キーボードの寿命は何年?ワイヤレスやノートパソコンのキーボードも

目次

キーボードの寿命について解説します

パソコンを利用する時の必須入力デバイスである「キーボード」。どんなものにも寿命はありますが、パソコンを使う方であれば必須となるキーボードの寿命は出来るだけ長い方が良いです。そこで、キーボードの寿命は一体どれくらいなのか、寿命を迎えた時の症状やキーボードの寿命を延命する方法、おすすめのキーボードについて解説・紹介致します。

キーボードの寿命はどのくらい?

ではまず、キーボードの寿命について接続方式別で分けて見ていきましょう。キーボードの接続方式は大きく分けて「USB接続」「ワイヤレス接続」「ノートパソコン純正」に分けられます。これによってキーボードの寿命が多少異なってくるため、それぞれの寿命を解説します。

USB接続のキーボード

USB接続のキーボードは、おおよそ3~5年と言われています。有線で接続するUSBキーボードはゲーム用として使う方も多く、打鍵時に強く叩いてしまったり同じキーばかりを連打してしまったりと、使い方によって寿命は様々ですが平均的な寿命は3~5年です。
キーボードの寿命が3~5年というと少し短い気もしますが、毎日利用する方であれば1日に何百回と打ち込まれる入力デバイスであるためパソコンの周辺機器の中でもキーボードは短命な方です。しかしながら、キーボードによっては高額なものもあり打鍵時のタッチ感に工夫がされているため寿命が長いタイプもあります。

ワイヤレスのキーボード

Bluetooth等で接続するワイヤレスキーボードの寿命は、おおよそ1~3年と言われています。USBキーボードに比べると短い寿命ですが、この寿命にはハード面での故障だけでなく通信規格の変動も含まれています。Bluetoothは今のところ長く使われていますが、通信規格は日進月歩で進化を遂げていくためキーボード本体の寿命が長くても通信規格が合わず使用できなくなるというケースも考えられます。
ワイヤレスキーボードの場合はキーボードの入力情報を受信するレシーバーがあります。キーボード本体はまだ使える状態でも、このレシーバーが劣化していきます。個体差はありますが、入力しても反映されるまでに時間がかかったり誤入力がランダム発生したりと、利用開始から1年を超えると何かと問題が発生してきます。またワイヤレスキーボードは本体に電池を入れて駆動します。この電池を入れる箇所が故障してしまうこともあります。ワイヤレスキーボードはスマートで便利ではありますが、それを実現するための壊れやすい箇所が複数あるため、USBキーボードに比べると寿命がやや短いです。

ノートパソコンのキーボード

ノートパソコンのキーボードの寿命は、長くて5年ほどです。こちらもハード面での故障も大いにありますが、ノートパソコンそのものが故障してしまうことが考えられます。ノートパソコンのキーボードはハードディスク等に比べると比較的寿命が長いです。ですがバッテリーの劣化もあるため、ノートパソコン自体がキーボードよりも早く寿命を迎えてしまいます。またノートパソコンに設置されている端子も年々仕様が変わってくるため、新しいものに買い換えなければ周辺機器を使えなくなってくることも考えられます。

キーボードの寿命の症状

ドライヤーの寿命4

キーボードは、接続方式によって寿命がそれぞれ異なってきました。ですがキーボードの寿命を表す症状はほとんど同じです。それでは寿命を表す代表的な症状を見ていきましょう。

①入力が反映されない

キーボードの寿命の症状としてまず挙げられるのは、キーボードに入力した情報が反映されないという症状です。この場合は、キーのスイッチが故障して機能しなくなってしまっているか、キーの隙間にホコリやゴミが入り込んでしまっていることが考えられます。またキーボードのキーがいつもと比べて重くなったり軽くなったりした場合、キーそのものが中で折れてしまっていることも考えられます。

②キーが戻ってこない

入力が反映されない症状に反して、キーを押していないのに連続して一つのキーが押され続けてしまうという症状もあります。例えば押していないのに「n」が連続して入力され続けるといった症状や、一度押したキーが元の位置に戻らず一つのキーが押され続けてしまうという症状です。こうした場合もキーボードの寿命を表す症状です。

キーボードの寿命を延ばす方法

ドライヤーの寿命3

キーボードの寿命は、ユーザーによって伸ばすことが出来ます。方法は様々ですが、こちらも代表的な方法をご紹介致します。

①こまめに掃除をする

キーボードは、実は物理的な隙間の多いデバイスです。そしてその隙間はほとんどの場合むき出しの状態でデスクに置かれています。こうなると、キーボードの隙間にホコリやゴミが入り込みやすく寿命が短くなる原因となります。キーボードの寿命を延ばすために、空気でホコリを吹き飛ばす「エアダスター」等のアイテムを使ってキーボードをこまめに掃除しましょう。先が細いノズルで圧の高い空気を噴射してくれるため、取り除きにくいキーボードの隙間のホコリを一掃してくれます。またノートパソコンの場合キーボードの隙間からホコリが入り込みパソコン本体の故障の原因ともなるため、こまめにケアすることが大切です。


画像をクリックするとAmazonへ移動します

②接続のON/OFFを頻繁に行わない

ノートパソコンの場合は接続のON/OFFが特にありませんが、デスクトップパソコンの場合はあまり頻繁に接続を切り替えないように心がけましょう。USB接続の場合は一度USB端子を接続したらなるべくそのままの状態をキープし、ワイヤレスキーボードの場合は必要な時のみ接続するよう注意しましょう。これを頻繁に行ってしまうとUSB端子にキズが付き故障してしまったり、レシーバーが予期せぬ故障を起こしてしまったりと不具合の原因になります。

寿命がきたキーボードはどうすれば?

ドライヤーの寿命1

キーボードは、こまめにケアをして大切に取り扱っていても寿命はきてしまいます。そうした時、寿命がきたキーボードはどのように取り扱ったらよいのでしょうか。燃えるゴミなのか燃えないゴミなのか、キーボードの処分方法等について解説します。

①キーボードの処分方法

キーボードは、通常のゴミ回収と同じ様に燃えないゴミとして収集してもらう方法かメーカーによる回収を行ってもらう方法の2種類があります。
燃えないゴミとして処分する場合は大きさに注意が必要です。自治体によって変わるところですが、キーボード本体が30cmを超える場合粗大ゴミとして扱われることもあります。その場合は自治体の処分方法に沿って正しく処分しましょう。燃えないゴミとして処分する場合は無料ですが、粗大ゴミとして処分する場合は有料であることがほとんどです。またメーカーでの回収は、パソコンを購入した時に付属品として付いてきたものであればメーカーによる回収が可能です。この場合キーボード単体ではなくパソコン本体との同時回収となることがほとんどです。キーボード単体であれば自治体の処分方法に沿って捨てる方が良いです。

参考元: パソコン用キーボードを処分する方法

②新しいキーボードに買い換えよう

寿命を迎えたキーボードの処分が終わったら、新しいキーボードを購入しましょう。キーボードにも購入しやすい安価なモデルから高価なものまで幅広くあります。またUSB接続のものなのかワイヤレス接続のものなのかによっても選ぶべきキーボードは変わります。ご自分の利用スタイルに合ったキーボードを選びましょう。寿命の長いキーボードが欲しい方は、以下で挙げるおすすめキーボードを参考にしてみて下さい。

寿命の長いおすすめキーボード

Logicool(ロジクール)有線キーボード K120

キーボードの寿命は打鍵によるキーの劣化が大いに考えられます。こちらのK120では、最大1000万回の打鍵に耐える丈夫なキーを採用しています。そのため、打鍵による寿命は他社製キーボードと比べても長いことが特徴です。また嬉しい機能として耐水設計も施されています。これにより結露したコップの水滴がキーボードに垂れてしまっても安心して使うことが可能です。USB接続のK120は、Logicool(ロジクール)の3年間の無償保証も付いているため3年以上使えることに期待できます。

画像をクリックするとAmazonに移動します

東プレ REALFORCE R2

続いて紹介する寿命の長いキーボードは、キーボード界ではお馴染みの東プレから発売されているREALFORCE R2です。高額なUSB接続キーボードではありますが、打鍵による寿命はなんと5000万回以上を誇っています。キータッチも軽く手が疲れるということが少ないため、普段から文字入力やキーボードの使用が多い方に特におすすめできるキーボードです。

画像をクリックするとAmazonに移動します

キーボードの寿命について疑問が残ったら

キーボードの寿命は、使い方によって変わってくるところもありますがやはり個体差も大きいです。そのため今回挙げた寿命は飽くまで平均的なものであり、必ずしもその寿命であるとは言えません。
キーボードが寿命を迎えた時の症状を紹介しましたが、これに関しても代表的なものです。例えばデスクから床に落としてしまってキーが取れてしまったり折れてしまったりした場合、これも一つの寿命です。
おすすめしたキーボードの打鍵寿命もメーカーが公式で掲げているもののため、やはりこれも個体差があります。
どれにも共通して言えることは、こまめに掃除をしてホコリや細かいゴミからキーボードを守ることでキーボードの寿命を延ばせるということです。

まとめ

ドライヤーの寿命2

今回こちらでは、キーボードの寿命について解説してきました。寿命はキーボードの種類によって様々で、また使い方や個体差によっても様々です。
しかしながらキーボードの寿命を延ばす方法については今日から試して頂くと幸いです。
こまめにケアをすることでキーボードにも愛着が湧き、さらに丁寧に使って頂けるかと思います。
またキーボードの処分方法についても、どのサイズから粗大ゴミとして扱われるのかについてお住まいの自治体のルールを確認しておきましょう。万が一キーボードが寿命を迎えてしまったら、ルールに則った処分方法で処分し、今回おすすめしたキーボードを参考に新しいキーボードを購入しましょう。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事