洗濯機が故障した?洗濯機の症状から対処方法まで洗濯機の故障を徹底解説

目次

洗濯機の故障について

日々の生活において洗濯が欠かせない事は言うまでもありません。
洗濯機は一般家庭ではもちろん、一人暮らしの方でも大きさの大小は問わず一家に一台は必ずといっていい程用意されている製品です。
また、一般家庭だけではなく職種によっては業務用の大型の洗濯機を使われている仕事もあります。
この様な便利な洗濯機ですが、もし洗濯機が突然故障してしまうと生活がままならない程の大きな支障が出てしまいます。
この記事では洗濯機が故障したと疑った時にその症状が本当に故障からくるものなのか、そうではないのかについて解説致します。
そして、洗濯機の故障の原因を解説すると共に、いざ洗濯機が故障してしまった場合には、洗濯機の各メーカーごとに用意されているサポートページをご紹介致します。
洗濯機が故障してしまった際には是非参考にして頂きます様お願い致します。

洗濯機が故障した?故障かどうか確認する方法

洗濯機が故障したと疑う前に本当に故障しているか確かめてみましょう。
下記の様な原因で実は洗濯機が故障していなかったという事がよくあります。

コンセントがきちんと入っているか

洗濯機の電源を押しても反応しない、突然洗濯機が止まってしまった等の症状があらわれる事があります。
この様な症状があらわれた場合は洗濯機の故障と疑う前に洗濯機のコンセントがきちんと入っているか確認しましょう。
案外コンセントが抜けていた、きちんと入っていなかった為途中で抜けてしまったという事が珍しくありません。
洗濯機が動かなかったり、突然止まってしまった場合にはコンセントがきちんと入っているか確認してみましょう。

洗濯機の電源は入っているか

スイッチを押しても全く反応しない等の症状があらわれる事があります。
その様な症状があらわれた場合は洗濯機の故障と疑う前に洗濯機の電源がきちんと入っているか確認しましょう。
案外洗濯機の電源が入っていなかったという事が珍しくありません。
洗濯機のスイッチを押しても何も反応しない場合はきちんと電源が入っているか確認しましょう。

蛇口はきちんと開いているか

洗濯機の電源を入れてスイッチを入れても水が全く出て来ない等の症状があらわれます。
その様な場合では洗濯機のホースを差し込んだ水道の蛇口はきちんと開いているか確認しましょう。
案外水道の蛇口が開いていなっかった為に水が出て来ない事が珍しくありません。
洗濯機の水が出て来ない場合は水道の蛇口がきちんと開いているか確認しましょう。

異音がする

洗濯機を運転中に不自然な異音が発生する場合があります。
その様な場合は洗濯機が極端に片側によっていないか、洗濯機がきちんと水平に設置されているかを確認しましょう。
洗濯機の中の洗濯物が極端に片側に偏っていたり、洗濯機が水平に設置されていないと異音が発生してしまいます。
また、洗濯物の中にヘアピンや小銭等の固い金属が混ざっていた場合にも異音が発生してしまいます。
ただし、洗濯機から異音が発生する症状は、本当に洗濯機が故障している事もあります。
洗濯機の故障から異音が発生する場合は後程解説致します。
それ以外の場合では洗濯機を運転中、洗濯物や洗濯機の設置角度が極端に偏っていないか、ヘアピンや小銭等の金属が洗濯ものに入っていないかをきちんと確認しましょう。

洗濯機の故障の症状は?

洗濯機の故障の症状を解説致します。

異音がする

洗濯機の故障の症状として洗濯機を運転中に異音が発生する事があります。
洗濯機の駆動ベルトが劣化して緩んでしまったり、切れてしまう事により洗濯機を運転中に異音が発生してしまいます。
また、洗濯機の内部の部品でパルセーターと呼ばれる部品が劣化してしまう事により洗濯機がうまく回らない事によっても洗濯機の運転中に異音が発生します。
洗濯機の駆動ベルトが劣化した場合やパルセーターが劣化してしまった場合は洗濯機に修理を依頼して改善する事により異音がおさまります。

洗濯機の水が排水されない

洗濯機の故障の症状として洗濯機の運転中に洗いやすすぎの水や脱水中の水がうまく排水されない事があります。
洗濯機のホースにごみやほこりが詰まっている、またはホースが折れ曲がっていたりつぶされている**場合によって起こります。
その様な場合には排水ホースのごみやほこりを掃除して取り除いたり、ホースを交換する事により改善されます。

洗濯機がうまく回らない

洗濯機を運転中、洗濯機がうまく回らない症状があらわれます。
洗濯機がうまく回らない原因は洗濯機の内部に設置されているパルセーターといわれる部品が劣化、故障によって起こります。
パルセーターは洗濯機の下部に設置されているプロペラ部分の事をいいます。
パルセーターは洗濯機を運転中に左右の回転を急激に繰り返したり、高速回転を何度も繰り返す場所ですので、とても傷みやすい部分でもあります。
パルセーターを修理して改善する事により、洗濯機が回らなくなる故障を防ぐ事が出来ます。

メーカー別洗濯機の故障と対策について

ここではメーカー別に洗濯機の故障が起きた場合の問い合わせ先やFAQにお答えしたページをご紹介いたします。
それぞれのメーカーにより洗濯機が故障した場合の対処法は変わってくる事があります。
下記リンクからご家庭の洗濯機のメーカーに合わせてご確認頂きます様お願い致します。

パナソニックの洗濯機の故障と対策

下記リンクではPanasonicのFAQに対応した情報が載せてあります。
是非ご参考にして下さい。

参考元:PanasonicFAQ

下記リンクではPanasonicお客様サポートページに移動出来ます。
Panasonicの洗濯機でお困りの事があればこちらから問い合わせを行う事が出来ます。

参考元:Panasonicお客様サポートページ

日立の洗濯機の故障と対策

下記リンクでは日立のFAQに対応した情報が載せてあります。
是非ご参にして下さい。

参考元:日立FAQ

下記リンクでは日立のお客様サポートページに移動出来ます。
日立の洗濯機でお困りの事があればこちらから問い合わせを行う事が出来ます。

参考元:日立お客様サポートページ

それ以外の洗濯機の故障と対策

下記リンクではSHARPのお客様サポートページに移動出来ます。
SHARPの洗濯機でお困りの事があればこちらから問い合わせを行う事が出来ます。

参考元:SHARPお客様サポートページ

下記リンクではTOSHIBAのお客様サポートページに移動出来ます。
TOSHIBAの洗濯機でお困りの事があればこちらから問い合わせを行う事が出来ます。

参考元:TOSHIBAお客様サポートページ

下記リンクではアイリスオーヤマのお客様サポートページに移動出来ます。
アイリスオーヤマの洗濯機でお困りの事があればこちらから問い合わせを行う事が出来ます。

参考元:アイリスオーヤマお客様サポートページ

洗濯機が故障する原因

洗濯機が故障してしまう原因について解説致します。

洗濯機が故障する原因① 寿命がきてしまう

洗濯機が故障してしまう原因として洗濯機の寿命により故障してしまう事があります。
洗濯機の寿命は主に6年から9年が目安といわれています。
洗濯機が運転する場合は回転が高速だったり、複雑な回転をする為、パルセーターや駆動ベルト等の内部の部品にとても負担がかかってしまいます。
また、水気の多い場所で保管、使用する事が多い為、とても故障の危険性にさらされています。
家族の多い一般家庭等では毎日何度も洗濯機を運転するご家庭もおられるでしょう。
この様にご使用頻度が多い分、故障に合う原因も沢山あります。
洗濯機のご使用年数が6年を越えた場合で故障と感じる異変があった場合は新しい製品に買い換える等の検討をしてみてもよいかもしれません。

洗濯機が故障する原因② 取り付け時のミス

洗濯機の故障の原因として洗濯機の取り付けミスにより洗濯機が故障してしまう恐れがあります。
洗濯機を新規購入した場合の設置場所が水平ではなく傾いて設置してしまった為に、洗濯機を運転中に洗濯物を洗濯しながら大量の洗濯ものと水が入った状態で回転する事により、洗濯機内部には大変な負担がかかっています。
その様な場合に水平に設置されていなく傾いて設置されていたりしますと、一部の部分に極端に負担がかかってしまい、洗濯機の故障に繋がってしまいます。
水道の蛇口に洗濯機のホースを繋げる場合に水漏れがないか等きちんと確認をせず、運転中に水漏れ等が起こってしまいますと水気が侵入してはいけない内部等にも水分が侵入してしまう恐れがあります。
また、設置時にアース線を繋げていない為に洗濯機から漏電が起こる等の症状もあらわれます。
洗濯機を新規取り付け、または設置場所を移動する事により洗濯機の設置ミスがないようにきちんと確認の上、洗濯機を運転しましょう。

洗濯機が故障する原因③ メンテナンスを全くしていない

洗濯機の故障が起こる原因として、日々の洗濯機のメンテナンスを全く行っていない事により洗濯機が故障してしまいます。
洗濯機のホースにごみや糸屑が詰まってしまいますと、ホースからうまく排水出来なくなってしまい洗いやすすぎ時に水が排水出来ない為エラー表示が出て運転が進まなくなってしまい、洗濯機のセンサーが誤作動を繰り返してしまう等の負担がかかってしまいます。
また、ホースには洗剤カスが溜まってしまい、こびりついてしまう事がありますので、日々洗濯機のホースは清掃して水の通りを良くする処置を行いましょう。
また、洗濯機が傾く事により内部の部品や駆動ベルト、モーターやパルセーター等の様々な部分に負担がかかり、劣化してしまう事により洗濯機が故障してしまいます。
洗濯機が傾いていると感じた場合は、土台がへこみ、磨耗している恐れがありますので、下敷きをしいて角度を水平に保つよう処置を行いましょう。
この様に洗濯機の日々のメンテナンスを行う事により洗濯機の故障を防ぐ事が出来ますので、洗濯機のメンテナンスは定期的に行うよう心がけましょう。

まとめ

最後に洗濯機の故障についての記事を執筆させて頂き、洗濯機を故障させずにどれだけ長く大切に使用出来るかについて大変勉強させて頂きました。
洗濯機は日常から常に様々な刺激を受けやすい立場にいて、日々のメンテナンスの大切さがとても重要になってきます。
ですが、洗濯機をどれだけ大切に使用していても洗濯機も電化製品である以上、必ず故障や寿命の症状が訪れてしまいます。
そして、いざ洗濯機が故障してしまった場合はこの記事の内容を参考にして頂き、洗濯機の故障の原因を冷静に分析して頂いて適切に対処して頂く様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧