ブルーレイレコーダーの寿命の症状や原因を解説!シャープやソニーは?

目次

ブルーレイレコーダーの寿命について解説します

「若者のテレビ離れ」と言われて久しいですが、果たしてほんとうにそうでしょうか?
リビングで食卓を囲んでみんなでテレビを見ることは減ったかもしれませんが、録画や動画でテレビを観ている人はまだまだいるのではないでしょうか?

そんなな録画派の人にはマストアイテムである「ブルーレイレコーダー」
果たして寿命はどれくらいなのでしょうか?メーカーごとに寿命は変わってくるのでしょうか?
突然、寿命を迎えて、ずっと楽しみにしていた番組が録画できなかったでは困りますので、事前にブルーレイレコーダーの寿命を知っておきましょう。
またブルーレイレコードが思ったように動かなくなってしまい、寿命かな?と気になっている方はおよそのブルーレイレコーダーの寿命を知ることで自分のブルーレイレコーダーを買い換えるか、修理に出すかなどの対処法も変わってくるかもしれません。

ブルーレイレコーダーの寿命は何年?シャープやソニーは?

シャープのブルーレイレコーダーの寿命年数

シャープに限らずですが、ハードディスク(HDD)の基本寿命が5~6年程度と言われているので、HDDがダメだと録画ができないなど主機能がダメになるので、基本は5~6年程度でしょう。ただ、10年以上前のものを使い続けている人も多いので、使用頻度や環境などで長く使い続けることは可能なようです。

ソニーのブルーレイレコーダーの寿命年数

ソニーのメーカーの部品保有期間が8年となっているので、前述通りのハードディスク以外は、やはり8年が一つの目安のようです。ただ、使い方にもよると思いますが、人によっては2年程度で買い替えたような人も少なくなく、正直当たり外れがあるのが実際のところかもしれません。

パナソニックのブルーレイレコーダーの寿命年数

パナソニックに限った事ではなく、ソニーやシャープなどほとんどの国内メーカーのものでも、価格を抑えるために最近のモデルは中国製の部品を使っているものがほとんどです。
そのせいだけとは一概には言えませんが、昔(10年前)のモデルに比べ、最近のモデルは5年程度の寿命などやや寿命が短くなっている印象を受けます。

ブルーレイレコーダーの寿命の症状

① ブルーレイ、DVDが再生できない

様々な原因が考えられますが、主としてDVDやブルーレイを読み込むレンズ部がホコリなどで傷ついてしまい故障していることが考えられます。クリーニングをすることで直ることもまれにありますが、基本は修理対応となります。

② トレイが開かない(DVDが取りだせない)

ブルーレイレコーダー内部のスライドさせる部品が壊れているなどして、トレイが開かなくなることもブルーレイ(DVD)が取りだせないので寿命と考える時です。
針金などで無理やり開こうとすると、より部品破損につながり、修理の際の修理代が高くなってしまうので避けたほうが無難です。

③ ハードディスクの容量があるのに録画ができていない

ハードディスクが熱や湿気、更には経年劣化で劣化(寿命)となっていると、まだ容量があるにもかかわらず、録画ができない不具合が起きる事があります。この場合、ハードディスクを取り換えるか、本体を買い替えるしかありません。

④ リモコンの利きが悪い

本体部は正常でも、細かい操作はほとんどリモコン部で行うので、リモコンが故障(寿命)となっても、本体そのものを寿命と考えるか、メーカーに依頼してリモコンを付属品購入をするしかありません。

引用元:SONY

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因① 熱がこもる

ブルーレイレコーダーの録画機能の心臓部であるHDD(ハードディスク)は、とても熱に弱く、熱い場所に置くほど寿命が縮んでしまうことが研究で証明あれているほどなのです。

暖房の横だったり、エアコンの風が直接当たるようなところはもってのほかですが、ブルーレイレコーダーからも熱は放出されるものなので、密閉度が高く、熱が外に逃げないような置き方も寿命が縮む要因になってしまいます。

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因② 掃除をしない

ホコリが付いていることが視覚で見えるブルーレイレコーダーの本体部を拭く程度は良く行っていても、内部は買ってから一度も掃除をしていない人も多いのではないでしょうか?

外側がホコリがついていれば、内部だってホコリが付いていないとは考えづらいですよね。ディスク部のクリーナーCDや掃除機でファンを吸うのも効果があります。

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因③ 振動を与えてしまう

ブルーレイレコーダーの内部はかなり精密な機器が集まってできているので、ちょっとした振動でも故障になってしまう可能性があります。

地震など自然災害では仕方ないですが、何度となく置き場所を変えたり、不安定な場所に置くなど、度々不必要な振動を与えるようなことはやめてあげましょう。

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因④ 湿気が高い場所に置く

熱と同様、湿気にも弱いブルーレイレコーダー。雨など水に当たらないというのはもちろんのこと、窓際近くで雨まで行かずとも湿気が多く入り込むようなところだったり、加湿器’(エアコンから出てくる風含む)が直接当たるようなところも危険です。

ブルーレイレコーダーの寿命が縮む原因⑤ リモコンの扱いが雑

オンオフだけの機能ではなく、特殊な機能満載のブルーレイレコーダーのリモコン。リモコンが壊れてしまうと本体も使い物にならなくなってしまいます。
ある程度、頑丈にできているリモコンですが、あまりにも雑に扱うと問題が起きます。
例えばボタンを押すバネ部分がダメになり、押せなくなってしまうともう使えません。特殊なリモコンだけに、代替品は少なく、純正品は高価なものが多いので、リモコン故障のせいで、本体も寿命と考えることも少なくありません。投げ捨てたりせず、大事に扱いましょう。
ただし汎用リモコンに対応している場合があるのできになる方は汎用リモコンを探して見るのもありです。

ブルーレイレコーダーの寿命を伸ばす使い方

ブルーレイレコーダーの寿命を伸ばす使い方① 放熱しやすい場所に設置する

ハードディスク部がとても熱に弱いので、できるかぎり風通しの良い場所に置いて放熱しやすい環境にしてあげましょう。
例えば、ブルーレイレコーダーの上にDVDを置いたり、ゲーム機などを置いて、密閉度を上げてしまうと熱がこもる要因となってしまいますので気を付けましょう。

ブルーレイレコーダーの寿命を伸ばす使い方② 衛生的に使用する

どんな家電類でも同じことが言えますが、やはり掃除をせず衛生的に使っていないと、細かなホコリやチリが内部の精密機器を狂わす要因になります。

ホコリが内部に溜まると、熱を逃がすファンの口を詰まらせてしまったり、ハードディスクが上手く動かなくなるなど寿命を早める理由となります。
なかなか分解してクリーニングを行うのは、一般人だとリスクが大きいので、ファン部(裏側)から掃除機でホコリを吸い上げるだけでも効果的です。掃除機は週に1回くらい小まめにやると良いでしょう。

ブルーレイレコーダーの寿命を伸ばす使い方③ 置き場所に留意する

熱のこもらない場所だけでなく、安定感のある場所、湿気が多くかからない場所など置き場所を留意しましょう。
特に気を付けたいのが、ゲーム機やテレビなどの他の家電の熱が直接浴びるような設置方法、最大の敵である熱をもろにかぶることで悲鳴をあげてしまいます。気を付けましょう。

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法は?

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法① 修理に出す

寿命と感じたら、まずはメーカーの保証期間内かどうかチェックしましょう。
また、メーカーの保証期間は基本1年間ですが、プラス3年など家電量販店独自の保証サービスに入っている場合があります。
保証期間内でしたら、基本無償で修理ができるので、メンテナンスも行ってくれるので新品に近い状態で戻ってきます。また、リモコンなど付属品もメーカーに問い合わせることで購入・交換が可能です。
ただし冒頭で解説したようにブルーレイレコーダーの寿命は1, 2年程度で迎えるケースは稀なので、思ったように動作しない場合は寿命ではなくどこかが明らかに故障している可能性が高いと考えられます。

引用元:Panasonic

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法② 買い替える

他の家電同様ですが、ブルーレイレコーダーも日進月歩技術が進歩しています。
例えば、スマホから遠隔操作で予約などができるものや、全局・全時間全て録画ができるものなど最新機能がつまったブルーレイレコーダーも多く出ていますので、テレビライフを一層楽しくできる最新モデルに買い替えると言うのも一手です。

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法③ カスタマーセンターに問い合わせる

寿命だと思う要因を各メーカーのカスタマーセンターに電話やメールで問い合わせて、故障の場合の解決方法を教えてもらうのも一つの手です。
意外なことで、寿命と思っていたものが普通に動き出すことも珍しくないので一度聞いてみる価値はあります。

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法④ コンセントから抜いて1日放置する

よくカスタマーセンターに問い合わせると、一度コンセントから抜いてみて下さい、と言われることも多いのです。
コンセントから抜き、完全に電源を落とすことで、リセット状態になり、また普通に使えることもあります。熱のこもりの場合もあるので、コンセントから抜いたらすぐにまた入れるのではなく、1日ほど抜いた状態で放置しておくとベターでしょう。

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法④ 小まめにクリーニングしてみる

大したことに思えませんが、ホコリが溜まっているだけで動作不良になることは珍しくありません。
もう完全に寿命で破棄しかないと思ったら、一度分解してみて、ファン部を中心に内部もしっかり掃除機などで綺麗にクリーニングしてホコリを取り除いてみて下さい。これだけで再び普通に起動することもあります。

ブルーレイレコーダーに寿命が来た時の対処法⑤ ジャンク品としてフリマサイトに出品する

一般人にはもう捨てるしかないようなものでも、機械好きな人とかだと簡単に直せる場合もあります。
メルカリなどのフリマサイトやオークションサイトに、ジャンク品として出品して、少しでも新しいブルーレイレコーダー代の足しにするのもありです。
この際、トラブルの原因になるので、故障(寿命)個所をしっかり書いて、ジャンク品であることを明記しましょう。

寿命の長いおすすめブルーレイレコーダー

パナソニック DIGA DMR-BRG1030

超薄型仕様で、HDMIケーブル一本でテレビと接続するだけなので、置き場所を選ばず、掃除もしやすいブルーレイレコーダーです。外付けHDD対応モデルなので、仮に内蔵ハードディスクが故障しても、そのまま録画ができ、使用し続けることができます。
パナソニック 1TB 6チューナー ブルーレイレコーダー 4K対応 DIGA DMR-BRG1030
画像をクリックするとAmazonへ移動します

SONY ブルーレイレコーダー BDZ-ZT2500

無線LAN内蔵モデルで、スマホで録画した番組なども見ることができるので、本体部やリモコンに触ることも少なく、劣化しづらいブルーレイレコーダーです。SeeQVault対応の外付けHDDもOKで、容量拡張だけでなく、買い替え時のバックアップも可能で、寿命長く使っていても安心です。
ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー 2TB 3チューナー 3番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-ZT2500
画像をクリックするとAmazonへ移動します

まとめ

ブルーレイレコーダーの寿命について解説します」をテーマにお届けしました。いかがでしたでしょうか?いざ寿命でブルーレイレコーダーが無い生活だと途端に不便だと感じてしまうもの。しっかりブルーレイレコーダーの寿命を知っておいて、賢く買い替え時期を見極めましょう。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事