扇風機の電気代はいくら?エアコンや他の冷房器具と扇風機の電気代比較も!

目次

扇風機の電気代について解説します

近年、扇風機は様々な商品が出てきており、TVやCM・家電量販店などで「省エネで経済的!」「今までのモデルより電気代がかからない!」など目にされる方は多いかと思います。そこで、「え!?扇風機って電気代高いの??」「いやいや、たかが扇風機だし電気代が高いといっても知れてるでしょ。」と疑問に思ったり、電気代はそんなにかかってないと思っている方は多いのではないでしょうか?ここからは、扇風機が実際どれくらい電気代がかかるのか、エアコンなど他の冷房機器と比べて、どれくらい違うのか徹底検証していきます!

扇風機の電気代はいくら?

(1日平均5時間使うとして)1日、1週間、1ヵ月それぞれの電気代はいくら?

扇風機 あー!!

まず、一般的な扇風機の消費電力は「弱」で約20W、「強」で約40wとなります。これを電気代で換算すると、扇風機を1時間「弱」で使用すると0.44円「強」で0.88円となります。
1日平均5時間使用すると計算したら、「弱」で2.2円「強」で4.4円となり、1週間なら「弱」で15.4円「強」で30.8円、1か月なら「弱」で68.2円「強」で136.4円となります。
これをみると、意外と扇風機の電気代も馬鹿にできないですよね?これをふまえて、扇風機以外の他の冷房器具はどうなのか、検証していきましょう!
※ もちろんお使いの機種によりますのであくまで一例になります

扇風機以外の夏の冷房器具の電気代はいくら?

冷房器具も様々な商品があります。ここからは扇風機以外の冷房器具の種類に分けて徹底検証していきます!

扇風機以外の冷房器具① エアコン

エアコンフリー

冷房機器で一番使用することがおおいのがエアコンかと思います。ではエアコンはどれくらい電気代がかかるのでしょうか。
まず、一般的なエアコンの消費電力は約105W~900Wとなります。
なぜ、こんなにも幅があるかというと、エアコンは温度の維持、除湿、エアコン内のクリンネスなど様々なことを行うのに消費電力が変わるからです。
年間で使う機会が多いエアコンだからこそ、電気代が気になるところだと思うので計算していきます!
先ほどの消費電力から計算してみると、1時間で2.83円~24.3円となり、1日平均5時間使用するとしたら、14.15円~121.5円、1週間なら99.05円~850.5円、1か月なら438.6円~3766.5円となります。扇風機と比べると、やはりエアコンは電気代がかかりますね。

扇風機以外の冷房器具② 冷風扇

冷風扇とは水が蒸発すると周りの温度を下げるという性質を利用し、熱が下がった空気を風として送り出す冷房器具で、扇風機よりも冷たい風が出るとことで有名です。凍らした保冷剤に風をあてて、更に冷たい風を置く出す製品も登場しておりますが、冷風扇はどれくらい電気代がかかっているのでしょうか?検証していきます!
冷風扇の消費電力は約50Wとなり、これを計算すると1時間当たり1.1円、1日平均5時間だとしたら5.5円、1週間なら38.5円、1か月なら170.5円となります。扇風機と比べると電気代はかかりますが、エアコンと比べると、非常に経済的かと思います!

扇風機以外の冷房器具③ 冷風機

冷風機とは、構造上は全エアコンと同じで冷たい空気を作り、風として送り出すので、非常に涼しく冷たい風が出ます!しかし、前からは冷たい風が出ますが、後ろからは熱風が出るので窓を開けないといけないところが欠点です。
エアコンをつけることができない場所とかに置くことができるので使用されてる方は多いのではないでしょうか?
そんな冷風機の電気代も調べてみましょう!
冷風機の消費電力は約200Wで、計算すると1時間当たり4.51円、1日平均5時間だとしたら、22.55円、1週間で157.85円、1か月になると699.05円となります。
扇風機や冷風扇と比べると電気代は高くなりますが、エアコンと同じく冷たい風が出て、電気代はエアコンに比べ3分の1となりますので、エアコンが置けない場所には非常にいい製品だと思います!

これをふまえて次は各メーカーでどのような省エネ性能があり、電気代はどう変わるのか?検証していきます。

各メーカーの扇風機の省エネ性能は?

ここからは、各メーカーの一番省エネモデルの電気代を検証していきます!どのメーカーが一番電気代がかからないか、どれくらい電気代がかかっているのか気になるところですよね!

三菱電機製

三菱の扇風機の省エネモデルは「R30JーDV」となります。この機種の特徴は、羽が7枚と非常に多く、優しい風を送り出すことのできる製品です!
また、360°頭を動かすことができるので、サーキュレーターとしても活躍出来る最新機種です!
さて、この最上位機種の電気代はいくらでしょうか?
こちらの機種の消費電力は「強」で15Wです。これを電気代に換算すると1時間当たり0.33円となり、1日平均5時間とした場合1.65円。1週間で11.55円で1か月なら51.15円となります!通常の扇風機より電気代が安いことが言えますね!

パナソニック製

パナソニックの一番省エネモデルは「F-CR339」となります。この機種の特徴は温度センサーとナノイーを搭載しているので、部屋の温度を感知し自動で風量を調節しナノイーでお部屋の中を脱臭してくれる最新機種です!
さて、こちらの最上位機種の電気代はいくらでしょうか?
こちらの機種の消費電力は「強」で22Wです。これを電気代換算すると、1時間当たり0.48円となり、1日平均5時間とした場合2.42円。1週間で16.94円で1か月なら75.02円になります。通常の扇風機より電気代が安くなりますが、様々な機能がついている分三菱のタイプよりかは電気代が高くなることが言えますね!

ダイソン製

ダイソンの省エネモデルは「AM07」となります。この機種の特徴は、「羽」がないんです!小さなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただける設計となっています。また、「羽」がない分お手入れも非常に簡単にできるのも特徴です!
さて、この機種の電気代はいくらでしょうか?
こちらの機種の消費電力は「強」で52Wです。これを電気代換算すると、1時間1.144円となり、1日平均5時間とした場合5.72円。1週間で40.04円で1か月なら177.3円となります。通常の扇風機より電気代はかかりますが、「羽」がないのと、安全性を考えると、価値はあるかと思います!

日立製

日立の一番省エネモデルは「HEF-DC500」となります。この機種の特徴は、「8枚の羽根」を使用していることです!羽が多いと、風の切れ目がなくなり、風当たりが非常にやさしくなるのが特徴です!
さて、この機種の電気代はいくらでしょうか?
こちらの機種の消費電力は「強」で21Wです。これを電気代換算すると、1時間で0.462円となり、1日平均5時間とした場合2.31円。1週間で16.17円で1か月なら71.61円となります。通常の扇風機より電気代は安くなりますが、三菱に比べると電気代は高くなります。

各メーカーの扇風機の省エネ性能まとめ

各メーカの代表的な扇風機をご紹介致しました。これを見ると、三菱が一番電気代が安く、ダイソンが一番電気代がかかりますが、様々な機能を搭載しているか否かで、電気代が変わることがわかるかと思います。

省エネ扇風機を使ってエコに涼む

夏 扇風機

近年省エネ扇風機が、各メーカーから出てきておりますが、従来の扇風機と何が違うのでしょうか?気になる方は多いと思います。ここからは、従来の扇風機と省エネの扇風機について書いていきます。

省エネ扇風機の概要

最近よく「DCモーター」とか「DC扇風機」と目にされる方が多いと思いますが、何のことかさっぱり?と思っている方は多いと思います。実はこれが、近年の扇風機を大きく省エネにした革命児なんです!
そもそも「DCモーター」とはなんなのか?
従来の扇風機は「AC扇風機」と言われ、交流でモーターとつなぐ方式です。省エネ扇風機は「DC扇風機」と言われ、直流でモーターとつなぐ方式となります。ACと違いDCでは消費電力が少なくなり、音が静かなところが特徴です。では、どれくらい消費電力が変わるのか検証していきます!
AC扇風機の消費電力は「弱」で約20W、DC扇風機の消費電力は「弱」で約3Wです。これを見ると、DC扇風機はAC扇風機の約6分の1の消費電力となるのがわかると思います!では、電気代換算すると、1時間当たりAC扇風機は0.44円、DC扇風機は0.066円となります。1か月で見るとAC扇風機は68.2円、DC扇風機は10.23円となります!あくまでも、1日平均5時間とした場合で算出しておりますので、これが、1日10時間、24時間と扇風機をつけっぱなしにしていくと、ものすごく電気代が変わることがわかってきますよね!

ここからは代表的なAC扇風機とDC扇風機をチェックしていきます!

AC扇風機代表 山善 YLT-C30

こちらの商品の消費電力は「強」で46W、5枚羽の扇風機となります。特徴としては、とにかく価格が3,980円と安い事です!ボタン式で昔ながらの扇風機ですが、非常に売れている商品です!

DC扇風機代表 日立 HEF-DC300

こちらの商品の消費電力は「強」で21W、8枚羽の扇風機となります。特徴としては、8枚羽で途切れない優しい風を送り出すところと、風量調節も6段階と多く、お部屋の温度に対し、適度に風量調節が変更できるところです!適度に風量調節することで電気代も節約できるので、AC扇風機と比べると大幅に節約になります!

まとめ

いかがでしてでしょうか?今回は、様々な扇風機の電気代を調べてみました。夏場、必ずと言っていいほどつける扇風機だからこそ、電気代を把握して、この夏を節電しながらも涼しく過ごしたいですよね?
DC扇風機は最大風量にしなくても涼しく感じることができ、その分節約できる扇風機です。価格は高いですが非常に価値がありおすすめです!
この夏はしっかり節約して、涼み、乗り越えましょう!!

以上、「扇風機の電気代はいくら?エアコンや他の冷房器具と扇風機の電気代比較も!」でした!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ミズウエ ソウタ
主に家電量販店に働いていた経験を活かし家電を紹介できればと思っています。
2018年6月から参加せてもらいました。家電量販店で得た知識を活かせれればと思います。よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧