iPadの寿命(本体/バッテリー)を解説!Proやminiの寿命は何年ぐらい?

目次

iPadの寿命について解説します

出始めた頃は、ビジネスマンなど、ガシェット好きかトレンド好きの人が颯爽に持っているイメージだったタブレットPCですが、抜群の持ち運びの良さが定着して、今では学生から主婦まで多くの人が活用する定番ガシェットになりました。

そのなかでも、タブレットPCの代表格といえば、やはりAppleのiPadシリーズ。 スマホのiPhoneシリーズ同様、説明書不要なくらいの使いやすさもあり、圧倒的シェアを誇っています。

iPadなどタブレットPCの良さは、なんといっても場所を選ばずネット環境を楽しめること!それだけに、iPadが生活の中に当たり前のものとして入り込んでいると、寿命が訪れて使えない状態になってしまうと、焦ってしまう人も多いはずです。

そこで、ここではiPadの寿命について解説していきたいと思います。

iPadの寿命4

iPadの本体やバッテリーの寿命は何年?

本体の寿命

果たして、iPadの寿命となると、どれくらいを想定しているのでしょうか?実は、販売元であるApple社が、iPadを始め、Apple製品の想定使用年数(寿命)を公表しているのです。

Apple社の発表によると…

iPad=3年

となっています。ちなみにiPhoneやApple Watchも同じく3年、MacBookなどのパソコンやApple TVは4年ということです。

当然、感覚には個人差がありますが、Pad3年というのは、ちょっと短く感じる人も多いのではないでしょうか?タブレット以上に使用頻度が高いスマホのiPhoneと同じくらいだと、ちょっとコストパフォーマンスが悪いですよね。

ただ、あくまでもこれは目安であって、絶対に3年で寿命を迎えるというわけではありません。寿命=故障となるのは、タッチセンサー不良など機器内の回線などのトラブルが主因になるでしょうから、やはり丁寧に大事に使えば使うほど寿命はもちろん延びると思います。

引用元:JCASTニュース

バッテリーの寿命

iPadの使用頻度、充電の仕方によっては、バッテリーがなにより先に寿命を迎える可能性もあります。目安としては、フル充電をしても、すぐに充電少な目になっている感じでしょうか?

詳しくは後述しますが、バッテリーの寿命に関しては、新しくバッテリーを入れ替えれば、新品の時のようなパワーが復活します。

バッテリーの寿命の目安はどれくらいで考えておけばよいでしょうか?当然、前述したように環境によって変化はするものの、推奨されているバッテリー交換年数が約2年くらいです。

あまり使用頻度が多くない人であっても、バッテリーは劣化していくものなので、2年くらい経過したら、充電状況をこまめにチェックしたほうがよいかもしれません。

iPadの寿命3

iPad Proの本体やバッテリーの寿命は何年?

本体の寿命

iPad Proでも本体の寿命に関しては、やはり上記のiPad同様の約3年目安という事になると思います。

ただ、iPad Proは2015年9月に発売したばかりの新しい機器なので、発売してすぐ購入した人でも、まだAppleが提唱している寿命3年が経っていないのですよね。

それもあり、まだあまりiPad Proでの寿命の話題は膨大な情報が氾濫しているネットでもそこまで多くはないようです。ただ、iPadと比べて、画面サイズが多少変わったり、性能が向上したりしていますが、基本となる故障原因などは変わらないでしょうから同じと考えて間違いないでしょう。

バッテリーの寿命

iPhoneの場合、例えばiPhoneⅩとiPhone8でバッテリー容量が違うのですが、iPadシリーズは、現状のiPad、iPad pro、iPad miniともに画面サイズや性能は多少異なるものの、バッテリー容量は同じなのです。

そこまでモデルによって、ものすごくバッテリーを食う性能が増えたなんてことはないので、基本は上記のiPad同様の約2年を目安に考えると良いでしょうね。

引用元:Apple

iPad miniの本体やバッテリーの寿命は何年?

本体の寿命

iPad miniの場合、7.9インチと画面サイズも、他の10インチ前後あるiPadシリーズに比べ、コンパクトなので、スマホのように毎日持ち歩いている人の多いのかもしれません。

あくまでも個人的意見ではありますが、持ち運びが多いとなると、やはり落下による画面割れなど本体内の不備など故障するシーンも増えてくるでしょうから。平均を取れば、iPadやiPad Proよりやや寿命は短いかもしれません。

ただ、Appleの公表どおりなら、上記同様約3年ということになります。スマホであっても、人によってはバッテリーを交換して4年も5年も使っている人も珍しくないですからね。iPadでも同様でしょうから、使い方次第ですね。

バッテリーの寿命

iPad Proの欄で述べた通り、iPadシリーズは、現状モデルだとどれも同じ容量のバッテリーを積んでいるので、バッテリーの寿命は同じく約2年を目安に見ておきたいです。

口コミなどを見ても、やはりバッテリーの寿命(充電しづらくなる)現象は、2年半前後が一番多いみたいです。もちろんバッテリーの劣化は一気にダメになることはなく、徐々に落ちていくものですから、日常使いで、充電に関して不満が出てきたころから、バッテリー交換や買い替えなどの対応を考えたいですね。

引用元:男性ハック

引用元:Apple

iPadの本体の寿命の症状

① 画面の損傷(画面割れ、液晶漏れなど)

iPadは持ち運びが便利な分、落下させてしまったりなどで画面の損傷を起こしてしまう可能性もパソコンなどに比べるとはるかに高いです。画面が割れてしまったり、液晶漏れなどですね。そうなることで、使用ができないわけではありませんが、圧倒的に見づらくて、使いづらいですよね。

② 電源が入らない、タッチが反応しない

電源が落ちてしまって、再度電源ボタンを入れ直して真っ黒の画面のまま、タッチしても反応しない(反応が鈍い)という状況になるのも、寿命の症状の一つでしょう。こうなると、使いづらいとかそういう問題ではなく、使えなくなってしまいます。

③ OSがアップデートできない

まだ普通に稼働していても、最新OS(IOS)にアップデートできない場合も、基本寿命と考えたほうがよいかもしれません。アップデートができないだけで、これまで使っていたアプリや機能はそのまま使えますが、新しいアプリがダウンロードができなかったり、今使っているアプリもアップデートができないなど、徐々に使いづらくなってきます。目安としては、やはり3年くらい前のモデルから最新OSに対応しなくなっていくようです。

iPadの本体に寿命が来た時の対処

① 修理に出す

iPad本体に寿命(故障)と感じた時は、やはり一番確実なのは修理に出すと言う方法です。iPhoneなどでも同様ですが、販売した家電量販店やキャリアのショップなどでは扱わなく、AppleStoreを始めとした、Appleの公認サービスプロバイダ、もしくは郵送での対応となります。

引用元:Apple

掛かる費用はどれくらいなのでしょうか?AppleCare+ をiPad購入時に申し込んでいる場合は、過失や事故による損傷に対して、1回につき 4,400円 (税込)で修理が可能です。また、ドコモなどキャリア契約している場合は、キャリア独自の保証サービスがある場合もあります。

特に、 AppleCare+ などの保証サービスを申し込んでいない場合は、iPad、iPad 2、iPad Air、iPad (第 5 世代):28,800 円 (税別)、iPad mini、iPad mini 2:22,800 円 (税別)、iPad Pro (10.5インチ):49,800 円 (税別)などとかなり高額になります。

あくまでも画面損傷など基本的な過失や事故の場合で、これ以上かかってしまう場合もあります。

② Appleの対処法のサイトで確認する

例えば、タッチセンサーが反応しない場合など、再起動をすれば復旧するなんてことも考えられます。Appleのサイトには、対処法を載せてあるサイトもあるので、それらを参考にしながら、修理や問い合わせに出す前に一度チャレンジしてみましょう。

引用元:Apple

③ 買い替える

特にOSが最新版にアップデートできない時など、経年的な寿命を感じる時は、思い切って最新版のiPadに買い替えると言うのも手です。修理に出す場合でも、保証サービスがないと、中古モデルなら同価格程度になってしまう場合もあります。それならちょっとプラスしても最新版のiPadにしたほうが性能もアップしていますし、良いと思う人も多いのではないでしょうか?

iPadの寿命2

iPadのバッテリーの寿命の症状

① 電池の減りが異常に早い

例えば、朝、家を出る前にフル充電したのに、もうお昼には電池の残量が半分くらいになっている、動画閲覧や通話など電池を食うものを使うとすぐにエンプティ―になるなど、電池の減りが異常に早いと感じたら、バッテリーの寿命を疑った方が良いでしょう。

② 本体がすぐに熱くなる

バッテリーの寿命が近づくと、あれこれiPadに指示すると、いっぱいいっぱいになってしまいバッテリーに熱を持ち、本体が熱くなります。稼働すれば多少は熱をもつものですが、熱いと感じるほどだと、バッテリーが寿命で悲鳴を上げている証拠でしょう。

③ 表示がおかしい

数分前にiPadを見たら、電池残量が100%だったのに、今見たら50%に急落している、一気に%表示が落ちたなど明らかに%表示が正常ではなく、おかしいと感じる時も、バッテリーの寿命が考えられます。

引用元:Apple Geek LABO

iPadのバッテリーの寿命をチェック・確認する方法は?

① どれくらい使ったか考えてみる

基本的にiPadのバッテリーは、充電回数が400回を超えるくらいから徐々に性能が落ちてくると言われています。また、基本は2年くらいが目安なので、iPadを購入してからどれくらい使ったか考えてみて、客観的にバッテリー切れするころかどうか確認しましょう。

② バッテリー診断アプリでチェックする

アプリで、iPadのバッテリー容量を診断するものも多く出ています。ほとんどのものが無料アプリなので、それらのどれかをダウンロードして、数値化として確認する方法は分かりやすいです。

③ 不便さを感じたら

上記ような数値化して客観的にバッテリー残量をチェックすることも大切ですが、実際使用していて、充電がすぐに切れるなど日常使いで不便を感じるような事があれば、バッテリーの寿命を疑うべきです。普通に使っていたら、丸1日充電なしでも使えるくらいが普通ですから、途中で充電が必要になることが度々あれば、かなり不便を感じるはずです。

iPadのバッテリーに寿命が来た時の対処

① バッテリーを交換する

確実にバッテリーの寿命と感じたときは、やはりバッテリーを交換するのが一番手っ取り早い方法です。価格は、Apple 製品限定保証/AppleCare+ の保証対象の場合は無料、保証対象外の場合は、11,400 円となります。郵送にせよ、持ち込むにせよ、だいたい5日前後は戻ってくるまでに見といたほうが良いようです。

② モバイルバッテリーを持ち歩く

最近は10,000mAHを超えるような大容量モバイルバッテリーも増えてきています。スマホのように充電が切れそうならモバイルバッテリーで充電して使うと言う方法もあります。ただ、バッテリーが寿命の場合は、気休め程度で、緊急的な方法だと思っておいた方が良いです。

③ 充電ケーブルを持ち歩く

こちらも緊急的措置ですが、最近ではホテルや、カフェやファストフードなどでも電源(コンセント)が使えたり、USBポートがあるところも増えてきました。それらの電源スポットを見つけたら常に充電を心がけていれば、バッテリー寿命でも多少が延命できるでしょう。

引用元:Apple

iPadの寿命

iPadの寿命を長引かせる使い方

① フル充電をしない、充電の頻度を減らす

人によっては100%になるまで完全フル充電しないと落ち着かない人もいますが、バッテリーにとってはあまりよい状態では実はないのです。理想的なのは20~80%の間くらいで、使い続けることなのです。また、毎日充電するのではなく、電池残量が減ってきたら適度に充電するくらいの頻度を減らすことも良いとされています。

引用元:Apple

② 月1くらいは完全放電をする

月に1度くらいは、電池残量を0%にして完全放電を行い、バッテリー内の電子を動かしてあげることが良いとされています。毎月第〇日曜日など、完全放電日を決めて、バッテリーも休息されてあげましょう。

まとめ

iPadの寿命についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか?保証に入っていないと、修理や交換もかなり高いですから、ちょっとしたコツを使って、少しでも長い寿命になるよう心掛けたいですね。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

Ad sumaho sabusuku

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧