マイクのゲインとは?効果的な調整方法やボリュームとの違いを解説!

目次

マイクのゲインについて解説します

「マイクのゲインとは一体何なのだろう」「調べてみたけどよくわからない」「ボリュームと何が違うの?」というような疑問をお持ちの方は意外と多いのではないでしょうか。

マイクのゲインとは、ボリュームと似てはいますが似て非なるものです。

今回の記事ではその違いについて紹介していきますので、マイクのゲインとは一体何なのだろうといった疑問をお持ちの方はぜひこの記事を読んでみてください。

マイクのゲインとは?

マイク ゲイン

マイクのゲインとは、マイクで拾った音をどの程度の音量で入力するか、音圧で入力するかを決めるものです。

つまりマイクのゲインとは入力をつかさどる物であるということですね。

ちなみに単位はdBで表されます。

とはいえ中々イメージしづらいでしょうからもう少し詳しく説明していきます。

一般的に発する音の大きさを決めるのにはボリュームを上げたり下げたりすることで実現しますよね。

しかし、マイクのゲインが低いままであると、いくらボリュームを上げたとしてもそこまで音の大きさは変わりません。

これはマイクで拾った音をどの程度の音量で入力するのかというゲインのそもそもの入力が低いからであります。

入力が低いということは発することのできる音の大きさの限度が低いということなのでボリュームをいくら上げたとしても、高い音は出ないのです。

このことから見ると、マイクにはゲインとボリュームが密接に関わっているということが分かります。

よって簡単に言うと、マイクのゲインとはマイクで拾った音をどの程度の音量で入力するか、音圧で入力するかを決めるものなのです。

マイクのゲインを効果的に調整する方法

マイク ゲイン

それでは次にマイクのゲインを効果的に調整する方法についてお伝えしていきます。

① 音が歪まないギリギリまでゲインを上げる

マイクのゲインを効果的に調整したい場合は「音が歪まないギリギリまでゲインを上げる」ようにしましょう。

マイクのゲインに関わらずゲインは上げすぎると音が歪む原因になります。

音が歪むと本末転倒なので、マイクのゲインは音が歪まないギリギリのラインまで上げるということが重要となるのです。

具体的には、以下のようにチェックしながら調整しましょう。

  • マイクで最大の音を出した時、歪まないかどうか
  • 使用機器によっては音が歪むかどうかを判別するピークランプというランプがついているため、それを確認しつつゲインを調整する ※ランプが点灯する=音が歪むということ

一つ目に提示した方法は感覚的な方法になるため、ある程度調整しなおしということになるかもしれません。

しかしマイクで音が歪まないようにするには重要なことなので、根気よく調整してください。

ちなみにそれぞれのケース別による調整法は以下になります。

  • ボリュームを最大にしても音が小さいときは、マイクのゲインを上げる
  • ボリュームを最大にして音が小さいことは改善されたが、反対に音が歪むようになったという際にはゲインを下げる。※この時下げすぎに注意

特に歌を録音する時等は、マイクのゲイン調整が重要となります。

めんどくさいからと適当にやってしまうと後のでき上り具合に満足いかないということにもなりかねないため手間を惜しまず行ってください。

マイクのゲインとボリュームはどう違う?

上記でマイクのゲインとは「マイクで拾った音をどの程度の音量で入力するか、音圧で入力するかを決めるもの」とお伝えしました。

それではマイクのボリュームとは一体何なのかと言うと「マイクの出力をつかさどる物」になります。

ゲインは入力を、ボリュームは出力をそれぞれ表しているということですね。

よってこの部分がマイクのゲインとボリュームの違う点になります。

さらに具体的にマイクのゲインとボリュームについて違う点を言うとすると、上記まででも登場したようにゲインは上げすぎると音が歪んでしまいます。

しかし、ボリュームでは上げすぎたからといって、最大にしたからといって音が歪むことはありません。

これはボリュームが入力調整された音量のみを変更しているからです。

ゲインが低いと、ボリュームを最大にしても音量が低くなるのはこのためです。

なので、マイクのゲインではマイクが拾う音の音量と音圧をどの程度の大きさで入力するかを調整しているが、ボリュームではゲインにより入力された音量のみを調整しているという点も違いとして挙げることができます。

マイクのゲインについて疑問が残ったら

マイクのゲインについてこの記事ではすべてをお伝えできたわけではありません。

よってこの記事を読んだ後も、マイクのゲインについて何かしらの疑問が残ることもあるでしょう。

そういった際にはぜひ当サイトのお問い合わせフォームにてその旨をご連絡いただきたいと思います。

お伝えいただいた内容を元に、こちらの記事に対し随時修正や加筆を行わせていただきます。

さらに有益な記事となる手助けを質問や疑問という形で行っていただければ幸いです。

まとめ

マイクのゲインとは「マイクで拾った音をどの程度の音量で入力するか、音圧で入力するかを決めるもの」です。

そのため、マイクのゲインが低ければボリュームを最大にしたのに、音量が低いということになり得るためご注意ください。

そしてマイクのゲインは以下のようにして調整するようにしましょう。

  • マイクで最大の音を出した時、歪まないかどうか
  • ピークランプのランプが点灯しないギリギリのラインに調整する

この記事がマイクのゲイン、そしてその調整方法に悩む方の助けになりましたら幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧