冷蔵庫のコンセントを抜くのは故障に繋がる?注意点や節電かも解説

目次

冷蔵庫のコンセントを抜く時の注意点について解説します

冷蔵庫のコンセントを抜くということは節電につながる、というのは黄金伝説というバラエティ番組でも実際に行われていたため知っている方は多いでしょう。

しかしその反面で冷蔵庫のコンセントを抜くということが故障にもつながり得るとか。

そこで今回この記事では冷蔵庫のコンセントをテーマにお伝えしていきたいと思います。

節電したいと思い、冷蔵庫のコンセントを抜いたら結果として冷蔵庫の故障につながった、なんて最悪な事態にならないためにも、まずはこの記事を読んで注意点を確認しておきましょう。

引越しの前などどのタイミングで冷蔵庫のコンセントは抜くべき?

冷蔵庫 コンセント 抜く

まずは、冷蔵庫のコンセントは引っ越し前のどのタイミングで抜くべきなのか、について紹介していきます。

最低でも冷蔵庫を移動させる15時間前に抜く!

冷蔵庫には冷却機というものがあり、これには少なからず霜が付いています。

よって引っ越しなどで冷蔵庫を移動させるときに、移動直前に冷蔵庫のコンセントを抜いてしまうと、その霜が溶けて移動最中に水が漏れてくることがあります。

この霜が溶けて水が漏れだすことを防ぐためにも、冷蔵庫のコンセントを抜くのは移動させる15時間以上前を推奨されています。

参考元:panasonic

お昼くらいに引っ越し開始予定であれば、前日の夜9時頃にコンセントを抜くということですね。

ただ、少なくても近年発売されている冷蔵庫では必ずしもそうしなければならないというわけではありません。

というのも冷蔵庫内部についた霜が溶け、水が漏れだしたからとしても冷蔵庫が故障するというわけではないからです。

参考元:YAHOO!知恵袋

しかし、水が漏れだしてしまうと少なからず業者さんに迷惑をかけてしまうため、可能であれば15時間以上前から冷蔵庫のコンセントを抜きましょう。

そして冷蔵庫の蒸発皿に溶けた霜として溜まった水をあらかじめ捨てておきましょうね。

冷蔵庫のコンセントを抜いたらいつ電源をいれる?故障しないためには?

引越しや停電などで冷蔵庫のコンセントを抜き移動させた後、電源はいつ入れる(コンセントをいつつける)のか、無駄に故障させないための注意点について紹介していきます。

引っ越し

引越しで冷蔵庫を移動させた後に再度電源を入れるのは3時間ほど待った方が安心です。

というのも、冷蔵庫を引越しなどで振動を与えたりや向きを変えつつ運んでいると、冷蔵庫の冷却に一役買っている冷媒という液体が不安定になるからです。

その液体上の冷媒を安定させるために冷蔵庫を新居に運び入れた後も、3時間ほどは電源を入れずに、放置しておくことが必要となります。

この放置という作業を行わずに、運び入れた後すぐに冷蔵庫の電源を入れると、故障するという最悪のケースもあり得るため、十分にお気を付けください。

参考元:元動物系の引越し屋が語る失敗しない冷蔵庫の引越し

停電時

停電が起こった際は基本的にコンセントを抜く必要はありません。

ただし、停電することが事前にわかっている場合かつ停電により電力供給が止まる時間が7分以内の場合は、一旦コンセントを抜き、7分後に再度コンセントをつけることをおすすめします。

というのも、その方が冷蔵庫のコンプレッサーに余計な負荷をかけなくて済むからです。

参考元:panasonic

ちなみに部屋の模様替えで冷蔵庫のコンセントを抜き冷蔵庫を移動させる際も同様に、電源を入れるのは7分間ほど待ちましょう。

こちらもコンプレッサーへの負荷をできる限り少なくすることができます。

参考元:panasonic

【コラム】冷蔵庫のコンセントを抜くのは節電になる?

冷蔵庫 コンセント 抜く

冷蔵庫のコンセントを抜くということは確かに節電になります。

そもそもコンセントを抜くということは冷蔵庫という家電製品への電力供給が止めるということですので、その分の電気代を節約できる、というのは言わずもがなですよね。

しかし、長期間にわたり冷蔵庫を使用しないことは何とも現実的ではありません。

よって冷蔵庫のコンセントを抜くことで節電するにあたり焦点となるのは「就寝中など一時的に冷蔵庫のコンセントを抜くことは節電になるか」だと思いますのでその点について紹介します。

結論から言いますと、一時的にコンセントを抜くということで節電効果を得ることは難しいです。

エアコンでは運転開始時に一番電力を必要とする、というのは有名な話ですよね。

それと同様に一度冷蔵庫の電源を切ると、庫内を冷やすべく、最初の稼働時間が長くなります。

稼働時間が長くなるということはそれだけ電力を比較的多く使用するということを意味していますので、それに伴い電気代が上がります。

よって冷蔵庫の電源をつけたままにしたとしても、適宜電源を切ったとしてもそれほど電気代が変わらないとみられるのです。

参考元:YAHOO!知恵袋

さらに言うと冷蔵庫のコンセントを抜くと食品の劣化も少なからず早めてしまうためその点でもおすすめすることはできません。

結露も発生しますしね。

冷蔵庫により節電を行いたいのであれば、冷蔵庫内で保存する食品を減らす、冷蔵庫の扉の開け閉めをできる限り短い時間かつ、無駄に開かないようにするといった方法があります。

こちらの節電方法をまずは行いましょう。

冷蔵庫のコンセントを抜くことについて疑問に残ったら

この記事では当然ですが、冷蔵庫のコンセントを抜くことについてすべてを紹介していません。

例を挙げるとすると、この記事では冷凍庫の氷については触れていません。

もちろん冷蔵庫のコンセントを抜くと冷凍庫内にある氷も溶けますので蒸発皿の水は捨てたが、冷凍庫内の氷が溶けて移動させる際に水が漏れたなんてことにならぬようその点にはお気を付けください。

このような疑問に思う点がまだまだあるかと思います。

そういった場合は以下のサイトのような各メーカーのお問い合わせサイトにて、回答があるかどうか探してみるか、実際にメーカーに問い合わせてみてください。

参考サイト:Panasonic – 冷蔵庫お問い合わせ

また、当サイトのお問い合わせフォームに疑問点を仰っていただくことで、随時加筆や修正を行わせていただくこともあるため、念頭に置いておいていただければと思います。

まとめ

今回の記事では冷蔵庫のコンセントをテーマにお伝えしてきました。

冷蔵庫のコンセントを抜くということは確かに節電につながります。

もし長期間の間、コンセントを抜くことを考えているのであればそれなりの効果は見込めるでしょう。

しかしコンセントを抜くのが夜寝ている間だけなど、短時間かつ一時的であればその節電効果は低いです。

少しでも電気代を節約したいと考えている方は抜けるコンセントは抜きたいと考えているかもしれませんが、この記事がそういった方の参考になりましたら幸いです。

また、関連記事としてこちらでは、エアコンのコンセントを抜く時の注意点を解説しております。ぜひ、合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧