ドンキホーテに蛍光灯や電球は売ってる?ドンキのLED電球等も解説

この記事を執筆するにあたって

筆者の体験を紹介します。家からドンキホーテの店までは自転車で10分足らずの距離です。日用品雑貨の類の購入には度々足を運びます。LED電球を白熱球の換わりとして初めて購入したのもドンキホーテでした。特に問題なく使用しています。

Written By 花透 PEACE43

目次

ドンキホーテに売っている蛍光灯と電球について解説します

ドンキホーテは、日用品から、衣料品、化粧品、靴・鞄、食料品・酒類、インテリア、家電、薬品に至るまでの商品を扱っていて、日用品雑貨から始まった事業が、三十年近く経った今、総合ディスカウントショップと呼ばれるようにまで成長しています。家電を始めてからはまだ二十年経ったかどうかでしょう。多種類の製品をそろえるというのが、店の方針なのかもしれません。店舗の広さから考えて、冷蔵庫などの大型家電はあまり置けないようですが、小物の電気用品は数多く扱っています。

蛍光灯や電球はいろいろと取り揃えています。ほとんどすべてといっていいくらいの蛍光灯や電球を売っていますが。ここでは、ドンキホーテで買うことができる蛍光灯や電球について解説しましょう。

ドンキホーテの蛍光灯の特徴は?

ドンキホーテで売っている蛍光灯にはどんなあものがあるでしょうか?

日常で使っているものはたいていあります。

特徴①直管型蛍光灯

小さな10W、15W品から、利用の多い20Wまで、東芝、パナソニック、三菱電機など各メーカーの製品が購入できます。20W品は2本組のものや高輝度のものが発売されていますが、それらはドンキホーテに揃っています。

直管型蛍光灯では、照明器具を変えずに、蛍光灯からLEDに切り換えることができものがあります。LEDを使うと蛍光灯よりも消費電力が三分の一になりますので、最近は切り換える人が多くなってきています。ドンキホーテではそのニーズに応えて、直管型LEDを売っています。直管型LEDでは、20W蛍光灯相当の明るさをもつ20型のほか、40W相当の明るさの倍の長さの40型のものもドンキホーテで扱っています。メーカーでは、大手電機メーカーの他にアイリスオオヤマやドウシシャも入っています。

直管型蛍光灯

特徴② 円型蛍光灯

円型蛍光灯は、20W級、30W級が主体で、20W級と30W級の2本が一体になっているものもあります。メーカーは、東芝、パナソニック、三菱電機が主です。円型の蛍光灯をLED照明に換えるには、照明器具を換えなければなりませんので、円型の蛍光灯ランプに換わるLEDはありません。円型のLEDはLEDシーリング照明となり、照明器具にLEDが埋め込まれています。ドンキホーテには、照明器具としてLEDシーリング照明も売られています。

ドンキホーテの電球の特徴は?

次に、ドンキホーテで売られている電球に目を移しましょう。

特徴① 白熱電球

昔ながらの白熱電球は今なお健在です。10W、20W、30W、40W、60Wがあります。透明ガラスのクリアとホワイトのシリカ電球がありますが、両者とも購入できます。90Wになるとレフと呼んでいる、電球内面にアルミの反射膜を作り照度を上げているものも出ています。なつめ球という常夜灯用の豆電球も売り場に並んでいます。

特徴② LED電球

電球型のLEDも売られています。LEDミニクリプトン電球と呼ばれる小型電球で、25W級、40W級、60W級が主力です。他にボール型もあります。なつめ球のLED電球もあります。

LED電球

特徴③ 電球型蛍光灯

ネオボールと呼ばれる、東芝の電球タイプの蛍光灯があります。生産は終わりましたが、在庫分がまだ売られています。

ドンキホーテで電球や蛍光灯を買うメリット

ドンキホーテで蛍光灯や電球を買うメリットは何でしょうか?

メリット

①価格が安い

驚安の殿堂と自ら名乗るくらいですから価格が安いです。

②手にとって見ることができる

ネット販売と違って現物をその場で手にとって見られます。

③店員に相談できる

店員は多くはいませんが、尋ねるとその売り場専門の店員を呼んでくれて、相談に乗ってくれます。

ドンキホーテ以外ではどこに蛍光灯や電球は売ってる?

蛍光灯や電球は、ドンキホーテ以外ではどんなところで売っているでしょうか?
購入できる先を列挙してみます。各購入元の特徴も併せて述べます。

電気製品専門店

もちろん専門店で購入できます。街の電気屋さんが入ります。相談にも乗ってくれます。

家電量販店

品揃えが豊富です。各メーカーのものが入手できます。価格的には、ポイント制度がありますので、その分でドンキホーテと同等くらいになります。カタログでの注文もできますので、特殊な製品も購入できます。

AmazonなどのECサイト

品ぞろえは、ドンキホーテに劣るでしょう。価格的に安いですが、送料がかかります。現物を見ることができず、写真だけでの購入になります。一例を次の商品名に挙げます。

商品名 円型蛍光灯パナソニック丸管パルック

パナソニック 丸形蛍光灯(FCL) パルック 20W形 G10q クール色    FCL20ECW18F
画像をクリックするとAmazonに移動します

スーパー

種類、メーカーとも少ないです。購入において、店が身近にあるので、フットワークに長所があります。

コンビニ

手軽に、夜間でも購入できます。種類、メーカーとも少ないです。

100円ショップ

100円ショップでも蛍光灯も電球も買えます。それなりの品質、寿命であると理解しておいた方がよいでしょう。

ドンキホーテの蛍光灯や電球について疑問が残ったら

この記事ではドンキホーテの蛍光灯や電球について全てを網羅した訳ではありません。ドンキホーテの店舗に置いていない製品でも、日数がかかりますが、カタログで取り寄せてもらえます。そのようなことを含めれば、ほとんどの商品がドンキホーテで購入できるといってよいでしょう。
それでもなお、疑問を感じるようでしたら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。記事の方に随時、加筆や修正を行い、より多くの情報を提供してまいります。

まとめ

照明器具、蛍光灯や電球の売り場は、LEDが参入してきてから、大いに活気づいてきています。ドンキホーテの蛍光灯や電球の売り場も、蛍光灯の代替品やLED電球の品数が増えてきています。

ドンキホーテは日常品ばかりでなく、高級品も揃えていて、高級品はどちらかというと夜間の購入が多いといわれています。蛍光灯や電球については高級品という種類は少ないでしょうが、LEDに切り換えるという方が増えてきています。LEDは寿命が長い分と同じ明るさでも消費電力が少ないという点で有利ですが、価格的にはまだ高級品の部類でしょう。しかし、前記の利点により、高くても長い目では割安であるという評判にはなっています。

ドンキホーテでの買い物は、一つの店でいろいろな種類のものが買うことができるという点が大きなメリットです。ドンキホーテの蛍光灯や電球の品揃えは、そのニーズに応えているといってよいでしょう。

関連リンク

また、下記にドンキホーテの関連記事についてご紹介いたします。ぜひ、合わせてご覧ください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧