電気ケトルが臭い?原因や対処法など電子ケトルの臭いを徹底解説!

この記事を執筆するにあたって

我が家はステンレス製の電気ケトルを使っていますが、定期的に洗浄しているおかげか今まで臭いと感じたことはありません。今回は筆者自身のお手入れ方法もご紹介しつつ電気ケトルの臭いについて解説いたします。

Written By mutu mama

目次

電気ケトルの臭いについて

電気の力で手軽にお湯が沸かせる電気ケトル。ポットと違いテーブルの上に置いても邪魔にならないコンパクトなボディと軽量さで、毎日活躍してくれる家電です。
でも使用しているうちに臭いが気になってくることはありませんか?
蓋をあけた瞬間に内部から臭う時もあれば、沸かしたお湯からもプラスチック臭がするなんて時も。熱湯で殺菌されているはずなのに一体何故!? これでは安心してお湯を使えません。

今回はこのような電気ケトル使用時の臭いの正体をつきとめ、どのよう予防すればいいのか徹底的に解説いたします!

電気ケトルが臭い?臭いをとる方法

方法① クエン酸で洗浄

電気ケトルの臭いが気になるから洗いたい、でも洗剤を使うのは抵抗がありますよね。
そんな時にオススメなのが、食品添加物などに使われている人体にも安全なクエン酸を使ったお手入れ方法です。電子ケトルの臭いの原因の1つに水垢があげられます。アルカリ性の汚れである水垢は酸性のクエン酸を使う事によって分解され臭いの元から洗浄してくれます。

クエン酸を使ったお手入れ方法はとっても簡単。

  • ① 電気ケトルに水を満杯まで入れます。
  • ② 水にクエン酸を1Lに対し大さじ1杯入れます。
  • ③ 沸騰させ一時間放置する。
  • ④ 中のお湯がこぼれないよう気を付けながら揺する。
  • ⑤ 最後に中のお湯をすてて水洗いをする。

浸け置きだけでも十分に綺麗になりますが、沸騰させることで更に洗浄効果があがります。
なお、クエン酸と並んで人体に安全な重曹も同様の方法で洗浄効果が期待できますが、重曹はアルカリ性のため油汚れなどの酸性汚れを分解します。電気ケトルの消臭効果は望めますが、クエン酸のように水垢の除去にはむいていません。
 

クエン酸は100円ショップでも購入できますし、電気ケトルの洗浄材としても販売されています。※商品によっては推奨する使用量やお手入れの手順があります。その場合はこちらでご紹介した手順ではなく、説明書にしたがってお手入れを行ってください。

方法② お酢で洗浄

クエン酸がご自宅にない場合はお酢でも電気ケトルの臭い対策ができます。方法はクエン酸の場合とほとんど変わりません。
 

-① 電気ケトルに水を満杯まで入れます。
-② お酢を1Lに対し大さじ1杯入れます。
-③ 沸騰させ一時間放置する。
-④ 中のお湯がこぼれないよう気を付けながら揺する。
-⑤ 最後に中のお湯をすてて水洗いをする。
 

クエン酸、お酢どちらの場合も最後の水洗いはゴシゴシ擦らず、柔らかいスポンジで電気ケトルの内部を傷つけないようにしましょう。傷ができるとそこに汚れが溜まりやすくなり、新たに臭いの原因を作ってしまいます。

電子ケトルの臭いの原因と予防策

電気 ケトル 臭い

臭いの原因は?

水垢

熱湯で消毒されているからケトルの内部は清潔とは限りません。水にはカルシウムミネラルなどの成分(カルキ)が含まれています。それらが結晶化したものがケトルに付着し、いわゆる水垢となります。
水垢自体は人体に害があるものではありませんが、放置してしまうと雑菌が繁殖しやすくなり結果的に臭いの原因となってしまいます。

カビ

電気ケトルを数日に一回程度しか使ってない場合、その異臭はカビのせいかもしれません。
しっかりと水気をきらずに蓋を閉めて放置してしまうと、ケトル内部は湿気が多く菌が繁殖するのに絶好の条件となってしまいます。
とくにカビが付きやすいのは注ぎ口部分やフィルター部分。保管前にしっかりとここを洗っておかないと、使っていない間にみるみるカビが増えて臭いの原因にもなってしまいます。

プラスチック

プラスチック製の電子ケトルでお湯を沸かすと、本体やお湯から臭いがするという声が多く聞かれますが、その原因はケトル本体の材質にあります。
プラスチック製品の殆どに添加剤(※1)が使われています。それがお湯を沸かす際に発生した熱で溶けだし、プラスチック臭の原因になっているのです。ただし、キッチン家電などに使用される添加剤は有毒な物質は使われておりませんので、人体に影響はありません。
 

水垢もプラスチックの添加剤も身体には安全という事はわかりました。だからといって臭い状態で電気ケトルを使用するのはやはり気分がいいものではありません。次項ではそんな水垢やプラスチックの臭いの予防策をご紹介しましょう。

※1 添加剤・・・酸化防止や光劣化などの耐久性をはじめとし、あらゆる機能の向上に用いられる薬剤の総称。

参考元: プラスチックの添加剤-MiSUMi-VONA技術情報

水垢の予防策

水垢からの臭いが気になる場合、一番確実なのは定期的に洗う事です。使うたびに洗うのは大変ですので、一日の終わりに中のお湯を流してサッと水洗いし、蓋をあけてしっかり乾燥させる事を習慣化するだけでも水垢はつきにくくなります。
また先述でご紹介させていただいたクエン酸や重曹を使った洗浄は効果大。週に一回のお手入れとして組み込んでみてはいかがでしょう。

カビの予防策

カビは湿気の多い場所が大好き。ですので水分が残った状態で蓋をするのはNG
使わない日はまず内部を洗剤などであらい、蓋をあけて布巾の上などに逆さに置いて水をきりましょう。
洗いにくくて面倒なフィルターや注ぎ口も忘れずに。
しっかりと乾いたことが確認できれば蓋をしめても大丈夫です。

プラスチック臭の予防策

残念ながらプラスチック臭は本体の電気ケトルが原因の為、臭いそのものを根本から消すという具体的な対策はありません。ただし、プラスチック臭いが一番強く感じるのは使いたての頃。繰り返し使用し続ける事で徐々に緩和されていくと言われています。それでも気になる場合は我慢し続けるよりは思い切って電気ケトルを買い換えてみるのも手です。

ステンレス製の電子ケトルは臭いがしない?

お鍋や包丁、お弁当箱から水筒まで様々なキッチン用具に使われているステンレス
幅広く使われる理由は臭いや汚れが付きにくいこと。ステンレス製の電子ケトルも同様で、水垢が付きにくくプラスチック製のケトルのような熱による異臭もありません。

ただし、こちらも新品をおろしたての時はしばらく金属臭がする場合が。プラスチックの臭いと金属の臭いはどちらがマシか?という話になると判断が難しいところですが、汚れが付きにくく耐久性もあるステンレス製の方が個人的には軍配が上がります。

臭いが気になる方におすすめの電子ケトル5選

象印 電気ケトル CK-AW10-TM

お湯を沸かすだけでなく、お茶やスープなどの保温にもマルチに使える電気ケトルです。でも、水以外のものを使うとなると気になるのが臭い移り。
ですがこの電気ケトルは内部のプラチナフッ素加工で汚れが付きにくく、臭い移りもありません。
カルキとばしコースで気になる水垢やカルキ臭いも防いでくれます。

ドリテック ステンレスケトル クレマ PO-120BK

ステンレスのボディがクールな外見の電気ケトルです。コンパクトでコードレスのため持ち運びも簡単。
同メーカーのヤカン型タイプや細口タイプも人気ですが、注ぎ口のお掃除のしやすさと言う点ではこちらのタイプの方がおすすめです。また、開口が広く奥まで手を入れて洗えますので、洗い残しによる臭いなども防げます。

VIVREAL ガラス製電気ケトル

プラスチック製の電子ケトルのプラスチック臭も、ステンレス製の金属臭も気になるという方におすすめしたいのがガラス製の電気ケトル。
ガラスはステンレス同様に臭い移りしにくく、かつ衛生的です。内部が見えるので汚れたらすぐわかるのも清潔を保つ面でGOOD。
ガラスだと空焚き等が怖いところですが、こちらの電気ケトルは沸騰後に自動的に電源がOFFになるので安全面でも優れています。湯沸し時はブルーのLEDライトが光るので、見ただけでON-OFFがわかるのも安心です。

デロンギ アイコナ・ヴィンテージ

臭い移りがない電気ケトルがほしいけど、見た目もこだわりたいという方にはデロンギの電気ケトルはいかがでしょう。
ヴィンテージ感のあるカラーリングに丸みのあるフォルムがインテリアを引き立てます。
もちろんステンレスですので衛生的。愛着を持つとそれだけお手入れもこまめにしたくなりますので、そういった点でも臭い対策に効果あり!?
ただし本体がとても熱くなりますので、小さなお子様のいるご家庭では注意が必要です。

レコスト スマートケトル RSMK-1

シンプルで置く場所を選ばないデザインの電気ケトルです。ステンレス製で臭い移りもなく、凹凸が少ないので洗い残しなく隅々までお手入れがしやすい形状です。
この電気ケトルの最大の特徴は50度~100度の間を5度単位で温度調整できところ。
赤ちゃんがいるご家庭ではミルクつくりにとても便利ですね。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事をご覧になって、ご自宅の電気ケトルの臭いの原因や対策方法が見つかったでしょうか?
電気ケトルの臭いが水垢などの汚れだけではなく、材質まで関係してくるとは意外でしたね。
これから電気ケトルを購入予定の方、そして買い替えをお考えの方、各メーカーのケトルの材質やお手入れのしやすさなどを総合的に見て納得のいく一品を是非見つけてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧