ドライヤーのコードや持ち手や風が熱い原因や対処を徹底解説!

目次

ドライヤーのコードや持ち手や風がいつもより熱い原因や対処を解説します

ドライヤーをご使用になっていると、いつもは感じられなかったドライヤーのコードや手持ちの部分、または、ドライヤーの風がいつもより熱く感じられたご経験をされた方は、少なくないのかもしれません。
この記事では、何故ドライヤーが熱くなってしまうのか原因をご説明させて頂くと共に、ドライヤーが熱くなってしまった時の対処方をご説明させて頂き、ドライヤーが熱くなった時の原因を理解して頂き、素早く対処出来る事に繋がって頂ければと思います。

ドライヤーのコードがいつもより熱い!原因は?

ドライヤーのコードが熱くなるにはいくつか原因はありますが、ドライヤーの本体が原因なのか、ドライヤーの本体ではなくやはりコードが原因なのかにより、ドライヤーが熱くなる原因と対処方が変わってきます。
まず、ドライヤーのコンセントに差し込んであるプラグが熱い場合は、コンセントの差し込みがゆるく、プラグが抜けかかっている可能性が考えられます。
プラグを差すコンセントの差し込みがゆるいと、接触不良により電気抵抗が生まれ、発熱する事が考えられます。
次にプラグではなく、コードが熱い場合は、ドライヤーのコードが断線している、または必要以上にコードがねじれている等の原因が考えられます。
コードが断線していたり必要以上にねじれた状態で使用してしまうと、コードの電流の流れがうまくいかなくなります。必要以上に電流がコードに溜まってしまう事により、発熱や発火に繋がってしまう恐れがあります。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーのコードがいつもより熱い時の対処

ドライヤーのコードが熱くなる原因をご紹介させて頂き、プラグが熱いのか、コード事態が熱いのかでドライヤーが熱くなる原因が変わってくる事をご説明させて頂きました。
次にドライヤーのコードがいつもより熱くなってしまった時の対処方をご説明させて頂きます。

まず最初にドライヤーのコンセントに差し込んであるプラグが熱い場合は、きちんとコンセントに差し込むか、またはコンセントの修理等が必要になります。
プラグがゆるんだままドライヤーをご使用になったり、コンセントが故障している場合等でそのままドライヤーをご使用になられると、火災等の原因に繋がってしまいますので、大変危険です。
必ずプラグはきちんとささっているか、コンセントに故障はないかを確認してからご使用になられた方がよろしいかと思われます。

次に、ドライヤーのコード事態が熱い場合は、断線しているコードを修理する、またはドライヤーを買い換える等の処置が必要です。
また、コードが必要以上にねじれてしまっている場合はコードをきちんとのばしてご使用になる事が必要です。
コードが断線していたり、必要以上にねじれた状態でご使用になられるのも、火災等の原因に繋がってしまいますので、非常に危険です。
ドライヤーをご使用になる時は、コードの断線や、必要以上にねじれていないか等の注意が必要です。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーの持ち手がいつもより熱い!原因は?

次にドライヤーの持ち手がいつもより熱くなる原因についてご説明させて頂きます。
ドライヤーが熱くなる原因の一つとして吸込口にほこりや髪の毛がたまってしまう事により、ドライヤーの本体が熱くなってしまう事があります。
吸込口がほこりや髪の毛でつまってしまう事により、ドライヤー本体に熱がこもってしまい、その熱の逃げ道を塞いでしまう事により、ドライヤーの手持ちの部分もいつもより熱くなってしまう事が考えられます。
ドライヤーの熱が本体にこもってしまう事により、発火等に繋がってしまう事も考えられますので、注意が必要です。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーの持ち手がいつもより熱い時の対処

ドライヤーの手持ちの部分が熱くなってしまった場合は、 吸込口のほこりや髪の毛を取り除き、熱の逃げ道を作ります。 効果が現れるまでは少し時間がかかる場合もありますが、吸込口を掃除しても一向に熱が冷めない場合等で、いつまでたっても一向に冷める気配がない場合や、ドライヤーの本体や、手持ちの部分が異常に熱い等明らかに異常と感じられる症状が現れた場合は、故障の可能性も考えられますので、そのままご使用し続ける事により、発火等に繋がってしまう恐れがある為、一度点検や修理に依頼してみた方がよろしいかもしれません。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーの風がいつもより熱い!原因は?

最後にドライヤーの風が熱い原因についてご説明させて頂きます。
ドライヤーが熱くなる原因として何故ドライヤーから出てくる風が熱くなるのでしょうか?
ドライヤーの風が熱くなる原因として考えられるのが、ドライヤーの風量が減っている事が考えられます。
何故ドライヤーの風量が減ってしまうかというと、後ろ側のフィルターの部分にほこりや髪の毛がたまってしまい、フィルターがつまってしまう事により、ドライヤーの風量が減ってしまい、風が熱くなってしまいます
ドライヤーの風量が減ってしまうと、ドライヤーの本体の中がいつもより赤くなってしまい、ドライヤーの本体が異常に熱くなってしまっている為、発火等の原因に繋がってしまう恐れがある為、注意が必要です。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーの風がいつもより熱い時の対処

それではドライヤーの風がいつもより熱くなってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?
ドライヤーの風が熱くなる原因として、フィルターがつまっている事がドライヤーの風量を少なくしてしまっている事が考えられますので、フィルターを清掃して頂く事により、フィルターの風通しがよくなり、ドライヤーの風もいつも異常に熱せられる事が改善される事に繋がります。
ですが、フィルターを清掃しても、一向に風が冷めない場合や、明らかに異常と感じられる症状が現れた場合は、故障の可能性が考えられますので、一度点検や修理に依頼して頂いた方がよろしいかもしれません。

参考元:Yahoo!知恵袋

ドライヤーが熱い原因や対処に疑問が残ったら

ドライヤーが熱くなってしまう事について、様々な原因と対処方をご説明させて頂きましたが、この記事を読んで頂いた方の中には、まだまだドライヤーが熱くなってしまう事について、疑問に残ってしまっている方がおられるかもしれましん。
この記事では、ドライヤーの熱くなる原因をシンプルにわかりやすく伝わるよう意識して執筆させて頂いた為、専門的な知識をお求めの方には、少し物足りなく感じてしまう事があったかもしれません。
ですが、この記事にさらに専門的な知識を織り混ぜすぎてしまう事は、シンプルで伝わりやすく読んで頂くというコンセプトから外れてしまい、記事の方向性がぼやけてしまう恐れがありました。
その為、専門的な知識を必要異常に織り混ぜない事を意識して執筆させて頂いた事をご了承下さい。

まとめ

最後に、ドライヤーは高温の温風を出す製品ですので、対処方を間違えてしまえば、発火や火災等の大惨事に繋がってしまう恐れがあります。
その為、いつもよりドライヤーが熱いと感じた時には、速やかに対処して頂き、疑問が複雑な場合は、無理をせず、製造元のメーカーや専門の修理業者に依頼して、点検、修理をして頂く事や、買い換え等のご選択をして頂く事もとても優良な選択であると思います。
とはいえドライヤーは、正しくご使用頂き、異常が起きた時には、素早くご対応頂ければ、とても便利な製品でありますので、この記事を読んで頂いた方が、ドライヤーが熱くなってしまった場合、素早く対処して頂き、安心してご使用頂ける事に繋がって頂ければ、とても幸いに思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧