床暖房が故障した?故障の症状から対処方法まで床暖房の故障を徹底解説!

目次

床暖房の故障について

床暖房は、床に敷く事により室内の地面部分を暖めてくれる製品ですので、床暖房があるととてもポカポカと気持ちよく過ごす事が出来ます。
床暖房にハマってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまう様ななくてはならない製品です。
その様な便利で快適な床暖房ですが、電化製品である以上、故障や寿命が訪れてしまう事は避けては通れない事実です。
この記事では床暖房の故障の症状と床暖房が故障した時の対処方を解説致します。

床暖房の故障の症状

床暖房の故障の症状① 床暖房の温度が低い

床暖房の故障の症状として床暖房の温度が低いという症状があらわれます。
案外床暖房の温度設定が低くなっている場合もありますので、その様な場合は設定温度を上げれば症状が改善されますので問題ありません。
ですが、床暖房の室温センサーやコントローラーに直射日光や他の暖房機の温風が当たってしまう等の事を繰り返していると、室温センサーが正しく室温を測定出来なくなってしまいます。
この様な製品の取り扱いにより、室内センサーが劣化してしまう等の故障に繋がってしまいます。
床暖房のコントローラーや室温センサーの設置場所は直射日光が当たる場所を避け、他の暖房器具の温風が当たらない場所に設置して室温センサーがきちんと室内の温度を測定出来るところへ設置しましょう。
また、床暖房が故障してしまい、一番困る事が修理を依頼する時です。
床暖房が故障してしまった時の修理を依頼する時の事にもスポットを当てて解説致します。

床暖房の故障の症状② スイッチを入れても反応しない

床暖房の故障の症状として床暖房のスイッチを入れても反応しない場合があります。
床暖房は製品によっては温度が上昇するまでに多少時間がかかる製品もあります。
その様な場合は数分待てば時間の経過と共に床暖房の温度が上昇してきますので問題ありません。
ですが、ご使用年数が長期間にわたる事により電子回路の故障や内部の部品等様々な部分が経年劣化により故障してしまう場合があります。
その様な場合ではスイッチが故障してしまう事により床暖房が反応していない恐れがあります。
製品の寿命が訪れてスイッチが故障してしまった場合は、修理に依頼するか買い換えを検討しましょう。

床暖房の故障の症状① 使用していないのに床が暖まることがある

床暖房の故障の症状として床暖房を使用していないにもかかわらず、床が暖まるという現象があらわれます。
この様な場合は床暖房の暖房回路に溜まっていた空気を抜く為に、1ヶ月に1回等定期的に空気を抜くという行動を起こします。
この床暖房の空気を抜いている時に他の暖房器具を使用している事により、一時的に床の温度が上昇する事があります。
この様な症状では床暖房の定期的なメンテナンスの様なものですので、床暖房の故障とは無関係ですので問題ありません。
ですが、床暖房の定期的なメンテナンスとは全く無関係に床暖房が暖まる様な現象が起こると、床暖房の室温センサーが故障していたり、内部の部品等の様々な部分が故障している事により床暖房が誤作動を起こしている恐れがあります。
その様な場合では、発火や火災等の大惨事に繋がる前に修理に依頼するか買い換えを検討しましょう。

参考元:東京ガス

床 暖房 故障

床暖房の故障の対処法

床暖房の故障の対処法① 修理を依頼する

床暖房が故障してしまった場合は、メーカーや専門の修理業者に修理を依頼する事をおすすめ致します。
床暖房の修理を依頼する場合は、製品の使用年数が短く、軽微な故障であれば修理に依頼する方がよいでしょう。
床暖房の使用年数が短い場合であればメーカーにも修理、交換用の部品が残っている可能性が高いです。
また、正常にご使用していて一年以内に床暖房が故障してしまった場合は、メーカーが無償で修理、交換してくれる可能性が高いです。
床暖房の修理に関しては下記で更に詳しく解説致しますので、ご参考にして頂きます様お願い致します。

床暖房の故障の対処法② 新しい製品に買い換える

床暖房が故障してしまった場合は、新しい製品に買い換える選択もあります。
床暖房の故障の症状がとても重い場合は修理に出しても買い換えるより高くついてしまう場合も少なくありません。
また、床暖房のご使用年数が長期に渡る製品ですとメーカーに修理、交換用の部品が残っていない事が多く、修理にとても高額な費用がかかってしまったり、または修理事態が不可能な場合が珍しくありません。
この様な床暖房を修理するより高くなってしまう場合には、新しい製品に買い換える事をおすすめ致します。

床暖房の故障の対処法③ 床暖房以外の製品で暖を取る

床暖房が故障してしまった場合は床暖房以外の暖房器具で暖を取る方法もあります。
床暖房はとても便利な製品で床から暖める事により、地面に接する部分が暖かくてとても快適に過ごせる製品です。
ですが、床暖房がなんの前触れもなく突然故障してしまった場合には、修理に依頼した場合の修理期間や買い換えにしてみても買い換える当日までは床暖房はご使用不可能です。
その様な場合は一時的な応急処置ではありませんが、床暖房が復旧するまでの繋ぎ期間でも他の暖房器具を使用して暖を取るのも良い選択です。

故障した床暖房を修理にだす

床暖房が故障した時に修理に出す場合は主に技術料、部品代、出張費等がかかります。

技術料

技術料とは床暖房が故障した時の故障の症状の診断を行う費用、故障部分の修理費用、故障した部品の交換費用等にかかる費用の事をいいます。
技術料は実際に故障の症状や修理業者により料金が変わります。
修理を依頼する前に一度お問い合わせ頂き、床暖房の故障の症状を説明する事により診断出来ます。

部品代

部品代は床暖房が故障した場合に故障した部分の交換した部品の費用の事をいいます。
部品代も故障の症状や修理業者により料金が異なる為、修理を依頼する専門の修理業者に症状を説明して診断して貰う事により修理料金を診断する事が出来ます。

出張費

出張費は床暖房が故障した場合に専門の修理業者が修理先へ移動する費用です。
一般的には移動までの距離により2000円から3000円が相場といわれています。
修理業者によって料金が変わってくる為、修理を依頼する修理業者に一度問い合わせてみると正確な情報を知る事が出来ます。

参考元:noritz東京ガス

まとめ

最後に床暖房の故障についての記事を執筆させて頂き、床暖房がとても便利で快適な製品である事を改めて勉強させて頂きました。
床暖房は特に冬の寒冷地ではとても重宝する製品で、なくてはならない製品です。
その様な便利で快適な生活をもたらしてくれる製品ですが、床暖房が故障してしまった場合は故障の症状を正確に判断して的確な判断が下せる様この記事の内容を参考にして頂きます様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧