冷凍庫が故障した?故障の症状から対処方法まで冷凍庫の故障を徹底解説!

目次

冷凍庫の故障について

冷凍庫が故障してしまい、冷えなくなってしまったとなると、食品の冷凍保存はもちろん氷を作ることもできなくなります。

これには日々忙しい現代人は困ってしまいますよね。

平日は中々料理する暇がなく、休日に料理を作って作り置きするという方もいるでしょうし…

夏に美味しいアイスクリームも食べられなくなってしまいますしね。

そこで今回の記事では日常生活において意外と重要な冷凍庫について故障した際の症状や対処法等紹介していきます。

冷凍庫の故障でお悩みの方はぜひこの記事を一度読んでみてください。

冷凍庫が故障した?故障かどうか確認する方法

冷凍庫 故障

冷凍庫が故障してしまったと慌てる前に、冷凍庫に発生している不具合が本当に故障が原因によるものなのか確認しましょう。

というのも故障かと思ったが実はそうではなかったということが意外に多くあるのです。

その具体的な確認方法については以下になります。

  • コンセントがきちんと刺さっているか
  • 冷蔵庫を設置した直後ではないか
  • 冷凍庫の温度設定は正しいか
  • 冷蔵庫の電源を一度切ると状態が改善するかどうか

これらについて下記より紹介していきます。

コンセントがきちんと刺さっているか

冷蔵庫のコンセントがきちんと刺さっていないということは意外にも多くあります。

足等に引っ掛けてしまい、抜けかかっているということもありますからね。

コンセントがきちんと刺さっていなければ当然冷凍庫は正常に動きません。

よって冷凍庫の故障を疑う前にコンセントが刺さっているかどうかを確認しましょう。

冷蔵庫の電源を一度切ると状態が改善するかどうか

冷凍庫が冷えないことの原因は冷凍庫に冷風を送るためのパイプ内に霜が発生し、その霜が冷風を妨げていることというのが割と多くあります。

もちろん普通に使用しているだけではそのように簡単に霜はつかないのですが、何度も開け閉めを繰り返している等、外気温にさらすことが多い使用方法だと霜が付くことがあるのです。

なので、心当たりのある方はもちろんとしてそうではないという方も念のため冷蔵庫の電源を一度切り、1日程度放置すると状態が改善するかどうか試してみてください。

ただ、冷蔵庫の電源を一度切るということなので、その間は正常通りに冷蔵庫は使えませんし、再度冷えるまでまた1日程度かかります。

なので、こちらの確認事項を行うかどうかはおまかせします。

冷蔵庫を設置した直後ではないか

冷蔵庫を設置した直後は庫内は中々冷えません。

大体十分に冷えるまでに1日程度かかるため、氷を正常に作れないということもあります。

冷蔵庫を設置して半日経つのに通常通り使用できない、とのことで故障を疑う方もいるかもしれませんが上述した通り、冷えるまでには1日程度必要です。

そのため冷蔵庫を設置した直後から正常の使用ができなくても故障ではありません。

参考元:Panasonic | よくあるご質問

冷凍庫の温度設定は正しいか

冷蔵庫には夏場や冬場で温度調節を行えるようにするため温度設定を行えるタイプのものもあります。

そのため、氷が上手く作れない、冷凍した食品が溶けかかっているとのことで故障を疑っているという方は温度設定が正しく設定されているかどうかを確かめましょう。

例えばですが、夏場の暑い時期に冷凍室の温度設定が弱、もしくは中だと氷や冷凍した食品が溶けることがあります。

参考元:MUJI 無印良品

冷凍庫の故障を疑った際はまずこれらの点を確認してみてください。

冷凍庫の故障の症状

冷凍庫 故障

それでは次に冷凍庫の故障の症状について紹介していきます。

上記で紹介した確認事項に特に問題がなかったという方は自分の冷凍庫と症状が当てはまっているか確認してください。

冷凍できない

冷凍庫が故障している際の症状としてまず挙げられるのが「冷凍できない」という症状です。

冷蔵庫を設置してから時間は十分に経っている、温度設定も問題なかったという際には冷凍庫が故障していると考えられます。

具体的に言うと、冷凍庫に冷風を送るまでのどこかが故障している可能性があるということですね。

放っておくと冷凍している食品等が溶けてくるため、はやめに対処しましょう。

ただ、上記でも挙げたように冷風を送るパイプに霜がついているだけという可能性もあります。

業者に修理依頼をしたが霜取りを行っただけだった、となると損する可能性もあるため自分でも霜が原因となっている可能性があるということを念頭に置いておいてください。

照明がつかない

冷凍庫の故障の症状として次に挙げられるのが「照明が付かないこと」です。

照明がつかないということは電気系統に異常が発生している可能性の他、ドアの故障も疑われます。

なぜ照明がつかないことがドアの故障に繋がるのか、それはドアが照明のスイッチの役割も果たしているからです。

これについては冷蔵室の開け閉めを行うとよくわかると思います。

ドアの開け閉めにより照明がついたり消えたりしていますよね。

よって故障の症状に、照明がつかないということが挙げられます。

照明がつかない際にはドアが故障している可能性もあるということを覚えておいてください。

冷凍庫の故障の対処法

冷凍庫の故障に際する対処法は以下の2点になります。

  • 業者に修理を依頼する
  • 冷蔵庫を買い替える

霜が原因とかではなく、本格的に冷蔵庫内部の部品等が破損し、冷凍できないという故障の症状が発生している際には素人にはどうすることもできません。

部品等も用意できませんからね。

なので、業者に修理を依頼するか、冷蔵庫を買い替えるかのいずれかが対処法になってしまうのです。

ただ、やはり冷凍庫で食品が冷凍できない、庫内が冷えないという症状の際は内部が故障しているというより霜が原因であることも十分にあります。

霜取りだけでしたら自分でも割と簡単に行えるため、霜取りを行ったがどうにもならなかったという際に業者に修理を依頼する、もしくは買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

冷凍庫が故障した際は以下の症状が発生します。

  • 冷凍できない
  • 照明の故障

照明が故障した際はスイッチの役割を果たしているドアにも問題がある可能性がありますので、この点は覚えておいてください。

今回の記事で紹介した本当に故障したかどうかの確認事項を確認したうえで、これらのような症状が発生している場合は冷凍庫が故障していると言えるため、業者に修理に出す、もしくは買い替えるといった対処法を取る必要があります。

できる限り自分で対処したい、修理したいという気持ちもわかりますが素人がよくわからずいじるのも危険なので素直に上記対処法を選びましょう。

この記事が冷凍庫の故障について悩んでいる方の役に経ちましたら幸いです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
タナカ タロウ
宜しくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧