タブレットの寿命を解説!バッテリー(電池)の寿命の症状とは?

目次

タブレットとタブレットのバッテリーの寿命について解説します

インターネットが生活の中心に君臨するようになった今、いつでもどこでもパソコン並みの大画面でインターネットを楽しむことができるタブレットは、ビジネスマンやトレンド・ガシェット好きの持ち物ではなく、学生から主婦まで幅広い世代が持つアイテムとなりました。

これだけ生活に根付いているだけに、タブレットの寿命をしっかり把握しておかないと、急に故障や寿命を迎えてタブレットのない生活になったら大変!危機管理とまで言ったら言い過ぎですが、しっかりタブレットの寿命や原因について知っておきましょう。

タブレットとバッテリーの寿命はどのくらい?

タブレット本体の寿命

タブレット本体の寿命はいったいどれくらいなのでしょうか?見た目的にも構造上でもスマホの大きい版と言っても良いので、スマホの寿命とほぼ同じくらいと考えて良いようです。口コミなどを集約すると、やはり2年ほどという声が多いです。ドコモなどキャリア契約のタブレットの場合は、2年縛りで契約し、2年後に買い替えを促進していますよね。それに合わせているなんて噂もあるほどですが、耐久年数としても画面割れやボタンの接触不良など寿命を感じるのは2年が境となっているようです。

タブレットのバッテリーの寿命

もちろんメーカーによっても多少の差はあると思いますが、シェアNo,1であるAppleのiPadを参考にタブレットのバッテリーの寿命を探ってみましょう。
iPadの場合、推奨されているバッテリー交換年数が約2年くらいです。
あまり使用頻度が多くない人であっても、バッテリーは自然的に劣化していくものなので、2年くらい経過したら、充電状況をこまめにチェックしたほうがよいかもしれません。
久しぶりに使おうと思ったら充電しても起動しないなんてことになりますよ。

iPad以外でもよほど廉価タブレットで、解像度が驚くほど落ちるなど以外は、基本iPad以外もパワーや性能、バッテリー容量などは大きな差はなさそうなので、やはり2年が目安といったところでしょう。ただ、クチコミでは3年使えた、5年使えたなんて声があるのも事実です。後述するように寿命を少しでも伸ばせる努力もあるので、実践していきましょう。

引用元:Apple

① 画面の損傷(画面割れ、液晶漏れなど)

タブレットは持ち運びに優れている分、落下させてしまったりなどのリスクは常に伴うもの。
画面の損傷を起こしてしまう可能性もパソコンなどに比べるとはるかに高いです。

画面が割れてしまったり、液晶漏れなどですね。そうなることで、使用ができないわけではありませんが、圧倒的に見づらくて、使いづらいです。

画面の交換をすることも可能ですが、スマホに比べて大きい分、修理代も高額になってしまう場合も多いです。

② 電源が入らない、タッチが反応しない

電源が落ちてしまって、再度電源ボタンを入れ直して真っ黒の画面のまま、タッチしても反応しない(反応が鈍い)という状況になるのも、寿命の症状の一つでしょう。
こうなると、使いづらいとかそういう問題ではなく、使えなくなってしまいます。

③ OSがアップデートできない

まだ普通に稼働していても、最新OSにアップデートできない場合も、基本寿命と考えたほうがよいかもしれません。OSを提供しているApple(iOS)、Google(Android)側はもう寿命だよ!と言っているようなものです。アップデートができないだけで、これまで使っていたアプリや機能はそのまま使えますが、新しいアプリがダウンロードができなかったり、今使っているアプリもアップデートができないなど、徐々に使いづらくなってきます。目安としては、やはり3年くらい前のモデルから最新OSに対応しなくなっていくようです。

タブレットのバッテリーの寿命の症状

① 本体がすぐに熱くなる

バッテリーの寿命が近づくと、あれこれタブレットに指示すると、いっぱいいっぱいになってしまいバッテリーに熱を持ち、本体が熱くなります。人間と似たものがありますね。稼働すれば多少は熱をもつものですが、触って熱いと感じるほどだと、バッテリーが寿命で悲鳴を上げている証拠でしょう。

② 電池の減りが異常に早い

例えば、朝、家を出る前にフル充電したのに、もうお昼には電池の残量が半分くらいになっている、動画閲覧や通話など電池を食うものを使うとすぐにエンプティ―になるなど、電池の減りが異常に早いと感じたら、バッテリーの寿命を疑った方が良いでしょう。

③ 表示がおかしい

数分前にタブレットを見たら、電池残量が100%だったのに、今見たら50%に急落している、一気に%表示が落ちた、長時間使っていても100%のままで急に電源が落ちるなど明らかに%表示が正常ではなく、おかしいと感じる時も、バッテリーの寿命が考えられます。

タブレットの寿命が短くなる原因

① 乱雑に扱う

パソコンだと形状からして精密機器の感覚があり大事に使いますが、見た目はフラットな板状でまるで雑誌を扱うように乱雑に扱っている人いませんか?
タブレットもパソコンと同じ精密機器です。イライラした時に強く叩いたり、高いところから落下させたりしてしまうと、見た目では平気でも内部の機器は悲鳴を上げているかもしれません。

② 使用環境を気にしない

タブレットは、最新モデルではほとんど防水対応になっており雨などの水にはだいぶ強くなりましたが、とにかく熱に弱いのです。
いくら防水タイプで会っても長時間お風呂場に置いたままにしておく、ポテトチップスなど食べ物を触った手のままでタブレットをいじくるなど、タブレットの使用環境をあまり気にしないと自然と寿命は短くなってしまうものです。

タブレットのバッテリーの寿命が短くなる原因

① 過充電、過放電をしない

人によっては100%になるまで完全フル充電しないと落ち着かない人もいますが、バッテリーにとってはあまりよい状態では実はないのです。理想的なのは20~80%の間くらいで、使い続けることなのです。また、毎日充電するのではなく、電池残量が減ってきたら適度に充電するくらいの頻度を減らすことも良いとされています。

引用元:Apple

② 無駄なバッテリー消費を防ぐ

FacebookやTwitterなどの自動動画をオンのままだったり、見てもいないのにYouTubeをそのまま垂れ流しにするなど無駄と言えるバッテリー消費をするのも寿命が短くなる要因となります。他にも使わないのならbluetoothや位置情報サービスなどバッテリーを食うサービスをオフにしておきましょう。


出典:https://www.pakutaso.com

タブレットの寿命を伸ばす使い方

① 使わない時はOFFに

ありとあらゆることができるスマホ。では、いったいフルサービスのうちどれくらいを利用しているのでしょうか?また、利用していてもすぐには使わないサービスなどもオフにして待機電力を減らすようにしましょう。具体的に言うと

・Bluetooth

・Wi-Fi

・位置情報サービス

・アプリのプッシュ通知

など不要な場合はオフにしておきましょう。無駄なエネルギーの消費は、バッテリー的にも本体の消耗と言う意味でももったいないことになります。

更にはやらなくなったゲームアプリなど要らないアプリを削除したり、スマホを使い終わったら自然と放置するのでなく、自分で電源ボタンを押してスリープ状態にするようクセにすると良いでしょう。

② ケースを付ける

スマホの場合、多くの人がケースを付けていますが、タブレットの場合はあまりケースを付けている人は少ないのではないでしょうか?使用状況で落下させる危険性がある場合や傷つけてしまう可能性があるような状況だったら、リスクを軽減させるためにもケースを付けたほうが良いかもしれません。

タブレットのバッテリーを伸ばす使い方

① 充電を常にマックス状態にはしない

フル充電でも充電器に挿したままにしたり(過充電)、0%になるまで使い続ける(過放電)をせず、基本的に20~80%の間くらいで使い続けるのが、一番バッテリーには優しい使い方なのです。なので、いつも100%、0%になったら充電ではなく、使う時だけ適度に充電を心がけましょう。

② 無駄なバッテリー消費を防ごう

電池消費を食うようなことはもちろんバッテリーに余計な負荷を与え続ける結果となり、結局バッテリーの寿命を縮めることに。具体的に言えば

・SNSの自動動画を止める
・画面の明るさを抑える

・自動ロックまでの時間は極力短めにする

などが挙げられます。Wi-Fi環境が整っていて、パケット量は減らないにせよ、やはり動画などは多くのパケットを消費すると同時に電力も使いますからバッテリーが疲れちゃうのです。

③ 月1くらいは完全放電をする

人間も時には休みがないと壊れてしま素ますよね。タブレットとて同じです。月に1度くらいは、電池残量を0%にして完全放電を行い、バッテリー内の電子を動かしてあげることが良いとされています。毎月第〇日曜日など、完全放電日を決めて、バッテリーも休息されてあげましょう。

タブレットやバッテリーに寿命が来た時はどうすれば?

タブレットに寿命が来た場合

タブレット本体が寿命と感じたら、修理に出す出す方法もありますが、価格破壊が起きているものですし、性能も年々向上しているので、買い替えのほうがメリットが多い場合が多いです。買い替えることで最新OSにもなりますし、ネット速度も速くなる場合が多く、気持ち的にもリフレッシュできます。

タブレットのバッテリーに寿命が来た場合

確実にバッテリーの寿命と感じたときは、やはりバッテリーを交換するのが一番手っ取り早い方法です。バッテリー寿命の場合だったらバッテリーの交換することで新品並みの性能が復活します。

参考として、iPadの場合、価格は、Apple 製品限定保証/AppleCare+ の保証対象の場合は無料、保証対象外の場合は、11,400 円となります。郵送にせよ、持ち込むにせよ、だいたい5日前後は戻ってくるまでに見といたほうが良いようです。

寿命の長いおすすめタブレット

Panasonic タフブック FZ-G1

工事現場での利用も推奨されているほど、120cm落下試験実施、IP65準拠の 防塵・防滴性能を備えた頑丈タブレットです。

OSはWindows10proを搭載しており、会社や自宅のパソコンとの同期も容易、officeを含めパソコンと同じ感覚でタブレットの操作が可能です。バッテリーパックの交換も簡単なので、バッテリーを入れ替えて長い間使い続けることができます。

引用元:Panasonic
パナソニック FZ-G1AABZJCJ [タブレットPC TOUGHPAD 法人モデル]

Apple iPad Wi-Fi 128GB

タブレットシェア圧倒的No,1なので、耐衝撃シリコンケースのような衝撃、落下に強いケースなども多数ラインナップされており、大事に使う事で長寿命となれるタブレットです。

メモリも128GBもあるため、短い時間で操作ができ、余計なバッテリー消費を防ぐことができるのも大きなメリットです。

引用元:Apple

Apple iPad Wi-Fi 128GB シルバー 2017年春モデル MP2J2J/A

まとめ

「タブレットとタブレットのバッテリーの寿命について解説します」をテーマにお届けしました。いかがでしたでしょうか?長い期間使い続けて愛着の沸いたモノはやはり手放したくなく長い間使いたいもの。

ちょっとした工夫で寿命を大幅に伸ばせることも可能なタブレットだけに賢く使いたいですね。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 4ce2400c 9694 4203 b90b 2302af60ea53
Written By
yt_united yt-united
サッカーとケツメイシ好きのアラフォーです
こんにちは! サッカーとケツメイシをこよなく愛するアラフォーです。 最近、腰が痛くて老化を感じる日々であります。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧