーカーを超えたスマッシュヒットを飛ばしていると言われるのが、サイクロン型のスティック掃除機。

コンセントにつないで使用するタイプのサイクロン型掃除機からスタートして、現在は、コードレスタイプ、一般の横型掃除機など、バリエーションも非常に増えました。

機材データの吸引仕事率の割には、実際のごみの取れ方~吸引力が非常に高く感じられること…吸い込み口とサイクロン部が非常に近いことで効率よく高い仕事を行わせている点などが評判となり、各メーカーでもさまざまなサイクロン型掃除機が開発&リリースされ、サイクロンブームの牽引役ともいわれてきました。

現在人気の機種と言えばコードレスタイプのスティック型掃除機、ハンディータイプのサイクロン掃除機。

路面店から通信販売まで幅広く人気があります。

特徴① なんせ値段が安い

掃除機を買おうと検討したとき、一番気になるのはやはり本体価格ではないでしょうか?

高吸引力を誇るコードレスタイプのスティック掃除機はさすがにお値段も大手家電メーカーの製品に迫るものがあります。ですが、それ以外ハンディータイプサイクロン掃除機コードにつなぐタイプのスティック型サイクロン掃除機は1台当たり5000円前後以下と実にリーズナブル。

家電を買いに行ったわけではないのに、あまりの安さでついかごに入れて買ってしまう人もあるというのも納得です。

特徴② どのモデルも、とことん軽量&コンパクトにまとまる

店舗で実際に手に取って購入した型でなければわからない特徴として、掃除機全体を分解したら、非常に小さくなるといった点があります。

分解して箱詰めすると、スティックタイプ掃除機なら、5㎏のミカン箱をはるかに下回るコンパクトサイズ。

しかも非常に軽量。

メインの掃除機ではなく、キッチンや子供部屋、ペットルームなど専用のサブ機として使用される方も多くあります。これは分解収納したときに非常にコンパクトになるからこそ。

使用しないときにかたづけるにも便利ですが、独り暮らしの子供のところに差し入れと一緒に送る方や、別荘などに頻繁に持っていく方などにも、このコンパクトさは人気となっています。

ツインバードの掃除機の良い口コミや評判

ツインバード 掃除機 口コミ 評判

ツインバードの掃除機には、紙パック型などもありますが、ほぼサイクロンといってもいいほどにまで、サイクロン型掃除機がとにかく大人気。

サイズも豊富で、見た目のデザインも非常にバリエーション豊富。

吸引力、持ち運びやすさ、見た目、カラリングなど選べるポイントも豊富。

いつも室内に置いておいても、インテリアに自然になじんでくれる掃除機までそろっている点も、口コミユーザー評判が高いポイントです。

① 安くて品質が良いので、何台でも買える!壊れても修理に出すより新品を買ったほうがお得

非常にお値段が安いので、用途やお部屋にあわせて何台も所有している人が多数!
壊れても、修理に出すよりも新品を買ったほうが安いほどともいわれるくらいです。

参考:楽天 レビューページ1楽天 レビューページ2

この商品、かれこれ3台購入しました、この価格でこれだけの吸引力なら買いです、今まで高額な物、有名メーカーの物、いろいろ使ってますが軽い掃除ならこれで充分です、安いので玄関用、3階のベランダ用等気軽に買えます。

② 本体が軽くコンパクトなので、天井や手の届きにくいところの掃除にも、いつでも使いやすい

ハンディ型やスティック型サイクロンでは、いずれも本体が軽くてコンパクト。
そして吸引力はペットの細い毛までしっかり吸い取れるほどで、ケージの中や天井、階段など、重い掃除機ではうまく掃除できない場所でも、かるがるらくらくお掃除できます。

③ スティック型やハンディ型にはコードレス以外のものもあり長時間使えて高パワー

スティック型やハンディ型掃除機の中で、サイクロンタイプでは、コードレスタイプ以外、コードのあるタイプも種類豊富。
他メーカーにはコードレスで使い始めてから10分もたたないうちに急にパワーダウンなどというタイプもありますが、軽くてコードでつないでいても、自在に操れ、しっかりとした吸引力で長時間使える点は魅力です・

参考:楽天 レビューページ3

④ フィルタやごみ受けが全部洗えるので、いつも清潔

非常にシンプルな作りで、「おもちゃみたい!」と評されることも多い、コンパクトタイプのハンディ型とスティック型サイクロン掃除機。
ですが、そのシンプルにみえて、しっかりと集約された設計ゆえに。目につくごみの通り道ほとんどのパーツがしっかり洗浄できます。
家電製品でも、いつも清潔に隅々まで管理したいという方には、とくに人気です。

参考:楽天 レビューページ4

ツインバードの掃除機の良くない口コミや評判

ツインバード 掃除機 口コミ 評判 レビュー 評価 悪い 良くない

非常に好評で、とくに大手メーカー掃除機も所有しているユーザーからも口コミレビュー評価と人気の高いツインバードの掃除機。

ですが、使い始めてみてから、ちょっと気になる点があるというユーザーもあります。

① 排気口から出るにおいがキツイ

最近の大手メーカーの掃除機の多くは、いずれも、排気クリーン機能を搭載しています。

ですが、ツインバードの中でも、とくにコンパクトなサイクロン型掃除機は、こうした部分は設計に組み込まれていません。

そのため、「においが昔の掃除機みたいで、キツイ」という方も多いようです。

参考:楽天 レビューページ5

② モデルによっては音が非常にうるさい

一般の掃除機に比較すれば、サイクロン型はもともとかなり騒々しいといわれる機構。
ツインバードの掃除機も例外ではなく、モデルによっては排気部分から直接かなりけたたましい音が聞こえるものもあります。

かなりモデル間での騒音の差が大きく、同じモデルの後継機種のほうが、なぜか騒音が高くなる製品もあります。

かなり実際の音量よりも、耳障りに感じる音が流れてきます。ですが、人によっては「音が気にならない」という方も多いようです。

小さなお子様やペットのいる環境で使いたいという方なら、できれば店頭で、音などを確認しておきたいものです。

参考:楽天 レビューページ6楽天 レビューページ7楽天 レビューページ8

③ 壊れやすいモデルもある

非常にシンプルな作り、横型掃除機なら本体筐体内に収まるパーツをあえて外にそのまま露出させることでコストカットを図っている設計デザインのものも多いため、非常に壊れやすいという方も多いようです。

もとより本体価格が安いモデルが圧倒的。「買ってから3年使えれば元が取れるどころではないほどお得」というユーザーたちが非常に多く、値段と長持ち、どちらを優先させるべきか悩む部分です。

【所有者レビュー】ツインバードの掃除機の使用感は口コミや評判通りか

現在もツインバードの掃除機を所有している私の場合、コード付きスティックタイプの「ツインバード サイクロン スティック型クリーナー」シリーズで、ツインバード掃除機の魅力にはまりました。

それまでも大手メーカーの縦型タイプ掃除機ユーザー、さらに横型タイプの吸引力大タイプ掃除機などを多数所有してきましたが「いかんせん、掃除機を出してきて使用しても、あまりきれいになった印象がない」

とくに横型掃除機では取り出しと後片付け、掃除機使用後の掃除などが面倒なのでなかなか手にしようという気すらおこらず、いつも縦型タイプ掃除機だけを酷使するというやり方。

そこに、ポイント利用のため、お手頃だったツインバードのサイクロン掃除機がわが家に登場。当時、セールだったこともあり、お値段は約3300円ほど。

最初に電源をいれて一筋掃除機をかけただけで「なんだこの、湿った部屋の髪の毛もほこりも、きれいに吸い取ってくれる吸引力は!」という、非常な驚きをもって迎えられました。

大手メーカーの横型掃除機よりも、最初の使用時には、段違いに強い吸引仕事を見せてくれました・

わが家で使用中のモデルは、フィルタ部分が化繊の固めの素材。この素材のおかげで風量が非常に強く回ってくれ、12畳部屋を掃除するのに、掃除機フィルタの埃を途中1回叩き落して除去するだけで、ほとんど髪の毛1本残らないレベルできれいになります。

●●ツインバード サイクロン スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W

ダニや髪の毛だけに限られる非常に細かい粒と髪の毛がからまるわが家の室内掃除機ダストに対しては、すぐにフィルタの目が詰まってしまう紙フィルタや、排気がきれいをうたっている高性能フィルタの他社の掃除機よりも、ツインバードの掃除機のやや粗目ながら粉体を逃さない程度のフィルタサイズが非常に便利に働いてくれています。

油汚れなど、水分とべたつきも多い汚れを吸い取ることが多い、小さな子供やペットのいるお宅、料理好きのお宅の場合には、もしかすると汚れ自体の含むこういった重さで、掃除し始めに比較して、すぐに吸引力が落ちたように感じるかもしれません。

やはりフィルタ部分、長く使っているものは、多少汚れが詰まりがち。

わが家の場合、乾いた軽い汚れが多いこともあり、普段は、掃除機利用後に、乾いた状態でしっかりとフィルタの埃を叩き落した後に、中性洗剤と水で、本体フィルタやカップ部分、吸引ノズルヘッドを水洗いして乾かしています。

現在使用中のモデルについては、ほぼこの状態で6年ほど、吸引力が大きく下がったように感じることはありません。

今より昔のモデルの時には、まだフィルタのケア方法がうまくつかめず、掃除機をかけた後のフィルタをたわしでごしごしあらってつぶしてしまうことで、せっかくの吸引力を損なわせてしまっていました。

このあたりは他のユーザーたちによる口コミレビューで得たTIPSですが、この点だけ守れば、ここまで長い年月、掃除機はいつも快適に利用できます。

本当は今すぐ、同じくツインバードの最新モデルスティックタイプ掃除機に乗り換えたいところですが、あまりに長持ちしてくれているわが家のツインバードの掃除機。

新しいモデルも非常に評判なので、買い替えるではなく、サブ機として掃除機をプラスする感覚で、購入を積極検討中です。

口コミや評判の高いおすすめツインバードの掃除機

商品名 ツインバード サイクロンスティック型クリーナー ブラック TC-E152B

本体重量1.7㎏、吸い込み仕事率100Wのサイクロンタイプスティック型クリーナー。
紙パック式ではありませんが、カップやフィルタなどが丸ごと水洗いできるので、いつも清潔さを保つことができます。

非常に軽量なので、どこにでももっていきやすい点も魅力。

付属コードが5mもあり50/60Hz対応なので、お引越しの時、まず最初に持っていく荷物の中には、この掃除機を入れておくのがおすすめ。もちろん独り暮らしや大人だけの世帯なら、これ1台で十分家中をカバーしてくれるとして口コミ評判の高い機種でもあります。

連続して硬貨を吸引することはできませんが、1~2個なら十分吸い込んでくれるパワーが魅力的です。

5000円もあれば、かなりおつりがくる点も、非常に魅力的です。

商品名 ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナーハンディージェットサイクロン HC-EB41W

ハンディタイプ掃除機といえば、大手各社なら吸引力に問題があったり、お値段的にハンディ掃除機として購入しづらいものがあったりとさまざま。

ツインバードの掃除機なら、高い口コミ評判通り、ほんとうにコスパに優れ、コンパクトで、車や小さなスペースのお掃除から、広い部屋の床掃除にまで対応した、豊富なヘッドをプラスしたモデルが見つかります。

なんといっても驚きなのは、これだけの内容と機能がそろっていて、5000円でかなりのおつりがくる価格!

本体重量1.3kg、吸引仕事率60Wで、床用ブラシ、すき間ノズル、布団ノズルなどが付属。

本体電源コードもたっぷり5mあるので、家の中のコンセントに接続して、駐車場の車両の中でも問題なく使えます。

商品名 ツインバード HC-EB51GY パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX

ツインバードのハンディタイプ掃除機の中でも、サイクロン型でさらにパワーにこだわりを見せた、口コミ大評判の掃除機がこちらのモデル

ブラック×ブルーでブラシの毛の色まで統一された本体は、ちょっと近未でおしゃれ。

子供部屋などはもちろん。DOLLやTOYなどのコレクターの方のお部屋にも、しっくりなじむ、カッコよさと可愛さ、COOLさを兼ね備えたデザインです。

本体重量1.9㎏、6mの電源コード、布団掃除や自動車のお掃除にも便利な、豊富なブラシアタッチメント、排気もきれいでにおいが気にならないフォルタなど、こだわりがあふれた好評の口コミ評判モデルです。

商品名 TWINBIRD 家庭用クリーナー トリプルアクセルサイクロン YC-T212BL ブルー YC-T212BL

ツインバードの中でも横型掃除機、そして、大評判で口コミ評価が高いサイクロン型の技術をさらに進化させた、3段サイクロンで、高いパワーでらくらくお掃除ができるモデルがこちら。

音をしっかりカットしており、毛足の長いカーペットなどでもしっかり内部の汚れがおとせる余裕の250Wの吸引仕事率。

本体重量は7.14㎏となかなかのものですが、実売価格と掃除機自体の高い性能、高いコストパフォーマンスで、非常に人気を集めています。

ツインバードの掃除機の口コミや評判について疑問が残ったら

ツインバード 掃除機 口コミ 評判 疑問 質問 悩み 解決

今回ツインバードの掃除機について、さまざまな口コミ評判を調べてみました。

各モデルが後継機種となる際に、「あまりに大きく見た目が変化して、おしゃれで使いやすく」というタイプのメーカーではありません。

機能とコストのバランスには優れていますが、やはりモデルによってはひびが入りやすかったり、長い使用期間にパーツ接続部にゆるみが発生しやすかったりといった特徴が、後継機種で必ずしもFIXされるわけでもありません。モデルチェンジ時に、こうしたトラブルが多少引き継がれてきたモデルなどあります。

サイクロン掃除機では、とくに吸引のための風の通り道に無駄がない「よく設計されているモデルほど」、ひびや小さな隙間、ずれなどといった部分のちょっとした違いで、一気に性能が変化しがち。

すべてのユーザーが運よく、性能に直接大きくかかわる部分の経年劣化や故障を体験せずに掃除機を使ってきたわけではありません。

自分の掃除機の使用感や悩み、同モデル利用の他ユーザーたちの口コミレビューやお悩みを読んでみて、もし疑問を感じる部分があれば、ぜひ、家電Boatのお問い合わせフォームからご意見をお寄せください。

家電を心から愛する当サイトライターたちで、徹底的に調査。そして新たな情報を、皆様にご紹介していきたいと考えております。

まとめ

ツインバード 解決 掃除機 口コミ 評判

今回は、ツインバードの掃除機についての「良い&悪い ユーザー口コミ評判」と、「真にユーザー評価の高いおすすめ機種」をまとめてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

もともと比較的武骨な、機能性とシンプルさ、コストパフォーマンスを極めたモデルが多かったところ、ツインバードの掃除機もすこし変わりつつあります。

近年は、非常に洗練されたデザインの掃除機や、

小さめですぐに交換できる紙パック型掃除機、

毛の掃除にこだわったモデルなど、

ほかにない目の付け所でヒット商品を次々に送り出しています。

これからも、こうした「派手な広告による大HIT商品ではなく、ユーザーの口コミや、実際に使用しているユーザー評価が、新たなユーザーたちを呼んでつぎつぎに売れていく、真の実力派商品」を多数期待したいところですね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7d825f8d 03c5 4174 981e 9851bd78fd73
Written By
ミラーボール ツルピカハゲ丸
いつあの世に行ったのかわからない、そんな緑の紋付です
もともと、髪の毛が薄く、いつも地肌がほんのり光っている・・・なよ竹のミラーボール・ツルピカハゲ丸を勝手に襲名しようと思っていたら、本家がどこかに行ってしまいました。 ジジィ、はえーよ。 小さなころから家電豊富な家庭に育ち、今も現役のパソピアIQやカセットビジョンから新製品には縁のある環境。新製品も一通り押さえていますが、レトロ家電も捨てずに現役で使えるコンディションにあるのが自慢です。 製品選びのこだわりをお伝えできればと考えています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧