スキャナーの使い方を解説!ハンディとフィルムスキャナーの使い方は?

目次

スキャナーの使い方について解説します

現在オフィスの場では複合機等のスキャナーを設置している職場は大変増加しており、スキャナーを目にしない職場は少なくなってきているも知れません。
スキャナーについてスキャナーの使い方はわかっていても、ではどの様な装置かと説明を求められると、言葉につまってしまう方がおられるかもしれません。
スキャナーとはどういうものかというと、主に複合機やスキャナー単体の物まで様々な製品がありますが、コンピューターの入力装置の一部であり、絵や写真の画像、また、文字やバーコード等を読み取る為の装置の事をいいます。
オフィスの場では勿論、最近では家庭等でも、複合機等の大きな物や、ハンディタイプ等の小さな物まで様々な製品が販売されています。
この記事ではスキャナーの中でも、フラットヘッドスキャナー、シートフィードスキャナー、スタンドスキャナー、ハンディスキャナー、フィルムスキャナーの5つのスキャナーの、それぞれの特徴や使い方を説明させて頂く事により、今まで以上にスキャナーを身近な便利な製品として感じて頂ければと思います。

スキャナーの使い方1

フラットヘッドスキャナーの使い方

まず始めに、フラットヘッドスキャナーの使い方についてご説明させて頂きます。

フラットヘッドスキャナーとは

フラットヘッドスキャナーとは、主に複合機等に内蔵されているスキャナーの事であり、一般的にスキャナーと聞くと、フラットヘッドスキャナーの事を思い浮かべる方が大変多いのではないかと思います。
フラットヘッドスキャナーは、オフィス等でよく見かけると思いますので、スキャナーの使い方をご説明させて頂く上で、とても身近に感じて頂ける製品と思われます。

手順① 原稿を原稿台にセットする

フラットヘッドスキャナーはよく目にする製品ですので、スキャナーの使い方もご理解頂いている方も中にはおられるかもしれませんが、おさらいの為、この記事でもスキャナーの使い方をご説明させて頂きたいと思います。

まず始めに上のカバーを開いて頂くと、透明な原稿台が現れると思います。
こちらに画像や文字等を読み込みたい原稿をセット
してカバーを閉じます。

手順② セットした原稿を読み取る

スキャナーの使い方の次のステップとして、セットした原稿を読み取る方法を説明させて頂きます。
カバーを閉じましたら大半の製品では、この時点でスタートボタンを押します。
すると、透明な原稿台の下から光が照射されます。
原稿に光を照射し、反射した光を読み込む事により、スキャナーが原稿を読み取る事が出来ます。

Canon  スキャナ フラッドベッド A4対応 CanoScan LiDE220

Canon スキャナ フラッドベッド CanoScan LiDE220/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:Weblio辞書

シートフィードスキャナーの使い方

次のスキャナーの使い方として、シートフィードスキャナーの使い方をご説明させて頂きます。

シートフィードスキャナーとは

シートフィートスキャナーとはどの様な製品かといいますと、家庭用のファクシミリを思い浮かべて頂ければ分かりやすいと思います。
フラットヘッドスキャナーが、大きい原稿を読み込んだり、安定した読み取りが出来るのに対し、シートフィードスキャナーは、連続して何枚も印刷する場合に向いています。
詳しいスキャナーの使い方は、手順に沿ってご説明させて頂きます。

手順① 原稿用紙をAFDへセットする

シートフィートスキャナーは、AFDと呼ばれる自動給紙装置を用いて原稿をスキャンします。
AFDがどういうものかというと、スキャナーで読み込みたい原稿を差し込み口にセットする事により、設置されているローラーの回転によって原稿用紙を送りながらスキャンします。
スキャナーの使い方としては、まずこのAFDへ原稿をセットします。

手順② セットした原稿を読み取る

次のスキャナーの使い方のステップとして、AFDへセットした原稿を読み込みます。
AFDで送られた原稿が排出口から出てくる事によりスキャンが完了します。
またシートフィードスキャナーは、原稿用紙の厚さにもよりますが、複数枚の原稿をAFDへセットする事により、一度に複数枚の原稿をスキャン出来ますので、一枚一枚原稿をセットしなくてもスキャン出来るという、煩わしさが解消されたとても便利な製品です。

EPSON スキャナー DS-560 (シートフィード/A4)

EPSON シートフィードスキャナー DS-560 /画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:IT用語辞典

スタンドスキャナーの使い方

次のスキャナーの使い方として、スタンドスキャナーの使い方をご説明させて頂きます。

スタンドスキャナーとは

スタンドスキャナーは、電気スタンドをイメージして頂けると分かりやすいと思います。
製品にもよりますが、基本的に小さな製品が多い為、軽くて持ち運びに便利な製品です。
スキャナーの使い方は、手順に沿ってご説明させて頂きます。

手順① 原稿用紙をスタンドの下へセットする

スキャナーの使い方として、まずスキャンしたい原稿をスタンドの下へセットします。
原稿用紙は、スタンドに収まるサイズのものであれば、多少厚みがあったとしてもスキャンできるのが、スタンドスキャナーの特徴です。

手順② 原稿を読み込む

スキャナーの使い方の次のステップとして、スタンドにセットした原稿を読み込みます。
スキャンする際は、スタンドスキャナーが安定した台等に置かれていないと、スキャンする際にブレてしまったり、画像が鮮明にスキャン出来なくなってしまいますので注意が必要です。

サンワダイレクト スタンドスキャナー USB書画カメラ A3対応 500万画素 400-CMS013

サンワダイレクト スタンドスキャナー CMS013/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:Yahoo!知恵袋

ハンディスキャナーの使い方

次にスキャナーの使い方として、ハンディスキャナーの使い方をご紹介させて頂きます。

ハンディスキャナーとは

ハンディスキャナーとは、言葉の通り、手に持って原稿をスキャン出来る程の小さなものです。
スキャナーの使い方は手順にそってご説明させて頂きます。

手順① 原稿にハンディスキャンを当てる

ハンディスキャンの特徴は、スキャナーの使い方としては、スキャナーを原稿に当てる形となります。
手で持ってスキャン出来ますので、大型の持ち運びの困難な物をスキャンする時等に役立ちます。

手順② 原稿を読み込む

読み込みたい原稿にスキャナーを当てる事により、後は今までのスキャナーと同様にスキャナーから光が照射され、原稿に反射された光により、文字や画像等を読み取ります。
スキャナーに原稿をセットするのではなく、原稿にスキャナーを向けて使用するところが今までのスキャナーの使い方とは異なります。

Aoleca ハンディスキャナJPEG PDF OCRスキャナ 名刺 A4 写真種類を簡単データ化 自炊対応 携帯式ハンディスキャナー ポータブルスキャナー 900dpi超高画質をサポート可能[A4サイズ対応] ブラック(カード付属)

Aoleca ハンディスキャナJPEG PDF OCR/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:Weblio辞書

フィルムスキャナーの使い方

最後のスキャナーの使い方としてフィルムスキャナーの使い方をご紹介させて頂きます。

フィルムスキャナーとは

フィルムスキャナーとは、ネガ等の写真を素材として読み込みます。
読み込んだ画像をデータに変換する為の製品で、フィルムスキャナーの使い方は手順にそってご説明させて頂きます。

手順① フィルムスキャナーをインストールする

フィルムスキャナーにも様々な製品がありますが、ここでのフィルムスキャナーはパソコンに接続して使用するタイプのスキャナーの使い方をご説明させて頂きます。
まず、付属のDVDやブルーレイをパソコンのドライブにセットしてインストールします。

手順② ネガからデータを読み込む

次にフィルムホルダーというネガをセットする器具が付属されていますので、データを読み込みたいネガをフィルムホルダーにセットします。
フィルムホルダーにセットされたネガから、画像が転送され、反映されますので、読み込みたいデータを選択して、印刷やアップロードする事により、データを取り込む事が出来ます。
今までのスキャナーは読み込みたい文字や画像に直接光を照射して読み込む物でしたが、フィルムスキャナーは、ネガを読み込んでデータとして残す事が出来るところが、今までのスキャナーの使い方と異なるところです。

ION Audio スライド・フィルムスキャナー USB接続 ネガ・ポジ対応 Slides Forever

ION Audio スライド・フィルムスキャナー Slides Forever/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:コトバンク

スキャナーの使い方について疑問が残ったら

これまで様々なスキャナーの使い方と製品の特徴をご説明させて頂きましたが、この記事の目的は、スキャナーにはどの様な製品が販売されており、初歩的な使い方をご説明させて頂く事を目的に執筆させて頂きました。
その為、スキャナーについてもっと専門的な知識を求めている方には、専門的な記述が不足されているように感じられたかもしれません。
ですが、専門的な知識をこの記事に盛り込んでしまうと、シンプルに伝わりやすい事に重点を置いた執筆させて頂いた為、この記事のコンセプトがぼやけてしまう恐れがありました。
その為、もっと複雑な専門的な記述を省いて執筆させて頂いた事をご了承下さい。

まとめ

インターネットの普及等様々な状況に伴い、今後はオフィスだけではなく、一般家庭にもスキャナーをご使用になる機会が増えてくるのではないかと思われます。
様々なスキャナーが販売されているなかで、この記事を読んで頂いた方が、スキャナーを今まで以上に身近に感じて頂き、スキャナーの使い方等に疑問があった場合に、解決に繋がったり、または、ヒントに繋がる等で、この記事を読んで頂いた方のお役に立てる事があれば幸いに思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧