家庭用のコンセントのボルト数はどのくらい?ボルト数の変更も解説

目次

コンセントのボルトについて解説します

今では家庭やオフィス等様々な場所で当たり前の様にコンセントは設置されています。

ですが、コンセントのボルトはどれ位の値に設置されていて、どの様な働きをしているかという事をあまり意識せずにご使用になられている方は、以外にもたくさんおられるのではないかと思います。

この記事では、そもそもコンセントのボルトとはどういう数値でどの様な働きに結び付いているのかをご説明させて頂き、家庭用のコンセントのボルト数はどのくらいあるのか、また、コンセントのボルトが家電の対応しているボルト数より高い場合や、低い場合はどの様な事が起こるのかをご説明させて頂き、コンセントのボルトの事をもっと身近に感じて頂ければと思います。

コンセントのボルトとは?

コンセントのボルトについて解説します。
ボルトは言葉は知ってはいますが、具体的にどういう意味かは知らないという方が以外にも多くおられるようです。
ボルトとは電圧の事をいいます。
電圧とは電気を押し出す力の事をいいます。
コンセントのボルトが高ければ高い程、電気の押し出す力は大きくなるという事です。

参考元:電気の豆知識

家庭用のコンセントのボルト数はどのくらい?

それでは、家庭用のコンセントのボルトはどれ位に設定されているのでしょうか。
一般的に家庭のコンセントのボルトは100ボルトに設定されている事が多い様です。
ボルト数を比較しますと、工場等の大きな電力を消費する場所であれば、200ボルト
に設定されている事が多いようです。
電気の使用状況による適正に合わせて、一般的に家庭用のコンセントのボルトは100ボルト、工場等の大電力が必要とされている所では200ボルトと設定されているようです。

参考元:enepi

コンセントのボルト

コンセントのボルトが家電の対応しているボルト数より高い・低いとどうなるの?

それでは、コンセントのボルトが家電の対応しているボルトより高い場合や、低い場合はどの様な問題が起きるのかをご説明させて頂きます。

低い場合

まずはコンセントのボルトが家電の対応しているボルトより低い場合をご説明させて頂きます。
コンセントのボルトが低い場合、流れてくる電気の量が小さくなってしまう為、簡単にいってしまえば必要とされている電気が足りないという事になります。
具体的にどの様な問題が起きてしまうかというと、画面等にノイズが発生したり、突然電源が切れてしまう等の問題が起きてしまいます。
それでは、コンセントのボルトは高い方が良いのでしょうか。
今度はコンセントのボルトが高すぎる場合に起きる問題をご紹介させて頂きます。

高い場合

コンセントのボルトが高い場合、電気の流れる量が大きくなります。
ですが、電気の流れる量が大きすぎるという事は、それだけ電化製品に負担がかかるという事であり、適正以上に負担をかけすぎると、コイルが熱くなったり、火災等の原因にも繋がってしまいます。
コンセントのボルトは高すぎず低すぎず、適正に保つ事が必要であるといえると思います。

コンセントのボルトの数を気にした方が良いケース

コンセントのボルトが低い場合と高い場合では、どの様な問題が起きるのかをご説明させて頂きました。
次に、コンセントのボルト数は国や場所等、様々な状況によって異なるボルト数を使用していますので、コンセントのボルト数を気にした方が良いケースをご紹介させて頂きます。

① 海外に行く場合

コンセントのボルト数を気にした方が良いケースとして、まずはじめに海外に行く場合が考えられます。
国によってコンセントの形状やボルトが異なる場合があります。
お持ち頂く製品と渡航先の電圧が異なる場合は、変圧器が必要になる場合があります。
変圧器とは、交流の電圧の高さの電磁誘導を利用して電圧や電流を変換する物であり、わかりやすく言えば電化製品を海外でも使える為にする装置と考えて頂ければ容易にご理解頂けると思います。

Foval 海外旅行用変圧器 コンセント 200W 90V~240V to 100V-110v USBポート4つ 国際旅行アダプタ 変換器 変圧 変換プラグ付き 軽量 簡単 世界対応 

Foval 海外旅行用変圧器 コンセント 200W 90V~240V to 100V-110v/画像をクリックするとAmazonに移動します

② 工場等大電力を使用する場合

次にコンセントのボルト数を気にした方が良い場合は、工場等の電圧の大きいところで電化製品をご使用になる場合が考えられます。
一般に工場等の電圧は200ボルトと言われていますので、家庭用のコンセントよりも電圧が大きい事が考えられますので、コンセントの形状が違う場合等も考えられますので、事前にコンセントの形状を調べておく等の注意が必要です。

【コラム】コンセントのボルト数の変更はできる?

コンセントのボルト数は変更出来るの?という疑問があげられる事がありますが、結論から言うと、コンセントのボルトは変更可能である場合が多いです。
何故なら、古い建物等もあり、一概には言えませんが、比較的新しい建物では、単相3線式という方式が取られている事が多く、単相3線式はどういうものかというと、わかりやすくいえば、100ボルトと200ボルトが両方設定選択可能な方式になっている為、単相3線式が用いられていれば、200ボルトが使用可能である可能性が高いと言えます。
また、コンセントのボルトは100ボルトと
200ボルトでも電気料金が変わるわけではありませんし、100ボルトから200ボルトに変更する工事等も地域や専門業者にもよりますが、基本的には5000円程で行えるようです。
100ボルトと200ボルトの選択は普段ご使用の電化製品によりお選び頂けると良いかと思われます。

コンセントのボルトについて疑問が残ったら

コンセントのボルトについて様々な事をご紹介させて頂きましたが、この記事ではコンセントのボルトの記事としては、どちらかといえば専門的な知識に重点を置くよりも、そもそもコンセントのボルトとはどういう物なの?というような、初歩的な疑問に対してお答えするような記事になるよう執筆させて頂きました。
専門的な知識を織り混ぜてしまうと、記事の方向性がぼやけてしまう可能性がある為、シンプルで伝わりやすい事に重点を置き、執筆させて頂きました。
その為、専門的な説明は多少省いてしまったため、疑問やご質問等ありましたら、お問い合わせフォームからご連絡いただれば適宜、加筆・修正の対応をさせていただきます。

まとめ

最後にコンセントは家庭やオフィス等でもなくてはならない存在になっています。
世界中の至るところでもコンセントを見かける事が出来ると思います。
その為、コンセントのボルトとはいったいどういう物なんだ?という疑問に対し、この記事を読んで頂いた方がコンセントのボルトについて疑問が解決されたり、また、解決するヒントを得て頂き、コンセントのボルトの事をもっと身近に感じて頂けるととても幸いに思います。

関連リンク

また他にも様々な国のコンセント事情について執筆しています。気になる方はぜひ合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧