【決定版】家電の寿命について、それぞれの家電カテゴリごとに寿命を解説!

目次

家電製品の寿命について

この記事では家電製品の寿命をそれぞれ製品ごとに解説します。
それぞれの寿命や寿命を伸ばす方法などは別の記事で解説しているので、気になる記事はそちらを参照して見てください!

洗濯機の寿命について

洗濯機の寿命は6年から9年といわれています。
家電の寿命の長さで言えば平均的といえます。
洗濯機を製造しているメーカーで日立、三菱、シャープでは6年、パナソニックでは7年に設定されています。
メーカーは家電が故障した際に補修用の部品を用意してありますが、日本電機工業会のによれば洗濯機の場合は6年に設定されています。
ですが、部品の所有期間はメーカーにより異なります。

洗濯機の寿命の原因としてハード面の故障、ソフト面の故障等の症状があらわれます。

  • ハード面の故障は主にモーターが回転しなくなり、不自然な振動が起こります。 また、異音が発生する等の症状もあらわれます。
  • ソフト面の故障では洗濯機の内蔵コンピューターの異常により注水から洗浄、すすぎ、脱水等の工程でサイクルが順序良く回らなかったり、途中で止まる、同じ工程を繰り返す等の症状があらわれます。

洗濯機の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ドラム式洗濯機の寿命

ドラム式洗濯機の寿命は7年から10年といわれています。
家電の寿命としては洗濯機の寿命とほぼ変わりありません。
ドラム式洗濯機の寿命が近づいて来ると運転中に突然動作が止まる、乾燥が出来ていない、脱水しきれていない等の症状があらわれます。
コンセントをきちんと差し込み直す、洗濯層や内部を清掃する事により改善される事もありますが、内部の部品の経年劣化による事が原因である事が多いです。

ドラム式洗濯機の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

冷蔵庫の寿命

冷蔵庫の寿命は購入してから10年が目安といわれています。
冷蔵庫の寿命が近づいて来ると霜が付着する、騒音が大きくなる、水漏れがする等の症状があらわれます。
家電の寿命を伸ばす方法としてフィルターの清掃や受け皿に貯まった水を捨てる等、定期的に清掃する事を心がけていれば防ぐ事も出来ます。
それでも直らない場合はコンプレッサーやベアリングの故障や部品の経年劣化が疑われます。

冷蔵庫の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

エアコンの寿命

エアコンの寿命は主に10年が目安といわれています。
エアコンの寿命が近づいて来るとエアコンから水滴が垂れる、異音がする、明らかに効きが悪い等の症状があらわれます。
エアコンの不具合の多くはエアコンホースにごみやほこりがたまっていたり、フィルターがつまっている事が原因です。
その様な部分を清掃しても症状が直らない場合は、内部の部品やモーター等の動力部の故障である可能性が高いです。
家電の寿命と考え修理に出す、買い換えを検討する等の処置を行って頂きます様お願いします。

エアコンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ドライヤーの寿命

ドライヤーの寿命は3年から4年といわれています。
家電の寿命としては大型製品等に比べるととても短めです。
ドライヤーの寿命が訪れて来ると異音が発生する、焦げ臭い臭いが出る、ドライヤーが異常に熱くなる、冷たい風や暖かい風が出なくなる等の症状があらわれます。
中にほこりが詰まっている、配線がショートしている等事により起こります。 配線を確認して問題がなかったり、内部を掃除しても症状がおさまらない場合には、速やかに使用を中止しましょう。
そのままご使用し続けると配線から火花が出たり、火災等の恐れがあります。

ドライヤーの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

扇風機の寿命

扇風機の寿命は10年が目安といわれています。
とはいえ、家電の寿命はご使用状況によってはもっと寿命が延びる可能性があります。
扇風機は一年中使用される方も少ないと思われますので10年以上使用出来る場合があります。
扇風機の寿命が近づくと
異音がする、振動がする**等の症状があらわれます。
扇風機にはアナログのACモーターとデジタルのDCモーターがあります。
DCモーターの方が細かい風量調整や省エネ、静音性にも優れています。
モーターの故障や内部の部品の経年劣化により、異音が発生したり不自然な振動が発生したら寿命のサインです。

扇風機の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

こたつの寿命

こたつの種類にはレモン型ヒーター、薄型ヒーター、ファン付きヒーター、石英管ヒーター等の種類があります。
こたつも一年中使用する製品ではありませんし、家電の寿命のはそれぞれ種類や使用頻度によりバラつきは出ます。
こたつのそれぞれの平均的な寿命は約10年が目安といわれています。
こたつの寿命が近づくと温まるのが遅い、電源が付かない等の症状があらわれます。
こたつのヒーターの電子回路に異常や内部の部品の経年劣化による事が原因です

ホットカーペットの寿命

ホットカーペットの寿命は平均的には5年が目安といわれています。
季節的に使用が異なる製品で、夏場等ではご使用される方が少ない事が予想されます。
家電の寿命としては比較的短い方ですが、使用頻度によってはそれ以上に寿命が延びる可能性もあります。
ホットカーペットの寿命が近づくと電源を入れても暖まらない、焦げ臭い等の異臭が発生する事があります。
ヒューズが断線していたり、異常な長時間の連続運転により製品の寿命を縮めてしまいます。
また、製品に異常があらわれているにも関わらず使用し続ける事で発火等の恐れがありますので、その様な症状があらわれたら早急に運転を止めて使用しないようにしましょう。

ホットカーペットの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

電子レンジの寿命

電子レンジの寿命は8年が目安といわれています。
電子レンジの主な構成部品はマグネトロンという電磁波の発信管とモータで出来ています。
家電の寿命は使用頻度にもよりますが、このマグネトロンの寿命が約8年程といわれています。
電子レンジの寿命が近づくとレンジの中が温まらない、煙が出る、ボタンを押しても反応しない、電源が入らない等の症状があらわれます。
他にも寿命の症状としては以下のようなものが考えられるでしょう。
- マイクロ波を発生するマグネトロンの異常でレンジの中の食品が温まらない症状。
- レンジの中の汚れや電源部に負荷がかかったり、劣化してる事により異種がしたり製品から煙が出る

- 内部の回路の異常やヒューズの異常で操作ボタンが反応しない。

電子レンジの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

電子ケトルの寿命

電気ケトルの寿命は2年から7年が目安といわれています。
家電の寿命としてはかなり短めな製品ですが、毎日頻繁にご使用される様な方では製品の寿命が短く、製品に無理の無い使用頻度であれば製品は長持ちします。
電気ケトルの寿命が近づいてくると電源が入らなくなる、お湯が漏れる等の症状があらわれます。
電源が入らない場合はプレートを平らな所に置いてみる、コンセントはきちんと入っているか等の確認をしてみて下さい。
それでも電源が入らなければ、内部の回路や部品が劣化している恐れがあります。
お湯が漏れる場合は満水メモリ以上水が入っていないか等の確認をしてみて下さい。
それでもお湯が漏れる場合は電気ケトルの性質を保つ為に空気穴が開いていますが、製品の経年劣化によりその穴からお湯が漏れている可能性があります。

電子ケトルの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

炊飯器の寿命

炊飯器の寿命は6年から10年が目安といわれています。
炊飯器はほとんどの家庭が毎日使用される製品ですので家電の寿命の訪れる時期も、製品により様々です。
炊飯器の寿命が近づくとお米の炊き上がりが悪い、お米が焦げ付く、製品から異臭がする等の症状があらわれます。

詳しくは下記のような症状が見られたら寿命を疑うべきかもしれません。

  • お米の炊き上がりが悪い場合には炊き上がりの色も悪く酸っぱい匂いが混ざる。この場合、水加減も正確で、コース選択も間違いなければ内釜が寿命を迎えている可能性があります。
  • お米が焦げ付く。この場合は温度センサーに寿命がきている可能性があります。
  • 製品から異臭がするという症状。これはパッキンが経年劣化により摩耗している恐れがあるます。

この様な症状があらわれると製品の寿命と考え、修理や買い替えを検討した方が賢明です。

炊飯器の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

トースターの寿命

トースターの寿命は5年〜6年といわれています。トースターも毎日使用される方やあまり使わない方もいますので家電の寿命にもバラつきが生じやすい製品です。

トースターの寿命が近づくとヒーターの温度が上昇しない、異臭や異音が発生する等の症状があらわれます。
ヒーターの温度が上昇しない場合はコードの断線やヒーターのガラス管が劣化してヒビが入っていたりします。
無理に使い続けると煙が出たり、発火や火災に繋がる恐れがあります。
異臭や異音がする場合は内部の回路が劣化していたり、トースターに食べ物のカスが残っている事により焦げ付いている恐れがあります。
その様な状態で使用し続けると発火や火災等の恐れがありますので、速やかに清掃や使用を注しする等の処置を行いましょう。

トースターの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

空気清浄機の寿命

空気清浄機の寿命は6年から10年が目安といわれています。
空気清浄機は常時つけっぱなしにされている方や出かける時にON、OFFの切り替えをしている方もおられますので、家電の寿命としての長さも様々です。
空気清浄機の寿命が近づいてくると異音がする、ほこりが取れなくなった、異臭がする等の症状があらわれます。

詳しくは以下のような症状が見られるでしょう。

  • 異音がする。この場合はモーター等の内部の部品劣化している事が考えられます。
  • ほこりが取れなくなる。この症状はフィルターが詰まってしまい、ほこりを吸い込めなくなってしまっています。
  • 異臭がする。この場合フィルターや製品内部にカビが繁殖している可能性があります。

空気清浄機はフィルターの清掃がとても重要になってきます。

空気清浄機の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

除湿機の寿命

除湿機の寿命は3年から5年が目安といわれています。
除湿機には大きく分けてコンプレッサー式とデシカント式の2種類に分かれます。
コンプレッサー式の除湿機はエアコンと同じように空気を冷やして除湿します。
デシカント式の除湿機はシリカゲルやゼオライト等で除湿します。

コンプレッサー式の寿命の症状は内部のコンプレッサー等の動力部が故障により除湿機能が低下します。
デシカント式の寿命の症状はシリカゲルやゼオライトの乾燥剤が劣化して水分の吸収が落ちる事により除湿機能が低下します。

除湿機の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

加湿器の寿命

加湿器の寿命は3年~5年が目安と言われています。加湿器は大きく分けると超音波式と加熱式の2つに分かれます。

超音波式は水を微細な粒子にして部屋を加湿するシステムです。加熱式は水を沸騰させて水蒸気で部屋を加湿するシステムです。
超音波式も加熱式の除湿機の寿命の症状は内部の動力や部品の経年劣化により水を粒子か出来ない、水が沸騰せず、部屋を除湿出来ない症状があらわれます。

加湿器の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヘアアイロンの寿命

ヘアアイロンの平均寿命は3年から5年といわれています。
家電の寿命としては比較的短い製品です。
ヘアアイロンの寿命が近づいてくると製品が異常に熱くなる、アイロンの温度が上昇しない等の症状があらわれます。
コードが断線したり、湿度の高い場所や水滴のかかりやすい場所で保管する事により、内部の部品が劣化する事により故障する事が上げられます。

ヘアアイロンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

プリンターの寿命

プリンターの寿命は5年から7年が目安といわれています。
家庭用のプリンターで普段あまり使用しない場合と、オフィス等で毎日頻繁に使用される場合とでは、家電の寿命にもバラつきがしょうじますが、一般的には5年から7年が目安です。

プリンターは大きく分けてインクジェットプリンターとレーザープリンターの2つに別れます。

  • インクジェットプリンターはデジタル信号でインクを専用の用紙に印刷します。
  • レーザープリンターはレーザーを光源にしたデジタル信号で印刷物をスキャンして、静電気により感光体を形成して印刷します。

プリンターの寿命が近づいて来るとインクが詰まる、紙がうまく送られない等の症状があらわれます。
インクを噴射するヘッドの劣化や紙をおくる DFの劣化によりこの様な症状が起こります。

プリンターの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

液晶テレビの寿命

液晶テレビの寿命はメーカーの試算では約20年程といわれています。
家電の寿命としてはかなり長期的に使用出来る製品です。
ですが、口コミでは6年から10年程という声も聞こえており、使用頻度や保管方法により寿命にバラつきが出るようです。

液晶テレビの寿命が近づいて来ると画面にノイズが発生してしまったり、液晶画面が全く写らなくなってしまう等の症状があらわれます。
原因は液晶画面の半導体の異常やバックライトの経年劣化による異常があげられます。

液晶テレビの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

有機ELテレビの寿命

有機ELテレビの寿命は8年から10年が目安といわれています。
ですが、液晶テレビと同様に使用頻度や保管場所によっては20年近く持つ製品とも言われており、家電の寿命がとても長い製品です。

有機ELテレビの寿命が近づいて来ると画面に焼き付けが起こる、製品や本体コードが異常に熱くなる等の症状があらわれます。

長時間使用し続ける事や、絶縁体の経年劣化によりこのような症状が起こります。
無理に使用し続けると発火や火災等に繋がってしまうので、このような症状が現れた場合には速やかにご使用を中止して修理や買い換え等の処置を行いましょう。

有機ELテレビの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ウォシュレットの寿命

ウォシュレットの寿命は7年から10年が目安といわれています。
ウォシュレットは家庭でも公共の場でも設置されていて家電の寿命も平均的な製品です。

ウォシュレットの寿命が近づいて来ると温水が出なくなる、水漏れがする、異音がする等の症状があらわれます。

内部の部品の経年劣化や、配線やヒューズの異常、基盤が焼けてしまっている等の原因によりこの様な症状が起こります。

ウォシュレットの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

体重計の寿命

体重計の寿命は5年から7年が目安といわれています。
体重計にはアナログ式とデジタル式があります。

  • アナログ式の場合はバネによって体重を計っていますので、バネの劣化により体重が正確に図れない症状が起こります。
  • デジタル式の場合は圧力センサーによって体重を計りますので、内部のセンサーの劣化等により、体重が計れない等の症状があらわれます。

体重計の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

プロジェクターの寿命

プロジェクターの寿命は約5年が目安といわれています。
プロジェクターの寿命が近づいて来るとプロジェクターランプが異常に熱くなる、映像が乱れる等の症状があらわれます。

プロジェクターランプの内部の部品の経年劣化や本体の内部のカラーホイールの経年劣化等によりこの様な症状があらわれます。

無理に使用し続けると発火や火災等に繋がる恐れがある為、この様な症状が起きた場合には速やかにご使用を停止して修理や買い換えの処置を行いましょう。

プロジェクターの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

デジカメの寿命

デジカメの寿命は5年から8年が目安といわれています。
デジタルカメラの寿命が近づいて来ると電源が入らない、ピントが合わない、電池の減りが早い等の症状があらわれます。

湿度の多い場所に保管していた為、電子回路のやモーターの劣化や本体に強い衝撃を与える、バッテリーの経年劣化によりこの様な症状が起こります。

デジカメの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

リチウム電池の寿命

リチウム電池の寿命の寿命は平均的には2年位と、家電の寿命としてはとても短い製品です。
リチウム電池の寿命が近づいて来ると電池の減りが異常に早くなります。
リチウム電池の充電のしすぎにより、絶縁体が劣化してこの様な症状があらわれます。

リチウム電池の寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

タブレットの寿命

タブレットの寿命は約2年が目安といわれています。
タブレットの寿命が訪れると液晶パネルの写りが悪くなる、電池の減りが早い等の症状があらわれます。
内部の電子回路の劣化や電池の経年劣化による寿命によりこの様な症状があらわれます。

タブレットの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

SDカードの寿命

SDカードの寿命は3年から10年以上と製品により家電の寿命としてもかなりのバラつきがあります。
SDカードの寿命が近づいて来るとデータが保存出来なくなったり、読み込めなくなってしまいます。
SDカードの寿命は年数はもちろんですが、使用頻度が大きくかかわってきます。
データが完全に読み込めなくなる前に、診断ソフトで異常をチェックする、異常があらわれはじめたら早めに使用を中止する等の処置を行って大切なデータの消失が起こらない様注意しましょう。

SDカードの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

モバイルバッテリーの寿命

モバイルバッテリーの寿命は約1年半から2年が目安といわれています。
モバイルバッテリーも家電製品の中でも寿命が非常に短い製品です。

モバイルバッテリーの寿命が近づいて来ると電池の減りが異常に早くなる、バッテリーが異常に膨らむ等の症状があらわれます。
原因は充電回数が多い事による絶縁体の劣化等があげられます。

モバイルバッテリーの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

電源タップ、延長コードの寿命

電源タップ、延長コードの寿命の寿命は約5年が目安といわれています。
家電の寿命としては意外にも短く、もっと長く使用出来るイメージですが、5年以上使用し続けると、経年劣化により発火や火災等の危険性があるります。 安全にご使用頂く為にも約5年を目安に買い換えをおすすめ致します。

デスクトップパソコンの寿命

デスクトップパソコンの寿命は5年から7年が目安といわれています。
デスクトップパソコンの寿命が近づくと頻繁にブルースクリーンになったり、画面にノイズが入る等の症状があらわれます。
ゲームをプレイしている時の異常に付加がかかっていたり、CPUのグラフィック出力機能低下やHDDの経年劣化等によりこの様な症状が起こります。

デスクトップパソコンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ノートパソコンの寿命

ノートパソコンの寿命は3年から5年が目安といわれています。
家電の寿命としてはデスクトップパソコンよりやや短めです。
製品や使用頻度にもよりますが、ノートパソコンは持ち運びが可能な為、その分パソコンに衝撃が加わってしまったり、刺激がを受ける事が多い分寿命が短めに設定されています。

ノートパソコンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヘッドホンの寿命

ヘッドホンの寿命は製品によって大きく異なるものの、数万円出して購入する質の高いヘッドホンなどは約10年が目安といわれています。
ヘッドホンの寿命が近づくとノイズが発生しやすくなる、音が聞こえなくなる等の症状があらわれます。
コードの断線や、プラグの破損、長時間連続して使用し続けすぎる事による経年劣化等のよりこの様な症状が起こります。

ヘッドホンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

イヤホンの寿命

イヤホンの寿命は製品や扱い方によって大きく異なります。数ヶ月で壊れてしまう場合や10年近く使用できるイヤホンなどかなり幅広いため一概に何年、と言い切ることは難しいでしょう。
寿命の症状はヘッドホンとあまり変わりなく、断線やプラグの経年劣化等によりノイズが発生したり、左右で音がバランスが悪い等の症状が起こります。


イヤホンの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

スマホの寿命

スマホの寿命はバッテリーで約2年、本体だと機種にもよりますが3〜4年が目安といわれています。
スマホの寿命が近づいてくると電池が切れるのが異常に早くなる、、アプリが強制終了してしまう、画面にタッチしても反応しない等の症状があらわれます。
スマホは常に外へ持ち歩く事が前提で作られていますので、水気やほこり、衝撃等がとても加わりやすい為、家電の寿命としてはとても短い製品です。
その様な状況でCPUの故障やバッテリーの絶縁体の劣化等によりこの様な症状が起こります・

スマホの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

マザーボードの寿命

マザーボードの寿命は3~5年が目安といわれています。
マザーボードの寿命が近づくと電源がつかない、突然フリーズする、画面が乱れる等の症状があらわれます。
保管場所の温度や湿度が適正ではない、ほこりが侵入する、衝撃を与える、水気が侵入する等の原因でこの様な症状が起こります。

マザーボードの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

キーボードの寿命

キーボードの寿命は使い方やメーカーにもよりますが、3年から5年が目安といわれています。
キーボードにはUSB接続、ワイヤレス、ノートパソコン接続等様々な製品がありますが、家電の寿命もそれぞれの使用方法等で異なります。
キーボードの寿命が近づくとキーの入力が反映されない、キーが戻らない等の症状が起こります。
キーにごみやほこりが詰まったり、水気が侵入する、バネが経年劣化により寿命を迎える事によりこの様な症状が起こります。
日頃から清掃をして清潔に保つ事を心掛けましょう。

キーボードの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

PCの電源ユニットの寿命

PCの電源ユニットの寿命は3年から5年が目安といわれています。
家電の寿命としては比較的短めです。
PCの電源ユニットの寿命が近づくと電源が入らない、突然電源が切れる、異音が発生する等の症状が起こります。
ケーブルの断線やパーツに帯電している、コンセントから突然大きな電流が流れる、ごみやほこりが詰まる、冷却ファンの劣化によりこの様な症状が起こります。
定期的に清掃を行ったり、こまめに休憩を入れて連続使用時間をおさえる等PCパーツに負担をかけない使用方法を心掛けましょう。

PCの電源ユニットの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

iPadの寿命

iPadの寿命は約3年が目安といわれています。
iPadも家電の寿命としては比較的短い製品です。
iPadの寿命が近づくと電池の切れが異常に早くなる、液晶パネルが反応しない等の症状があらわれます。
ごみやほこり、水気の侵入、バッテリーの絶縁体の劣化によりこの様な症状が起こります。

iPadの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

外付けHDDの寿命

外付けHDDの寿命は約5年が目安といわれています。パソコン製品の平均的な寿命といえます。

外付けHDDの寿命が近づくとデータが更新出来なくなる、アクセス出来なくなる等の症状が起こります。

電子回路の経年劣化による寿命ですので、突然データが消えてしまう前に日頃から異常がないか、フリーソフト等で異常はないか診断する等の処置を行いましょう。

外付けHDDの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

無線LANルーターの寿命

無線LANルーターの寿命は4年から6年が目安といわれています。
パソコン機器の寿命としては平均的な寿命です。

無線LANルーターの寿命が近づくとWi-Fi接続が繋がりにくい、勝手に電源が落ちる等の症状が起こります。
無線LANルーターに繋げる台数が多すぎる、無線LANルーターの保管場所が高温多湿な場所で使用するなどの使い方をするとこの様な症状が起こります。

無線LANルーターの寿命についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

最後に様々な家電の寿命についての記事を執筆させて頂いて、家電の寿命が訪れる事は避けては通れない事実です。
ですが、日々のメンテナンスで寿命を伸ばす事も可能な製品もあります。
家電を扱う方の中で全ての製品のメンテナンスの方法がわかる方はとても少ないのではないでしょうか。
もちろんこの記事で全ての家電の寿命を伸ばす為のメンテナンス方法をご紹介する事は無理があります。
ですが、家電の寿命が縮まってしまう原因について知識を身に着けて頂ければ、対策も立てやすくなります。
また、寿命の訪れる期間を把握する事により、修理や買い替えの時期の目安を把握出来る様お役に立てて下さい。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事