扇風機が故障した?故障の症状から対処方法まで扇風機の故障を徹底解説!

目次

扇風機の故障について

最近は暖かい季節になってきており、夏日が続くことも珍しくなくなってきました。
そんな季節に活躍するのがエアコンや扇風機だと思いますが、冬の季節も使用することがあるエアコンならまだしも扇風機となるとほとんどの人は一年に一度、この季節に物置などから引っ張り出してきて使用していると思います。
そのためあまり使用していないように思っていても実は購入してからかなりの年月が経っていたり、そのために久しぶりに電源を入れると少し調子が悪くなっていたりと涼みたい時に正常に動いてくれないこともあると思います。
この記事では扇風機が調子悪いと感じた時にそれが故障なのかどうかの判断や、そんな時にどのように対処をすれば良いのかをまとめていこうと思います。

扇風機が故障?故障しているか判断する方法

扇風機 あー!!

扇風機が故障しているかどうかを判断する方法をご紹介するにあたり、一口に故障といってもいくつかの症状がありますので故障した時に考えられる主な症状を下記にまとめますので各症状に対してどのように判断していくかを紹介していきたいと思います。

【扇風機が故障した?と思う主な症状】
- 扇風機の電源を入れても動いてくれない
- 扇風機の電源を入れると動いてくれるが、羽の回転に勢いがない
- 扇風機の電源を入れると動きは正常だが稼働中に変な音が鳴っている

上記の3通りの症状から故障の判断をして見ましょう

扇風機の電源を入れても動いてくれないときの故障かどうかの判断方法

この症状が現れたときの注意点としては一見動いてくれないことから完全に故障していると判断しがちなのですが、実は扇風機自体は故障していなかったということがあることです。
このことからこの症状ではしっかりと確認しないと扇風機が正常な状態であるにも関わらず新しいものを買ってしまうという失敗をしかねないのでこの症状が現れたときはしっかりと確認をしましょう。

【故障かな?と思った時の判断方法】

コンセントにプラグがささっているかの確認

当たり前ですがコンセントにプラグがささっていなければ電化製品は動いてくれません。
しかしこれが私の経験上では一番ある気がしますので一度確認してみましょう。

ブレーカーが落ちていないかの確認

なんらかの拍子にブレーカーが落ちていて電化製品が使えなくなっている場合です。
一度ブレーカーが落ちていないかどうかの確認もしてみましょう。

コンセント側(テーブルタップなどは特に)の故障確認

実は扇風機側は故障していなくてコンセント側が故障していたという場合です。
そういった場合は他の電化製品を使ってみてください。
他の電化製品が動かなかった場合はコンセント側が故障している可能性が高くなります。

上記のいずれにも当てはまらなければ扇風機側の故障やコードの断線などが考えられます。

扇風機は動いてくれるが羽の回転に勢いがないときの故障かどうかの判断方法

羽の回転に勢いがないときに考えられる原因として考えられるものとして下記の原因が挙げられます。
もしかすると簡単に対処できるかもしれませんのでしっかりと確認しておきましょう。

【故障かな?と思った時の判断方法】

扇風機の回転部分に埃やゴミが詰まっているかの確認

扇風機の性質上長い期間物置などに放置されることが多いため、埃やごみなどが回転部分に詰まることもあります。
この埃やゴミにより火災が発生してしまうことも考えられますので一度確認しておきましょう。

羽の回転に勢いがなくなる原因のほとんどは埃やごみが原因になるのですが、もしそうでない場合には回転部分のモーターの劣化が考えられます。

扇風機の動きは正常だが稼働中に異音が鳴るときの故障かどうかの判断方法

扇風機の羽が回転しているときや首を動かしているときに異音がしてうるさいと感じることがあると思います。
静かに涼みたいときにうるさい音が伴うとイライラしてしまうと思いますし、この異音を放置しておくことで思わぬ事故を引き起こしてしまう可能性もありますのでしっかりと確認して対処しましょう!

【故障かな?と思った時の判断方法】

扇風機の回転部分に埃やゴミが詰まっているかの確認

羽の回転に勢いがないときの原因にも挙げましたが埃やゴミが詰まっていることにより異音が発生することもございます。
先ほども書きましたが、埃やゴミが原因で火災が発生してしまう可能性もございますので一度確認しておきましょう。

扇風機の羽や回転部分の部品が割れかけているかの確認

羽や回転部分の部品にひびが入っていることにより異音が発生することがございます。
ひびが入っている状態で使用し続けると突然羽や部品が割れて飛んでくる可能性があります。
回転していたものがいきなり飛んでくると思わぬ怪我をしてしまうこともありますので、
異音がするときには埃やゴミなどとともにひびなどが入っていないかも確認しておきましょう。

扇風機の使用中に異音が鳴っている際には放置をしていると火災や怪我の原因にもなりますので異音が鳴る場合には必ず確認しましょう。

扇風機が故障した際の症状

扇風機 故障

先程も述べましたが故障の症状には大きく分けて3つあります。

まずは電源を入れても動かない場合です。
この場合は完全に使えなくなりますので買い換える必要があると思います。

次に電源を入れると動きはするが羽の回転に勢いがない場合です。
故障している際は回転部分のモーターの劣化が主な原因だと思いますのでそこを交換すると引き続き使えるかもしれません。
しかし、手間などを考えるとよっぽどの理由がない限りは買い換えることをオススメします。

最後に扇風機の使用中に異音がなる場合です。
この場合は厳密には故障の一歩手前と表現する方が正しい気もしますが、この状態で使い続けるのは大変危険ですので異音が鳴っていましたらすぐにでも使用するのをやめましょう。

扇風機が故障した時の対処法

扇風機 故障

では故障が確認できた場合にはどのような対処法で解決すれば良いのでしょうか?

まずは扇風機の電源を入れても動かない場合にはどこが故障しているのかの特定も困難であるため買い換えるのがいいと思います。

次に電源を入れると動きはするが羽の回転に勢いがない場合だと、原因は主にモーター部分の劣化と考えられますので自ら部品を交換したり、修理に出したりすると買い換えるよりかも安く済むかもしれませんが、モーターが劣化しているのであれば買い替えのタイミングかもしれませんので買ってからかなりの期間が経っていれば買い換えることも視野に入れてもいいかもしれません。

最後に使用中に異音がなる場合には部品にひびが入っていることが主な原因だと思われますので交換すべき部品の特定が比較的容易であるため自ら交換したり修理するのもいいかもしれません。
また、羽の回転に勢いがない時同様扇風機を買ってからかなりの期間が経っていることによる劣化だと考えられるのでこれを機に買い替えてみてもいいかもしれません。

まとめ

扇風機は性質上物置に長いこと放置されてしまうために埃やゴミが原因で調子が悪くなることがあります。
また、あまり使っていないように思えて実は買ってからかなりの期間が経っていたということも考えられますので調子が悪いと感じたときには思い切って買い替えて見るのがいいのかもしれません。
また、調子が悪い状態で使い続けることで火災や怪我などの思わぬ事故につながる可能性も考えられますので調子が悪いときには直ちに使用することをやめましょう。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事