IHクッキングヒーターが故障した?故障の症状からメーカーごとの対処法まで解説!

目次

導入

最近ではオール電化等の住宅も増えて来て、ガスコンロに変わってIHクッキングヒーターが家庭のメインの調理器具に変わりつつあります。
毎日料理を行う家庭では、IHクッキングヒーターはなくてはならない製品になってきています。
そんなIHクッキングヒーターが故障してしまった場合には日常生活にとても支障をきたしてしまいます。
この記事ではIHクッキングヒーターが故障したと感じていても実は故障していない等の事例を解説致します。
また、IHクッキングヒーターの故障の症状やIHクッキングヒーターが故障した時の対処法、IHクッキングヒーターの故障の原因を解説致します。
そして各メーカーごとの問い合わせ窓口やサポートページをご紹介致します。

IHクッキングヒーターが故障した?故障かどうか確認する方法

IHクッキングヒーターが故障したと疑って修理や買い換えを検討する前に、本当にIHクッキングヒーターが故障したかどうか試してみましょう。
案外故障していなかったという事はよくあるものです。

電源が入っていなかった

IHクッキングヒーターに鍋やフライパンをセットしてスイッチを入れてもいっこうに温まる気配がありません。
この様な症状は意外にもIHクッキングヒーターの電源が入っていなかったという事がよくあるものです。
スイッチを入れても全く反応しない場合はIHクッキングヒーターが故障したと疑う前にまずきちんと電源が入っているか確認しましょう。

スイッチを入れていなかった

何度もIHクッキングヒーターを使用した事のある人であればこの様な事はないかと思われますが、あまりIHクッキングヒーターを使用する事に慣れていない人によくある事です。
IHクッキングヒーターに鍋やフライパンをセットしてもいっこうに温まらず、つい故障と疑ってしまう様ですが、実はスイッチが入っていなかったという事はよくある様です。
IHクッキングヒーターの故障と疑う前にきちんとスイッチが入っているかどうか確認しましょう。

IHに対応していない製品を使用していた

IHクッキングヒーターのスイッチを入れても鍋やフライパンに全く熱が伝わらない場合があります。
その様な場合は意外にもIHクッキングヒーターに対応していない製品が使われていたという事がよくあります。
IHクッキングヒーターに対応していない製品を使用して食品を温めようとしても鍋やフライパンが破損してしまったり、IHクッキングヒーターが劣化、破損してしまう恐れがあります。
IHクッキングヒーターの故障ではないかと疑う前にきちんとIHクッキングヒーターに対応している製品かどうか確かめてから使用するようにしましょう。

IHクッキングヒーターの故障の症状

電源が入らない

IHクッキングヒーターで食品を温めようとしてもIHクッキングヒーターの電源が入らない事があります。

温度が低い

IHクッキングヒーターで食品を暖めようとしても温度が低く、食品がいっこうに温まらないといった症状があらわれます。

異音がする

IHクッキングヒーターに異物が入ってしまったり、給気口、排気口が塞がって閉まってしまう事が原因です。
IHクッキングヒーターの冷却ファンの音が大きくなってしまい、異音が発生します。

ブレーカーが落ちる

IHクッキングヒーターを運転中に突然ブレーカーが落ちてしまう等の症状が起こります。
漏電等により発火、火災にも繋がりかねませんので、この様な症状が起こった場合には速やかに使用を停止して、点検や修理に出す等の処置を行って大惨事にならないよう注意して対処して下さい。

参考元:セキシステムサービス

IHクッキングヒーターの故障の対処法

IHクッキングヒーターの故障してしまった時の対処方法を解説致します。

メーカーや修理業者に修理を依頼する

IHクッキングヒーターが故障して使用年数がまだ新しい場合や、故障が軽微な場合はIHクッキングヒーターをメーカーや専門の修理業者に修理に出す事をおすすめ致します。
故障が軽微な場合では修理料金もそんなにかからないでしょうし、正常にご使用の上で保証期間であれば、無償で修理、交換して貰える場合があります。

新しい製品を買い換える

IHクッキングヒーターが故障して使用年数が長期間経過してしまった場合や、故障の症状が重い場合では新しい製品に買い換える事をおすすめ致します。
IHクッキングヒーターの使用年数が長期間経過してしまった場合ではメーカーに修理、交換用の部品が残っていない場合が多く、修理費用がとても高額になってしまう場合や修理事態が不可能な場合があります。
また、故障の症状が重い場合は、修理期間が長引いてしまい修理費用もとても高額になってしまう事が多い為、修理期間や費用の事を考えると新しい製品に買い換える事をおすすめ致します。

参考元:お部屋スッキリ片付けナビ

IHクッキングヒーターの故障の原因

調理中の煮こぼれ、吹きこぼれ

IHクッキングヒーターの故障してしまう原因は調理中の煮こぼれ、ふきこぼれにより起こります。
煮こぼれや吹きこぼれが起こる事により天板シールが劣化してしまいます。
天板シールが劣化してしまう事により、調理中に煮こぼれや吹きこぼれを起こした際に水分が内部に侵入してしまいます。
水分が内部に侵入してしまうと内部の部品が劣化してしまったり、製品がショートしてしまう恐れがあります。
IHクッキングヒーターで食品を調理する場合は、煮こぼれ、吹きこぼれに注意して使用しましょう。

重い物を置く事によるトッププレートの破損

IHクッキングヒーターの故障してしまう原因として、IHクッキングヒーターの上に基準以上の重い物を置いたり、IHクッキングヒーターの上に載っかってしまう事により、IHクッキングヒーターのトッププレートに亀裂が入ったり破損してしまう恐れがあります。
トッププレートに亀裂が入ったり破損してしまいますと、亀裂の入った部分から水分が侵入してしまったり、ごみやほこりが侵入してしまいます。
水分やごみ等が侵入してしまう事により、内部の部品が劣化してしまったり、製品がショートしてしまう恐れがあります。
IHクッキングヒーターの上に基準以上の重い物を置いたり、IHクッキングヒーターの上に乗っかる等の行為は絶対に行わない様にしましょう。

長期間使用による経年劣化

IHクッキングヒーターの故障の原因には長期間使用する事による経年劣化があげられます。
IHクッキングヒーターの寿命は10~15年程度といわれています。
IHクッキングヒーターを10以上使用し続けると様々な部分が経年劣化により内部の部品が劣化したり、天板シールが剥がれる、トッププレートに亀裂が入る等の症状があらわれます。
また、10年以上製品を使用した場合ではメーカーに修理、交換用の部品が残っていない事もあります。
IHクッキングヒーターの使用年数が10年から15年以上経過した製品で、異常な症状があらわれたら新しい製品に買い換える事を検討してみてもいいかもしれません。

参考元:セキシステムサービス

IHクッキングヒーターメーカーごと問い合わせ窓口、サポートページ

日立、Panasonic、三菱のそれぞれのメーカーごとに問い合わせ窓口、サポートページをご紹介致します。
IHクッキングヒーターが故障した際には是非参考にして下さい。

日立のIHクッキングヒーター

日立の日立のIHクッキングヒーターのサポートページです。
各症状に合わせて下記リンクから製品に関するFAQが提示されています。
よろしければご参考にして下さいますようお願いします。

参考元:日立サポートページ

PanasonicのIHクッキングヒーター

PanasonicのIHクッキングヒーターのサポートページです。
各症状に合わせて下記リンクから製品に関するFAQが提示されています。
よろしければご参考にして下さいますようお願いします。

参考元:Panasonicサポートページ

三菱電気のIHクッキングヒーターのサポートページです。

各症状に合わせて下記リンクから製品に関するFAQが提示されています。
よろしければご参考にして下さいますようお願いします。

参考元:三菱サポートページ

三菱電気のIHクッキングヒーターの下記リンクから製品に関するFAQが提示されています。
よろしければご参考にして下さいますようお願いします。

参考元:三菱FAQ

まとめ

最後にIHクッキングヒーターの故障についての記事を執筆させて頂き、IHクッキングヒーターはとても便利な製品でこれから先は今まで以上に普及率の高まる製品になる事は間違いないでしょう。
その様な時にIHクッキングヒーターが故障してしまった場合には、まずIHクッキングヒーターが本当に故障しているのかをきちんと見極めて本当に故障していた場合はどの様な原因で故障したのかを正確に把握しましょう。
そして、冷静に状況を見極めて自分で解決出来ない場合は修理に出すか新しい製品に買い替える等、的確に判断出来る様この記事の内容を役に立てて頂ける様お願い致します。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧