エレクトロラックスの掃除機の口コミと評判を所有者が解説!本当に口コミや評判通り?

この記事を執筆するにあたって

家電製品のレビュー記事を歴任。「家電の正しいチョイスで生活はより楽しくなる」をコンセプトに、有益な情報を発信することを心がけています。エレクトロラックスの掃除機をしばらく使っているので口コミ記事を執筆しました。

Written By そのかわ ゆうじ

目次

エレクトロラックスの掃除機の口コミや評判を解説します

この記事では「エレクトロラックスのコードレス掃除機」の使用感がどういったものか知りたい方に向けて、他の購入者の口コミや評判と合わせて実際にエレクトロラックスの掃除機を使っている筆者が、写真も交えながら説明します。

筆者は一人暮らしの30代の男性で、同時に大の「掃除嫌い」です。めんどくさがりな男がどうエレクトロラックスのコードレス掃除機「エルゴラピード」を活用し、どう感じているのかが伝わればと思います。

エレクトロラックスの掃除機とは?

特徴① デザインにこだわる

コードレス掃除機を探していくと、様々な種類のものに出会います。
他の家電でも名の知れている日本の有名企業のものから、海外のものまであります。イギリスのダイソンが有名です。その中で「エレクトロラックス」という企業の掃除機に出会うことでしょう。
エレクトロラックスはスウェーデンに本社を置く、世界的な掃除機と家電の会社です。
歴史が深く、1912年に世界初の家庭用掃除機を、2001年には世界初のロボット掃除機を世に送り出しました。そして2004年に生まれた「エルゴラピード」シリーズが2018年現在も様々なモデルチェンジをして親しまれています。
この企業の掃除機の特徴として「デザイン性に優れている」ことが挙げられます。スタイリッシュな外観、高級感あるカラーリング、ゴミやホコリが見えにくい構図など、強いこだわりを感じることができます。家具のIKEAにファッションのH&Mもスウェーデンです。それら企業と同様に、ライフスタイルをオシャレに提案していると言えます。

↓外観。横向きですみません…。

↓背部のガラス内部がゴミの入るフィルター。内部が見えにくい

特徴② 操作性や利便性にこだわる

口コミによくある通り、デザイン性だけではなく掃除機の性能ももちろん良いです。
吸引力や軽さなど、掃除機の評価ポイントは様々ですが、ここでは「操作性」「利便性」をピックアップします。
「操作性」は写真にある通り、ヘッドを自由自在に軽く動かすことができます。
これまで掃除機の機体ごと動かして、奥の入り組んだところなどを掃除していたのを、ちょっと傾けるだけでできるようになります。
「利便性」は、ハンディクリーナーとしても使えることです。布団クリーナーの機能がついたものもあり、1in2ないし1in3で使えるため、清掃用品を最小限に抑えられます。

↓水平に180度、垂直に90度、自由自在に角度調整できる。

↓取り外してハンディクリーナーに。

エレクトロラックスの掃除機の良い口コミや評判

良い口コミその① コストパフォーマンスに優れている

コードレス掃除機は有名メーカーのものでは2万~5万が大体の相場です。
付属品が充実したり、吸引力や充電のスピードが優れていたりと、多種多様です。
その中で特に「エルゴラピード」は、最低限欲しい機能に対してのコストパフォーマンスに優れており、良い口コミも多いです。
例えば、1回の充電で最大48分稼働するので、掃除時間が足りないことはないでしょう。さらにコードレスかつ、ヘッドの操作感でストレスを感じないこと。カーペットの吸引力も十分あること。
前述の1in2、1in3も含めて、2万前後です。
圧倒的な吸引力や広大な部屋の掃除といった目的でない限り、口コミ通り金額に見合うかそれ以上の性能を発揮してくれます。

良い口コミその② 追加機能が優秀

掃除機としての基本性能が良いだけでなく、追加機能も優秀で良い口コミの元になっています。
写真はノズルですが、大変パワフルに稼働します。ここで詰まりが発生しないことが、スイスイ操作できることにつながります。
加えて「ブラシロールクリーン機能」という、足で踏むスイッチ一つでブラシに絡まった毛などをカットする機能までついているものもあります。
私事ですが、コードレス掃除機でコードがなくストレスフリーで掃除できる、ハンディクリーナーとしても使えて車の掃除などもできるという2点が満たせて2万弱の値段なら満足という感じで購入しました。
ところが実際には、上述した追加機能があるため、追加機能の良さが際立ちました。

↓パワーノズル。ホコリや髪の毛で詰まることが全くない

良い口コミその③ オシャレなデザインは期待値通り

ネットで服を買ったら、イメージと実物が違ったという経験はありませんか。人はしばしば写りのいい写真やモデルに惑わされるものです。
しかし、「エルゴラピード」に関しての評判、口コミにデザインに不満の声はありませんでした。その口コミ通り実際に使っていてもデザイン賞受賞の実力に偽りなしのかっこよさといえます。

エレクトロラックスの掃除機のあまり良くない口コミや評判

よくない口コミその① 重さが気になる

「エルゴラピード」の批判的な口コミで目につくものは「重い」という点です。
片手での操作が大変という声もあります。実際の重量を公式ホームページにて確認すると、2.4kgないし2.5kgです。
同じコードレス掃除機と比較してみます。ダイソンのV8 Fluffy SV10 FF2が1.58kg。シャープのRACTIVE Air EC-A1Rが1.5kg。パナソニックのMC-BU500Jが2.2kg。日立のPV-BD700が2.3kgです。
2kgを下回る軽いモデルの掃除機が台頭している現在、平均値で考えると「重い」と感じる口コミは妥当ともいえます。
公式ホームページでも本体重量はアピールポイントにならないと考えてか、製品詳細スペックに記入のみとしています。その代わり、下に重心がくることで「体感重量が500g」という面を強調しています。

よくない口コミその② 吸引性はダイソンに劣るとの声も

掃除機に求めるものは様々あります。値段であったり吸引力であったり手間いらずだったり…。
もし「吸引力だ!パワーが一番だ!」という方は、吸引力に関するネガティブな口コミが気になると思います。
「ダイソンでは逃さなかった砂の粒を、エレクトロラックスでは吸いきれない」等といった口コミや評判があります。
ただ、吸引性が頼りないという声が大多数というわけではありません。これは家庭の状況にもおけると思われます。
砂埃等が原因で頻繁に掃除機をかけないといけない、一度でパッと吸い込んでくれないと困る等といった場合は、吸引性から掃除機選びが必要になります。
そこまで吸引性は求めないよ、サッとかけられればOKという場合は、エレクトロラックス製で問題ありませんが、パワーを求める方は口コミ通り注意です。

【使用者レビュー】エレクトロラックスの掃除機の使用感は口コミ通りか

口コミや評判をまとめたところで、実際に私が使ってみた使用感を述べたいと思います。
批判的な口コミへの返答として、まず「重さ」はそれほど気になりません。
確かに口コミ通り本体を片手で持ち上げる時には重さを感じます。
しかし、掃除機を常に持ち上げることはないこと。高いところ、例えば階段の掃除をする場合も、ハンディクリーナーとして使えば問題ありません。
掃除機の移動はスムーズにできるので、体感としては某有名バスケマンガみたいに「左手は添えるだけ」という感じでした。
吸引性に関して口コミ通り不満はなし。ペットを飼ってるわけでもなくそれほどゴミやホコリが出ない環境なので、むしろ「手軽さ」を求めた自分にはピッタリでした。
そしてここで評判通り「デザイン性」が効きます。手軽にパッと掃除できるように自分の生活導線に掃除機を自立させています。視界に入っても部屋のレイアウトの一部のような佇まいなので、部屋の雰囲気を壊さず、かつホコリが気になった時にすぐ取り出して掃除できるため、部屋の清潔さを保てています。
概して口コミや評判通りと言えますが、よくない口コミに関しては私の場合特に気にならない点でしたので概ねエレクトロラックスの掃除機には満足しています。

口コミや評判の高いおすすめのエレクトロラックスの掃除機

エレクトロラックスの「エルゴラピード」の特徴を述べたところで、その中でも特に口コミや評判の高いものは何か。本記事では2機をピックアップしたいと思います。

Electrolux ergorapido Lithium BASIC (エルゴラピード リチウム ベーシック) ZB3301

エレクトロラックス スティック&ハンディクリーナー(パワーブラシ) アイロングレー【掃除機】Electrolux ergorapido Lithium BASIC (エルゴラピード リチウム ベーシック) ZB3301

画像をクリックするとAmazonの紹介ページに移動します

これまで述べた特徴を全て織り込んだ基本形、まさにベーシックタイプなのがこのZB3301です。ヘッドの操作性やノズル、ブラシロールクリーン機能搭載と、基本性能と追加機能がバッチリ組み込まれています。フィルターの排気性能の良さも体感できるようで、口コミには、過去モデルと比較して排気がキレイになったという声もあります。ゴミ除去率98%に最大稼働時間48分と、手軽さを求めてコードレス掃除機を探しているが、性能も重要だという欲張りな方にはこっちの方が満足度が高くなると思います。

エルゴラピード・リチウム タングステン ZB3113AKB

【オンライン限定モデル】 サイクロン式スティック&ハンディクリーナー エルゴラピード・リチウム タングステン ZB3113AKB

画像をクリックするとAmazonの紹介ページに移動します

ZB3301が本体の性能で勝負なら、ZB3113AKBは「コストパフォーマンス」です。操作性やブラシロールクリーン機能はそのまま、さらに布団クリーナーまで付属して、2万円を切ります。性能を気にしなかったり、そもそもコードレス掃除機にこだわらなかったりするのならば、より安価な掃除機はあると思います。しかし、上述した通り吸引力が十分あり、かつコードレスによる手間のかからなさや、北欧生まれのスタイリッシュな外観。ハンディクリーナーや布団クリーナーとしても活用できる等、値段に対して働き者です。よって、一人暮らしを始める学生や新社会人にもおすすめできます。手軽さを最優先に考える人はこっちを選ぶとよいです。

エレクトロラックスの掃除機の口コミや評判に疑問が残ったら

この記事ではエレクトロラックスの掃除機の口コミや評判について全てを網羅できた訳ではありません。疑問点を感じるようであれば、お問い合わせフォームからお問い合わせいただき、私自身も発見があれば随時加筆していきます。

また、清掃のしやすさに関しての口コミや評判を細かく記したものがなかったので、写真にて説明します。

↓スライド式になっており、フィルター内部を掃除できる

↓3分割して、水洗いする

掃除のしやすさはダイソンを例に挙げて、あまり評価されていません。
あちらはワンタッチでゴミ箱に入れられるので、手軽です。ただ、写真で示したようにこちらの掃除が不便かというと、許容範囲かなと思います。
紙パック式でない掃除機は、こまめに手入れしないと故障しやすいので、めんどくさがりの自分には鬼門なのですが、この程度なら頑張れそうです。
口コミだけでは気づかない点もたくさんあるので、こちらの使用例も参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エレクトロラックスの掃除機についての口コミや評判、使用感をまとめました。
コードレス掃除機やサイクロン掃除機等といったものは高価だというイメージを持っている人、いざコードレス掃除機を探してエレクトロラックスの掃除機が気になった人の参考になれればと思います。
今回、本記事を書き上げる際に調べて感じたことは、各メーカーが個性を出して掃除機を展開しているなということです。知名度だけでなく、どんな掃除機があれば生活がより豊かになるか―。それを考えると決まったメーカーが万人に一番とはいえません。
生活環境や使用頻度、家族構成などを加味し、より最適なものをチョイスしてください。めんどうくさがりの一人暮らしの代表としてはエレクトロラックスの掃除機を推させていただきます。

引用元: エレクトロラックス公式ホームページ エルゴラピード紹介ページ

関連リンク

こちらの記事ではマキタ掃除機の口コミや評判について解説しています。
掃除機の購入で悩まれている方はこちらの記事も参考にしてみてください
マキタの掃除機の口コミや評判!所有者が使用感を口コミ通りかも解説!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 523874cd 9977 417f b60b 411ab230079a
Written By
そのかわ ゆうじ
家電購入時の力になります!
長く学習塾の講師をしていますが、学生の頃から何かをレビューすることが好きでした。世の中にたくさんある家電から、貴方のストーリーにぴったしの家電が見つかるような記事を書いていきたいです!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧