安いドライヤーおすすめ4選!特徴やデメリットについても解説

目次

安いドライヤーについて解説します

髪の毛を乾かしたり、ヘアスタイリングをするために使用するドライヤー。

男女問わず使用している人が多いドライヤーですが、皆さんはどんなドライヤーを使用していますか?

安いドライヤー?高いドライヤー?

髪の毛を乾かすだけの人や乾かすだけではなくヘアスタイリングする人など人によってドライヤーの使い方や求める機能も異なると思います。

今回は、安いドライヤーとはどんなものか、安いドライヤーと高いドライヤーの違いやドンキホーテに売っているドライヤーは安いのか、おすすめの安いドライヤーを紹介します。
もしも安いドライヤーでも十分なドライヤーの使い方をしている方は参考にして見てください。

安いドライヤーとは

ドライヤー 安い

私は安いドライヤーを使用していますが、そもそも安いドライヤーって?どのくらいが安いドライヤーなの?と思いますよね。

実際に安いと感じるのは人それぞれなので難しいです。 

ドライヤーは1000円程で買えるものから5万ほどするものまであります。

私が思う安いドライヤーは3000円台で買えてしまうドライヤーです。

5000円以下で買えるのが安いドライヤーなんじゃないの?3000円台で買えるドライヤーは安すぎるのでは?と思う人も多く居るでしょう。

ですが私の場合、髪の毛は乾かせたらいいやというタイプであまりドライヤーに拘りはありません。

ですので私が思う安いドライヤーは3000円台で買えるドライヤーです。

大体、ドンキホーテやホームセンターなどで売られている殆どが安いドライヤーと言えるのではないでしょうか?

とはいえ、ドライヤーの機能では無くデザインで購入するので、デザインだけみると安くは見えませんし風力も良くすぐに乾きます。

よく言われている安いドライヤーの特徴は、**風量が弱い・風がぬるい・音がうるさい・

でももし5000円ほどするドライヤーがセールや特価などで3000円台で買えてしまったらそれは安いドライヤーと言えるのでしょうか?

正直なところ、この安いドライヤーとはいくらから安いのかというのは人によるところもあるため一概には言えませんが当記事では3000円前後、もしくはそれ以下の金額のドライヤーを安いドライヤーであると定義します。

安いドライヤーと高いドライヤーの違い

ドライヤー 安い

安いドライヤーと高いドライヤーの機能

ドライヤーは機能さえ同じなら値段は関係ないと思っていませんか?

まぁ、先に言ってしまうと安いドライヤーと高いドライヤーであまり違いがないと言えるでしょう。

ですが、高いドライヤーには『除電効果』やパナソニックのドライヤーの『温冷リズム機能』といった機能がありますが、安いドライヤーにはありません。

安いドライヤーと高いドライヤーに共通しているのはマイナスイオンや温風・冷風ぐらいでしょうか?

また、安いドライヤーは髪の毛が傷むとも言われているようですが、そのようなことはあまりないようです!

ただ風力が弱く風が熱いのが安いドライヤーに多くあったために言われたのでしょう。

ですが、現在のドライヤーは安くても値段以上の機能や高いドライヤーと変わらないといったドライヤーが多く販売されいて、安いドライヤーだけが髪の毛が傷むことはなく使い方によって高いドライヤーでも当てはまることです。

つまり、高いドライヤーであっても髪の毛が傷んでしまったり・満足のいく風力や機能ではない場合があること、逆に言えば、安いドライヤーで風力・温風/冷風温度ともに満足し、髪の毛が扱いやすくなったりする場合があります。

ですので、安いドライヤーと高いドライヤーに違いがあまりなく、風力や温風/冷風をしっかり確認して購入すれば安いドライヤーであっても高いドライヤーと変わらない風力や温風/冷風温度を使用できると言えます

ただ、安いドライヤーを買っても必ずしも満足がいくとは限らないので、自分の求める機能と予算と相談してドライヤーの金額を決めましょう。
安いという理由だけで他の判断軸を無視して購入してしまうと後々、ちょっと金額を上乗せしてでもこの機能がついているドライヤーを買えばよかったと後悔してしまうことにもなりかねません。
もちろん安いことはよっぽどのお金持ちでない限りは重要な指標なのでこのバランスが大事であると筆者は考えます。

安いドライヤーのメリットデメリット

安いドライヤーのメリットとしては、壊れてしまってもショックが大きくないことと、値段以上の機能や効果があるものを見つけることができることでしょうか。

高いドライヤーは壊れてしまった時のショックが大きく、試用期間によっては高いドライヤーを購入したことを後悔してしまいますよね。

その分安いドライヤーであれば、こんなに安いのにこの機能までついているの?と思う事や、髪の毛にツヤやハリが出た・さらさらになった・絡まなくなったといった効果を得られる場合が多く、安いし壊れてしまってもいいやと期待しないで割り切って購入する事ができます。

少し前のドライヤーであれば髪の毛が傷んだ・風力がない・温度が低いといったデメリットが多くありましたが、現在の安いドライヤーは風力も強く、温度も高いドライヤーが多くなりました。

全ての安いドライヤーが高性能とは言えませんが、高いドライヤーにするとその分付加価値があるのですが、メーカーや機種によっては安いドライヤーであっても十分な効果や機能が得られるためデメリットは無いと言ってもいいくらいでしょう。

安いドライヤー4選

それではここで実際に安いドライヤーにはどのようなものがあるのか見てみましょう。
おすすめです。

安いドライヤー① テスコム TID925

テスコム ヘアードライヤー(ブラック)TESCOM ione マイナスイオン TID925-K
画像をクリックするとAmazonに移動します

・トライアングルマイナスイオン

・大風量1.7m³/分

・2WAYモイスチャーフード

・遠赤外線セラミックコーティング

・風温切替スイッチ

・風量切替スイッチ

・クールショットスイッチ

・TURBO

・セットモード

・ラバーグリップ

・1200W

引用元:マイナスイオンヘアードライヤー TID925 | 製品情報 | 株式会社テスコム

2000円台で買えるこのドライヤーは、チープ感がないのが窺え、デザインも安さを感じさせない見た目となっています。

安いのに多くの機能を持っていて、風力があり温度も高いためすぐに乾くとの評価が多くあります。

ですので、風力が強くて温度が高いけど高いドライヤーはいらないかなという人にこのテスコムのマイナスイオンへア―ドライヤーTID925がおススメです。

参考元:マイナスイオンヘアードライヤー TID925 | 製品情報 | 株式会社テスコム

安いドライヤー② コイズミ KHD-9100

コイズミ ヘアドライヤー マイナスイオン ビビットピンク KHD-9100/VP
画像をクリックするとAmazonに移動します

・大風量1.9㎥/分、ツインマイナスイオン 

・パワーアップノズルで風速アップ(※ノズルなしとの比較)

・4スピードの風量調節(ターボON-OFF含む)

・遠赤外線セラミックコーティング

・1200W

・毛髪巻込み防止機構採用

引用元:マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9100/VP・N・G|ヘアドライヤー|ヘアケア|ビューティ 美容家電|KOIZUMI(コイズミ) 小泉成器  商品総合サイト

こちらは3000円台で買えるドライヤーですが、風量が1.9㎥/分と安いドライヤーの中ではあまりない見かける事のない大風量です。

また、見た目のチープ感はなく、カラーが3色でヴィヴィットピンク・グリーン・ゴールドとなっていて、ゴールドは高級感漂う上品な色となっています。

こちらは風力が強く、温度が低く熱くないので、温度が高いのは嫌だなという人におススメです。

安いドライヤー③ IZUMI Allure マイナスイオンドライヤー DR-RM56

イズミ Allure マイナスイオンドライヤー DR-RM56 (P) ピンク
画像をクリックするとAmazonに移動します

・2スポットマイナスイオン

・大風量1.6m3/分スピード速乾

・ヘアケア(低温風)モード付

・ DRY/CARE/COOL/OFF

・TURBO ON/OFF

引用元:マイナスイオンドライヤー | Allure | 株式会社 泉精器製作所

約2000円で、デザインがピンクとホワイトで女性向けに感じるドライヤーとなっています。

先に紹介したテスコム TID925と コイズミKHD-9100と比べると風量が1.6㎥/分と低く感じるのですが、価格はこちらのドライヤーが一番安いので、値段を踏まえると1.6㎥/分は大風量と言えるでしょう。

安くて風量が良いドライヤーが欲しいという人におススメです。

安いドライヤー④テスコム ヘアドライヤー TD121-K

テスコム ヘアードライヤー ブラック TD121-K
画像をクリックするとAmazonに移動します

・ターボスイッチON/OFF

・エアスリット機能

・エアダイアル機能

・ハンズフリー形状

・1200W

価格が2000円台とデザインをみると安いドライヤーには見えなく、家庭用ドライヤーと言うよりも業務用ドライヤーと言われた方がしっくりきそうな作りとなっています。

家庭用ドライヤーは殆どが折りたたみ式で収納しやすいのですが、こちらは折りたたみ式ではないので収納場所に悩んでしまいそうです。

ですが、ドライヤーの中で壊れやすいのが折りたたむ取っ手部分です。

電源スイッチなどの配線が入っているのですが、折りたたむ度に曲げたり伸ばしたりする事になるので断線などがしやすい場所となっています。

その折りたたむ機能のないこちらのドライヤーは、折りたたみ式よりも断線しにくいので故障原因が少なくなっています。

また、マイナスイオンがついていないのですが、温風の温度が高くなり過ぎないようにようにエアスリット機能やドライヤー後方部にスタンドゴムが付いているので、ドライヤーを自立させて両手でヘアスタイリングなどができます。

マイナスイオンがついていない分、あまり良くないのでは?と思う人も居ると思いますが、風力・温度ともに満足のいくドライヤーとの評価が多くありました。

ですので、マイナスイオンなどの機能は要らないけど風力が強く温度もなるべく高いので安いドライヤーが欲しい人におススメです。

参考元:テスコムドライヤーTD121-Kを徹底解剖!安いし使えるは本当か? | エイトログ-美容室 ネイルサロンの独立や経営と美容師 ネイリストの課題

ドンキで売ってるドライヤーは安い??

ドライヤー 安い

大体3000円ほどの安いドライヤーを紹介しましたが、お店で買える安いドライヤーはどこだろう?と思った事はありませんか?

家電量販店はもちろんの事、AmazonなどのECサイトやホームセンターなどで買えるドライヤーですが、中でも3000円前後で買う事ができる安いドライヤーが売られているお店はドンキホーテでしょう。

ですが、ドンキホーテに売っているドライヤーは不安という人もいるでしょう。

人気商品であれば値段の高いダイソンなどの高級ドライヤーも売られている事があるのですが、ドンキホーテに売られているドライヤーは最新機種が少なく、ほとんどのドライヤーが型落ち品や旧モデルとなっています。

ですが、ドンキホーテに売っているドライヤーも家電量販店などに売っているドライヤーも品質などに違いはありません。

先ほども記述しましたが、実際に私はドンキホーテでドライヤーを購入しましたが、風量も良く、風もぬるくなく、その上マイナスイオンも出るので不満は無く値段以上のドライヤーでした。

上記の写真がドンキホーテで購入したドライヤーです。

デザインに惹かれて機能も見ずに購入したので、購入してから風量などを知りました。

このドライヤー、マイナスイオンをオンにすると青く光るんです。
本当にマイナスイオンが出ているのかは分かりませんが、髪の毛を乾かせたらいいやと思っているのでデザインだと思っていますが。

家電量販店と比較しても値段も取り扱っているメーカーや機種が異なるのでどっちが安いとは言えませんが、私のようなドライヤーに拘りがなく、髪の毛を乾かすだけの人はドンキホーテで購入するといいでしょう。

この『ドンキに売っているドライヤーは安い?』について参考にした記事は、ドンキホーテのドライヤーについて詳しく紹介しているのでドンキホーテでドライヤーを購入しようと思っている人や、ドンキホーテに売られているドライヤーについてもっと知りたいという人はこちらをご覧になってみて下さいね。

安いドライヤーについてまとめ

以上、安いドライヤーとはどんなものか、安いドライヤーと高いドライヤーの違いやドンキホーテに売っているドライヤーは安いのか、おすすめの安いドライヤーなどを書いていきましたが、安いドライヤーでも十分に髪の毛を乾かしたりヘアスタイリング時の使用もできるのですが、高級ドライヤーとの違いはデザインのチープ感や機能の違いのみでしょう。

ですが、安いドライヤーでも風量があり、風もぬるくなく、冷風機能やマイナスイオン・ヘアケア機能を搭載しているものもありますし、デザインや見た目のチープさがないものもあります。

長く使うドライヤーですので、髪の毛が傷んでしまうのは嫌だ・徹底的にヘアケアをしたいという人は高級ドライヤーを選ぶと良いでしょう。

3000円台で買える安いドライヤーか5000円以上・1万円や5万ほどする高級ドライヤー、どちらを購入しても値段だけみると機能などは満足いくのでしょうが、高級ドライヤーを買うまでの繋ぎとして安いドライヤーを購入するというのもおススメですよ。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧