こたつが故障した?故障の症状から対処方法までこたつの故障を徹底解説!

目次

こたつの故障したときの対処法 

こたつなどの電化製品が故障したりするこはよくあります。
昨日まではちゃんと使えたのに突然つかえなくなったり、夏なら扇風機・冷房機、冬なら、こたつ・電気ストーブなど去年まではちゃんと動いていたのになんで?
こんな経験は誰しもしたことがあるのではないでしょうか。

今回はこたつの故障について私が過去に経験したときの対処法について書きたいとおもいます。

こたつが故障した?故障かどうか確認する方法

コンセントの確認

電化製品は電気が流れないと作動しません、あたりまえですよね。
まずはじめに確認することはコンセントからこたつにちゃんと電気が通っているかどうか、
コンセントにこたつコードがうまく差し込まれているかどうか確認しましょう。
だれでもうっかりミスがあることで、電化製品が全く作動しないぞって思ってみれば、なんだ、電源コードが差し込まれていないだけってことは経験ありますよね。
また、こたつコードではなくコンセントにも原因がある場合があります。
同じコンセントに他の電化製品がうまく作動するかどうかをチェックしてみましょう。

こたつコードの不具合

こたつの場合はこたつ本体からこたつコードが直接繋がっている物と、こたつコードとこたつ本体を抜き差し出来るものがありますので、その場合はこたつ本体とこたつコードのコンセント部分がうまく最後まで差し込まれているかどうか確認しましょう。

とくに冬にだけ使う機会が多いこたつは、使わない時期などは押入れやガレージの隅などに保管している人も多くいます。季節限定でつかうのでしまった場所も忘れてしまう人もたまにいますよね。

特にこたつコードなどは、保管場所によってはコードがネズミなどにかじられて被膜が破れたり、断線してしまう場合などもあります。

もしこたつコードに問題などある場合はコードだけを替えれば正常に作動しますので一度はこたつコードを確認しましょう。

コードが断線しているだけの場合は上記リンクのようなコードを買い換えるだけで治る可能性もあります。

こたつの故障の症状

こたつが故障する場合は様々な症状があります。

  • 寿命による故障
  • 不具合による故障
  • 使用方法による故障

上記について考えてみましょう

寿命による故障

こたつは電気製品でありますから、もちろん正しく機能する期間というものがあります。
こたつの寿命は、だいたい10年ぐらいだと言われております。
この場合は長年使い続けたことによる、内部部品の摩耗・消耗・接触不良などの劣化などにより正しく機能できなくなることがあります。
例えば、ヒーターの不具合も長年使われたことによる内部部品の劣化による症状のひとつです。

不具合による故障

まだ買ったばかりなのにこたつが故障した、、
このような症状がでた場合は不具合による故障の可能性が高いです。
品質不良による欠陥品は様々な電気製品で常に起こる可能性があります。
まだ買ったばかりなのに動かない場合は保証期間の間でありましたら無償で修理を受けてもらえるので、購入店に連絡しましょう。

使用方法による故障

こたつの寿命はだいたい10年ぐらいだと言われますがそれは使い方によって短くもなったり、また長くなったりします。
電源の切り忘れによる長時間の使用や、洗濯物などを乾かすためにこたつの活用するのはこたつの寿命を縮めることになるでしょう。
こたつに故障の症状が出た場合使用方法に問題などがなかった一度考えてみましょう。

こたつの故障の対処法

こたつが故障した場合は特別な専門知識がない限り一人で修理するこは不可能でしょう。
もし壊れてる場所が分かる場合でも素人が電化製品を分解して修理するのは危険なのでやめましょう。

新しくこたつを購入する

もしあなたが10年前こたつを購入して使用している場合
新しく最新のこたつを購入してみるのもいいでしょう。

メリット
- 技術の進歩により省エネ技術も向上されている商品がたくさんあるので電気代が安くなる。
- 故障したこたつを購入時に引き取ってくれる家電屋があるので処分費用を抑えられる。

デメリット
- 購入時にコストがヒーターなどの一部交換より高くなる

ヒーター・こたつコードの交換

メリット
- コスト面で新品などを買うよりはるかにお得

デメリット
- 交換作業など一人(自己責任)で行わなければならない

オークション・フリーマッケットなどから中古品の購入

メリット
_ 今はたくさんのあるフリマアプリなどにより中古品でもまだ質のいい最新のものが簡単に探せて安く手に入る。

デメリット
- 保証期間などのサポートがない

私の場合はヒーターなどの一部交換がオススメです。
こたつは電気製品といってもテーブルとしての機能があります。
こたつとして使用するのは冬などに限定されており1年中つかうものではありません。
長年つかってきたテーブルにも愛着がある方も多いと思いますし、新しく購入した場合は、いままで使っていたこたつの処分や置場を確保しなくてはなりません。

たくさん選択肢はありますが、ご自身の予算にあった選択をするのが一番いいのではないでしょうか、また暖房器具はこたつだけではありませんので新しくこたつ以外の暖房器具を購入してみるのもいいでしょう。

まとめ

冬には欠かせないこたつ、また日本独自の文化でもありますね。
また日本人に限らず、こたつに憧れるて海外から購入しに来る外国人もいるぐらいですから。
そんなこたつが故障してしまったら、、、考えただけでも寂しい、寒い冬を過ごさなくてはなりません。

今回は私の経験を基にこたつが故障してしまった人に私の意見などが、すこしでもお役に立てればうれしいです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧