エアコンをスプレーで掃除する方法!スプレーの紹介や注意点も解説

この記事を執筆するにあたって

季節家電ですがオンシーズンの時にはフル稼働するので、エアコンの手入れには気を使っています。スプレーを使った掃除も最初は大変でしたが、準備をして掃除をすることで手間はかなり減り、掃除の後はとても気持ちよく使うことができるようになります。

Written By 黒澤 まち

目次

エアコンをスプレーで掃除する方法について解説します

部屋の温度を快適に保つために必要で、生活する上でほぼ欠かせないといっても過言ではないエアコン。
季節によっては毎日使うこともあれば、全く使わない期間が続いたりするエアコンですが、エアコンを使う上で気になってくるのがエアコン内部の汚れ。空気をエアコン内部に取り込んで放出してといった動作をしているのでどうしても内部は汚れてきてしまいます。エアコンの内部の掃除は掃除機などではなかなかしづらい部分です。また内部はカビが発生しやすい場所でもあるので、できれば清潔にしておきたいですよね。
そんなエアコンの内部の掃除を行うためにスプレータイプの掃除用具がありますが、このスプレーをどのように使うのか、また実際に行ってみて気を付けたほうが良いと感じた点などを、エアコンの掃除をスプレーで行う際のポイントなどをまとめました。

エアコン

エアコンをスプレーで掃除する方法

まず、エアコンをスプレーで掃除する際の手順を確認しましょう。

掃除

エアコンをスプレーで掃除する手順1

エアコンの直下にあるものを移動させます。エアコンの周りに物がないだけで掃除がしやすくなるのと同時に、もしエアコンから水が垂れてきた場合に濡れてしまうのを防ぐことができます。床がカーペットなど水を吸い込んでしまう素材の場合は、ビニールシートやビニールなどを床に敷いておくと安全です。

エアコンをスプレーで掃除する手順2

電源をOFFにし、プラグからコンセントを抜き、前面パネル、フィルター類を取り外します。ご利用中のエアコンの取扱説明書などをご確認いただき、エアコンの電源をOFFにします。その後、電源プラグからコンセントを抜きます。その後、前面パネルを開けて、フィルター(エアフィルター)を取り外します。前面パネルも取り外すことができるタイプのエアコンの場合は、前面パネルを外していただいたほうが作業しやすくなります。

エアコンをスプレーで掃除する手順3

熱交換器(フィン)のホコリなどを取り除く。細かいホコリは洗い流せますが、大きいホコリはあらかじめ取り除いておくことをオススメします。経験談ですが、エアコン掃除をスプレーで以前行った際に、すべて洗い流すつもりで大きいホコリも残った状態で実施したところ、大きいホコリにスプレーが当たった際に反射して周りに洗浄液が飛び散ってしまった事がありました。周りへの影響を最小限にするためにも取れるものは取っておきましょう。また、熱交換器(フィン)は非常に薄く、曲がってしまったり破損しやすい部分ですので、ホコリなどを取り除く際は慎重に取り除くように気を付けてください。

エアコンをスプレーで掃除する手順4

熱交換器(フィン)にスプレーします。熱交換器(フィン)の向きに沿って、エアコン掃除用のスプレーを噴きつけます。隅の方の汚れは結構取り除き忘れやすいので、全体にまんべんなくスプレーすることを心がけてください。熱交換器(フィン)にも汚れが付着していることが多いですので、その汚れを洗い流すようなイメージでスプレーを噴きつけると、きれいになりやすいです。

エアコンをスプレーで掃除する手順5

しばらく放置します。エアコン掃除用スプレーを噴射後は、しばらく放置をします。時間が経過すると泡が出るタイプは泡が消えていきます。エアコン内部の汚れは、洗浄液とともに室外機の排水管より流れ出ます。

エアコンをスプレーで掃除する手順6

フィルターなどを元に戻します。洗浄が完了しましたら、エアフィルターや前面パネルなどを元に戻します。移動させたエアコンの周辺の物も戻して問題ありません。またコンセントは必ず一番最後に電源プラグにつなぐようにしてください。

エアコンをスプレーで掃除する際の注意点

内部を掃除するには非常に効果的なエアコンスプレーですが、使い方を間違えてしまうと最悪の場合故障につながることもあります。使用手順でも一部は紹介しましたので、重複する部分もありますが、掃除する際に特に気を付けたい注意点をご紹介します。

ワーニング

電源プラグからコンセントを必ず抜く

エアコンは消費電力が大きく、何らかの原因で万が一感電した際には重大な事故につながる可能性があります。不用意な事故を防ぐためにも、必ず電源プラグからコンセントを抜いた上で作業を実施してください。

プラグ

室外機の排水管をチェックする

室外機の排水管は経年劣化で折れていたり、あるいは詰まっていたりすることがあります。普段利用する分には問題がなくても、エアコン掃除でスプレーを利用する際には大量の洗浄液が排水管を通って排出されます。詰まっている場合には、逆流し、エアコン本体よりあふれ出る可能性もありますので、必ずスプレーをする前に排水管の状態を確認するようにしてください。

排水管

決められた使用量を使い切る

エアコン洗浄スプレーの注意書きに記載してある量よりも少ない量で洗浄が終わることがありますが、洗浄液の排水量も考慮された量が記載されている量ですので、必ず注意書きで決められた使用量分は使い切るようにしてください。

金属端子や基盤部分にはスプレーしない

電化製品にとっての天敵は水分です。金属端子や基盤がまるごと見える状態になっている部分にスプレーを吹きかけてしまうと、場合によってはショートして故障してしまうこともあり得ます。金属端子、基盤が見えている部分にはスプレーしないように気を付けてください。

廃棄

エアコンをスプレーで掃除した場合の効果

ニオイを洗い落とすことができる

長い期間使っていると気になってくるエアコンのニオイ。エアコンをスプレーで掃除することによって、ニオイのもとを洗い流すことができ、ニオイを抑える効果が期待できます。

液だれしない超速乾タイプのエアコン洗浄スプレー。洗浄後もすぐに乾燥するので、エアコンがすぐ使用できます。だから、ニオイが気になる時に、いつでも手軽に処理できます。消臭成分 植物ポリフェノール配合。タバコのヤニや、カビの臭いをすっきり消臭します。ロングノズル付。フィンとフィンの狭い隙間もしっかり洗浄できます。

引用元商品

菌やカビを除菌できる

すべての菌やカビを除菌できるわけではありませんが、除菌することにより、カビや菌の発生を抑制できます。

エアコンをスプレーで掃除するメリットとデメリット

メリット

内部を掃除することができ、ニオイやカビの発生を抑えることができます。またエアコン内部のホコリを取り除けるので、エアコンの効率が上がり、効きが良くなります。効率が良くなると消費電力も少なくなるので、電気代を抑える=省エネにもつながります。

爽やか

デメリット

使い方を誤ったり、慣れないうちはかなりの確率で周りを汚します。エアコン本体から洗浄液がたれてきたり、エアコンの形状によっては、スプレーの噴射がエアコン内部で跳ね返り、飛び出してくることもあります。

排水

エアコンのスプレー掃除は結局どうなのか

エアコンの内部にはカビなどが生えやすく、長い間使っているとどうしてもニオイなどが気になるようになってきます。そういったニオイを解消できるといった点でエアコンをスプレーで洗浄するのはありだと私は考えています。ただし、周りを汚さないための準備や手間はかかってしまいますが、気持ちいいエアコンを使えると思えば、苦ではないかなと個人的には思います。

エアコンをスプレーで掃除する際に使うもの

エアコンをスプレーで掃除する際に用意しておいたほうがいいものを何点かご紹介します。

工具箱

ビニールシート

万が一洗浄液などが飛び散ってしまった場合に、周りが汚れてしまわないためにあらかじめ用意しておいたほうが無難です。極力大きめのものを用意して、必要に応じて折りたたんで使うことをおすすめします。小さいものを用意してしまうと、足りない時につぎ足す必要があり、つぎ足した部分もしっかりとつながないと隙間から漏れてしまったりとせっかくのビニールシートが意味がなくなってしまうこともあります。
また、ビニールシートは掃除以外にも使うことができるので、持っていると何かと役に立つことがあります。

ビニール手袋

どんなに気を付けていても、エアコンを掃除する際には必ず手が汚れます。ビニール手袋の中でもできれば厚手でグリップ力のあるビニール手袋を利用すると効率的に掃除ができるかと思います。

養生テープ

固定する際に壁紙などを傷めにくいテープです。ビニールシートを床や壁に固定する際にあると便利です。

エアコン掃除スプレー

これがなくては掃除ができません。全メーカー利用したわけではありませんが、個人的に使いやすいなと思ったスプレーがアース製薬のスプレーでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エアコンのエアフィルター掃除はこまめにできても内部の掃除までは…とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
あらかじめ準備は必要ですが、エアコンの掃除をスプレーで行うことによって、気になるニオイやカビなどを減らすことができ、エアコンの効きもよくなることもありますので、一度スプレーを使ってエアコンの掃除を実践してみてはいかがでしょうか。少しでも掃除のお役に立てればと思っております。

ルーム

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
黒澤 まち
疑問から納得へ
はじめまして、実際に使ってみたいけれど、初めてのものは不安や疑問がたくさんあると思います。 疑問をもったらもうスタート地点には立っています。 その疑問が少しでも納得になれるように、疑問解決に役に立つような情報をわかりやすくご紹介できるようがんばります! よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧