ヘアアイロンの適切な置き場を解説!使用中/使用後の置き場所とは?

目次

ヘアアイロンの適切な置き場所について解説します

ヘアアイロンを使っていると発熱部分がとても熱い為、はたしてここを置き場所にしても大丈夫だろうかと疑問に感じた事があるのではないでしょうか?
この記事ではヘアアイロンの置き場所で気をつけるべきポイントをご説明させて頂き、ヘアアイロンのご使用中とヘアアイロンの使用後にはどの様な所が適切な置き場所なのかを解説致します。

ヘアアイロンの置き場所で気をつけるべきポイント

ヘアアイロンの置場所で気をつけなくてはならないポイントで置き場所による発火等の危険性耐熱素材による安全性をご説明させて頂きます。

① 発火、火災に気をつける

ヘアアイロンの置き場所で気をつけるべきポイントはヘアアイロンが原因で発火、火災等の大惨事に繋がってしまう恐れがある事です。
ヘアアイロンは製品によっても設定温度が変わりますが200℃以上の高温になる製品も多数存在する為、発火点の低い物が置き場所の近くにあると簡単に発火してしまう恐れがあります。
ヘアアイロンをご使用の際は発火点の低い物が置き場所の近くにないか注意してお使い下さい。

② 耐熱素材であるか

ヘアアイロンの置き場が耐熱素材であるか等も重要なポイントになります。
セラミッククロス等の耐熱加工された製品ですと製品により違いはありますが800℃~1000℃以上の高温にも耐えられる実験結果がある製品もありますので、発火、火災防止の為にはヘアアイロンの置き場が耐熱素材であるかどうかも重要なポイントです。

ヘアアイロンの使用中の適切な置き場所

ヘアアイロンをご使用中安全にお使い頂く為の適切な置き場とはどの様な場所かをご紹介させて頂きます。

フック等で引っかける

ヘアアイロンの置き場所としてフック等で引っかけてご使用される方が多いようです。
ヘアアイロンの手持ちの部分は温度が低い為発火等の恐れがありませんので、発熱部分を他の物に当たらないよう工夫してぶら下げる事によりヘアアイロンから発火しないようご使用頂く方法です。

ヘアアイロンの使用後の適切な置き場所

ご使用後のヘアアイロンの置き場所はどの様な場所が適切でどの様な事を気をつけるべきなのかをご説明させて頂きます。

耐熱素材等の発火しずらい場所で発熱部分を冷ます

ご使用後すぐのヘアアイロンは発熱部分が非常に熱い為、ヘアアイロンの置き場所は耐熱素材等の発火しずらい場所等に置いて発熱部分を冷まして頂く必要があります。

製品によりヘアアイロンの発熱部分の温度が異なる為一概には言えませんが、ヘアアイロンの発熱部分は200℃近くまで上昇する事が多く感がられますので、セラミッククロス等の耐熱素材であればヘアアイロンの発熱部分の温度にも耐えられるので発火に繋がる事も減少出来ます。

また、ご使用後は電源を切りコンセントからプラグを抜いて発熱部分が十分に冷めた事を確認する事で発火等のリスクを軽減出来ますので、ご使用後は必ず電源を切れている事をご確認頂く事をおすすめします。

使用中も使用後もヘアアイロンの置き場所として使える耐熱ホルダーをもある

これまでご使用中やご使用後のヘアアイロンの置き場はどの様な場所が良いかご説明させて頂きましたが、ヘアアイロンを保管する専用の耐熱ホルダーも販売されていますのでご紹介致します。

アズスタイル ヘアアイロン 専用耐熱ホルダー

画像をクリックするとAmazonに移動します

この製品はの差し込み口はPPS素材という素材を使用いており、耐熱温度は約260℃まで耐久性がありますので発熱部分にも対応した温度設定になっております。

その為、ご使用中でもご使用後でも発熱部分が熱いままでも専用ホルダーへ差し込んでも発火等のリスクも軽減出来ます。

通学、通勤前の忙しい朝の時間や外出前等で発熱部分が冷めるまで待っている時間がない様な状況でもこの製品ですと、ヘアアイロンの高温にも耐える事が出来るよう設定されている製品ですのでヘアアイロンの置き場としてとても重宝する製品です。

ヘアアイロンの置き場所について疑問が残ったら

この記事を読んで頂き、ヘアアイロンの置き場所について疑問が残った方もおられるかもしれません。

この記事はあくまでもヘアアイロンの置き場についてご説明させて頂く為の記事である為、ヘアアイロンの機能や構造等の専門的な知識を織り交ぜてしまうとヘアアイロンの置き場所についてではなく、ヘアアイロンの性能等についてのご紹介する為の記事になってしまう恐れがありました。

その為、あくまでもヘアアイロンの置き場に重点を置いて執筆させて頂いた為、ヘアアイロンの機能や構造等の専門的な知識を省いて執筆させて頂いた事をご了承下さい。

まとめ

最後にこの記事を執筆させて頂くにあたり、ヘアアイロンはストレートヘアだけではなくウェーブヘア等の様々な髪型に対応してセット出来る非常に便利な製品です。
髪型をセットする場合は朝や外出前等時間がない時がとても多く感じられます。
その為、電源の消し忘れて出かけてしまった等という声が意外にも多く聞こえてきました。
製品によっては過熱防止のヒューズ等が付いている為に火災等の大惨事は起こらずに済んだ例もありますが、やはりご使用者様ご本人の意識によりご使用後は必ず電源を切る事で発熱部分を冷ましてから安全な場所で保管して頂く事を常に忘れずに頂き、この記事を読んで頂いた方がヘアアイロンを安心して安全な場所で保管して頂いて便利にお使い頂く事が出来れば幸いに思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧