【格安イヤホン】1000円くらいのおすすめイヤホン!

目次

1000円程度のイヤホンの特徴

1000円程度のイヤホンは価格が安いということもあり、良い音質は期待できません。

また高いイヤホンとは違い、付属品もあまりなくイヤホンのイヤーピースの予備がなかったりします。

他にも壊れやすい、デザインが安っぽい、等々様々な問題があることが多い1000円程度のイヤホンですが、中には長持ちするイヤホンだったり、2000円、3000円のイヤホンにも匹敵する音質のものもあるようです。

そんな1000円程度のイヤホンがオススメの方は

・今まで安いイヤホンを使っていた

・特に音質などにはこだわっておらず、安価なものが欲しい

上記の条件に当てはまる方です。

たくさんの安価なイヤホンがありますが、しっかりと見極めないと失敗してしまうことも多い1000円程度のイヤホン。どんなものがあるのか、見ていきましょう!

1000円以下で購入可能なイヤホン

HP-F140(JVC) 別名グミホン

価格 : 593円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

グミホンと呼ばれているJVC製の1000円イヤホン。
グミ感覚のインナーイヤーヘッドホンなので、グミホンと呼ばれているオリジナリティのあるイヤホンで、とてもシンプルなイヤホン。

ペパーミントブルー・ピオーネブラック・バレンシアオレンジ・キウイグリーン・ピーチピンク・ストロベリーレッド・グレープバイオレット・ライチホワイトの8色があり、自分の好きな色のイヤホンを選ぶことができます。

やはり1000円程度のイヤホンだとそこまで良い音質ではないようですが、数年間壊れてもずっとHP-F140を購入し続けている人もいるようです。

RP-HZ47

価格 : 614円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

パナソニック製のオンイヤーヘッドホンで、耳の中に差し込むのではなくてスポンジを耳に当てて音楽を聴くタイプの1000円イヤホンです。

イヤホンとヘッドホンの中間のようなもので、このRP-HZ47も耳に当てて使用するものです。
ずっとカナル型のイヤホンをつけると耳が痛くなってしまう方などにおすすめのイヤホンで、価格もかなり安いので試しに買ってみるのもアリだと思います!

ATH-J100 (Audio-Technica)

価格 : 618円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

12色ものバリエーションがあるAudio-Technica製の「JUICY」がフレーズのイヤホン。Amazonでは色ごとに価格が異なるので注意が必要です。

音質は低音も高音も特に目立たせることなくバランスよく出るようになっており、高いイヤホンほどの音質は出ないものの1000円程度のイヤホンでもしっかり音を出してくれるというレビューをちらほら見かけます。

カナル型イヤホンではなく開放型のイヤホンで、カナル型のイヤホンが嫌いな方におすすめです。

またBluetoothや防水機能が不要でシンプルなイヤホンが欲しい方にあっている1000円イヤホンです。

RP-HJE150 (Panasonic)

価格 : 611円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-J100同様、たくさんの色のバリエーション(9色)があるパナソニック製のカナル型のイヤホンで、男女問わず自分の好きな色のイヤホンを選ぶことができます。 また安価な割には長持ちするというレビューもあり、コスパは良いイヤホンのようです。

また1000円程度のイヤホンなので仕方ないといえば仕方ありませんが、音質だけでなくデザインも安っぽく感じる人も多いようです。

このよくいえばシンプルな、悪くいえば安っぽいとも思われがちなデザインが気にならず、デザインよりも安くて長持ちするイヤホンが良い方にオススメです。

HA-FX12 (JVC)

価格 : 1008円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

JVC社製の低価格イヤホンで、付属品としてイヤーピースも3サイズ付いています。高音から低音まで音のバランスが取れており、いろいろなジャンルの音楽を聴くことができるというレビューがあります。

またこちらも8色のカラーバリエーションがありシンプルなデザインになっています。
カナル型のイヤホンでかつ、イヤーピースのサイズも3サイズしっかりと用意されているのでカナル型の安価なイヤホンを購入したい方にはおすすめの1000円イヤホンです。

RP-HJF10 Panasonic

価格 : 861円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

花柄のデザインが特徴のPanasonic製イヤホン。花柄デザインに合わせて色も誕生花をモチーフにしたカラフルな12色のカラーバリエーションがあるため、女性にオススメの1000円イヤホンです。
「咲音」という言葉がモチーフになっており、女性の小さな耳に合うように3サイズの小さめなイヤーピースも用意されています。

安価なイヤホンを探しているポップなデザインが好きな女性はこのイヤホンが合うのではないでしょうか??

1000円オーバー(2000円以内で買えるイヤホン)

1000円台のイヤホンの特徴

1000円を切るイヤホンの場合は減点方式でのイヤホンの選び方となってしまいましたが、1000円以上のイヤホンであればコスパ観点だけでなくいいイヤホンがいくつもあります。

特に特徴的なのはBluetoothイヤホンが1000円台で購入できる点などです。最近では中国製でもかなり質の良いイヤホンなどが出てきており、低価格の高品質のコスパが良いイヤホンがたくさん発売されているようです。

それではどんなイヤホンがあるか見て見ましょう!

MDR-EX155 SONY(ソニー)

価格 : 1273円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

SonyのMDRシリーズのカナル型イヤホン。シンプルかつ品質にこだわったイヤホンでMDR-EX150の後継機です。

※ mdr-ex150を購入しようとしている方はMDR-EX155を購入しましょう

Bluetoothイヤホンではありませんが、シンプルで価格の割には高音質なSony製イヤホンなので、シンプルな高コスパイヤホンを購入したい方におすすめの1000円台イヤホンです。

B10 SoundPEATS サウンドピーツ

価格 : 1380円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

サウンドピーツ製の格安イヤホンでAmazonのレビューなどでもかなりの高評価のイヤホン。

同じSoundPEATS製のQ9AはBluetoothのイヤホンですが、こちらは有線のイヤホンになっているのでiPhone7などのイヤホンジャックが付いていないスマートフォンんで音楽を聴いている方は注意が必要です。

高い価格でシンプルなイヤホンはカッコよくデザインされている場合が多いですが、低価格なイヤホンでシンプルなイヤホンはどうしても安っぽく見えてしまうことが多いです。

SoundPEATSのB10もデザインに関してはシンプルなデザインになっているもののあまり高い評価は付いていないので、コスパが良いとはいえあまりかっこいいイヤホンとはいえないようですね。

とはいえこのレベルのイヤホンが1000円台で手に入るのは驚き。とてもおすすめです。

Q9A SoundPEATS サウンドピーツ

価格 : 1580円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

こちらもB10と同じSoundPEATS製のイヤホン。こちらはBluetoothイヤホンとなっており、Bluetoothイヤホンです。

Amazonのタイムセールをやっている時などに1000円台で購入することができますが、タイミングによっては2000円オーバーになってしまうこともあるようです。

スポーツ時に使用しやすいように設計されていて、IPX4防水・IP4X防塵がついている他メーカー1年間保証もついていて1000円台で購入できるイヤホンの中では高機能でかなりのコスパだと言えると思います。

スポーツをする時用にBluetoothイヤホンを安価で購入しようとしている人にとってはもってこいの高コスパ製品ですね!

EP-B40 AUKEY

価格 : 2000円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

Q9Aのイヤホンと同様に1000円台で手に入るBluetoothイヤホン。Q9Aもそうですが、より高音質でBluetoothによる音声伝送を可能にするapt-xに対応しているため、他の方式のBluetoothイヤホンよりも良い音質で音楽を楽しめるようになっています。

また充電時間1.5時間で連続8時間使うことができ高い充電効率を誇っている点や、シンプルかつ安っぽくないデザインである点など他の1000円台イヤホンと比べてもコストパフォーマンスがかなり優れているイヤホンのように見えます。

コスパの良いシンプルなBluetoothイヤホンを探している方はこの製品を買うのがベストではないでしょうか!

Enchanter BH053AB bluetooth4.1 Mpow

価格 : 1499円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

mpow製の1000円台のBluetoothイヤホン。1000円台で購入できる数少ないBluetoothイヤホンということもあり、レビューの評価も高評価のものが多いです。

価格が安く、かつBluetoothイヤホンということもあり音質はあまり期待できませんが安価にBluetoothイヤホンを購入したいと思っている方にはおすすめです。

またデザインもシンプルなので男女ともに使えるものになっており、幅広い方に使えるイヤホンとなっています。

HA-FX17 AXIV JVC

価格 : 1135円
音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

10色のカラーラインアップがあるカナル型のイヤホンで、独特なデザインの色合いのものが多いのでファッショナブルなイヤホンを探している方にとっておすすめの1000円台イヤホンです。

ホワイト、ブラック、ピンク以外は2色混ざったデザインになっていて、ブルー&イエローやレッド&ブラックなどかなり目立つイヤホンになっています。いつもと気分を変えてカラフルな色のアイテムを身につけたい時などに、アクセサリーとしても使うことができそうです。

また公式サイトにあるように装着スタイルもShureがけと呼ばれる逆さにつけるスタイルができるように設計されていているので、コスパ観点だけではなく例えばShureがけができる安価なイヤホンを探している方やデザイン重視の方にとってもおすすめです。

まとめ

どうでしたか? 1000円以下のイヤホン、1000円台のイヤホンをそれぞれまとめてみました。
やはり音質が悪いという評判が多々見られましたが、中にはコスパ観点から考えればかなり良い!というイヤホンなどもありました。

1000円程度とはいえカナル型イヤホンからオンイヤー型、開放型のイヤホンがあったり、デザインもシンプルなものから花柄のものまでたくさんの種類があるので、ぜひ参考にして見てください。

特にコスパ観点だけで見るなら、Q9A(SoundPEATS)とEP-B40(AUKEY)はかなりおすすめです。

1000円以上出せるのなら、スポーツをする際に使用したい方はQ9Aで、そうではない方はEP-B40(AUKEY)が良いのではないでしょうか。

関連リンク

下記のリンクでは2000円程度のイヤホンについてまとめています。
コスパ重視でちょっと予算がオーバーしても良いという方はこちらも参考にしてみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/04/17イヤホンを数種類追加、関連リンクの追加など

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧