除湿機が臭い!?臭いのとりかたや臭くならない除湿機を紹介

目次

除湿機の臭いについて

除湿器 部屋干し

雨でジメジメした日や、梅雨の雨続きの日に大活躍するのが除湿機です。洗濯を部屋干しするときもとても無駄な湿気を取り除いてくれ嫌な生乾き臭を防いで切れます。
しかし、その除湿機から嫌な臭いを感じた事はありませんか。カビのような臭いを発し部屋中に十充満してしまったり洗濯物に臭いがついてしまったりするとせっかく除湿機を付けていても気分が落ちてしまいます。
そこで今回はそんな臭う除湿機の原因や改善法をご紹介していきます。ぜひご参考にされてください。

除湿機が臭い?臭いをとる方法

それでは、さっそく除湿機の臭いを取る方法をご紹介していきます。 

除湿器の排水タンクを掃除しよう

除湿器のタンクは水と直接かかわる場所であり、カビや雑菌が繁殖しやすい場所です。お手入れをせず放っておくと、カビ臭さや嫌な臭いの原因となってしまいます。しっかりお手入れをしていきましょう。

臭いをとるお手入れ方法

①まず、除湿機のタンクに溜まっている水を捨てます。そこで、注目するところがタンクにカビが生えてしまっていないかです。うっすらピンク色に染まっているのもから黒くかびているものまで様々なカビが生えている可能性があります。

②カビが生えている場合は食器用洗剤とスポンジで洗っていきましょう。カビがしつこい場合はタンクが入るほどの容器、または浴槽を使い水に塩素系漂白剤を分量通り溶かし付け置きしていきます。付け置き時間は1時間ほどで、カビが浮き上がっていたら流水で流してください。

③頑固なカビがある場合は上記を2~3回繰り返してみてください。カビが取れたら風通しの良い場所で充分に乾燥させてください。繰り返してもカビが摂れない場合はタンクのみの買い替えをおすすめします。

④全くカビが生えていないタンクは、水とスポンジでお掃除をし風通しの良い場所で乾燥させてください。

掃除をして臭いをとる際の注意点

塩素系漂白剤を使用するときは、直接素手で触ると危険ですのでゴム手袋を使用してください。また、浴室などで使用する場合は充分に喚起をしましょう。マスクをするなどして肌や口を守りましょう。

フィルターのお手入れをしよう

除湿器内はとても湿気が多く雑菌やカビにとってとても住みやすい環境です。そこでフィルターの掃除を怠ってしまうとゴミやホコリに雑菌が沸きそれを餌にカビが増殖してしまい、除湿機の臭いに繋がってしまいます。フィルターもしっかりとお手入れしていきましょう。

フィルターのお手入れ方法

①まず、本体の電源を落としコンセントを抜きましょう。次に除湿機のフィルターを取り外していきます。この時、除湿機の下に新聞紙を敷いておくとホコリなどが床に落ちずにすみます。

②フィルターのホコリを掃除機で吸い取っていきましょう。ほうきなどで下に払ったり、ティッシュを使用するとホコリがうまく取れなかったり、ほこりが舞ってしまうので掃除機を使用することをおすすめします。

③ホコリが中々取れなかったり、カビが生えてしまっている場合は、タンクの時と同様塩素系漂白剤や重曹に付け置きをしていきましょう。フィルター部分は繊細なので歯ブラシなどでゴシゴシこすると壊れてしまう場合があります。付け置きでカビを浮かすようにしましょう。

塩素系漂白剤を使用する場合はゴム手袋、マスク、換気を忘れないようにしましょう。

④カビが浮いたら、流水で綺麗に流していきます。付け置きを2~3回繰り返してもカビが取れない場合はフィルターを新しいものに交換しましょう。

⑤綺麗に流し終えたら、風通しのよい「日陰」で乾燥させていきましょう。直射日光はフィルターの故障の原因となってしまう場合があります。

除湿器を頻繁に使用する方は、2週間に1度掃除をすることをおすすめします。お手入れを定期的にすることで雑菌やカビを抑え除湿機の臭いを取り除いてくれます。

頑固な臭いは分解掃除を

タンクを掃除しても、フィルターを掃除しても臭いが中々取れない場合はファンやフィン部分にカビが生えている可能性があります。ファンやフィンの分解掃除をしてみましょう。

お手入れ方法

①まずは、ご自身の除湿器のファンとフィンの場所を把握しましょう。取り扱い説明書を見ながらファンとフィンの蓋を開けていきます。

②蓋を開けたらホコリを掃除機で吸い取りましょう。フィルターと同様下に新聞紙を敷いておくとホコリが床に落ちずに済みます。

③軽いカビやカビが無い場合は、消毒用エタノールや重曹シートなどでカビをふき取っていきましょう。このとき歯ブラシや布などで軽く擦ると取れやすいです。カビが中々取れない場合は交換することも考えましょう。

④蓋の部分にカビがある場合は、塩素系漂白剤や重曹に付け置きしましょう。

注意点

ファンやフィン部分の分解掃除は自己責任で行いましょう。精密部分へ水分がかかってしまうと本体の故障に繋がります。また、カビがあまりにも酷い場合はメーカーへ問い合わせるか、買い替えることも検討してみてください。また、ファンやフィン部分は塩素系漂白剤や重曹に付け置きすることもあまりおすすめできませんので、注意しましょう。

参考:カビイヤーライフ

除湿機が臭う原因と予防策!

カビ

では、除湿機が匂う原因と予防策をご紹介していきます。匂いを予防し快適に除湿機を使用していきましょう。

本体のカビや雑菌により匂う

匂いの主な原因は、フィルターや本体内部のカビです。除湿器自体湿気が多くカビや雑菌が済みやすく増殖しやすいです。
そんな、カビや雑菌を増殖しないようにする一番の方法は定期的なお手入れです。定期的にお手入れをすることで常に除湿機内を清潔に保ちカビや雑菌の増殖を食い止めましょう。

使用後の送風運転で匂い予防

使用後はなるべく送風運転を使用し本体内部を乾燥させカビの増殖を防ぎましょう。運転時間は1~2時間が目安です。定期的な掃除が難しい方はこちらの方法がとてもおすすめです。
また、シーズンが終わり長期間使用しない場合はタンクフィルターの掃除をし、送風運転などで内部をしっかり乾燥させてから保管するようにしましょう。

臭いにくい?臭いを意識している除湿機をピックアップ

除湿器を購入する意図で一番多いのが部屋干し臭の軽減です。そんな、匂いを意識して作られた除湿機をご紹介しますのでぜひご参考にされてください。

パナソニック ナノイーX搭載除湿機

こちらの衣類乾燥除湿機は、嫌な部屋干し臭をナノイー技術を使い最大限に抑えてくれます。また、花粉やタバコの匂い、生活臭にも効果的であり、とにかく嫌なにおいを消したいという方におすすめの除湿機です。

参考:パナソニック公式

SHARPプラズマクラスター除湿機

パワフルな除湿能力で上下左右の広範囲に送風が可能で部屋干しの大敵の長時間干しを解消し、生乾き臭を防ぎます。また同時にプラズマクラスターイオンを送風し匂い戻りを防止します。

参考:SHARP公式

デシカント式除湿機は臭う?

デシカント式除湿機は、購入後の使用で匂うという意見がとても多いです。最初は、絵具のような独特の匂いがし、例えるなら新品の冷蔵庫のように独特の匂いがするという感じです。
その匂いも、最初の数回の運転だけなので気になる方は数回は換気しながら運転させ様子を見ると良いでしょう。
参考:まさこのいいはなし

まとめ

いかがでしたでしょうか。除湿機が匂いカビ臭さが充満してしまっている場合は除湿器のお手入れで解決する可能性があります。最近、除湿機が匂うな、除湿機の掃除をしていないなと思っている方はぜひ、お掃除方法を参考にされてください。また、カビ取り掃除をする場合は塩素系漂白剤の使用上の注意を良く読み最善の注意を払ってしようしていきましょう。
除湿器の匂いを取り除き素敵な生活を送っていきましょう。

関連記事

他にも家電にまつわる臭いについての記事を紹介しています。気になる方はぜひ読んでみてください!

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
松本 m
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧