キーボードが故障した?故障の症状から対処方法までキーボードの故障を徹底解説!

この記事を執筆するにあたって

長年、パンタグラフ式のキーボードを愛用しています。 浅く弱く入力できるので、気に入っています。 ただ、記事内でも書きましたが、掃除はしにくいです。 とはいえ、メンブレン式は指先が疲れてしまい、メカニカル式は音がうるさくて...残るは2万円越えの静電容量無接点方式しか...! いつかは使ってみたいな、と思いつつ、セブン銀行のATMでテンキーを押してます。

Written By 八色 さかえ

目次

パソコンのキーボードの故障について解説します

パソコンのキーボードも、故障する時は故障します
ある時は突然に、ある時は徐々に、故障する日は訪れます。
キーボードのキーが外れたなど、物理的に破損した場合は、誰が見てもすぐにわかる故障です。
しかし、ソフトウェアの不具合による誤動作で、キーボードからの入力ができない場合などは、すぐに故障とは断定できません
そこで、今回は本当に故障したのか判断する方法や、故障の原因、その予防対策などについて解説します。

キーボードが故障した?故障かどうか確認する方法

キーボード 故障

方法① 接続ケーブルは緩んでいないか

初歩的なことですが、掃除した時などに引っ張られて緩んでしまうことがあります
特にPS/2用の接続端子は、USB接続に比べて差し込みが浅いので緩みやすいです。
さらに、端子の中に細いピンがあり、これが破損すると、故障しますので、注意しましょう。

方法② 接続ポートは正常に動作しているか

これまた初歩的なことですが、意外にこれで改善されることが結構あります。

◇USB接続の場合

違う接続ポートにつなぎかえてみましょう。
フロントなどにある増設ポートではなく、マザーボードの接続ポートにつなぎます。
USBハブなどを介してつないでいる場合も、パソコンと直接つなぎます。
また、マウスとキーボード以外にUSB機器があれば、外しておきます。
これで改善する場合、USBポートの故障か劣化が疑われます。
USBポートは消耗品です。
消費電力が多い機器をつなぎすぎると、劣化して故障します。

◇無線キーボードの場合

レシーバーが接続できているか、確認しましょう。

◇PS/2接続の場合

パソコンの電源を一旦切り、接続コネクタを差しなおします
変換コネクタを使っている場合は、正しくつなげているか確認しましょう。

方法③ (USB接続のみ)ドライバは正常にインストールされているか

USB接続の場合、ごく稀にドライバが正常に動作しなくなることがあります。
キーボードの故障と言うよりは、OSの認識エラーで起こる不調です。
まずはデバイスマネージャー上で、キーボードが正常に表示されているか確認しましょう。
表示されていなければ、該当のキーボードを削除し、キーボードを外します。
再起動させた後、もう一度キーボードをつなぎ、デバイスマネージャー上で認識されていればOKです。

方法⑤ 他のキーボードドライバやユーティリティが、干渉していないか

キーボードが複数台あったり、以前使っていたキーボードのドライバやユーティリティが残っている場合、それらが干渉して上手く動作しないことがあります
インストールされていれば、故障を疑う前に一度アンインストールしてみてください。

方法⑥ (無線キーボードのみ)各種状態を確認する

無線キーボードには特有のトラブルがあります。
故障を疑う前に、以下のことを確認しましょう。

  1. キーボードとレシーバーが離れすぎていないか。
  2. 電池の残量は足りているか。
  3. ID設定はできているか。
  4. 他の無線と干渉していないか。
  5. USBセレクティブサスペンドが有効になっていないか。

方法⑦ 特殊キーがオンになっていないか

気づかないうちに特殊キーをオンにして、入力できないことがあります。
入力できないので故障と思いがちですが、オフにすれば普通に入力できます。

◇テンキーだけ入力できない場合

NumLockキーまたは、マウスキー機能(テンキーでマウス操作をする機能)

◇テンキーからの入力が、「常に半角(全角)」になっている場合

日本語入力の設定が「常に半角(全角)」になっていないか。
- 参考:テンキーからの入力が常に全角あるいは半角になる。 | BUFFALO バッファロー

◇アルファベットが大文字になる場合

CapsLockキー

方法⑧ 別のキーボードをつなげてみる

別のキーボードがあれば、つなげて正常に動作するか確認してみましょう
ノートパソコンのキーボードの不調も、この方法でチェックできます。
これで動作しない場合は、USBポートの故障が考えられます。

キーボードの故障の症状

キーボード 故障

キーボードの故障の症状① 特定のキーが入力できない

他のキーは問題なく入力できているのに、一部のキーだけ入力できない症状。
キーボードの入力の仕組みを簡単に説明すると、各キーの下には電気配線がプリントされたシートや基盤があります
キーが押し下がると、スイッチが電気配線に接触し、押したキーの文字が入力されます。
キーと電気配線の間に、ホコリの蓄積や熱による変形、断線などが生じると、一部のキーだけ入力できなくなることがあります。
飲み物をこぼして、その水分が電気配線を腐食して、入力できなくなることもあります。

キーボードの故障の症状② 全く入力できない

どのキーを押しても、全く入力できない症状。
キーボードと接続ポートのどちらかが、故障している可能性が高いです。
ただし、ノートパソコンの場合は接続ポートにつながないので、キーボードの故障が濃厚となります。

キーボードの故障の症状③ 同じキーがずっと入力されてしまう

キーを押していないのに、同じキーがずっと入力される症状。
この場合は、キーの物理的な破損による故障が考えられます。
キートップの土台にあるキースイッチ部分のゴムやスプリングが劣化して、キーが押し下がった状態になっているのかもしれません。
ホームポジションやエンターキーなど、良く使うキーは消耗が早いので、その辺りで起こりやすいです。
キーを押した時に反発感がなく、スカスカした打ち心地になってきたら、ゴムやスプリングの劣化が始まっているので、注意した方が良いでしょう。

キーボードの故障の症状④ 1回しか押してないのに、連打される(チャタリング)

キーを1回だけ押したのに、連続して入力される症状。
メカニカル式のキーボードに良くある故障です。
これはキーを押す前後に、わずかに機械的な振動が起こり、それがキー入力と判断されて複数回入力されてしまうことで起こります。
キーと電気配線の接触不良によって、起こるケースが多いです。
チャタリングを修正するソフトを使うと、正常に入力できるようになることもあります。
根本的に直すにはキーを交換した方が良いですが、キーボードを分解する必要があります。

キーボードの故障の症状⑤ 押したキーとは違う文字が入力される

キーを押すと、いつもと違う文字が入力される症状。
この場合は、すぐに故障とは言い切れません。
普段ローマ字入力をしている人なら、かな入力がオンになっているかもしれません。
何かの拍子に、かな入力に切り替えるキーを押してしまっていることが結構あります。
その逆も考えられます。
アルファベットが大文字しか入力できない場合は、CapsLockキーがオンになっている可能性が高いです。
ノートパソコンの場合は、NumLockキーがオンになっていて、数字が入力されるケースもあります。

キーボードの故障の症状⑥ キーが外れた

キーが外れてしまい、入力できない状態。
しかし、だからといってすぐに故障とは言い切れません。
外れたキートップの状態によっては、ハメ直すことが可能です
メンブレン式とメカニカル式のキーボードは、押し込めばハマります。
しかし、ノートパソコンに使われているパンタグラフ式のキーボードは、キートップの構造が複雑です
このため、一度外れるとハメ直すのが難しいです
ハメ直せない場合は、残念ながら故障となります。

キーボードの故障の対処法

キーボード 故障

キーボードの故障の対処法① 新しく買い替える

デスクトップパソコンなら、最も妥当な選択肢です。
メンブレン式のキーボードなら、1,000円未満で買えます。
それほど入力作業をしないのなら、この程度でも十分です。
一方、ノートパソコンは、ごく一部を除き、ユーザー自身でキーボードを交換できません。
故障したら、基本的には修理に出す形になります
ただ、交換費用は1万円以上することもあり、高価です。

キーボードの故障の対処法② 修理に出す

まだ保証期間内なら、修理に出すのがベストです。
ユーザーの過失による故障以外は、大抵は無償で修理できます。
しかし、一部のメーカーではキー外れに、保証が適用されないことがあります
修理はメーカーに依頼するのが最も確実で安全ですが、有償の場合は金額が高くなります
メーカー以外の修理専門業者に依頼すると、いくらか安く修理できます

キーボードの故障の対処法③ 自分で修理する

メンブレン式とメカニカル式のキーボードで、キートップが故障したぐらいなら、自分で直せます
交換用のキーは、メーカーパソコンの付属品ならハードオフやジャンクショップを探せば、結構見つかります。
取り付けは簡単で、少し力を入れて押し込むだけです。
キーだけを販売しているキーボードもあります。
一方、パンタグラフ式のキーボードは、キートップの構造が複雑なので、キーの交換は難しいです

キーボードの故障の原因

キーボード 故障

キーボードの故障の原因① ホコリなどのゴミ

キーとキーの間にはスキマがあるので、ホコリなどのゴミが溜まります
そして、キーの下には押したキーを認識するための電気配線があります。
ホコリが溜まりすぎていると、接触不良が起こり、これが故障の原因となります。
キーボードも電気機器であり、ホコリが苦手です

キーボードの故障の原因② 水分による腐食

キーボードに飲み物などをこぼしてしまうことは、結構あります。
すぐに拭き取って、その時はそれで問題なく動作するかもしれません。
しかし、キーのスキマから、どうしても水分が入り込みます
すると、その水分が徐々にキーボード内部に浸透していき、電気配線の基盤などを腐食してしまいます
ノートパソコンの場合は、キーボードの下にマザーボードが組み込まれていることが多く、キーボードと一緒にマザーボードも故障しかねません
キーボードだけではなく、マザーボードも交換することになり、修理費用がかさみます

キーボードの故障の原因③ 断線

接続ケーブルの配線やキーボード内部の電気配線が断線して、故障になることがあります。
接続ケーブルは、ケーブルの根本とコネクタとの接合部が断線しやすいです。
ケーブルを強く引っ張ったり、無理な方向に曲げたりしないようにしましょう。

キーボードの故障の原因④ キーの破損

キーボードの上に誤って物を落とすなどして、キーが 破損することで起こる故障。
ノートパソコンの場合は、衝撃でキーが外れることがあります。
ノートパソコンのキーボードは、キーが外れると直すのは難しいですが、よく構造を観察して慎重にハメ込めば、直せることもあります

キーボードの故障の原因⑤ 接続コネクタの破損

USBやPS/2の接続コネクタが破損していて、キーボードが動作しない故障。
誤ってコネクタ部分を踏んづけてしまったり、経年劣化でコネクタ部分が取れてしまったりして、物理的に使えない状態です。
こうなると接続できませんので、全くお手上げです。

キーボードの故障を予防する

キーボード 故障

キーボードの故障の予防方法① 定期的な掃除

ホコリもあまり溜まると、キーの下にある電気配線が接触不良を起こし、入力できない故障の原因になります
このため、定期的に掃除をするのがおすすめです。
ベストなのは、分解清掃でしょう。
メンブレン式とメカニカル式のキーボードは、キーが外せますので、掃除も簡単です。
キートップは外して洗剤で洗って、乾かせばキレイになります。
キーをハメ込む土台は、エアダスターや綿棒で汚れを落とします。
ノートパソコンに採用されているパンタグラフ式のキーボードは、キートップを外すのが難しいです。
残念ながら、分解清掃には向いていません
それでも、薄めた中性洗剤を含ませた綿棒などで、キートップを拭いた後、軽く水拭きするとスッキリします。
キーの下に溜まっているホコリは、粘着付きの綿棒を使うと、結構取れます。

キーボードの故障の予防方法② 衝撃を与えない

衝撃でキーが外れてしまったり、キーと電気配線の接触が悪くなり、故障してしまう可能性があります。
キーボードは元より、パソコンは精密機械であり、基本的に衝撃に強くありません
ノートパソコンは持ち運ぶ機会が多いので、特に注意が必要です。
強い衝撃でなくても、細かい振動が長時間続くような状態も故障の原因になります。
持ち運ぶ際は、耐衝撃性のあるケースに入れるなどして、ガードした方が良いでしょう。

キーボードの故障の予防方法③ キーボード周辺に飲み物など、水分を置かない

もう何度か述べていますが、キーボードに飲み物をこぼすと、なかなか厄介です。
表面の水分は拭き取れても、キーボードのスキマから入り込んだ水分までは取れません
すると、その水分がキーボード内部の電気配線や基盤を腐食して故障してしまいます
ノートパソコンの場合は、キーボードの下にマザーボードがありますので、マザーボードも一緒に故障します
こうならないためにも、なるべくならパソコンの周辺に飲み物などの水分を置くのは控えた方が良いでしょう。
または、防水キーボードを使えば、こぼしても故障しません。

まとめ

キーボードは消耗品です。
使っているうちに、部品が摩耗していきます。
使い続けていれば、いつかは故障します
使う頻度が高いほど、消耗は早まります。
ある日突然故障することもありますので、1つ予備のキーボードを持っていると便利です
ノートパソコンのキーボードが故障した場合も、急場をしのげます。
予備のキーボードがない場合は、パソコンの画面上にキーボードを表示させる「スクリーンキーボード」を使うと良いでしょう。
OSに標準搭載されています。

参考元

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 702855db bfdd 457f 95ec 31eabf8435fd
Written By
八色 さかえ
選んでいる時が一番楽しいかも。
家電選びの一助になればうれしいです。 よろしくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧