掃除機が故障した?故障の症状から対処方法まで掃除機の故障を徹底解説!

目次

掃除機の故障について

皆様、ご家庭に一台はお持ちであろう掃除機。
家電製品の中でも使用する頻度が高い分、故障の可能性も低くないです。
しかし、掃除機故障と言っても様々な症状の故障があったり実際には一時的に動かないだけで故障していない場合もありますよね。
この記事では、そんな掃除機故障でお困りの方の為の情報をお届けしたいと思います。

掃除機が故障した?故障かどうか確認する方法

掃除機が動かなくなった場合、すぐに故障と決めつけるのはまだ早いです。
ちょっとした動作不良だったり、安全装置が作動しただけかもしれません。
ここでは急に掃除機が動かなくなった原因や、故障しているかどうかを確認する方法をご説明させていただきます。

電源プラグ

掃除機が使用中に動かなくなった場合、まず一番に確認すべきは電源プラグです。
電源プラグが抜けていないか確認するのは勿論、一度抜いてから差し直すだけでも動くことは多いです。コードレス式掃除機の場合はバッテリー切れの可能性があるので充電してからもう一度試してみましょう。

フィルター

掃除機は使用する度に少しづつですがフィルターにホコリなどのゴミが溜まって行くので定期的な掃除をしないとフィルターが目詰まりを起こしてしまいます。掃除をしなくても動く場合もありますが放っておくと掃除機故障の原因になりますので気づいた時には掃除をするようにしたほうがいいでしょう。

紙パック

紙パック式掃除機は掃除機のサイズと合っていない紙パックを使用している場合安全装置が作動して掃除機が動かなくなることがあります。サイズの違う紙パックやゴミでいっぱいになった紙パックを交換せずに使い続けると掃除機故障の原因や掃除機の寿命を縮めることになりますので紙パックは掃除機に合ったサイズの物を使いましょう。

回転ブラシ

掃除機ヘッドのブラシ部分が回転式の場合、大きなゴミやホコリ、長い髪の毛を巻き込むことがあります。それらが溜まっていくとブラシ部分が回転しなくなったりゴミを吸う邪魔になったりもします。ブラシ部分に巻き付いた髪の毛はハサミを使って切り取ることでキレイにできますが誤って掃除機を傷つけてしまわないよう注意が必要です。

掃除機 掃除

夏場に特に多く見られることですが掃除機内部の温度が上昇し過ぎて動作が止まってしまうことがあります。前述のフィルターや紙パックもそうですが特に掃除機の排気口にホコリやゴミが詰まっていると熱の逃げ場がなくなってしまい、相乗効果で掃除機使用中は内部の温度が一気に上がってしまいます。その結果、安全装置が作動してしまいます。しばらく時間を置いて掃除機内部の温度を下げれば動くようになりますが熱暴走の場合、掃除機故障の原因になると同時に掃除機の寿命を著しく縮めることになるので注意が必要です。

掃除機の故障の症状

先ほどご説明した症状が一つも当てはまらない場合掃除機が故障している可能性が高いです。
掃除機の場合、わかりやすい故障よりもわかりづらい故障の方が多いので掃除機の故障にいち早く気づけるよう掃除機故障ついてご説明しましょう。

電源がつかない

掃除機故障の最たるものであり、原因としては色々と考えられますね。
例えば電源ケーブルの断線。中でも一番負荷のかかりやすいプラグ付近は断線が起こりやすいようです。電源ケーブル断線の厄介なところは外からは断線しているかどうか全く分からない上に断線したまま気づかず使用することで最悪の場合、発火する恐れがあることです。
自分で電源コードを修理できる方もいらっしゃると思いますが修理してしまった場合、メーカーや販売店での保証の対象外になってしまうので注意が必要です。

電源はつくが動かない

この場合、前述のような単なる動作不良の可能性がありますが電源プラグの抜き差しや紙パックの交換、フィルターの掃除をしてもダメな場合故障の可能性が高いです。
例えば掃除の際に水を吸ってしまうと掃除機内部のモーターに水が到達してしまい、このような症状になることがあります。
厳密には故障と違いますがモーターが寿命を迎えた場合も同じような症状になるようです。

ダメ

掃除機から通常と違う音がする

掃除機を使用している際、何かが詰まっているわけでもないのに通常と違う音がする場合掃除機内のモーターや電源基板の異常が考えられます。そのまま使い続けると危険な上完全に故障する可能性が高いので、すぐに使用を中止してください。

吸引力が弱くなった

吸引力が弱くなった場合、どこかにゴミが詰まっていたりゴミの溜まり過ぎの可能性があります。ゴミを掃除しても改善しない時はフィルターの目詰まりが原因で吸引力が
落ちる場合もありますフィルターを掃除しましょう。また、長期間使用している掃除機の場合、モーターの寿命と共に吸引力が落ちていることもあるのでその場合は買い替えを検討されることをおすすめします。

電源コードがまきとれない

掃除機内でコードが絡まっているとコードが巻き取れなくなったり、引き出せなくなったりすることがあります。この場合は無理せず、巻き取りボタンを押しながら少し引いて戻すことで改善できる場合があります。

掃除機が故障した際の対処方法

掃除機が故障してしまった場合、対処方法としては修理に出すか買い替えるかの二つになります。修理に出すのであれば何処に修理を依頼するのか決めなければなりません。買い替えるにしても掃除機というのは種類が多いので色々と迷ってしまいますよね、更に古い掃除機の廃棄方法についても考えなければなりません。
ここではそんな故障した際の対処方法についてご説明します。

修理に出す

掃除機を修理に出す場合、掃除機を購入した販売店に依頼するか掃除機の製造元であるメーカーに依頼するか民間の修理業者に依頼するか選択肢が複数あります。販売店やメーカーに修理を依頼する場合まず確認すべきは、お持ちの保証書や購入時に加入しているプランがないかです。
それによって修理の条件も変わってきます。
民間修理業者に修理を依頼する場合、掃除機は日常的に
使用する家電製品である為、対応している民間の修理業者も多い分、口コミや比較検討もしやすいです。

オーブンレンジ 寿命 買い替え時期

買い替える

修理が不可能の場合、買い替えることになります。一般的に掃除機の寿命は6年から7年と言われていますがものによっては10年ほど持つ場合もあります。
電化製品ですから新しいもの程基本的に性能が良く使いやすい傾向にあります。掃除機の寿命の可能性がある場合、予算的に余裕があるのであれば新品に買い替えた方が快適に過ごせるでしょう。
しかし掃除機と言っても種類がたくさんありますよね。
紙パック式かサイクロン式か、コード式かコードレス式か、キャニスター型かスティック型か等々、この辺りが掃除機を選ぶうえで悩みの種となることが多いようです。自分一人では決められない場合は販売店の店員さんと相談して
自分の使用する環境に合った掃除機をおすすめしてもらうこともできます。

廃棄方法

掃除機を廃棄する際、普段捨てるゴミとは勝手が違うのでわかりづらいですよね。
ここでは廃棄する方法についてご説明します。
粗大ゴミとして処分する場合、自治体のゴミ処理センターに電話で申し込んだ上粗大ゴミステッカーを掃除機に貼って回収日に所定の場所か家の前に出しておきます。
粗大ゴミステッカーやゴミ処理券はコンビニ等で販売しています。回収の他にもゴミ処理センターに直接持ち込むこともできます。
他にも不用品回収業者に依頼することもできます。この場合、掃除機以外の不用品も一緒に回収してもらえるので
他にも回収してもらいたい者がある場合はお得に回収してもらえます。

掃除機のメーカーごとの故障サポートについて

掃除機を購入した際、メーカーもしくは販売店の保証がつきますがここではメーカーの保証やアフターサービスについてご説明します。
掃除機に限らずですが購入時に保証がつくような製品は購入から一定期間修理保証を受けることができます。無償かどうかは条件によりケースバイケースですが保証書があれば期間内の修理は無償で行ってくれる場合が多いので保証書は無くさないよう大切に保管しておきましょう。
アフターサービスについてはわからないことや困ったことがあればメーカーに問い合わせれば答えてくれます。コールセンターでもメールフォームからでも。
メーカーによってはチャット形式で問い合わせを受け付けているところもあります。
下記にいくつか家電メーカーの掃除機問い合わせ用URLを記載してあるので
参考にしてください。

ダイソン

https://www.dyson.co.jp/support.aspx

東芝

https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/support/cleaners/index_j.htm

シャープ

https://cs.sharp.co.jp/trouble_check/div/cleaner/navi_top.html

エレクトロラックス

http://www.electrolux.co.jp/support/smallappliances/

三菱電気

http://faq01.mitsubishielectric.co.jp/category/show/234?site_domain=default

日立

https://kadenfan.hitachi.co.jp/support/clean/q_a/a02.html

まとめ

今回の記事では掃除機の動作不良や故障の原因、それに対する対応や
故障した後の対応についてご説明しました。今回の記事は全ての掃除機故障の
ケースに当てはまるわけではないので上記以外の動作不良や故障の症状も
あると思います。その場合は使用を中止しメーカーに問い合わせをすることを
おすすめします。
日常的に使う掃除機、使用頻度が高いものというのは
扱いが雑になりがちです。しかし、簡単なお手入れをするだけでも寿命は伸びますし
丁寧に使用していれば動作不良や故障を防ぐこともできます。
お手入れ方法は取扱説明書にも記載されているはずなので
一度お持ちの取扱説明書を確認してみてください。
折角買った掃除機、できれば長く使いたいですよね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事